Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フードコーディネーターの試験&マヤヤのお料理ブログ

2008年11月30日 | 調理道具や食器
      
昨日は久々のライブでほんとに楽しい夜を過ごしました。
やっぱり仲間同士でワイワイ好きな音楽を演るって最高です。

さて、金曜日にダブルで嬉しいことがありました。

<嬉しかったこと:その1>        

味の素㈱さんのマヤヤのお料理ブログで私のブログをご紹介いただきました。

とても丁寧にご紹介をいただいて嬉しくなってしまいました。
マヤヤさん、味の素さん、ありがとう!

<嬉しかったこと:その2>

金曜日、マヤヤのお料理ブログさんで紹介されて嬉しいなあと思いながら帰ってくると・・・

フードコーディネーター協会資格認定試験の結果が届いていました。

      


なんでこの認定試験を受けたのか・・・
お料理をするだけでなくて、食や文化についてちゃんと勉強したいなと思ったんです。
で、勉強してほんとによかったと思います。
内容は、デザイン・アート、経済・経営、科学、文化で、
食に関する教養が身につきます。

<試験の準備や難易度>
いきなり2級は受けることはできません。まず3級からです。
3級は教本の内容をしっかり覚えれば確実に合格します。

試験の準備は簡単。
協会が出版しているフードコーディネーター教本をしっかりと読むだけ。
協会ではインターネット模試や講習会も開催するのでそれに出ればよりオッケー。

但し、今年は教科書外の内容も試験に出題されました。
損益計算書の各区分の意味をしっかり理解していれば簡単です。
考えてみれば会社勤めしていて損益計算書くらいは知っておくべきかなと・・・

講習会に出ていると試験に関するプラスアルファの情報も入手できます。

2級の認定試験は1次試験、2次試験とあり、
レストランプロデュース、食の商品開発、食のイベント・メディアの
3カテゴリから1つ選択し、それによって試験内容が異なるとのこと。

今のところ、どうしようかな・・・レベルなんです。
3つの中から自分がやってみたいなあと思えるものが果たしてあるのか・・・
3級よりも試験勉強に時間をかけなければならないので、
3つの中に本当に興味の持てるものがあるのか、よく考えようと思ってます。

ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「久々のライブ」です。
「NOBのおでかけだより」

ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (10)

アンチョビとキャベツのパスタ チーズの味噌漬け添え

2008年11月29日 | パスタを創る
     
今日は昨日とはうってかわってとてもいいお天気です・・・嬉しい・・・  

今日は久々に仲良しが集まって軽く練習を兼ねたライブです。
ナンバーは殆どデビット・サンボーン。久々なのでちょっと緊張気味です。
そのうち都内のどこかでライブをやりたいなあなんて考えてます。

さて、今朝は野菜室にあったキャベツ、アンチョビ、
「クリームチーズの味噌漬」を使ってささっとパスタを創ります。
       
レシピ
ニンニクスライス、鷹の爪を大さじ1のオリーブオイルで炒める(トロ火)。

 

うっすらキツネ色くらいでキッチンペーパーに移す。



芯を取り、食べ易いサイズにちぎったキャベツの葉、アンチョビフィレ2つを加える。
キャベツがこんな感じにしんなりしてきたら、塩で味を調整。

 

        茹であげたパスタを湯切りせずにそのまま加え、さっと和える。

        

        キャベツをパスタの周りに盛り付け、ニンニクスライスと、
        クリームチーズ味噌漬をパラパラして完成!

        

        お味はどうかな・・・
        なかなか! キャベツとアンチョビはよくありますが、
        クリームチーズの味噌漬を一緒に食べると新しい味・・・
        こってり感が出るので満足感ばっちり・・・美味しい・・・

        

        ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (8)

冷蔵庫チェック! de 串揚げ 

2008年11月28日 | 和食を創る
      
今日は結構本格的な雨・・・
予報では午後から晴れるらしいですがほんと? と思うくらいしっかり降ってます。

さて、久々の今日は串揚げです。
2007年の5月は「キッチン立ち飲みシリーズ(その2:串揚げ編)」

2008年の4月は「久々のキッチン立ち飲み 串揚げ」

どちらも、「よーし、串揚げをやるぞぉ~!」という感じでやる気満々。
串揚げをやるために食材を買いに行ったわけです。

今回は違います。全く・・・冷蔵庫チェック!から始まりました。
そして、「こりゃあ串揚げだ・・・」という、極めて自然な流れ・・・
その分、食材はちょっとさびしい・・・けど・・・このソース軍団の凄さを!

