Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

芝海老かき揚げそうめん&アジの棒寿司

2011年11月20日 | 和食を創る

芝海老のかき揚げの残りは阿波半田の倭麺工房製の手のべそうめんに
のせていただきました。
かき揚げで使った長ネギの青い部分や甘辛く煮た油揚げも添えました。

手のべそうめんは釜揚げにしました。半生なので美味しさが違います。

 

熱々でこしのあるそうめんは抜群。喉ごしもつるりといい感じです。



そうめんだけではちょっと物足りないので、アジの棒寿司をつくりました。
ささっと寿司飯をつくって長いお皿に棒状に盛り、
アジの刺身と卸した生姜、ねぎを添えただけ。

食べるときは魚用のナイフで切り分けます。
これがお手軽な割りに美味しいし、ちょっとリッチな気分になれます。



この記事をはてなブックマークに追加

生芝海老と長ネギのかきあげ

2011年11月19日 | 和食を創る
      
久々に吉池をのぞいて見つけました。
生の有頭芝海老。
売り場のオヤジに聞いたら、
まだ小さいからそのままかきあげにするのがいいよ、とのこと。
早速ゲット。長ネギの白い部分と一緒にかきあげに。

 

          塩をふってそのままいただきます。
          サクッとして、熱々ふわふわ、海老のいい香り・・・抜群!

          

この記事をはてなブックマークに追加

チーズフォンデュとレバーパテ

2011年11月13日 | 洋食を創る
 
ずっと探していたセルロース不使用のチーズフレークをやっと発見。
チーズ同士がくっつくのを防ぐためということですが、どのチーズも
セルロースが入っていて、とにかくどこのスーパーでも見つけられませんでした。
たまたまイオンの近くを通ったのでのぞいてみたら発見!!! 
東京デイリーという会社の製品でした。
早速、3袋買ってきました。
何しようかなと思っていたらかみさんからチーズフォンデュのリクエスト。
ということで、早速・・・

バケット、茹でたアスパラとソーセージを用意。
ワインは久々にナパのカベルネ。ARTESA RESERVE 2005
味わいはフルボディ。

   

かみさんがつくったレバーパテも用意・・・これは今日のワインにぴったり。

 

フォンデュ鍋(我が家のはオイル用ですが・・・)
の内側ににんにくをすりつけ、白ワインでチーズを溶かします。
仕上げにコーンスターチを少々。

チーズフォンデュのミニパーティーの始まり・・・旨い!!!
超お勧め!





この記事をはてなブックマークに追加

栗おこわ

2011年11月06日 | 和食を創る

京丹波の丹波栗、一番食べたかった栗おこわにします。
比叡山延暦寺のおさがりのもち米を使います。
材料は、もち米3合、白米1合、剥き栗約500g、昆布、お酒、味醂、塩。
京丹波の自動皮剥き機で剥いた栗は若干渋皮が残っていますので、包丁で仕上げます。
水加減はおこわのラインよりも若干上くらいにしました。

 

          出来上がった栗おこわはピカピカと光って美しいです。
          黒ゴマをふっていただきます・・・
          豊かな香りにもちもちのおこわ・・・抜群。
          そして、ほっこり炊き上がった栗は甘くてこれまた抜群。
          是非・・・栗おこわ。

          

この記事をはてなブックマークに追加

はり重の極上和牛&丹波栗 de ガーデンバーベキュー

2011年11月05日 | アウトドア
  
飛び石連休はどこもいかないで家でゆっくり。
その分、美味しいものを楽しみました。

まず、京丹波の丹波栗。500gは自動皮むき機で剥いたもの。
別の500gはガーデンバーベキューでいただきます。



そして、はり重の肉類。
あみ焼用の和牛、ベーコン、黒豚ウインナー、ロースハム。

 

あみ焼用の和牛肉、これが超厚切り。
和牛の値段としては決して高くないのですが、ちゃんと固体識別番号が
表示されていて、トレースできました。宮崎生まれの宮崎育ちでした。
ベーコンも期待できそう。

 

早速ガーデンバーベキュー。



ずーっと頭に描いていた肉質とその厚み、探せばあるもんですね・・・
肉の美しさと圧倒的な存在感にごくり・・・



網焼き用の肉、アスパラ、シイタケを並べます。



焼けた肉に塩をふり、ホースラディッシュをのせてを口いっぱいにほおばります。
いい仕事がされている肉は柔らかで甘い脂がじゅわっと広がります・・・
家で焼肉をやるときははり重の網焼き用和牛にしようと思いました。



そして丹波栗を・・・甘さ抜群・・・残りは冷蔵庫でしばらく寝かせて
糖度をアップしてから茹で栗にしようかな・・・





この記事をはてなブックマークに追加

ぱりぱりチキンソテー バルサミコソース

2011年11月04日 | 洋食を創る
   
久々にチキンソテーをつくりました。

焼く前にチキンを叩いて平らにし、皮を下にして弱火でじっくり
皮がキツネ色にぱりぱりになるまで焼きます。これだけ。

ソースの材料はバルサミコ酢、ザラメ、醤油、にんにく。
煮詰まってトロミが出たところで完成です。
ザラメの入れすぎ、煮詰めすぎは冷えたときにかちんかちんになるので加減が大事。

盛り付けは簡単。ブロッコリースプラウトの上にチキンをのせ、
シーズン過ぎでやっと手に入れたプルーンとカリカリにんにくををちらすだけ。

          チープな赤ワインを用意。

          

このぱりぱりの食感とジューシーな肉のコンビネーションが
バルサミコソースに抜群に合います・・・クリスマスメニューにもいいかも。






この記事をはてなブックマークに追加