NLP自習室

NLP自習室はNLPを自ら学び練習する場です。NLPは行動や心理的な状態を自分にとって望ましいものに変化させる道具です。

第1382回 人間が本当にほしいのは「ある感覚」

2018-05-10 07:13:06 | NLP
◆日時
2018年5月10日(木)6:50から約5分間

◆内容
「NLPの実践手法がわかる本」(山崎 啓支 著)の
「第2章 困難な状況を打開するNLPの基本スキル」の
「NLPのスキルの目的は身体感覚を変えること」の
「人間が本当にほしいのは「ある感覚」」を読みました。

(感想)
本を読んで、

人間は「ある感覚」を求めている。

というところが印象に残りました。

昨日はアドラー心理学の勉強会に参加し、

自分が何でこんなふうになってしまうんだろう?

という考え方から質問を受けて、

何のためにそれをしているんだろう?

と考え、

行動の目的に気がついた瞬間、あっと思い、体が軽く感じられました。

私はこの感覚の変化を求めているんだなと思いました。

今日も自分の身体感覚の変化に意識を向けてみます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第1381回 幸・不幸を決定す... | トップ | 第1383回 人間の変化とは感... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

NLP」カテゴリの最新記事