Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

松葉祭り! 特大茹で松葉・かに玉丼・カニサラダ・COCOのワイン

2012年03月25日 | 洋食を創る
   
松葉祭り! まだまだ続きます。
一番大きな松葉がには一番美味しい茹でで。
我が家で一番大きなまな板いっぱいの大きさ・・・
    
  

最初はCOCOファーム&ワイナリーのシャルドネを・・・
そして、最後はチーズと一緒に東北復興の願いが込められらた
陽はまた昇るをいただきます。コクのある抜群の赤。

  

翌日は小ぶりの若松葉の身をたっぷりつかったかに玉丼をつくります。
刻んだねぎ、若松葉、若松葉の茹で汁、玉子2個でつくります。
甘酢はお醤油、砂糖、水、片栗粉でささっとつくります。

  

この素晴らしさ・・・



かに玉にスプーンを入れるとトロトロの玉子とカニの身が・・・ふわーっと・・・
旨すぎます・・・松葉の風味旨み、全てが凝縮されています・・・
そしてカニサラダ・・・ここまでカニを沢山使ったかにサラダは夢です・・・

 

来年も我が家でカニ祭り・・・やらなければ・・・
追加でプレゼントしてくださったMさんに大感謝・・・



松葉づくしの休日 松葉カニのしゃぶしゃぶと茹で松葉

2012年03月20日 | 和食を創る
     
鳥取の松葉がに、Mさんからいただいた後、あまりに美味しくて
今度はMさんにお願いしてお取り寄せしてしまいました。
Mさんは目利きと交渉上手な方らしく、
とてもリーズナブルなお値段で驚くほど大きな松葉が送られてきました。
しかも、極上の竹輪が3本も入っていました。Mさんに心から感謝。

前回、Mさんからいただいた3杯の松葉の内、1杯を茹でた後に冷蔵庫で
一晩置いてからいただいたのですが、かなり美味しかったのです。
そこで、今回は一番大きな松葉を茹でてから一晩冷蔵庫で寝かせることにしました。

ということで、第1弾は2番目に大きな松葉2杯をいただきます。

  

1杯目は茹で松葉。そして極上のミナミマグロも用意。

 

2杯目は松葉のしゃぶしゃぶです。しゃぶしゃぶ用に処理します。
出刃包丁を使って殻を削いでいくのですが結構難しい・・・
殻に若干身が残るので、しゃぶしゃぶ用の鍋に殻をダシ代わりに入れます。
もちろん、ダシ用の昆布も入れておきます。

 

しゃぶしゃぶ・・・私もかみさんもひっくり返る寸前・・・旨すぎなのです・・・
鍋島の特別純米がまた美味しい・・・
しゃぶしゃぶをした後は翌日のお味噌汁に変身。これも極上でした・・・

   

極上松葉かに de 塩麹松葉とセリ 松葉かにの玉子焼き de 一杯

2012年03月14日 | 和食を創る
    
抜群の松葉かに、最後の一杯は、塩茹でにして一晩冷蔵庫で待機。
乾燥しないようラップで2重に包んで晩酌のために待機してもらって・・・

Mさんの贈り物ですからちょっとは工夫しないと・・・と思い色々悩み・・・
ここまで美味しい松葉ですから、塩茹でで食べるよりも美味しい料理と
いうのはあまりに難しい・・・と、最近はやってしまっているけれど、
実はかみさんがお世話になっている先生から超勧められてはまっていた
塩麹を使うことにしたんです。あっさり塩麹ならセリと合うかも!

茹でた松葉の身を塩麹で丸一日漬けます。塩麹、ちょっと使いすぎたかな・・・
ということで、よけいな塩麹は茹でた松葉から出たお汁と合わせておきます。
これは玉子焼きのだし汁として使います。
ちょっと塩気が強くなったカニは茹でたセリと食べる作戦です・・・

 

          こんな感じ・・・松葉の味を邪魔せずに春を感じ・・・

          

そして、塩麹と茹で汁を合わせたもの、砂糖、お酒、玉子3個で玉子焼き・・・
 
 

          そして、若松葉・・・一晩冷蔵庫で寝かせたからか、
          塩味が落ち着いて抜群になってました・・・
          そして合わせたお酒が抜群・・・鍋島の三十六万石・・・
          特別純米酒・・・旨すぎて二人で2/3以上飲んでしまって・・・

          



極上松葉かに 旨すぎ・・・

2012年03月13日 | 食材を求めて
    
鳥取のMさんから嬉しすぎる贈り物が・・・
なんと極上松葉かに・・・実はちゃんとした松葉と呼ばれるかには初めて。
普段食べるかにはスーパーに売っているずわいか寺泊で食べる安いずわい。
一番好きなかには? と聞かれれば、答えはタラバ。
味や身の滑らかさでは毛蟹が一番好きですが毛蟹は食べるのがやっかい。
ということで、ちょっと大味ですが、がつんと食べれるタラバが好きなのです。
ところが・・・Mさんの松葉を食べた瞬間に・・・タラバが2番に・・・

さて、Mさんの贈り物の箱を開けると・・・で、でかい・・・
え!? しかも生きてる・・・ぶくぶくやってるんです・・・ 

  

特に札のついたかにの大きさと美味しさを示すカニビルの卵がびっしり・・・
これは極上中の極上の印だそうです。
Mさんのお勧めにしたがって塩茹でにしました。中火で20分くらい。

  

茹で上がった松葉を冷水で2分ほど浸してからいただきます・・・
茹で上げた後に冷水に浸すとより美味しくなるそうです。
お酒は鍋島のニュームーンを控えにして、メインは兵庫の酒、醴泉純米大吟醸を。
一口飲んでから松葉をいただきます・・・濃い! 味が濃い! 旨すぎる!!!

かみさん、久々に超無言です・・・真剣な顔をしてひたすら松葉をかじってます。
話しかけたら・・・「食べることに集中させて」とのリクエスト・・・



Mさん、間違いなくタラバは2番になりました・・・
こんなに美味しいものを送っていただいて・・・本当に感謝です・・・