Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

引き上げ湯葉と豆乳鍋

2010年01月21日 | 和食を創る
     
スーパーでたまたま見かけた豆乳。ドリンクコーナーではなく、お豆腐のコーナーでした。
そのときかみさんが、「豆乳鍋食べたいな」とつぶやき・・・
体に良いということで豆乳ドリンクはよく飲んでいますが豆乳鍋は初めて。
ネットでいろいろ調べてみたら、どうやらダシ汁と合わせるらしいことは分かりました。

でも、いきなり豆乳鍋にするのもなあ・・・と。じゃあ最初に引き上げ湯葉やろう。

アイデアがまとまったところで、で、食材のチョイス。
水分が沢山でそうな白菜は使いたくないしなあ・・・水菜もなあ・・・ということで、
お義母さんからいただいた壬生菜を使うことにしました。
野菜室をごそごそやっているとちょっと前に買ったエノキとシメジ・・・これは合いそうだ。
問題はメインを何にするか・・・冷凍庫をがさがさごそごそ・・・ブラックタイガーあった。
ということで、海老団子をつくることにしました。
海鮮つみれは真鯛のアラでよくやるので簡単。

海老(大)8尾の殻を剥き、背ワタをとってから出刃包丁でスライスしてから叩きます。
長ネギ1/2本は相当細かいみじん切りに。
ボウルにこれらの材料を入れ、塩小さじ1/3、日本酒大さじ1、片栗粉大さじ1.5を
加えて細いスパチュラで粘りがでるまでよーく捏ねます。
そしてお団子にします。
昆布と鰹節でダシをとります。昆布と鰹節を取り出したらそこに海老団子を投入。
浮いてきたらすぐに器に移します。
海老団子を茹でたダシ汁に味醂大さじ1、塩小さじ1を加えて豆乳鍋用のお汁を創ります。

  

海老団子の出来栄えがなかなかです。
色がきれいでこのままお醤油につけて食べたいくらい。



まずは引き上げ湯葉を・・・
豆乳を土鍋に注ぎ、弱火以下でじっくり時間をかけて加熱します。これ厳守だそうです。
豆乳が熱くなったところで団扇でパタパタ
すると表面に膜がどんどんはってきます・・・
これはかみさんが外食で覚えてきた方法。

 

          できた!できた!

           

          丁寧に・・・丁寧に・・・

           

          引き上げ湯葉です・・・

           

早速いただきました・・・あ、これは日本酒だよね・・・ということで
第2弾の引き上げ湯葉をいただきながら日本酒を・・・

 

引き上げ湯葉をたっぷり楽しみながら日本酒ですっかりいい気分になったところで、
ダシ汁を加え、やはり弱火でコトコトやりながら野菜や海老団子を煮ます。
そして私は初めての豆乳鍋体験・・・・・「美味しい!」
思わず言ってしまいました・・・優しくてホッとする味です・・・
海老団子、豆乳鍋に合うかなあとちょっと不安でしたがばっちり合いました。
ときどきやることにしました。
最初に引き上げ湯葉をつくって食べるのがちょっとした楽しいイベントです。

  

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 



パスタ カルボナーラ(サバティーニ青山の味を試す:その4)

2010年01月20日 | パスタを創る
     
ニチレイフーズ「プロの技をご自宅で」のモニターの続きです。
カルボナーラは私のチョイス。
お義母さんの家庭菜園で採れたわさび菜を合わせます。

ソースのゆで時間は10分。
温めたボウルに茹であげたパスタ、ソース1/3を加えてよく和えます。
お皿に盛りつけたら残りのソース、添付のチーズをかけ、わさび菜を添えます。

 

こんな感じ。お皿はお気に入りの赤い皿。
3年くらい前にSur La Tableで買ったものです。

 

          フォークにたっぷりパスタを巻きつけていただきます・・・
          これも意外。あっさりしているんです。でもコクがある・・・
          味見したかみさんは「え!? これだったら食べたかった・・・」
          そうなんです。かみさんはカルボナーラを滅多に食べません。
          これならお代わりできます。

          


          blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 



パスタ ボロネーゼ(サバティーニ青山の味を試す:その3)

2010年01月19日 | パスタを創る
     
ニチレイフーズ「プロの技をご自宅で」のモニターの続きです。
ボロネーゼはかみさんのチョイス。
お義母さんの家庭菜園で採れたブロッコリーを合わせます。
     


ブロッコリーはさっと塩茹で。ソースは熱湯10分。
茹であがったパスタとソースを1/3を和えてお皿に盛りつけ。
そこに残りのソース、添付のナチュラルチーズをかけ、ブロッコリーを盛り付けて完成!

