Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タコのカルパッチョ&和牛バルサミコソース de ココファームのワイン

2012年01月15日 | イタリアンを創る
   
お気に入りの創作料理のお店で知った
COCO FARM & WINERYに行ってきました。
詳細は「素晴らしきワイナリー ココファーム」をご覧ください。

そんなココファームでワインをゲットするとイタリアンが食べたくなり・・・
ということで久々の週末イタリアン。でもお手軽。

神保町のお気に入りのお店で知ったタコのカルパッチョ。
私はカルパッチョと言えば、なんとかの一つ覚えのように鯛や白身魚ばかり。
そのお店ではタコを使い、しかもディルを使っていました。
早速家で再現。もちろん、私なりの秘密のアレンジを加え極上の一品に!

  

タコのカルパッチョにはココファームの農民ドライをあわせました。
そしてメインははり重の牛肉をステーキに。
ソースはお得意のバルサミコソースです。
このお料理にはオーク樽で寝かせた赤をあわせました。
農民ドライにしても、このオークバレルにしても、
値段のわりに旨すぎるのです。なんて良心的なワイナリーなんでしょうか・・・

残り1本をゲットできた「第1楽章」や、
震災の復興を願ってネーミングされた「陽はまた昇る」を早く試したい・・・

 

新春利き酒大会と極上肴(塩から、ホタテ佃煮、マグロ煮、カニ酢、牛焼)

2012年01月09日 | お酒いろいろ
 
お友達夫婦と新年会を兼ねて利き酒大会を開催しました。

こんなルールでやりました。

・新聞紙でお酒を包む(銘柄が見えることによる先入観をなくすため)
・安酒を1本混ぜておく
・新聞紙で包んだお酒にAからFまでのアルファベットの表記をする
・グラスを6つずつ用意し、目の前に並べ、順番を変えない

・各順位に最も多く投票された銘柄がその順位となる
 (1つの順位に2以上の投票が無い場合には該当無し)
・肴をいただきながら飲んでよい(いただく肴によって美味しさが変わるので)
・全員が順位をつけ終えたら新聞紙を取る
・各自一番好きな酒を飲み続ける

肴は色々用意しました。
自家製塩辛、マグロ刺身、自家製マグロ煮、自家製ホタテ佃煮、つけもの色々、
黒豆煮、タラバ酢、和牛ミニステーキ&ホースラディッシュ、比内地鶏塩焼き

マグロは沼津で見つけたマグロ屋さんでゲットしたミナミマグロ。

もも肉の中心部分から4ついい部分のみをとり、塩焼き。
のこりの部分はしめにいただく鶏南蛮のおつゆに使います。

 

          利き酒大会開催!

          

並べた6個のお猪口には新聞紙で包んだ瓶から注いだお酒が・・・
慎重に飲み比べをします・・・
最初は水を飲みながら試しましたが、酒の味はいまいちに・・・
肴を食べながら試したところ、酒が旨くなってきました。
Aは後からだんだん良くなってきて、Cはどう考えても苦手。
Eは普通かな・・・結局Bが一番、Dが2番、Fが3番かな・・・
あとはAは5番、Cは6番、Eが4番かな・・・

全員が順位付け完了したところで新聞紙を取り、統計をとります。
結果は・・・
A       2位:1人 3位:2人       5位:1人
B 1位:3人 2位:1人
C             3位:1人              6位:3人
D             3位:1人 4位:1人 5位:1人 6位:1人
E 1位:1人 2位:1人       4位:1人 5位:1人
F       2位:1人 3位:2人 4位:1人



  

新聞紙をとりました・・・次の通りです。
1位 B: 而今(じこん)大吟醸   (三重県:木屋正酒造合資会社)
2位 該当無し
3位 A: 得月(とくげつ)純米大吟醸     (新潟県:朝日酒造株式会社)
   F: 鍋島NewMoon 純米吟醸無濾過生原酒(佐賀県:富久千代酒造有限会社)
4位 該当無し
5位 該当無し
6位 C: 力士

2以上得票できなかったため順位がつけられなかったお酒は次の通り。
D: 三百年の掟やぶり 本醸造無ろか槽前原酒(山形県:寿虎屋酒造株式会社)
E: おんな泣かせ 純米大吟醸      (静岡県:株式会社 大村屋酒造場醸)

お酒も食べ物も、素材が悪い、鮮度が悪い、手間をかけない、センスが悪い、
のは問題外としても、やはり最後は好みと言うことでしょう。



NOBのおでかけだよりを更新しました。
「美しい焼き物の里(伊万里:九州の旅)」
「屋台とグルメの夜(福岡:九州の旅)」
「活剣先イカを楽しむ(呼子:九州の旅)」
「さざえのつぼ焼き(波戸岬:九州の旅)」




