Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Georgia On My Mindと尾長鯛のカルパッチョ

2009年06月30日 | イタリアンを創る
    
「O.D.Tのライブに飛び入り参加してみない?」オ 寒さん

O.D.T(Over Drinking Trio)は、直訳すると飲みすぎトリオ

原田俊太郎さん(Drums)あびる竜太さん(PIANO)平石カツミさん(BASS)
の3人からなるJAZZのユニットです。

大喜びで「お願いします!」
ODTのライブが聴けて、飛び入り参加できて、しかもライブの後の宴会も。
もちろん、最近ほとんど吹いてなかったアルトサックスの練習を開始。
そして、宴会の料理とお酒を用意させていただくことにしました。

やっぱりこの時期、尾長鯛のカルパッチョです。
宴会には25人以上参加されるとのことで、料理もお酒も大量に用意せねば・・・
ということで、尾長大は大ぶりのものを2尾、シャンパンは、
Cattier Brut ダブルマグナム(3リットル)に決定!

まず、アーリオ・オーリオを創る。
1かけ分のニンニクスライスを少量のオリーブオイルで炒める。
ニンニクの香りがしてきたら火を止め、粗熱をとったらオリーブオイルを追加。
そのまま1時間以上放置しておく。
最近、カルパッチョ用のアーリオ・オーリオの創り方をちょっと変えました。
香りと味の良いオリーブオイルはなるべく熱を加えたくないんです。
なのでニンニクを炒めるときに少量のオリーブオイルを使い、
火を止めて粗熱をとってから仕上げにオリーブオイルをたっぷり加えます。

  

尾長鯛2尾をそれぞれ3枚に下し、ラップで丁寧に包んで冷蔵庫で一晩ねかせる。
そして翌朝。半身1枚の骨を抜き、皮を剥ぎ、薄くスライスする。
冷蔵庫で冷やしておいたボウルに入れてアーリオ・オーリオを加える。
これをラップして冷蔵庫に入れる。
同じように次の半身を処理し、合計4回繰り返す。
キッチンはもちろん冷房をしっかりきかせています。
とにかく魚の身が温まらないよう気を遣いました。


  

4枚分終了! ここで粉状の岩塩を手でふりながら加える。
全体を混ぜて味見。足りなければまた加えて混ぜて味見。これを繰り返す。
冷蔵庫で一晩ねかせるんですが、塩気が足りなくなるのでちょっと塩をきつめに。

完成!

すごい量です・・・かみさんが味見したそうに周りをちょろちょろ。
「味見したいの?」と私。「ほんと~! やった~!」と子供のようなかみさん。



カルパッチョをタッパーに入れ、ラップで2重に包む。
氷をたっぷり入れたクーラーボックスに入れてオ 寒さん宅へ。

皮は帰ってきてからコンロで塩をふって焼くんです・・・日本酒と最高に合います。

 

          シャンパンは注文先からそのままオ 寒さん宅へ配送。
          カルパッチョとお皿を届けに行ったときその巨大さに・・・

          

<O.D.T.ライブ当日>
O.D.T.のライブはかっこよかった・・・最後のチュニジアの夜は凄かった・・・
原田さんのドラムソロは抜群! シンバルの響き、スネアやタムのバランス、
繊細で大胆でパワフルで・・・ダイナミクスの妙という感じでした・・・
アビルさんのオリジナル曲のカシータの美しさ、平石さんのネクストラブ。

例えば、ネクストラブ・・・「子供が生まれたばかりでなんでネクストラブなんだ?」
と原田さんがつっこみを入れると、「あれは10年以上前(結婚よりずっと前)」
と平石さん。あびるさんのCDジャケの写りが演歌歌手だ、と原田さん。
その原田さんは自分のCDジャケの写りはジョージ・クルーニーだとか(笑)。
演奏も良かったですが、トークがとても面白いんです。
吉祥寺のライブでもそうでしたが、ウイスキー飲みながら楽しみたいバンドです。

感動してる間にアンコール。
私が紹介され、ステージへ・・・
曲はGeorgia On My Mind。選曲にはずいぶんと迷いました。
Stella By StarlightやEverything Happens To Meも捨てがたく・・・
でも、今、一番吹いてみたい曲は何かなと思うとやはりジョージアでした。
マウスピースはデュコフのDチェンバーを使いました。
最近、公私共に辛いことが続いていて、これらを吹き飛ばしたい、
そんな思いがありました。

