Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

牛肉赤ワイン煮 おたんじょうびおめでとう

2011年10月30日 | 洋食を創る
  
かみさんの誕生日に何を創ってあげよう・・・と悩んでいました。

最近、我が家は、レンタルビデオで借りた昔のドラマ
「金曜日には花を買って」のような、ちょっとロマンチックなものではなく、
「金曜日には刺身を買って」しかも、
「日本酒を呑んで」と・・・居酒屋チックな雰囲気オンリー・・・

さすがに誕生日まで「刺身を買って日本酒」
じゃ、あまりにもかみさんに悪いか・・・なんて・・・

かみさんがふと「たまにはビーフシチューとか食べたいな・・・」
と言ってたことや、最近、肌寒くなってきたこともあり、
久々に牛肉赤ワイン煮でもつくろうかなと・・・

肉屋さんに相談しながら煮込み料理に向いてる和牛を探してもらいました。
すね肉よりも柔らかくて煮込み料理に向いてる肉を出してきてくれました。
なかなか良さそうなので、そのままいただきました。650gと多め。
ちょっと多いので、家に帰ってからカレー用に少しとったら丁度いい感じ。

今回の無塩バターはカルピスバター。
オリーブオイルはあえて使いませんでした。
ちょっとこってり味を狙ったのです。

このカルピスバターをフライパンで溶かし、
潰したにんにく、玉ねぎ、セロリ、グラッセにした人参を順次塩をしながら炒めます。
一旦野菜をフライパンから容器に移し、肉の両面に軽い焦げ目がつく程度に焼きます。

全ての材料をルクのオーバル鍋に移し、
調理用の赤ワインとチリワインをたっぷり注いで約1時間煮込みます。
今回は圧力鍋を使いませんでした。
味付けは塩、ザラメ、黒胡椒、隠し味に醤油少々。

  

          完成!

          

一口食べたかみさんは大喜び。「今までで一番美味しい、肉も抜群」とのこと。

どれどれ・・・え!? と思うほど美味。すね肉より旨いんです。
味も抜群ですが、食感もくせになるほどのものです。
柔らさに適度な弾力が加わったなんとも言えない食感なのです。
この弾力・・・しいて言えば、「むにゅむにゅ」といった感じ。
色々探してくれた肉屋のご主人に感謝。

パンはかみさんに頼んでおいた極上のパン。
文京区にある小さなパン屋さんですが、常に予約で一杯。
そのままでもバターをつけてもとまらなくなるほど美味しいんです。

赤ワインはチープなチリワイン。
牛肉の赤ワイン煮でも使っているので合うわけです。
誕生日ディナー、いい感じでスタート。

プレゼントはぎりぎりで間に合った、Fried Priedのアルバム。
初めて聴いて凄くいい! と思ったのですが、
Girl Talkという曲名しか聞き取れず、アーティスト名が分かりませんでした。
間違いなくかみさんの好きなタイプ(渋い女性Vocal&アコースティックギター)
なので、必死で検索しまくってやっと見つけたアルバムでした。
あとで分かったのですが、いい探し方があったんです。
ituneストアで曲名検索してリストアップされた曲を順に視聴するだけでした。

おたんじょうびおめでとう。








レンコ鯛の野菜たっぷりアクアパッツア(栄進丸の鮮魚ファイナル)

2011年10月07日 | イタリアンを創る

栄進丸の鮮魚、イタリアンバージョンのファイナルは
アクアパッツアです。
黒ソイ、レンコ鯛、カサゴのアラがたっぷり入っているとはいえ、
過去につくったアクアパッツアの旨さを遥かに超えた絶品中の絶品でした。

まずは、黒ソイ、レンコ鯛、カサゴのアラでスープをつくります。
野菜はたっぷり。
にんじん、玉ねぎ、セロリ、マッシュルーム、アスパラ、トマト、にんにく。

 

野菜の炒め方はテレビで知った野菜スープのレシピを取り入れてみました。
野菜は1種類ずつしんなりするまで炒めて塩一つまみふり、次の野菜を加えて、
といった感じです。野菜を炒めて塩、次の野菜を炒めて塩、最後に水。
野菜の旨みだけを出すために、レシピでは水を加えてましたが、
私はアラスープ。にんにくは最後に加えます。

