Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トビウオのカルパッチョ

2009年10月30日 | イタリアンを創る
    
スーパーでカルパッチョを食べたいなあと話をしてて、鮮魚コーナーへ・・・
たまには違う魚はどうだろう? ということで色々物色。
お、これだ、と思ったメバルは煮魚用。うーん、やっぱりちこ鯛かあ・・・
と目に飛び込んできたのはとってもリーズナブルな飛魚。
以前、飛魚のお造りを食べたとき、臭みがなく、歯ごたえもとても良かった覚えがあります。
しかもお値段とってもリーズナブル。ということで飛魚をゲット。
カルパッチョといえばスパークリング。リーズバブルで辛口のものをチョイス。

創り方はいつもどおり。飛魚を3枚に下してから(アジより難しい)スライス。
粗熱をとったアーリオ・オーリオと和え、塩で味調整し、ラップして冷蔵庫へ。

 

          抜群! なんて美味しいんでしょうか・・・飛魚、旨すぎ!
          身の食感は滑らか、しっかりとしてて抜群!
          カルパッチョにとっても合います。ほんと旨い!

          

          blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 

湯豆腐の工夫 超ヘルシーな冬の定番

2009年10月29日 | 和食を創る
      
簡単でヘルシーでしかもお酒のおつまみにもご飯のおかずにもなる。
湯豆腐はそういった意味では最強かもしれません。

お米を炊くときに使っているココットに昆布と水を入れ、火にかけます。
切ったお豆腐、椎茸を加えます。



<タレの工夫>
大さじ1のお醤油にお砂糖(三温糖が好ましい)を一つまみ強の割合。
これがポイントです。
あとは、細かくスライスしたネギ、すりおろした生姜を加えれば完成。
熱々のお豆腐をこのたれにつけていただけば、風邪なんぞふっとばせそうです。

ヘルシー、簡単、美味しい、安い、といいことばっかり。
白菜なんかも入れてもいいですし、アレンジは色々できますよね。
今年の冬は湯豆腐に徹底的にこだわろうと思います。

 

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 


ワタリガニのリガトーニ

2009年10月28日 | パスタを創る
   
晩秋から春にかけて美味しくなるというワタリガニ。ス―パでゲット!
濃厚なダシの出るワタリガニにぴったりのリガトーニを使いました。

フライパンでアーリオ・オーリオをつくって出刃で割ったワタリガニを加え、
白ワインをたっぷりふって蓋を閉めて蒸し焼き。
ここにトマトを加えます。

  

トマトを潰しながら加熱し、浮いてきた皮を取ります。
あとは味付け。お砂糖、塩、黒胡椒で味調整。
茹で上げたリガトーニ、モッツアレラチーズをたっぷり加えて中火で和えます。

 

ワタリガニの濃厚な旨みがトマトソースと溶け合って・・・
これにモッツアレラチーズがとろけてて・・・濃厚なのにあとをひく美味しさ・・・



blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 


アジ&玉ねぎのマリネ メタボ撃退! 

2009年10月27日 | 洋食を創る
    
サーモンのマリネがあるならアジのマリネだって・・・
しかも、玉ねぎスライスたっぷり・・・これはメタボ撃退メニュー!
青魚のアジ、お酢、そして玉ねぎ! 無敵!
日本酒には合わないけど、ビールや辛口のスパークリング、サワーなら合いますね。

アジを下ろせない方はスライスされていないアジをお求めになるか、
少し大きめにスライスされているアジのお刺身をゲットしてください。
私はいつものアジの下し方でアジを3枚に下しました。
 
   

玉ねぎスライスは水で晒してからしっかり水分をきり、金属製のボウルに。
あとはマリネ液をつくって熱々のまま玉ねぎスライスにかけ、粗熱とって冷蔵庫。
冷えたらアジを浸してパセリのみじん切りを加え、
ボウルにラップをかけて再び冷蔵庫で1時間ほどで完成。
詳細なレシピはCOOKPADに掲載しました。

  

こうして盛り付けると結構いい感じ・・・こちらはかみさんの。



          こちらは私の・・・アジと玉ねぎと一緒にいただくと、
          臭みを全く感じません。むしろ爽やかで美味しい。
          食べれば食べるほど健康になっていく気が・・・

          

          blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 


新潟万歳! 素晴らしき新米と朝ごはん

2009年10月26日 | 和食を創る
   
仲良しのお友達から今年もコシヒカリの新米をいただきました。
いただくようになってから今年で4年目です。今年もまた5kgも・・・
重たい5kgいつもいつもほんとにありがたいです。感謝を。
持たせて下さっているお母様にも大感謝を。

このお米は、新潟のほくほく線ほくほく大島駅下車の
とある田んぼで丹精込めてつくられた最高のお米です。

一昨年は「新米で創るおにぎり弁当を持ってドライブ」で楽しみました。
そして昨年は、「ココットで新米のコシヒカリを炊く・・・そしてイクラ・・・
「イクラ丼&イクラの軍艦巻 極上の新米で」で極上の新米を楽しみました。

今年はまずシンプルな食べ方ということで、シンプルな朝食で楽しみました。

<ココットでご飯を炊く>
電気炊飯器の内釜でお米を2合とぐ。
水量は2合分より3mm程度低めにする。
30分以上放置してからココットに移す。
最初は強火。沸騰したら弱火にして5分。
5分経過したら火を止め15分以上蒸らしておく。
途中で決して蓋は開けない。蒸らしが終わったらヘラで軽く全体をほぐす。

  

スライスした長ネギ、ダシ、砂糖、味醂、塩を加えて焼いた卵焼き。
朝ご飯にぴったりです。

 

ご飯が炊きあがりました!