で、結局、新しいソースを開けたくなくて、
いつものハグルマ株式会社の三ツ矢ソースを使います。
一番好きな日の出ソースは使い切ってしまいました。こちらでは手に入りません。

さて、冷蔵庫をチェックして出てきた食材は・・・
冷凍庫からは、豚の3枚肉、イカ、エビ。
野菜室からは、ムラサキ玉ねぎ、椎茸、珍しい形のピーマン、キャベツ。
この食材達に串を打ちます。

豚3枚肉はスライスして・・・椎茸は石づきを切って・・・
石づきはピーマンとセットにして・・・エビは殻剥いて背わたとって・・・

 

我が家の串揚げは卵を使いません。水溶き小麦粉に食材をつけてパン粉です。
そしてパン粉は必ずフードプロセッサで細かくします。

三ツ矢ソースは容器に注ぎいれ、芯を取ったキャベツも容器に・・・
一応、立ち飲みの串揚げ屋さんと同じにしてます・・・
でも、我が家ではソースの2度づけOK!なんです。 

  

我が家の+doもそうですが、最近のガスコンロは温度を一定に保てるのがいいです。
串揚げ用に温度は160~180度の間に設定。
やはり最初の串揚げは、エビから・・・

 

大好きなチューハイのシロップと炭酸
昔は安い焼酎のアルコール臭がきついか何かの理由でシロップが必要だったのかな・・・
今は、そのままでも十分美味しい焼酎にシロップを使ってます。
合同酒精株式会社の「梅の香」
これはたまに飲みにいく捕鯨船(浅草)で知ったんです。
ここ、氷がちゃんとかち割りなんです・・・炭酸はもちろん小瓶・・・

そして、今まで使ってきた炭酸で一番のお気に入りが、
オーゼキ・エフ・アンド・シー株式会社の「SODA」です。

エビ、石づきとピーマンが揚がりました・・・

 

熱々で旨いのなんの!!!
キッチンでやるメリットはこれです・・・
熱々の揚げたてを即いただける嬉しさ・・・

 

豚3枚肉はソースをつけて、からしをつけていただきます・・・

 

椎茸、イカ・・・サワーががんがんいけます・・・
かみさん、イカにはお醤油だと言い張ってます・・・醤油好きのコヤジですから・・・

 

ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (18)

パリパリチキンとチンゲン菜の餡かけ

2008年11月27日 | 中華を創る
         
ちんげん菜が美味しくなってきました・・・
お義母さんの家庭菜園で育った無農薬のチンゲン菜・・・いただいたんです。
無農薬なのでちょこちょこっと虫食い。でも体には安心なんです。

鶏もも肉もあることだし・・・ということで久々のあんかけ系の中華を・・・

レシピ
チンゲン菜はさっと茹でておく。
チキンは皮を下にしてパリパリのキツネ色になるまでフライパンで焼く(トロ火)。
チキンの皮にしても、魚の皮にしても、キツネ色にパリッとさせるときは
いつもこんな感じでじっくりと焼き上げています。 
   
  

こんな感じにパリッとキツネ色

 

玉ねぎスライス中1個分とニンニク微塵切り1かけ分を炒める。
カップ2杯のお湯、砂糖小さじ1、お醤油好きなだけ、オイスターソース小さじ2を加える。
お醤油は入れながら味見するといいです。
火を止めてからチンゲン菜と和える。チンゲン菜を温めつつ餡をからめる感じ。



チンゲン菜の上に鶏肉を並べて完成!



