Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新春色々(モンダビリザーブ2000・高畑スパークリング・イタリアン・合鴨せいろ)

2014年01月06日 | 和食を創る
           
  
お友達が遊びに来た。
1次会はイタリアン。

ラングスティーヌのカルパッチョ、
タコマリネ、カプレーゼ。
最初は高畑ワインの穣。
シャルドネスパークリング。値段の割に味も香りも上等。

そして、盛り上がったところでセラーで10年近く寝かせた
Robert Mondavi Carbernet Souvignon Reserve 2000を。
コルクには酒石酸が見当たらなかったけど、
熟成されたいい味と香りに皆大満足。

                                          
 

鴨鍋をつつきながら鍋島の原酒や
「ど」を飲んで大盛り上がり。

翌日、残った合鴨肉で鴨せいろ用の
だし汁をつくり、新蕎麦をいただいた。



          極上の味。やっぱり合鴨は旨い。

          

新春イタリアンブランチ ラングスティーヌ(手長エビ)とモッツアレラブッファラのパスタ

2014年01月04日 | パスタを創る
   
カルパッチョ用に身を使ったラングスティーヌ。
旨みが凝縮されている頭部分はパスタに。
エビミソたっぷりの極上素材。

まずはアーリオ・オーリオをつくり。
半分に割ったエビの頭を軽く炒め、白ワインでフランベ。
そこにトマトソース、よく煮込んでから味付け。



        細かくちぎったモッツアレラブッファラを加え
        溶かしたところに、ゆで上げたパスタを加えよく和える。

        完成。

        

蜂蜜のような極上の甘味とモッツアレラブッファラのコク。
あまりに美味しい・・・ラングスティーヌ、素晴らしいエビです。



新春イタリアンブランチ ラングスティーヌ(手長エビ)のカルパッチョ

2014年01月03日 | イタリアンを創る
     
かみさんのお姉さんと甥と4人で新春イタリアンブランチ。
久々に腕をふるった。   
       
ラングスティーヌは必ずニュージーランド産の
これ(赤と白の縞がはいっているもの)と決めている。
流水で解凍し、殻を剥き、背ワタをとれば刺身で食べれる。
殻にはさみを入れてから殻を外す。
殻から身を外すときは要注意。意外に棘が痛い。




        アーリオ・オーリオとラングスティーヌの身、
        卵を和え、塩で味を調え冷蔵庫へ。
        殻は丁寧にキッチンペーパーで拭き、冷蔵庫へ。
        盛り付け直前に冷蔵庫から出し、身を殻に戻し、盛り付ける。

        

        殻を開けると極上の身がアーリオ・オーリオと
        卵をまとってあらわれる。

        
        
        

ブランチに相応しい1本200CCのスパークリングを1人1本。
高畑ワインのもの。
極上のラングスティーヌのカルパッチョに良く合いました。







お雑煮食べて、お節とお酒で祝う2014

2014年01月02日 | 和食を創る

例年通り大晦日の夕方にお雑煮づくり。
今回は国産の普通の鶏肉。
但し、さっと熱湯に通してから使った。
だしは日高昆布、静岡の鰹厚削り、鰹節。
鰹節は200gの袋をまるまる使用。
人参は金時。大根はお義母さんの家庭菜園産。
かまぼこは年末旅行の際に湯河原で買ったもの。

味付けは、シンプル。
隠し味の秘密の調味料の他は、
お酒、味醂、醤油。

元旦の朝、餅をついた。
もち米は「まんげつもち」という種類。
つきあがりを味見してみた。
餅つき機でついた割にこしを感じる。



      お雑煮をいただく。
      抜群のお汁、よくのびる餅。
      極上の一品に仕上がった。

      

      その後、かみさんは実家にお出かけ。
      私は独り静かな部屋でお節と鍋島を楽しむ。
      忙しかった1年の出来事を色々考えた。
      2014年はどんな1年になるのだろう・・・

      








大晦日のちらし寿司と鍋島特別純米酒

2014年01月01日 | 和食を創る
     
大晦日に必ずつくるばらちらし。
いつものように30日に食材を買いに吉池に行こうとしたら・・・
例年にない混雑との情報。
諦めてスーパーへ。
なんと見事なくらい養殖ものオンパレード。 
本マグロも真鯛も養殖。
養殖ものは包丁を入れたとき
天然魚では感じない抵抗がある。
サラサラ感に欠ける脂と養殖独特のかおり。

そこで、本マグロは赤身にして
天然の冷凍メバチの中トロをゲット。
真鯛は長時間の昆布じめ。
いつも買う車エビの予算は
バフンウニに投入。  



卵焼きをつくり、
寿司飯にかんぴょうと椎茸をまぜる。



         両親の分完成。

         

私たちの分完成。



         やっと年末の仕事をすべて終わらせ
         ちらし寿司を食べながら鍋島を・・・