そして・・・ここからは私の完全オリジナル。
アクアパッツアといえば、鱗を取った魚を丸ごと入れますが、
3枚に下ろしたレンコ鯛、それも身の骨は骨抜きで抜き、
鱗もしっかりととった頭を綺麗に並べて仕上げの煮込み。
しかもフライパンでつくるアクアパッツアです。

骨を気にせずにレンコ鯛の身を食べられる
極楽楽チンなアクアパッツアになりました。

  

熱々の野菜とスープを暖めたお皿にたっぷり注ぎ、レンコ鯛を並べます。



とにかく美味しすぎました・・・ここまで美味しいスープは
飲んだことがありません・・・臭みゼロ、野菜と魚の旨みが凝縮されて
それでいて爽やかさがあって、コクがあって・・・旨すぎます・・・
これは絶対お勧めしたい寒い夜の一品だと思いました。





5種の魚介のカルパッチョ(栄進丸の極上鮮魚)

2011年10月06日 | イタリアンを創る

栄進丸の鮮魚で創るイタリアン、
第2弾は5種の魚介のカルパッチョです。

カサゴ、レンコ鯛、オコゼ、黒ソイ、イカです。
イカはカルパッチョに合うよう、小さめにしています。

つくりかたは簡単。アーリオ・オーリオで和え、塩で味を調整し、
ラップをかけて冷蔵庫で3時間。今回は長めに寝かせました。



肉もそうですが、魚も色々な種類が混ざると相乗効果なのか、
美味しさがアップするようです。
ここまで贅沢なカルパッチョはなかなかできません。大満足でした。







カサゴのポワレ マッシュルームのクリームパスタ添え

2011年10月05日 | イタリアンを創る
  
栄進丸の鮮魚、半分はイタリアンにしました。
第1弾は、カサゴのポワレ、マッシュルームのクリームパスタ添えです。

つくり方はとても簡単。大切なのは時間配分だけです。
皮側を下にして弱火でソテーしたカサゴが焼きあがったときに、
パスタが茹であがる、というタイミングです。
焼きあがったカサゴをお皿に盛ったら、
カサゴを焼いたフライパンにホワイトソースを加えることで、
カサゴの風味の残った焼汁とからめます。

ホワイトソースは、ホワイトマカロニグラタンのとき
につくったソースを使います。

このお料理は白、ということで、Pouilly-Fuissé 2006をチョイス。
フルーティな辛口という感じ。お値段なりのコクもあって満足。

 


カサゴの皮がカリっと香ばしくてとても美味。
酢橘を軽く絞って塩をふっただけのシンプルな味付けは新鮮な魚にぴったり。

・・・ほんとに美味しい・・・栄進丸万歳!

パスタ創ったのは相当久しぶりの気が・・・付け合せ程度の量なのでらくちん。
久々のパスタも結構旨かったのです・・・
もう一つの付け合せがプルーンです。
魚だけでなく肉の付け合せにもぴったり。
しかも体に良いということで、最近はまってます。


 




栄進丸の極上寿司とオコゼの薄造り

2011年10月04日 | 和食を創る

栄進丸の鮮魚の和料理のメインはなんといっても・・・
オコゼの薄造りとお寿司です。

オコゼは棘が刺さると痛そうなので下ろす前に鋏で切り取ります。
さて、待ちに待ったレンコ鯛。これは酢でしめます。

 

鱗を取り、3枚に下ろし・・・
骨を取り・・・手をかけてやります。

 

そして塩をしてしばらく冷蔵庫で寝かせた後に、お酢で洗ってから、
お酢に浸しで40分。魚の大きさに合わせて時間設定するのが大事。
出来上がったら、キッチンペーパーでお酢をよーく吸い取ります。

 

さてお寿司・・・
新米でつくる寿司飯を極上にすべく、寿司酢には超こだわりました。
おそらく誰も試していない寿司酢のつくりかただと思います。
これは丸秘にします。結論から言うと素晴らしいの一言。大成功でした。

宴会スタート!
私達の舟盛はかみさんの両親の舟盛に比べてシンプル・・・
実はお寿司も届けました・・・が、お寿司は私達の方がちょっと豪華・・・



          まずはオコゼの薄造りを・・・
          酢橘と塩でいただきます・・・極上!!!