 

チーズの香りとソースの香りが・・・たまらない・・・



        美味しそうな香りが食欲をそそります・・・

        

トマトソースに肉の旨みが溶け込んでいて抜群。あっさりしてるのにコクがあります。
そしてこのソースも手づくりの味がします。美味しくてあっという間に完食!




blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 


マグロの佃煮 

2010年01月18日 | 和食を創る
 
「磯自慢(生詰吟醸)とお刺身の至福のときにご紹介した、焼津でゲットしたマグロは
尾に近い部分がごろごろ4つも入って2000円。
でも、写真左のように、血合いがついているし、形もいびつ。
そこで、解凍してからお造りにする際、血合いを取り、綺麗な切り身になるよう形を整えます。

そうすると、中央の写真のように、血合いばかりの薄切り、形の悪い薄切りが結構でます。
それをどうするか・・・づけにしても美味しくいただけますが、今回は佃煮にしてみました。

とっても簡単です。お水少々を沸騰させ、日本酒を加えたところに切ったマグロを入れ、
しばらく煮込み、途中でお砂糖、お醤油、味醂を加えて落とし蓋をし、
とろ火でコトコト水分がとんで若干とろっとするまで煮込みます。
レシピはそのうちクックパッドに掲載しようと思います。

  

砂糖は多めなのであまり煮詰めすぎると冷えたときにタレがカチカチになりますから、
煮詰めるときはちょっととろっとしたくらいでやめておくと丁度良いようです。
かみさん絶賛。私も日本酒のあてにいただきました。これ熱々ご飯でもいいです。
お刺身盛合せに加えられないようなマグロの血合いや端っこ・・・ちょっと手を
加えれば極上のおつまみに変身します。



blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 



舞茸入り 肉南蛮かき玉うどん(かみさんのリクエスト)

2010年01月15日 | 和食を創る
     
ある朝、かき玉うどんをつくりました。それはうどんが乾めんだったからです。
乾めんのうどんって、長期保存がきくし、稲庭うどん以外はだいたいリーズナブル。
ただ、生めんに比べてちょっと寂しさがあります。
生めんのようなもちもち感はないですし・・・そこで考えました。
ゴージャスなおつゆにすれば全体としてゴージャス感が出て乾めんでも嬉しくなるのではと。

ということで、材料はかみさんのリクエストの舞茸、豚肉、卵、たっぷりの長ネギを。
ダシは粉タイプの鰹節。最近ハマってます。本物の鰹節が粉になったもの。
鰹節を捨てることなく、そのまま一緒にいただけるのがうれしいです。
後はお砂糖、お醤油、味醂で味調整したおつゆで煮込みます。

仕上げは水溶き片栗粉でとろみをつけ、火を止めてからお玉でくるくる水流をつくり、
溶き玉子を少しずつ流し込み、かき玉にします。

  

        茹でた乾めんのうどんを器に入れ、つゆをたっぷり注いで完成!

        

「熱っ!」とかみさん。
とろみがついたおつゆは熱々です。ふうふう言いながら食べると・・・極旨!!!
豚肉の旨み、舞茸の風味、ネギの甘味・・・とろみのあるつゆも最高・・・
この美味しさ・・・乾めんのうどんでも満足感抜群です。



blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 

きのこクリームのパスタ(サバティーニ青山の味を試す:その2)

2010年01月14日 | パスタを創る
     
ニチレイフーズ「プロの技をご自宅で」のモニターの続きです。
きのこクリームはかみさんのチョイス。
お義母さんの家庭菜園で採れたちんげん菜の花芽とわさび菜を合わせます。

   

花芽は沸騰したお湯に塩を加えてさっと茹で、水に浸してから絞っておきます。
わさび菜はさっと水で洗っておきます。
茹で汁でパスタソースの袋を10分加熱。
パスタの茹で汁で温めておいたボウルにパスタとソース1/3を加えよく和えます。

  

パスタを盛りつけたら残りのソースをかけ、
ちんげん菜の花芽、わさび菜を飾って完成。



        美味しそうです・・・

        

かみさん、すごーくうれしそうに添付の粗挽き黒胡椒をかけてパスタをくるくる。
私もちょっと味見させてもらいました・・・意外!
見た感じはコッテリしてそうでしたが、あっさりしてて・・・でも深み有り。
ポルチーニでしょう、キノコの風味がしっかりしてます。

