Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リフォーム完成祝と栄進丸の赤イカと新潟の極上新米

2010年10月19日 | 和食を創る
  
殆ど使っていなかった畳の和室を念願の全面リフォーム。
イメージ通りの部屋になって大満足。

リフォーム前後の和室のレポートは下記です。
「夢のリフォーム 格子戸とブラックウォールナットの部屋」



嬉しいことにお友達から新米のプレゼント。
昨年の「新潟万歳!素晴らしき新米と朝ごはん」に引き続き、今年もいただいてしまいました。
重たいお米をわざわざ持ってきてくれたお友達とお友達のお母様に心から感謝を。

そしてお祝い会をやろうということで・・・栄進丸さんに赤イカを注文。

極上のお米は必ずココットで炊くことにしています。
京都出身の後輩からいただいた俵屋のオリジナル。お気に入りの逸品です。
よくといだお米を1時間くらいおいてからココットにうつして強火。
沸騰したら弱火で5分、火を止めて15分。ココットは2合炊きです。
炊きあがったお米を飯台に移し、寿司酢を加えて団扇で扇ぎながら切るように混ぜます。
寿司酢はお米2合に対して、
お酢(大さじ2.6)、お砂糖(大さじ2)、塩(小さじ1.3)の割合。

 

          これが栄進丸の赤イカ!
          その大きさに圧倒されます・・・すごすぎる・・・

          

我が家で一番大きなまな板ですらのりきりません・・・・まな板2枚使うことに・・・
入っていたレシピを参考に片面に焦げ目をつけたお造りをつくります。 

 

刺し盛り、お寿司の完成!



          美しい赤イカ・・・早く食べたい・・・

          

          赤イカの握り、そして、細かく刻んだイカとタラコを和えたものを
          軍艦巻きにしました・・・
          食べた瞬間・・・無言になります・・・旨すぎるんです・・・
          新潟の新米がまた素晴らしいんです。
          寿司飯にこれほど合うお米はないかもしれません・・・
          粒の一つ一つを感じることができるほどしっかりとしているのに、
          べたつかず、それでいてもっちりしているんです・・・

          

          炙った赤イカのお造りが・・・旨すぎ・・・
          普通のお造りも・・・最高・・・
          ねっとりしつつ歯ごたえもある抜群の食感。
          この日のためにとっておいた磯自慢 水響華がまた抜群・・・        

          

          特筆すべきは赤イカの天ぷら・・・
          あまりに旨すぎて・・・このイカ、凄すぎる・・・

          

          ゲソの軟骨部分だけでつくったイカ大根。
          圧力鍋で低圧5分。抜群のおいしさです。
          あまりに素晴らしいので大阪の親戚にも送ることにしました。

          

          blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ




家おでんは楽し・・・

2010年10月18日 | 和食を創る
  
家おでん・・・楽し・・・
「おでん(やす幸のおでんへの思い)」のとき同様、
銀座の名店やす幸の味を再現したくなりました。
利尻昆布、鰹節でダシをとり、お酒、塩などなどで味調整。
あとはおでん鍋に具を並べてダシ汁をたっぷり注いで加熱。



いい感じ・・・やす幸の味に静岡のおでん街のみすずの女将さんに教わった技を使います。
それは・・・茹でた玉子を殻のまま入れておくことです。
面倒だけど、食べる時に殻を剥きます。
理由は目から鱗の、玉子がいつまでも柔らかいということ。
女将さんありがとう!

ダシはまだまだ、まだまだやす幸にはほど遠いですが、美味しい!
家おでん・・・楽しいです・・・
     


blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