緊張はしてなかったつもりでしたが、「宴会ではカルパッチョと聞きました」
「魚は何ですか?」と原田さんの質問に、私は「真鯛です」
それを聴いていたかみさんが遠くで「尾長鯛、尾長鯛!」
私、食材を間違うなんてありえないし、自分で吉池で「尾長鯛で行こう!」
と決めていたのに、なんでまた「真鯛」なんでしょう・・・
やはり緊張していたんでしょう・・・そこは、まあ、アマチュアミュージシャン・・・

 

私がテーマ、ソロをとり、続いてあびるさんのソロ、そしてエンディングへ。
無心になって吹くことができました。やはりプロは凄い。
自分たちが目立つテクは当然のことながら、人を引き立たせるテクも抜群。
O.D.T.のみなさん、オ 寒さん、本当にありがとう。



        ライブ終了後、即、会場に行き、カルパッチョの盛り付けです。
       
        

        オ 寒さんと原田さんにシャンパンを開けていただきました。
        
        

        宴会がスタートしました。 

        

ダブルマグナムのシャンパンのボトルはとにかく大きくて重く、
こぼしながらでしたがなんとか全員の分をつげました。
そして原田さんの乾杯の音頭で宴会スタート!



ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「O.D.T.ライブの打ち上げ」です。
「NOBのおでかけだより」

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 



合鴨のピザ

2009年06月28日 | イタリアンを創る
       
        ひさびさのカルパッチョの後は、ひさびさの合鴨を使ったピザです。

        ピザのとき、私はとても楽です。
        かみさんがつくったピザ生地に具を並べるだけだからです。

        さて、合鴨ピザということで、トマトソースは使わず、お醤油を使います。
        小ネギを細かく切ったものをたっぷり用意し、お醤油と和えます。
        隠し味にバルサミコ酢少々とお砂糖少々。
        これをピザ生地に広げ、たっぷりのモッツアレラ&ゴーダーフレーク。
        その上にスライスした合鴨ロースを並べます。

        あとは両面グリルで上が弱火、下が強火で5分。  

        

        熱々の合鴨ピザ 出来上がり!
        かみさんと二人して「熱っ!」といいながら食べました。
        合鴨の脂は不飽和脂肪酸、とっても体にいいので安心です。
        肉の臭みは全くなく、味もあっさり系でとっても美味しいです。
        小ネギと醤油ベースのタレとのマッチングは極上です。

        合鴨が手に入らないときは豚肉のピザ
        ベーコンのピザなんかいかがでしょう?

        豚肉もベーコンもないときは小ネギのピザでも十分楽しめます。

        季節的にはフルーツトマトのピザもお勧め。
        もちろん、小ぶりの普通のトマトでもオッケー。
        ピザに合うお酒はキンキンに冷えた発泡系のお酒でしょうか?

        

         ブログランキング・にほんブログ村へ

季節到来! 鯛のカルパッチョ 極上オリーブオイルで

2009年06月27日 | イタリアンを創る
   
        ちょっと前にスペイン旅行のお土産ということで、
        オリーブオイルをいただきました。
        「とても美味しいから、なるべく早く召し上がってくださいね」
        と奥様。大切に保存していよいよためすことに・・・

        Asienda Olearia del Chanti・・・初めてでした。
        舐めてみたら・・・「え!?」、「え!?」という感じ。

        

いつものようにオリーブオイルでニンニクを炒めることはしませんでした。
別のオリーブオイルを小さじ1、ニンニクスライス1かけ分をフライパンに。
トロ火で丁寧に加熱。香りがしてきたら即座に火を止める。
粗熱がとれたところで極上オリーブオイルをたっぷり加えて混ぜる。
このとき、炒め用のオリーブオイルと極上オリーブオイルが良く混ざるよう、
スパチュラでフライパンの表面についたオリーブオイルをとりながら混ぜる。
こうしてカルパッチョ用のアーリオ・オーリオの出来上がり。

鯛は吉池でゲットした天然の真鯛。
3枚に下し、骨を抜き、皮をとり、薄めにスライス。
ボウルに入れ、アーリオ・オーリオを加える。
続いてモンゴル産の粉状岩塩を手で数回に分けて加え、塩加減を見ながら混ぜる。
スパチュラでボウルについたオリーブオイルを戻しながら混ぜる。
一切れいただいて塩加減を見る。僅かにしょっぱいかな?くらいがいい加減。
ラップをして冷蔵庫で2~3時間。その頃には丁度良い塩加減になります。
自身のない方は、ちょうど良い塩加減にし、冷蔵庫で寝かせてから味見をし、
そこで再度塩を加えるといいと思います。