 


blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 


磯自慢(吟醸生詰)とお刺身の至福

2010年01月13日 | 和食を創る
     
通いはじめて5年くらいになる磯自慢。行く度に手に入りにくくなっているようです。
予約した2本以外は完売という状況・・・予約してなかったらゼロ・・・

早速、生詰の吟醸を試しました・・・久々です。
もちろん、お刺身の盛り合わせも造りました。
焼津の格安のマグロ(尾に近い部分がごろごろ4つも入って2000円!)
活サザエ、アジ、ホタテ、山葵の葉を飾ってみました。



          一口飲んでその素晴らしさを再確認・・・
          口に含んだ瞬間に芳醇な香り・・・
          次の瞬間、どこまでも澄んだすがすがしい味わいに
          変わります・・・思わず目をつぶってしまいます・・・
          なんて美味しい日本酒なんだろう・・・つくづく・・・
          やはり私はこの酒が一番好きです。
          お刺身との相性も抜群なんです・・・

          

          blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 



パスタ アマトリチャーナ (サバティーニ青山の味を試す:その1)

2010年01月12日 | パスタを創る
     
ニチレイフーズ(「プロの技をご自宅へ」)さんのモニターをさせていただきました。
サバティーニ青山の冷凍パスタソースと聞いて即決。
届いた箱を開けてみると、奇麗な写真と詳細な手順が書かれたリーフレット、
そして4種のパスタソースが・・・わくわくものです・・・

  

アマトリチャーナ、きのこクリーム、ボロネーゼ、カルボナーラの4種。楽しみ。



まず、アマトリチャーナを試すことにしました。私の分です。
お義母さんの家庭菜園の採れたてブロッコリーと合わせることにしました。



沸騰した湯に塩を加え、ブロッコリーを茹でます。
茹であがったらざるへ。



ブロッコリーを茹でた後にアマトリチャーナの袋を茹でます。10分。
パスタの茹で汁をボウルに少し入れておきます。ボウルを温めておくためです。
ボウルのお湯を捨て、茹であげたパスタとソースを1/3くらい入れ和えます。

 

パスタをお皿に盛りつけてから残りのソースをかけ、ブロッコリーを飾ります。



        美味しそう・・・

        

パスタの山を崩して添付のチーズを振りかけていただきます。



パンチェッタが惜しげもなく使われているのが驚き・・・
トマトの味がとてもしっかりとしてて、コクがあってとても美味しい。
外食のお料理と比較して塩は控えめで、とても品のある味・・・
しかも手づくりの味がしました・・・これはレベルが高い・・・
かみさんも、「塩加減が丁度いい、トマトの味がしっかりしてて美味しい!」

私もパスタソースの味をもっと研究したくなりました・・・

 



blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 



牛みすじの赤ワイン&バルサミコ煮込み

2010年01月07日 | 洋食を創る
    
          ガーデンバーベキュー(その1)
          ガーデンバーベキュー(その2)
          のときに残った牛のみすじ(肩の肩甲骨の内側)。
          1頭から1.5~2KGくらいしかとれない
          希少な部位です。
          冷凍保存していて、
          何に使おうかずーっと気になっていました。

          

ペコロス、マッシュルームを使って久々にチャレンジングな料理を創りました。
まず、たっぷりの赤ワインで牛肉が柔らかくなるまで煮込み、仕上げに
たっぷりのバルサミコ酢、隠し味のお醤油、砂糖、蜂蜜で味調整。
更に煮込んで完成。

  

          牛肉の煮込みなので赤ワインを出しました。
          新潟の岩の原葡萄園のワインです。
          新潟旅行のお土産です。          

          

          胚芽入りの素朴なパンと一緒にいただきました。
          味付けはチャレンジでしたが、かなり美味しいです。
          正月料理ばかりだったので新鮮でした・・・

          

          blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 

サロマ湖の北海しまえび

2010年01月06日 | 和食を創る
   
ブログ「おやじで悪いかよぉ!」
のおおぬまさんからサロマ湖産の北海しまえびが送られてきました。

しまえびと聞けば私は即「刺身!」だったのですが、なんと浜茹で。
これが普通の食べ方だそうです。これはびっくり。
一瞬、「え!? しまえびを茹でてしまうの? もったいない」
と思ってしまうのですが、食べてみるとこれがまたたまらない・・・

  

黒龍の吟醸小瓶を出しました・・・あとでおおぬまさんから聞いたところによると、
なんでも茹でたてのしまえびを食べながらビールだそうです。
とにかく食べてびっくり、すごーく美味しいんです!
この場でおおぬまさんに感謝を! ありがとうございます!

P.S. もったいなくて全部たべずに3連休中に楽しむためにとっておくことにしました・・・
おおぬまさんに、私の一番好きなものを送りたいなあ・・・

 

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