Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イベリコ豚のシーザース風サラダ&真鯛のカルパッチョ

2011年05月29日 | イタリアンを創る

イベリコ豚の特売に遭遇! こりゃあ嬉しい!!!
どんぐりを食べて育ったイベリコ豚は臭みが無く、高級な鶏肉のように使えます。
最初の2枚はソテーして塩胡椒でいただきましたが次の2枚はちょっと工夫しました。
一度やってみたかった海外のレストランで食べるようなサラダに挑戦。

レタスを洗って水分をよくとり、ちぎっておく。
にんにくスライスをカリカリにしたアーリオ・オーリオをつくり、
にんにくスライスはいったん取り出しておく。
ここに軽く塩胡椒したイベリコ豚を2枚並べ、じっくりソテー。
火が通ったらまな板に移して食べやすいサイズに切っておく。
イベリコ豚をソテーしたところにカリカリにんにくスライスを加えて加熱。
ここにバルサミコ酢、塩、黒胡椒を加えて味調整。これがドレッシング代わり。

  

ちぎったレタスをお皿に広げ、イベリコ豚をのせ、トマトを周りに並べます。
そこにドレッシング代わりのソースをまんべんなくかけ、
最後にパルミジジャーノを削りながらたっぷりふりかけて完成!
ソースとパルミジャーノとイベリコ豚の脂で濃厚感があるので
満足感の高いサラダになりました。お腹が満たされるサラダです。



そして、お決まりの真鯛のカルパッチョ。
紹介するほどでもない、超チープな白ワインを飲みながらいただきました。





週末ガーデンバーべキュー 

2011年05月22日 | アウトドア
    
          週末は仲間4人でガーデンバーベキューを楽しみました。
          肉好きの2人のために、黒毛和牛の厚切りサーロイン、肩ロース、
          バラカルビをたっぷり用意。

          

炭を熾すのはかみさんの役目。炭はいつもの岩手の切り炭です。
美しいので部屋の消臭用に置いたりしてます。火のつきが良く備長炭より簡単。
まずは厚切りのサーロインを・・・大きすぎて七輪からはみ出てしまいます・・・
ミディアムくらいに焼いて塩胡椒し、ナイフで切り分けていただきます・・・
噛むと香ばしい香りに続いて柔らかい肉の食感・・・そして肉汁が溢れます・・・
旨すぎます・・・



続いて肩ロースを焼肉のタレでいただきます・・・
ロースなのに脂がじゅわっと口の中に広がります・・・旨い・・・旨すぎる・・・



肉を食べつくしてそろそろお腹がはちきれそうになったところで殻つきホタテ・・・
醤油を落として更に仕上げに焼いて食べると・・・これまた抜群・・・
暑いくらいの日だったのでビールもがんがん消費・・・最高のバーベキューでした。

焼肉屋さんで食べるのももちろん好きですが、
これからの季節は野外バーベキューに限ります。
外食より遥かにリーズナブルな予算でいい肉がたらふく食べれるのもいいです。



週末家呑み 田酒 VS. 三百年の掟やぶり 

2011年05月21日 | 和食を創る
  
やっと訪れた終末・・・は、家呑み・・・
2週連続のお楽しみは、三百年の掟やぶり、田酒を下さったダンディな方のおかげ。
その美しい奥様からはお土産の長茄子漬・・・私たちの大好物。感謝を・・・

とにかく早く呑みたい・・・とのことで速攻で用意。

 

          用意した天然真鯛とブリ刺。
          ブリ刺しは、スライスしてから熱湯にさっとくぐらせ、
          氷水で冷やし、キッチンペーパーで水気をとったもの。
          こうすることで生臭さが無くなります。

          田酒を・・・旨い・・・なんて旨いんだろ・・・

          

          そして2度目の週末は舟盛・・・
          真アジ、マグロ、ホタテ、カツオ、真鯛の湯引き、さざえ。

          

          度数高めの三百年の掟やぶり・・・これも旨い・・・
          最近、すこーしだけ、日本酒がわかってきたような・・・

          

花陽浴で家呑み・・・シメは自家製鉄火巻

2011年05月19日 | 和食を創る
  
珍しいお酒をゲットしました。
花陽浴(はなあび)のおりがらみ、という南陽醸造㈱(埼玉県羽生市)のお酒です。
おりがらみは特に手間のかかったすばらしいお酒・・・早速家呑み。

本マグロの赤み、中トロ、明石産のたこ、陸奥湾のホタテ・・・



          陸奥湾産のホタテを教えていただいた通りに
          洗わず、醤油をかけずにそのままホイルに入れてグリルで。

          その美味しさに・・・無言・・・
          そして花陽浴を・・・抜群・・・旨みの割りに呑み後スッキリ。
          磯自慢や飛露喜ばかりを飲んできましたが、
          久々に好きな酒に仲間入りです。

          

シメは本マグロの端っこを細く切ったものを有明産の海苔で巻きました。
これがまた抜群の美味しさ・・・パリっといい音の次に海苔の香り・・・
酢飯もいい感じ・・・そしてマグロのトロミが抜群・・・

いよいよ明日は週末・・・今日一日頑張れば楽しい週末・・・




家庭でつくる本格的ラーメンと鶏照焼と焼豚を一緒に創る!