驚きの味でした・・・
なんといえばいいんでしょうか・・・とにかく滑らかなんです・・・
鯛の身がまるで今までつくってきたカルパッチョとは別物のようなんです・・・
オリーブオイルの香りや味もとにかくかぐわしいという感じでびっくり・・・

「オリーブオイルを変えるだけでこんなに違うのか!!!」
私もかみさんもただただ感心というか感動というか・・・
食ってほんとに奥深いものなんだなあと改めて思いました・・・

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 



オ 寒さんの極上燻製と海老チリとオーディオ

2009年06月15日 | 中華を創る
  
オ 寒さんから「燻製をつくったよ」と、お知らせメール・・・
これは行かなければ・・・と・・・土曜の朝、ちょっと早起き

<まず朝ごはん>
朝ごはんに久々にパスタつくろうと思ったら・・・トマト2個はあったけど、
ベーコンがない!!! ベーコン、こんなとき大切なんですが・・・
急遽、冷凍されていた僅かな豚コマを出刃包丁で叩いてミンチに・・・
トマトソースはいつもの創り方で。
あとは簡単。
オリーブオイルでニンニクみじん切り、鷹の爪を炒め(トロ火)、香りがしてきたら、
ミンチを加えてさっと炒め、トマトソースを加えてとろっとするまで煮込む。
砂糖小さじ1/2を加えてよく混ぜてから塩小さじ1/2を加えて混ぜ、味見。
よければ火を止める。
固めに茹であげたパスタを煮汁と共に加え中火でよーく混ぜるだけ。
かみさんが「おいしーい!」と喜ぶのをほらほらと早く食べさせる。

<お土産は海老のチリソース煮にしょう>
さて・・・お土産に何を持っていけばいいかな・・・色々考えて・・・
最近、新しい海老のチリソース煮をいろいろ考えていたところだったので、
「よーし、新しい海老のチリソース煮をつくってお土産にしよう!」
ということで、冷凍庫にストックしている大ぶりの海老を至急解凍。

さて、どんなアレンジにしようかな・・・しばらく考えて・・・
玉ねぎと椎茸のみじん切りを使ってみることに・・・
ニンニクは2かけ、生姜はその半分くらいをみじん切りに・・・

海老は背ワタを楊枝でとってから、多めの片栗粉、日本酒でよーくもんで、
熱湯に1尾ずつ投入・・・海老がくるくるっとなって火が通ったらざるへ。

あとは簡単。フライパンにサラダオイルを大さじ2。
ニンニクとショウガのみじん切りを炒める。
香りが出てきたら、中1個分の玉ねぎみじん切りを炒める。
玉ねぎが透明になってきたら椎茸3個分のみじん切りを加え、よく炒める。
火は弱火で丁寧にまぜながら根気よく炒める。
ここでお砂糖を小さじ2加えてよく混ぜ、続いて豆板醤小さじ山盛り1、
オイスターソース大さじ1、塩小さじ2/3、ケチャップ大さじ5を加える。
かき混ぜながらよーく炒め、熱湯をカップ3杯くらい加え、中火で加熱する。

煮立ったらよーく味見をして、塩加減、甘さを調整する。
オ 寒さんは甘いのが苦手なので甘さ控えめに。
あとは片栗粉大さじ1を150ccの水で溶いたものを加え、よく混ぜる。
全体にいいとろみが出てきたら火を止め、小さじ1のごま油を加えて混ぜ、完成!

タッパーに海老チリを移したら、速攻で出発!
高速は結構混んでました・・・みなさんどこに行くんでしょう・・・

      

オ 寒さんのご自宅で燻製のつくりかたまで教わって・・・
できたての燻製も御馳走になって・・・運転者じゃないかみさんは
極上のウィスキーをいただきながら極上の燻製を楽しんでました・・・

わたしは運転者・・・こ、このストレス・・・帰ったら酒を浴びてやる!