        いい色・・・美味しそうです・・・        

        

チンゲン菜と鶏肉を取り分けます・・・



お味はどうかな・・・
鶏肉はパリっとして香ばしくてとってもジューシー!
餡かけは旨みたっぷり・・・チンゲン菜との相性も抜群!
ビールは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・無い・・・(泣)



ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (14)

珍味の再利用 イカスミパスタ

2008年11月26日 | パスタを創る
    
ごん六水産黒づくりというイカをイカスミで和えた珍味をゲットしました。
イカ好きのかみさんへのお土産です。見た瞬間に「これだ!」と思いました。
これだから物産展ははずせません・・・

案の定、かみさんは大喜び。日本酒を飲みながら楽しんでいました。
大根おろしと一緒に食べると相当美味しいです。

ところがこの手の珍味は開封すると早く食べなければなりません。
2回ほどかみさんが日本酒のアテにした後、はたと思いつきました・・・
イカスミパスタにしちゃうことです。

レシピ
レシピもなにも・・・アーリオ・オーリオを創ればあとは簡単。
潰して微塵切りにしたニンニク1かけ分、鷹の爪をオリーブオイルで炒めるだけ。
     
  

火を止めてからアーリオ・オーリオをフライパンからボウルに移す。
そのフライパンに黒づくりを移し、フライパンの中でかき混ぜることで温める。
これをボウルに移し、アーリオ・オーリオとよく混ぜる。
茹であげたパスタを加えてよく和えるだけ。

  

        大根おろしをたっぷりのせて完成! 

        

        結構よさそうです・・・

        

        お味はどうかな・・・
        黒づくりは味が和風なのですが、アーリオ・オーリオと
        和えているので、パスタ用の味に変身しています。
        大根おろしと混ぜて食べたら・・・これが激旨・・・
        珍味の残りもこうやって使うと・・・結構充実します。

        そのうちイカの塩辛も挑戦しようかな・・・

        

        ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (10)

白菜とポークのスープ ミルフィーユ仕立て

2008年11月25日 | 洋食を創る
     
ギャバンのスパイスプロジェクトでいただいたローリエ・・・何創ろう・・・
野菜室や冷蔵庫を物色・・・とても大きな白菜、キャベツ、玉ねぎ、ニンジン・・・
後はエビ、豚肉、鶏肉・・・あ、ベーコンもあるなあ・・・

ローリエを使うし、色々考えて、白菜と豚肉を使ってスープを創ることに・・・

レシピ
材料は、白菜6枚、豚コマ150gだけ。

豚コマは出刃包丁で叩いてミンチにし、塩少々、細挽き黒胡椒少々、
片栗粉大さじ1を加え、粘りが出るまで手で良く混ぜる。
          
  

鍋に白菜をひき、ミンチをのばしながらつけ、白菜は半分に折り畳む。
その上に白菜を重ね、その上にミンチをのばしながらつけ・・・
同じことを繰り返してミルフィーユ状にしていく。
全部できたら一旦全てを崩さないように鍋から取り出す。

鍋にオリーブオイルをひき、スライスニンニク一かけを炒める(トロ火)。

  

取り出した白菜を形を崩さないように再び鍋に戻す。
カップ6杯のお湯を加え、中火で加熱し、沸騰したら弱火にする。
コンソメ2個、砂糖小さじ1、塩小さじ1/3、細挽き黒胡椒を加える。
コンソメ好きな方なら塩を控え目にしてコンソメを3個入れてもOK。

ローリエを1枚入れ、蓋を閉め、トロ火で1時間以上煮込む。
できれば2時間くらいトロ火でコトコト煮込みたいです。

水位が一番上の白菜くらいの高さになるよう、途中でお湯を足す。

  

出来上がったようです・・・
味見をして塩加減の調整をする。



        包丁で切り、お皿に盛り付け、スープを注いで完成!

        ここで思いました。鍋でミルフィーユ状にして
        一旦取り出したときに包丁で切っておけばよかった・・・

        

ローリエの薫りが素晴らしいです・・・        



        お味はどうかな・・・
        粗挽きブラックペッパーをさっとかけていただきます・・・

        豚肉の旨みとコンソメの旨みが調和してて美味しいです・・・
        肉の臭みはローリエで上品に仕上げられていて・・・
        スープはあとをひく美味しさです・・・ほっとします・・・
        白菜と肉を一緒にいただきます・・・美味しい・・・
        淡白だけど甘みのある白菜が嬉しいです・・・

