紫有人

 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

限りなく「さよなら」に近い「いってらっしゃい」

2006-01-05 23:41:38 | Weblog
黒部、浦和にレンタル。
http://www.kyoto-purple-sanga.co.jp/index.php?PAGE=3&ID=6202&WID=1
とりたててショックではない自分がいます。
今までサンガの花形選手やって、心情的には残念ですけどね。
現体制ではもう帰ってこないつもりでしょうかね。
それならば完全移籍で移籍金取れって声が多いのもわかります。
しかも相手はJリーグで1番のお金持ちですから。
誰か代わりに来るんでしょうかね。
酒井とか。

手島、G大阪にレンタル。
http://www.kyoto-purple-sanga.co.jp/index.php?PAGE=3&ID=6203&WID=1
こっちもレンタル。
こっちも思ったよりショックではない自分がいます。
こっちも心情的には残念ですけどね。
G大阪はACLが控えてるしW杯後の選出メンバーのコンディションも落ちるやろうしね。
結果的に児玉とトレードの形になったけど、ホンマはどうしたかったんやろうね。
川崎に行った井川と1対2のレンタルトレードやったら、もうちょっと納得したのに。
ってことは井川以上のCBが来るんでしょう。
きっと。
ただ手島の場合は4バックより3バック、ライン低めよりライン高めのほうがむいてるのは明らか。
その結果、平井との相性も悪い。
3バックのストッパーとしてレギュラーを確保しつつも、宮本の座も狙う。
そう考えたんでしょうかね。
こっちも4バックでライン低めの守備戦術なら帰ってこない気がします。

両選手とも今までのサンガへの貢献度は相当なものです。
けど今年に限って言えば貢献度は黒部に関しては実質ゼロですし、手島も44試合中17試合出場なんですよね。
ちなみに悟は18試合。
手島は主にリーグ前半、悟はリーグ後半。
どっちも一年通してレギュラーやった訳ではないですよね。
手島は開幕前はDFの1、2番手やったやろうし、悟はたぶん4番手やったんでしょう。
それが手島の怪我、悟の努力が実ったこともあって逆転したんでしょう。
今まで貢献してきた選手を無碍に切るのに我慢ならんのはファン心理として当然のことやし、僕もそう思います。
ただ無碍には切ってないんですよね、レンタルですから。
籍はサンガのままなんですよね。
それに今までの貢献度なんかよりこれからどれだけサンガの為に貢献してくれるかで判断するんはプロとして当然やと思います。
トップに立って物事を判断するんやからGM権限のある監督の判断ひとつで黒部、手島はもとよりコーチ、スタッフ、選手とその家族は勿論、スポンサーやおおげさにいえば僕達サポの人生までもかかってるんですから。
総合的な判断で今回の結果となったんでしょう。
まぁ編成の具合に関しては新入団選手の発表か背番号発表の時点までは保留ですけどね。

あと監督のコラムが微妙に訂正されてます。
「本人が移籍を希望して相手クラブが移籍金をマックスで払えば、どうしようもない」な一文が消えてます。
どうゆう理由でそこだけ削除したんかはわかりませんけど、今までの彼のしてきたことから鑑みれば正々堂々と今回の二人の移籍については説明してくれるでしょう。
ってかしろよ。
説明する責任があるで。
鳥栖フロントのように。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 玉田、深井、小林大をリスト... | トップ | 大久保完全、トップとユース... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

歓迎! (與野レッズBlog)
クラブ休業中に発表となった新規加入2題。フロントの良い仕事ぶりが光ります。他チー