<早く飲みた~い!>
ということで、家についたら速攻で相模原萬金の餃子を焼いて冷えたビール!
バンド仲間が遊びに来るたびにお土産に持ってきてくれるんです・・・
この餃子、ほんと美味しくてお気に入りです。いつもありがとう!
熱々のモチモチ餃子キンキンに冷えたビール! 最高!

そして、オ 寒さんからいただいた新じゃがは、かみさん特製のサラダに。
ビールとの相性も抜群。刻んだ玉ねぎと茹玉子入りなのでもうエンドレス!!!

 

<オ 寒さんの極上燻製は天然の岩魚とチーズ>
チーズを一口食べて、溜息・・・・こんなに美味しいものなの???
岩魚の燻製を食べて・・・もう何も言えなくなってしまいました・・・
今まで食べてきたものはいったいなんだったんだろう・・・
そう思うくらい美味しいんです・・・本物の味とはこういうものなんだ・・・



        どう考えてもウィスキー
        ということで、私は大好きなタリスカー、
        かみさんはマッキャラン、グレンキンチなどなど・・・
        並べて飲んで楽しみました・・・
        
        

ヨード臭が心地よいタリスカーはお友達夫婦からいただいたバカラのグラスで
ストレートでいただきます・・・オ 寒さんの燻製チーズとの相性抜群!
チーズの外側は歯ごたえが良く、燻煙臭のいい薫り、中はとろっとしてて・・・

 

        <オーディオがなおった!>
        DENON修理は最高!
        親切だし、思ったより安くあがって文句なしでした。
        電話はつながり難いですが、そこは我慢。
        症状を説明するとおおまかな診断をしてくれます。
        宅配で送れば1週間で見積もり。OKならそこから1週間。
        修理代は代金着払い。私は修理依頼に3万円までなら
        見積もり不要と記載して速攻修理依頼にしました。
        なので宅配してから1週間で完了。料金も1.5万円未満。
        電話のコメント同様、光ピックアップの交換でした。
        レーザーダイオードの寿命は3000時間が一般的だそうで、
        CDプレーヤーのレーザーダイオードが寿命だったようです。
        このオーディオ達をずーっと大事に使っていこうと思いました。

         

なおったオーディオで久々に聴くCAFE APRES-MIDI(CLEMENTINE)
は抜群。特に1曲目のA Petits Pasがたまらないんです。
かみさんはクレモンティーヌが好きで、1人でブルーノートに聴きにいったくらい。
私も結婚前にすすめられて以来、すっかりファンになってしまいました。
特にこのアルバムは昼下がりに軽く飲みながら聴くのにお勧めです。

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ


ベビーホタテの佃煮 de おにぎり

2009年06月11日 | 和食を創る
   
        佃煮・・・初めてつくってみました・・・
        どこでも売っているベビーホタテを使ってみました。
        小鍋にベビーホタテ2パック分を入れ、
        日本酒、味醂をひたひたになるまで加えます。
        最初は中火、煮立ったら蓋を閉めて弱火で10分くらい。
        ここで大さじ1のお砂糖を加えて2~3分煮込みます。
        そしてお醤油を大さじ2くらい入れ、ちょっと味見。
        この時点で小さじにちょっとすくってなめてみて
        甘さ、辛さを調整します。必要に応じて味醂やお酒を加えます。
        蓋を閉めてトロ火で15分くらい煮詰めます。
        味見をしてしょっぱくなければオッケー。
        ここで水あめを大さじ2くらい加えます。

        適当なのでこれでいいのかわかりません。
        でも、お醤油、お酒、味醂、お砂糖、水あめ
        これを、オッケーと思う味付けにすればいいのかな・・・
        そんな感じでつくればそこそこになるようです。
        お砂糖が多めに入っているので煮詰めすぎると
        かちんかちんになるので注意しました。
        熱々でサラッとしてても冷えるとトロっとします。

        

        おにぎりを握りました。

        

熱々で握ったのでタレがご飯にしみ込んでとってもいい感じです・・・
スーパーで気付きました。佃煮ってちょっとの量でかなりいいお値段。
佃煮をつくるのにはそれなりに手間がかかるので、手間の分なんでしょうね・・・
いかがでしょうか? ベビーホタテで佃煮・・・
かみさんはおにぎりを食べたときとっても美味しい!と連発してました。
添加物無しの安全な手づくり佃煮・・・お勧めします。



ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「O.D.Tライブ in 吉祥寺 そして葛西臨海公園できくらげ!?」です。
「NOBのおでかけだより」