        コンソメ、自分でゼロから創ってみたいです。

        ギャバンのスパイスプロジェクトの3種のスパイス、
        ブーケガルニ、クローブ、ローリエの3つを使いましたが、
        私はブーケガルニの薫りの良さがお気に入りになりました。

        

        ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (10)

辛味噌鍋

2008年11月24日 | エスニック
     
天気予報だと今日はあまりよくないはずでしたが、今のところ晴れてます。
あ、でも曇ってきました・・・やはり天気予報は当たるのか・・・
最終日も終日晴れてくれて、できれば明日も晴れて欲しいですね・・・

さて、「うまうま ナムル」で使ったそばもやし・・・最後の一束を使います。
丁度白菜もあるし・・・ということで、超簡単辛味噌鍋を創ることに・・・

レシピ
材料はなんでもいいんです。白菜と豚肉は欲しいです。
野菜室に椎茸があったのでこれも仲間入り。

冷凍庫を見たら豚肉は3枚肉しかなかったのでこれをスライスして・・・
白菜は芯の部分と葉の部分を分けて食べ易いサイズに切っておきます。

から揚げ博士がイカ刺しを創ったときに残しておいたゲソも仲間入りです。
   
 

水カップ6、豆板醤小さじ2、コチュジャン小さじ2、お砂糖小さじ2、
オイスターソース小さじ2を煮立てる。
尚、豆板醤がなければコチュジャンだけでいいですし、コチュジャンがなければ
豆板醤だけでもいいんです。分量は味見しながら調整していただければと・・・

煮立ったところに肉、イカ、白菜の芯、椎茸、そばもやしを加え、
白菜に火が通ったら、味噌を溶きながら100g前後加えます。
※味噌の塩分や好みによって分量は変わるのでとにかく味見がお勧め

面倒な場合、味噌も最初から入れてしまう手もあります。



最後に白菜の葉の部分やお豆腐を加えるだけ。



ビールを注いで・・・早く飲みたい~!

 

お味はどうかな・・・
熱々~! 辛っ!
熱々だとより辛く感じます・・・しかし・・・旨みがあるからあとをひいてしまい・・・
ビールがかぁ~っと喉を通りすぎるのがまた気持ちいいです・・・

気づくとから揚げ博士の唇がはれてるんです・・・なんか笑える・・・



ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (14)

から揚げ博士

2008年11月23日 | お弁当を創る
       
今日も良いお天気ですね!
昨日はあまりにお天気が良いのでブログを投稿した後・・・
「お弁当持って出かけよう!」
と盛り上がってしまい、速攻でお米をといで炊飯器のスイッチを入れました。
10時からの用意なのでとにかく急いで用意しなければなりません。

冷凍庫に豚ロースが2枚入っているからこれでカツを揚げてトンカツ弁当にしよう・・・
そう思って豚ロースの解凍を始めたら、かみさんが・・・「から揚げがいいな~」

用意しはじめた出鼻をくじかれた感はありましたが、鶏もも肉はあるし・・・
ということでから揚げに変更。ということで私は初めてのから揚げづくり。
かみさんは私がから揚げに変更したことを確認してから掃除へ・・・

かみさんがから揚げをつくっていたときの記憶から、とにかくタレにつけて、
小麦粉か片栗粉にまぶして揚げればいいのだろう、ということでまずタレに・・・

レシピ
鶏肉を食べ易いサイズに切り、ボウルに移す。
お醤油大さじ1.5、日本酒小さじ1、砂糖小さじ1/2、塩一つまみ、
クローブ小さじ1、卸しニンニク小1かけ分を加えてよく手で混ぜ合わせておく。
あとは揚げるまで放置。ご飯が炊けてから揚げるプランです。

スパイスプロジェクトでいただいたクローブは肉の臭みが消えるということ。
早速、試してみました。

  

ご飯が炊けるまでまだ時間がありますから玉子焼きづくりです。
玉子3個をボウルに入れ、菜箸で八の字をかくようによく溶く。
ここにお砂糖小さじ2、味醂小さじ1、お醤油小さじ1、塩一つまみを加えてよく混ぜる。
何も入ってないのも寂しいので下田で買った岩海苔をたっぷり入れてみました。
後は焼き上げるだけ。

端っこってお弁当には入れないで・・・もちろん味見ですよね~!
      