はり重の極上肉ですき焼き&あみ焼&ど

2012年01月07日 | 和食を創る

お正月料理を食べた後は何故か牛肉が食べたくなります。
早速、道頓堀 はり重からお取り寄せ。
ここの黒毛和牛肉は値段と満足感のバランスが抜群。職人の腕もいいのでしょう。
ここで一度買ってしまうと近所で牛肉が買えなくなります。
容器もちゃんと昔ながらの経木の箱。
しかもトレース用の番号が記載されているので安心。

今回はすき焼き用、あみ焼用をそれぞれ取り寄せました。
あみ焼用の肉はとくにお気に入りです。厚切りだし柔らかいし・・・
これで焼肉をやってしまうと外食で焼肉を食べれなくなります。
     
  

すき焼きづくりはすき焼き好きのかみさんの仕事。
牛脂を溶かしてからすき焼き用の肉をすき焼き鍋に広げて焼き、
三温糖を振り掛けます。

 
  
次に醤油を。溶き卵につけて食べればもう目をつぶるほどの美味しさ・・・

  

すき焼きに赤ワイン、結構合うんです。岡半で知ってから結構合わせてます。
今回はCHATEAU HAUT-BAGES AVROUS 2006を出しました。
テイスター達のコメントを読む限りではポイヤックらしさ、果実味といった
キーワードが多くありましたが、私は大人のワインといった感じかな・・・
すき焼きにはとても合うなと思いました。

  

すき焼きの翌日はなんとあみ焼です。グリルで焼いて食べました。
前回はガーデンバーベキューで楽しみました。
ガーデンバーベキューの季節が待ち遠しいです。炭で焼くと更に旨いのです。

最初はビールにしましたが、その後濁り酒(=どぶろく)を出しました。
その名もです。

どぶろく、と言うとなんかアルコール度数が強い、とか、
本当に好きな人でないと飲めない何かハードルがあるような感じがします。
ところが飲んでみるとこれがまるでシャンパンのようなテイストなんです。
発砲してて、濁っているのに味は爽やかで品のいい旨みがあります。
かみさんが大絶賛。最近知った台東区のある酒屋で買って来いと指示が出ました。
日本酒のカテゴリに入れたくない、味だけでいえばスパークリングといった感じ。

  

NOBのおでかけだよりを更新しました。
「佐賀の極上旅館 懐石宿 扇屋(九州の旅)」です。



ミナミマグロの中落ち巻きと握り de 鍋島New Moon

2012年01月05日 | 和食を創る
     
今年のお正月のために京丹波の黒豆煮を買っておきました。
これがかなり美味しくて、しかも、手間や光熱費、完成度を考えると割安。
栗きんとんも化学添加物の入っていない良質のものを買いました。
更に、伊達巻、金平、松前漬はいただきもの・・・
結局、今年のお節料理で私がつくったものは・・・酢だこのみ・・・
お雑煮と餅だけはかかさずつくっています。これだけはずっとつくるでしょう。

さて、恒例のお寿司。昨年までは年末につくってましたが、今年は正月に。
ミナミマグロの中落ちと、葱、天城産山葵をたっぷり使って海苔巻きにします。

薄手の包丁で切っては濡れ布巾で拭き、また切っては拭きを繰り返しながら
丁寧に切れば、綺麗な切り口になります。

  

こんな感じの仕上がり。

 

ミナミマグロの握りもつくって、
お酒は今一番のお気に入りの鍋島ニュームーンを出しました・・・いい正月・・・

 

NOBのおでかけだよりを更新しました。
「太良町のカニと有田焼」です。


お雑煮と刺盛(ミナミマグロと自家製酢だこ)

2012年01月03日 | 和食を創る
   
今年のお雑煮づくりはこれまでよりも特に丁寧にやりました。
上質のカツオ節の一番だし、利尻産の昆布を入れて寝かせておいた水、
雑煮にする前に湯通ししておいた上質の鶏肉、ぬるま湯に浸しておいた椎茸。
これらの材料を沸騰させずことことと・・・黄金のスープができました。
  
   

初日のお雑煮には茹でた小松菜を添え、次のお雑煮には三つ葉を散らしました。
ここまで丁寧にやると雑味が無く、まるでプロのような味になります。
お餅は下田産のもち米を象印の餅つき機でついた出来立て・・・
かみさんも、両親も大絶賛してくれました・・・来年も頑張ろう。

  

お刺身は沼津で見つけた超良心的なマグロの店でゲットした
リーズナブルなミナミマグロと、自家製の酢だこです。
化学添加物、アミノ酸調味料など一切使っていません。
鍋島がぐいぐいといけます・・・

 


NOBのおでかけだよりを更新しました。
「伊豆界隈グルメ三昧(伊東のグルメ、下田の洋食、三島のうなぎ)」です。