 ブログランキング・にほんブログ村へ


牛肉の赤ワイン煮込み

2009年06月04日 | 洋食を創る
   
ひさびさの・・・牛肉赤ワイン煮込み・・・つくっちゃいました・・・
牛は肩ロース600gをどどーんと使いました。
ルクのオーバルでニンニクスライスとオリーブオイルで牛肉の両面を炒めて・・・
あとは赤ワインを牛肉が隠れるくらい入れて・・・蓋を閉めて・・・
弱火でコトコトと1時間くらい煮込んだでしょうか・・・
ときどき赤ワインを追加で入れて・・・

   

牛肉を煮込んでいる間にスジを取った絹サヤを軽く茹でて・・・
アーリオ・オーリオとパルミジャーノと塩少々で和えます。つけあわせです。
椎茸はアーリオ・オーリオで炒めたらバルサミコ酢と醤油と砂糖で味付け。
牛肉が柔らかくなってきたらブラウンマッシュルームを加えてまたコトコト・・・

  

        こんな感じに仕上がりました・・・いい香りです・・・

        

赤ワインはボルドーのFERET-LAMBERT 2005を選びました。

 

        ひさびさにしてはいい出来かも・・・

        

お味は・・・
肉が柔らか・・・ワインと隠し味と牛肉の旨みが凝縮されてます・・・
マッシュルームを一緒に煮込むと美味しくなるのかもしれません・・・
とにかくうまいのです・・・赤ワインとばっちり・・・
やっぱ、食べてるとき、寝てるとき・・・しあわせ感ありますね・・・



ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「お宅拝見(中央区&墨田区)」です。
「NOBのおでかけだより」

 ブログランキング・にほんブログ村へ

合鴨バーベキュー × 牛肉バーベキュー

2009年06月01日 | アウトドア
  
<合鴨バーベキュー>
辞めてしまった会社のお友達が遊びに来てくれました。
嬉しいものです。仕事の切れ目が縁の切れ目(そんな言葉はないけど)ではなかった。

せっかく来てくれるのだし、お祝いだし、・・・ということで、
合鴨問屋で下したての合鴨ゲット。半身をさばきました。
貴重なささみは1本、あとはロース、モモ。
食べやすいサイズに切って、丁寧に串を打ちました。

  

彼の差し入れは「密酒の杯」(オガタマ酒造)
これがかなり美味しくて、3人であっという間に空けてしまったのでした・・・

 

かみさんが熾した火はいい感じです・・・
合鴨ロースに椎茸にモモ肉・・・どれも美味しそうです・・・
彼が一口食べて・・・「う、うまいですねぇ!!!」
こんなとき、嬉しいんですよね・・・
美味しいものを食べているときの人の表情ほどいいものはないです・・・



貴重な合鴨のささみはもちろん彼の分・・・どうかな・・・反応抜群・・・
よかった・・・
3人で盛り上がりました。彼の人柄なんでしょうね・・・とにかく楽しかった。
よく飲んで、よく喋って、昔話に花を咲かせたり、
将来の展望について互いに語ったり・・・ほんと楽しい時間を過ごせました。

 

      <牛肉バーベキュー>
      その後しばらくして、久々にバンド仲間が集まりました。
      この仲間とはバンドというよりは気のおけない仲良し3人という感じ。

      

おおぬまさんからいただいた山わさび(百留屋)が残っていたので
牛肉バーベキューにすることにしました。
アメリカ産牛ロース肉を1KGくらいゲット。



火熾しはかみさん。いい火です。
早速、牛肉を焼きます・・・いい香り・・・火がいいからよく焼けます。



        かみさんがつくった鶏手羽のつけ焼き・・・これが旨いんです。
        なんでも、長ネギの青いところと一緒に下茹でしてから、
        かみさん特製ソースで煮込んでから焼いたものです。

        

        火がすごいです・・・迫力あります・・・

         

バーベキューの後は、みんなでタクってジャズの店へ。
久々にみんなとプレイしました・・・ギターもピアノもセンスめっちゃいい!
やっぱセンスってほんと重要・・・楽しい時間はあっという間・・・
みんなと別れてからふっと思いました・・・価値観、距離感、大事だなって・・・

 

ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「お多福(入谷)と捕鯨船(浅草)」です。
「NOBのおでかけだより」

 ブログランキング・にほんブログ村へ