どこまでも美しい炊きあがり・・・手でつまんで食べたら・・・極上・・・
香り、食感、味・・・全てがパーフェクトな素晴らしい新米です・・・
ちょっと奮発した有明海苔と卵焼きで食べて幸せ一杯でした。
新潟万歳! 新潟旅行行くことにしました。



blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 

キノコ(ハナイグチ)の甘辛煮

2009年10月25日 | 和食を創る
    
ゴルフ場で見つけたハナイグチ。小さなものは佃煮にしました。
ハナイグチは水分を結構含んでいます。
お酒と味醂を加えて煮込んでキノコ達が小さくなるまで煮込みます。
そして、お砂糖、お醤油で味を調整して更に煮込みます。

 

          ハナイグチから出るとろみがたまらない一品になりました。

          

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 

ゴルフ de 天然キノコそば

2009年10月24日 | 和食を創る
    
気分転換にゴルフに行きました。
順番待ちをしててティーグランドの周りをふとみると・・・
ハナイグチの群生が・・・それも極上のハナイグチです・・・
まったく手つかずの極上品、しかも大中小様々・・・
ささっとビニール袋に詰めてゴルフバックに入れました・・・ははは・・・

喜びのあまり第1打は超スライス! 「ファ~!!!!!!!」
ゴルフをやっていても集中できません・・・ハナイグチでお蕎麦食べたい・・・
そんなことばっかり・・・

 

帰って早速、きのこ蕎麦づくり。
簡単です。白菜と揚げとハナイグチを煮て、お砂糖、お酒、味醂、醤油で味調整。
久々のお蕎麦は乾麺の十割蕎麦。普段は二八蕎麦(蕎麦粉八割)です。
生麺や乾麺でいろいろなお蕎麦が売られていますが、殆どのお蕎麦は
小麦粉、蕎麦粉としか書かれておらず、蕎麦粉がどのくらい入ってるか分かりません。
なので、私は十割や二八蕎麦にしています。
確かに小麦粉がたくさん入っているお蕎麦は十割や二八より滑らかです。
でも、せっかくお蕎麦を食べるのなら蕎麦粉を味わいたいと思っちゃうんです。
しかも蕎麦粉は体にとってもいいですしね・・・



        久々に食べましたが十割蕎麦は蕎麦を食べてるって気がします。
        それにしてもこのハナイグチは極上です・・・
        大げさかもしれませんが、まるで松茸のように
        香りや風味が深いんです・・・濃いというか・・・
        来年もこの時期にあのゴルフ場でラウンドしないと・・・

        

        blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 



自分でつくろう! しめ鯖 釣り魚最高!

2009年10月23日 | 和食を創る
     
それにしてもとにかく最近、釣りに関係したトピックが多いです。
友達が上司から魚をたくさん貰ったということで私におすそわけ。ありがたい!
イナダ1尾と小ぶりの鯖2尾。生け締めなどの処理もされていてらくちん。

家に帰ってからまな板の上に置いて眺めたんですが・・・
その美しさに(相当鮮度がいいんだろうなあ)見とれました・・・

イナダは3枚に下し、骨を抜き、皮をとってスライス。
包丁で切っていて身の滑らかさが分かるくらい極上。

 

鯖はもちろんしめ鯖にします。友達に教わってきました。
3枚に下して骨を抜かずに塩をふって1時間。
その後、水洗いし、更に安いお酢で洗ってから、いいお酢(純米酢)に30分。
スーパーなどで売られている鯖よりもかなり小さいのでこんなもんだそうです。

あとはキッチンペーパーでお酢をよく拭き取り、
骨を抜き、薄い上皮を剥いでからスライス。
天城産の山葵を卸し、日本酒を用意・・・

 

激旨!!!
イナダは臭みが全くなく、どこまでも滑らか・・・
そして、しめ鯖・・・かみさんと取り合いです・・・あまりに旨すぎる・・・




        酢っぱくなく、適度に脂ものって、もう美味しくて・・・
        日本酒がまた抜群に合うんですよね・・・
        これが釣ってきた魚の美味しさなんでしょう・・・
        とにかく驚きです・・・釣った魚の素晴らしさに感動して
        とりあえず家呑みの悩みは重くのしかかってきません。
        自分で釣った魚で一杯・・・が解決策の一つかな?
        釣り・・・やってみようかなあ・・・

        

        blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 


金目鯛のアラ煮

2009年10月22日 | 和食を創る
     
金目鯛の湯引きを楽しんだ後は、アラ煮です・・・
沸騰したお湯に半分に割った頭や鱗をとったアラを入れ、
お砂糖、お酒、味醂、お醤油で調整するだけ。
火を止めてから薄切りの厚揚げを入れ、蓋を閉めてしばらく放置。



厚揚げが旨みたっぷりのお汁を吸ったら完成。



        身が固くならないように煮た金目は抜群・・・
        新鮮な金目は糸をひきます・・・たまらない旨さ・・・
        ふわとろな食感と旨みとコクがすごい・・・
        旨みを吸った厚揚げも極上の味・・・

        

        blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 

金目鯛の湯引き 

2009年10月21日 | 和食を創る
    
          釣りマニアが増えているんでしょうか・・・
          今まで聞かなかった釣りの話をよく聞くようになりました。
          お義父さんが金目鯛をもらったとの連絡。
          早速、金目鯛をとりに行きました。いい色・・・
          この奇麗な赤を残すために湯引きにすることに・・・   

           

鱗をとって3枚に下し、骨を抜いたら、皮を上にして布きんを被せ、熱湯をかけます。
すぐに氷水に入れて冷やしてから水気をとります。せっかくなので天城産の山葵を。

  

できあがりです!



        極上!!!・・・
        皮の旨さ・・・滑らかで引き締まった身・・・抜群・・・

        

        blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