Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

用宗の生しらす丼と静岡産直GWスペシャル弁当

2013年04月30日 | お弁当を創る
   
GW前半は静岡旅行。
旅行最終日の4月30日、
「さわやか」のげんこつハンバーグ
食べてゆっくり焼津を出発したいのを我慢して、
焼津でそそくさと早い昼食を済ませ出発。
渋滞に全くあわずに超早の帰宅。

フジメンで食べて
すっかり気に入ってしまった餃子のお土産を早速焼いてまずは乾杯。

        

そして、焼津で仕入れた極上のカツオ、用宗漁港でゲットした生しらす、
釜揚げしらす+大根おろし、で二次会。

森本酒造の「誉富士 寒仕込 火入れ よりいいぞぉ」を合わせる。

      何から何までたった一人でこなす驚きの酒蔵。
      食事をしながら飲むとその良さが分かる希少酒。
      それにしても用宗の生しらすの美味しいこと・・・
      まず、臭みゼロ。しかも大きい。
      そして、大好きなカツオ。ねっとりとした食感と旨味。

      

今朝は早起き。
GW中の今日からご出勤のかみさんのためにお弁当をつくる。

さて、残ったカツオを調理。
ショウガのスライスを1枚アクセントに加えて
砂糖、酒、味醂、醤油で甘辛く煮付ける。
そして、釜揚げしらすをたっぷり加えた卵焼き。
ご飯の上には私のお手製の昆布とホタテの佃煮。

ホタテを買うときは、ホールで買い、
貝柱は刺身に、貝紐やキモは昆布と一緒に佃煮にすることが多い。

お弁当の色合いと、栄養バランスも考え、
トマトとキュウリを添える。



      これから働きに行くかみさんには生しらすと釜揚げしらすを
      たっぷり盛りつけたしらす丼を。
      私は卵焼きの残り、釜揚げしらす大根で。