Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イベリコ豚とブラウンマッシュルームの煮込み&シシャモのマリネ

2012年04月26日 | イタリアンを創る
     
暖かくなってくると食べたくなるのがカルパッチョやマリネ。
今回はかみさんの大好物のシシャモをマリネにしてみました。
シシャモと言えば焼いて焼酎や日本酒の肴というイメージ。

マリネにすると全く別物になります。しかもヘルシーなのです。
シシャモは素揚げ、あとの材料は薄くスライスした玉ねぎだけです。
玉ねぎは水でさらしてからぎゅっと絞っておきます。
器に揚げたシシャモを並べ、玉ねぎを均一にかぶせておきます。

マリネ液はお酢又は白ワインビネガー、塩、砂糖、
隠し味程度の醤油、細挽き黒胡椒を加熱して沸騰直前に火からおろし、
そのまま玉ねぎとシシャモにかけます。
マリネ液の詳しいレシピはそのうちクックパッドに掲載します。

そしてもう一品はイベリコ豚とブラウンマッシュルームの煮込み。
ソテーしたイベリコ豚も美味しいですが、煮込んでも美味。
今回はブラウンマッシュルームと一緒に赤ワインで煮込みます。
イベリコ豚は筋切りをし、軽く塩、胡椒をしておきます。
仕上げの味付けは、塩、砂糖、醤油、バルサミコ酢、細挽き黒胡椒。

 

          旨いなんてもんじゃありません。ほんと旨い。
          イベリコ豚なので軽めのキャンティを選びました。
          今回ゲットしたキャンティは昔よく通ったピザ屋さんの
          店内にたくさんぶら下がっていたものと同じもの。
          チープな割りに美味しく、見た目が良いので雰囲気が出ます。

          



水だこのカルパッチョ&最近はまっているマカロニ料理

2012年04月14日 | イタリアンを創る
   
春がくると食べたいと思う頻度が増えるカルパッチョ。
よくつくる真鯛のカルパッチョもいいですが、
最近は水だこのカルパッチョにはまっています。
吸盤の大きさがまたいいんです。食べ応えがあります。もちろん、生です。
アーリオオーリオをつくったら塩を加え、細かくちぎったディルを加えて完成。
盛り付けは吸盤、足、吸盤といった順に並べます。

          

そして最近はまっているのが、3つくらいに切ったソーセージを煮込んで
ゆでたマカロニと和えたもの。
材料はトマト缶、ソーセージ、玉ねぎ、砂糖、塩、細引き黒胡椒。
そして仕上げのモッツアレラフレーク。もちろん、セルロース無し純粋なもの。
より濃い味を求めるなら、固形ブイヨン1個を加えてもいいかもしれません。
私は固形ブイヨンを使わないナチュラルな味でいきました。

レシピはそのうちクックパッドに掲載しようと思います。とにかく全てが楽チン。

この料理、何がいいかと言えば、簡単でゆっくりつまみのように食べれることです。
パスタだとのびてしまうし熱々で食べたいから食べることに集中してしまいますが、
マカロニならその心配もないし、熱々でなくても十分美味しいからいいんです。
ワインはココファームのオークバレルの白と赤。
このワインはカリフォルニア産のブドウですが、
常飲用としては値段と味のバランスが良いので気に入ってます。
農民ドライの赤、白も更にリーズナブルなお値段なのでこれまたお気に入り。