Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エゾ鹿のロースト 小豆島のオリーブオイルとバルサミコソース

2015年01月31日 | 洋食を創る

北海道の猟師さんの仕留めたエゾ鹿の大きなブロック。
ご近所さんからいただいた。刺身でもいける極上品。

丁度、岡山で手に入れた小豆島のオリーブオイルがあった。
ローストビーフと同じようににんにくをあちこちに刺し、
深めのフライパンでじっくりとローストした。



ソースはバルサミコソース。
材料は、バルサミコ酢、オリーブオイル、にんにく、砂糖、
玉ねぎ、醤油、黒胡椒等。

ワインはチープな赤。
とても美味しいワイン。



      さて・・・ナイフを入れ、フォークでさし、
      バルサミコソースをつけて口へ・・・おおっ! 旨い!
      そして赤ワインを・・・
      お礼は何を持っていこうか・・・

      

2015元旦 お雑煮とシンプルお節と亀泉と花陽浴

2015年01月01日 | 和食を創る

12月30日に泊まった倉敷の旅館の食事の影響か・・・
出汁の取り方、鶏肉の処理等の下処理に変に本気になってしまった・・・
技術も何もない、ただただ、丁寧に実直に仕込みをするのみ。

大根はお米と一緒に煮ておく。
昆布、カツオだし。
鶏肉は軽く湯通し。
もろもろを取り除くため。



干しシイタケはぬるま湯で戻す。
もちろん、戻し汁は濾して使う。
カツオで出汁をとって手ぬぐいで丁寧に濾す。
仕上げにかまぼこや金時人参を加えよく煮込む。
味付けは酒、甜菜糖、味醂、醤油。



            極上の一品ができた。

            

            最初に大根おろしをつかった辛味餅で。
            酵素をたっぷりとっておけばエンドレスで
            雑煮が食べれる。

            

            シンプルお節はほんとシンプル。
            岡山で買ったままかり、国産の栗をつかったきんとん、
            丹波産黒豆煮、そして、極上のずわい、ホタテ。
            真鯛の昆布締めは間に合わなかった・・・
            

            

            酒は亀泉CEL-24。一生のおつきあいになる酒。

            

            花陽浴(八反錦)は蕪のぬか漬けに良く合う。
            さつま揚げも焼いてみた・・・いい元旦。