Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チキンとシメジのトマト煮&パスタ&イベリコ豚のソテー

2012年05月03日 | イタリアンを創る
   
GW後半からの激しい雨・・・私の記憶ではこれまでGWにここまで長く激しい雨が
降ったことはなかったような・・・
若干肌寒い・・・ということで昨夜は温かいお料理にしました。
チキンとシメジのトマト煮とイベリコ豚のソテー。

チキンとシメジのトマト煮は簡単。
フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくスライスを炒めます。
にんにくスライスに色がついてきたらにんにくスライスだけとりだします。
食べやすいサイズに切ったチキンは皮を下にして皮がカリカリになるまで
フライパンで焼きます。
ここにトマト缶の中身全て、シメジ、にんにくスライスを加えて煮込みます。
味付けは砂糖、塩、細挽き黒胡椒。
お好みで固形ブイヨン1個を加えてもいいです。
仕上げにゆでたブロッコリーを加えて軽く和えて完成。

ワインはココファームのオークバレル赤。
ココファーム産のブドウではないですが、値段も手ごろで美味しいんです。

イベリコ豚は、両面に小麦粉をまぶしてから多めのオリーブオイルで
焼き上げます。イベリコ豚を取り出した後のフライパンにバルサミコ酢、
醤油、砂糖、ブランデー、黒胡椒を加えてソースをつくります。
お皿に盛りつけたイベリコ豚のソテーにソースをかけて完成。

  

          残ったトマト煮はパスタソースに。
          アレンジは簡単。パスタのゆで汁を加えて
          ちょっとサラサラにし、チーズフレークを
          加えます。フレークは超お気に入りの
          セルロース無しのもの。スーパーで売ってます。
          茹であげたパスタを加え、軽く加熱しながら仕上げます。

          極上の味に仕上がりました・・・熱々です・・・
          肌寒い日にはぴったり・・・

          


真鯛フルコース

2012年05月02日 | 和食を創る
  
かみさんが誕生日のケーキを買ってきてくれました。
カロリーの低そうなものを選んでくれました。

さて、お祝いということで天然真鯛をゲット。
この1尾の鯛からどのくらい料理が出きるか挑戦。

3枚に下ろします。大きめの腹子にニンマリ。
背側は皮を残し湯引きにし、更に昆布締め。

  
 
頭は兜煮、
アラは中骨の身をスプーンでとってから焼き、ダシをとるために使います。

  

腹側は皮をつけたまま塩焼きに。
兜煮はザラメ、お酒、醤油、味醂で甘辛煮。
          
 

          湯引きした背側の身は舟盛に。

          

中骨についた身をすり鉢に入れ、塩をひとつまみ加えてすります。
途中で卵白をくわえて更にすります。そして揚げます。

  

真鯛のすり身揚げの完成。
そして、大きな腹子は塩をまぶして数時間おき、
更に塩水で塩抜きし、水気をとってから冷蔵庫で1日寝かせます。
タラコの真鯛バージョンです。これが激旨でした・・・

結局、1尾の真鯛で兜煮、腹子塩漬、湯引き昆布締め、塩焼き、すり身揚げ、
そしてダシをとることができました。

 





沼津の地魚舟盛&鬼カサゴの兜煮&極上の飛露喜(特選純吟)

2012年05月01日 | 和食を創る
      
GW初日、伊東と沼津に。伊東はお気に入りの温泉。沼津はマグロと地魚狙い。
いつものお店でマグロの赤身と中トロの他にブロックを4つゲット。
鮮魚を売っている魚屋のおねえさんと話をしながら、
地元で採れた見事な鬼カサゴとカワハギをゲット。

          家に帰って早速舟盛に・・・
          カワハギは肝を醤油に溶かして・・・

          

          鬼カサゴのお頭は甘辛く煮付けます。極上の色つや・・・

          

カワハギの残りはたっぷりのあさつきとポン酢でいただきます。
そして・・・あわせたお酒は・・・飛露喜の特選純吟・・・旨すぎです・・・
なんというか・・・洗練されて旨みもあって、美しすぎる味という感じです。
日本酒を好まない人でもその素晴らしさにファンになるといってもいいくらい。

 

カワハギのこの透明感・・・美しすぎます・・・
最近お気に入りの黒糖焼酎朝日30度をロックで・・・これも旨すぎ・・・

 

さて、GWで時間があるので、かみさんの両親においなりさんをつくりました。
揚げは極上もの。予め麺棒でころころしてから甘辛く煮込みます。
寿司飯には水で戻しておいたひじきと干し椎茸を甘辛く煮込んだものを混ぜます。
揚げが破けないように中心を丁寧に開いてたっぷりと寿司飯を詰めます。

残りのひじきと干し椎茸の煮物はだし巻き玉子に使います。
鬼カサゴとカワハギのアラを焼いてからとったダシ汁、砂糖、塩少々、玉子2個、
そしてひじきと干し椎茸の煮物をよーく混ぜ、焼き上げます。
かみさんに味見させたら眼を丸くして「美味しい!!!」と大喜び。