          

そしてお酒は鍋島の雄町とサマームーンを開けました。
このサマームーン・・・私ははまってしまってます・・・
かみさん曰く、鍋島の中では異端の味、磯自慢に似てるねなどど生意気な。

 

お寿司を食べながら日本酒・・・もいいものです・・・
黒ソイ、カサゴ、オコゼ、酢でしめたレンコ鯛、イカ・・・



中央がオコゼの握り・・・大きくスライスできなかったので、
2枚を並べて一緒に握りました。



そして、今回、かみさんが大絶賛だったのが、右の海苔巻き。
イカを握りに合うように整えたときの切れ端と、大場、胡麻

 

イカは形を整えてから切り込みを入れました。
そして、絶品だったのが酢でしめたレンコ鯛・・・これははまる・・・

かみさんの両親は大喜びだったとのこと。
素人の寿司ですが、やはり寿司はご馳走なんですね・・・
それと、料理は手間隙かけると美味しくなるんだなって思いました。

 

栄進丸の天然鮮魚の舟盛

2011年10月03日 | 和食を創る
  
栄進丸の鮮魚で舟盛。
刺身があれば何もいらないというお義父さんへの差し入れです。

        

        栄進丸の極上鮮魚たち・・・        

        

        黒ソイ、カサゴ、オコゼ&肝、レンコ鯛、イカ、
        そして色合いで加えたマグロ赤み&中トロ。
        山葵は天城産。

        

クーラーボックスに入れて届けます。

 

栄進丸の舟盛・・・目の前にどーんとおかれたとき、
お義父さんはいったいどんな顔をするんだろう・・・
そんなことが結構楽しみだったりします・・・

 

栄進丸の鮮魚がやってきた

2011年10月02日 | 和食を創る
 
久しぶりに栄進丸の鮮魚を注文しました。
その日の朝採れた魚を冷凍せずにそのまま宅配なので、驚きの鮮度です。
もちろん、冷凍保存をしないので、台風や海がしけたりすれば操業は
できませんから、指定した日に届けてもらえないこともあります。

その分、冷凍ものでは決して味わうことのできない魚のすばらしさが味わえます。
しばらくぶりなのですが、今回食べてみてやはりもっと機会を増やさねばと
思いました。それくらい素晴らしいんです。
新鮮な魚はこんなに身が爽やかな味わいなのか、とか、食感とか・・・

私の場合、かみさんの両親が近くなので、2世帯が2回楽しめると
考えれば、ちょっと多めとはいえ十分消費できる分量かなと思いますが、
1世帯では多めなので、では1世帯の場合どうすればよいのか?
と考えたら意外に簡単。もちろん、刺身で食べたい場合は
魚を下ろせる人が1人以上いるという条件ですが、
仲良しの2~3世帯で共同購入、という手があるなと思いました。
その場合、送料は魚を下ろしてくれる世帯は免除。
純粋に魚の代金だけを3世帯で等分すれば、一番安い3150円の
鮮魚詰め合わせで1050円、4200円の鮮魚詰め合わせで1400円。
このお値段で決してスーパーでは買えない天然の珍しい新鮮な魚が
食べれると思えば相当お得だなと思います。

今回、改めて栄進丸の鮮魚に感動したのでついつい熱が入ってしまいました。
ちなみに私もおまかせ鮮魚詰め合わせでした。
栄進丸のおまかせセットは何が入っているか分からないのでわくわくものです。

さて、わくわくしながら届いた栄進丸の箱を空けました。
今回のおまかせセット、すごいラッキー。
たっぷりのイカ、オコゼにカサゴ、黒ソイにレンコ鯛!!! 抜群!!!

       

早速、イカ3杯とカサゴを下ろしました。 



もちろん、日本酒! 秘蔵の鍋島の雄町を出しました。
イカが・・・柔らかくて、ちょっとねっとり感があって、甘くて・・・
そしてカサゴ・・・これがまたたまらない食感、鮮度抜群の爽やかな味がします。

 

イカのゲソは軽く焼いてたっぷりのおろし生姜とお醤油でいただきます。
やはり新鮮なものは焼いてもぷりっぷりの食感・・・抜群です・・・
栄進丸の魚と一緒に食べても遜色ないつまみ・・・なかなかなく・・・
比内地鶏のモモの塩焼きと皮焼にしましたが・・・比内地鶏でも
栄進丸の魚に比べると平凡に感じてしまいます・・・
いやいや凄いや・・・栄進丸・・・
鳥取に行ってみようか? なんてかみさんと話をしました。