2011年05月17日 | ラーメンやお餅を創る

家庭で美味しいラーメンを「手軽に」つくって食べたい・・・
同時に焼豚や鶏の照焼も創りたい・・・なんてものぐさなことを考えていて
実際にやってみたら・・・これがなかなかだったんです。
豚肩ロース肉と鶏モモ肉、昆布、長ネギの青いところでスープを創った後に、
豚肩ロースは焼豚に・・・鶏モモ肉は照焼にしました。これが超楽チン!

詳しい創り方はCOOKPADに掲載しました。

スープを創って・・・焼豚創って・・・ラーメンを創って・・・

  

        こんな感じです!

        

        抜群の旨さ!

        

スープに使った後の鶏モモ肉は照焼に。
すっかり味をしめてその後は手羽元でスープをとった後は骨を外して
照焼ソースに絡めてからホイルに入れてグリルで焼きました。これも抜群でした。
鶏モモ肉や手羽元はそのまま調理して食べると脂多めになってしまいますが、
スープにした後に調理すれば脂を控えめにできます。
一度に脂を摂取するとカロリーがちょっと多くなりますが、
2度に分けて摂取するということで脂を捨てずに有効にいただけて非常に合理的。

   

鶏の手羽元でスープを創ったときの焼豚とチャーシュー麺です。

 

スープが残ったので、野菜炒めをつくり、そこにスープを注ぎいれてタンメン!
これも抜群でした・・・お試しください! 
麺は探し回ってやっとたどりついた麺・・・これがまた抜群でした・・・



ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「dyson(掃除機)はやっぱり凄かった!」です。
「NOBのおでかけだより」


ガーデンバーベキュー

2011年05月15日 | アウトドア
     
やっと天気も安定、爽やかで蚊にも悩まされない季節がやってきました。
こんなときはバーベキュー。
外食でない分、コストの割りにいい食材が食べれ、しかも料理をする手間は
ほとんどありません。しかも、私が薦める七輪バーベキューは超楽!
ロゴスやコールマン等、キャンプ用品のメーカーが出しているような
バーベキューコンロはかっこいいのだけど、後片付けが面倒。
七輪は炭の始末だけすればそれでおしまい。とにかくお手軽なんです。

ということで、遊びに来た友達とバーべキューで盛り上がりました。

炭を熾して・・・外食より遥かに安く食べれる極上の和牛ヒレ肉・・・

 

そして、骨付きフランク・・・大きくて肉厚の椎茸・・・
お気に入りのモルツで乾杯!



久々の我が家イタリアン(カルパッチョ・カプレーゼ・タコマリネなどなど)

2011年05月02日 | イタリアンを創る
   
GWの初日、ひさびさに友達が遊びにきました。
ということでひさびさにおもてなし料理にモチベーションアップ。
最初の一皿は、カプレーゼ。



そして、タコマリネ。
今回はバルサミコ酢に加え、ブドウからつくられたお酢を使いました。
そして友達が遊びに来る2日前の夜から漬け込んでいました。



そして前日夜に数店舗をまわってやっと手に入れた
真鯛でつくったカルパッチョ。



          抜群の出来!

          

我が家イタリアン・・・1次会のはじまり・・・シャンパンをあけます・・・

 

かみさんのピザが久々に復活・・・生のモッツアレラチーズをたっぷり・・・

  

トマトとモッツアレラチーズ、そしてバジルを添えたピザと、
友達に翌日に食べてもらうお楽しみ料理の途中プロセスでつかったチキンを
たっぷり使った照り焼きチキンピザ・・・これも生のモッツアレラチーズたっぷり。
ビールに合うんです、これが・・・

 

そして部屋をかえて2次会・・・300年の掟やぶり、これが抜群に旨い・・・
まるで女優さんのように美しくて洗練されたマダムと
超優しくてダンディーな旦那様からのお土産。このときのためにとっておきました。
友達も美味しいを連発・・・感謝を・・・
肴は私の大好きな塩らっきょ、ヒラメ、そして天城産のわさびの茎の漬物。
昔話に盛り上がり、これから先のことをまじめに話しつつ・・・