  

        切ってみたらとても綺麗でした・・・さて端っこの味見を・・・
        そこにかみさん登場・・・「食べていいんでしょ?」
        一瞬ためらいましたが、「いいよ」と私・・・
        玉子焼きの匂いにつられて来たようです。

        食べ終わると「ワンワン!」と軽く吼えてまた掃除へ・・・
        美味しかったようです・・・

         

炊飯器が「ピーッ、ピーッ!」と鳴りました。炊き上がったようです。
早速、漬けこんでおいた鶏肉に片栗粉をまぶして揚げます。

あと3つ揚げればおしまいというくらいになってからから揚げ博士が登場
から揚げ博士:「粉をまぶしてるの!?」「粉は何?」
NOB:「えっ!? 片栗粉だけだよ」
から揚げ博士:「片栗粉だけじゃだめだよ」
NOB:「なんで???」
から揚げ博士:「私の研究結果!」
NOB:「なんなんだこいつは・・・(心の中)」
から揚げ博士:「小麦粉出して混ぜて」
NOB:「はいはい・・・」(声に出した)

ちなみにから揚げ博士は粉も調味料と一緒にまぜるそうです。

 

から揚げ博士:「ほーら、こんなに綺麗に揚がったでしょ?」
NOB:「・・・・・・・」



から揚げ博士:「私の方が断然美味しそうでしょ~」
NOB:「・・・・・・・・・・」

そして、から揚げ博士は大きなから揚げを1つ頬張ると再び掃除へ・・・

なんか気に入らない・・・



          から揚げ博士のリクエストで味付け海苔、
          胡麻、醤油を和えたものをご飯にのせます。

          

予定より30分遅れて出発。意外にスムーズに目的地に到着。

お味はどうかな・・・
風がちょっと冷たいなと思いつつ、お弁当を開いて・・・



        最初に玉子焼きを・・・なんか嬉しい味です・・・
        岩海苔もいいもんです。

        

そしてから揚げを・・・もちろん、私の片栗粉バージョン・・・美味しい。
初めてつくったから揚げにちょっと感動・・・
クローブの効果も出ていて食べたときに爽やかさを感じます。

そこにから揚げ博士登場!
から揚げ博士:「もっとお醤油を入れたほうがよかったね」

ほんとから揚げ博士はから揚げにだけは小姑のようです・・・
とにかくから揚げとイカのさばき方にはうるさいんです・・・

次回はから揚げ博士を超える唐揚げをつくってやる!



ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「晩秋の青空とお弁当」です。
「NOBのおでかけだより」

ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (17)

うまうま ナムル

2008年11月22日 | エスニック
        
3連休の初日、すごくいいお天気でなんか嬉しいですね・・・
私はどこも行きませんが、このお天気なので近場にドライブでもしたい気がします。

さて、青森ご出身の方から「そばもやし」というもやしをいただきました。
「これはナムルで食べるしかない!」と、早速、ナムルを創ってみました。
かみさんに何を入れればいいかだけ聞いて、後は自分でアレンジ。

レシピ
そばもやしは洗って傷んだものは除く。
長ネギ細目のを丸々1本微塵切りにする。
        
 

そばもやしをさっと茹でる。ほうれん草を茹でるくらいの気持ちでした。



もやしをザルにあけて水分を切る。
ボウルにもやし、長ネギ微塵切りを加える。
ここに、胡麻油、お醤油、お砂糖、塩を加えてよーく混ぜる。
もやしの分量によって調味料を使う量は変わりますが、
最初に胡麻油とお醤油を大さじ1ずつ、お砂糖小さじ1、塩ひとつまみ入れ、
混ぜながら好みの味になるまで胡麻油、お醤油を足していきました。

  

        ふわっと盛り付けて完成!

        

お味はどうかな・・・
シャキシャキ!
歯ごたえを表現するとまさにこんな感じです。
とっても美味しくって、用意したサワーを飲むよりも食べることに集中しちゃいました・・・

そばもやしは青森の方からいただかない限りは手に入れるのが難しいので、
スーパーで手に入る良さげなもやしなどを使ったレシピをつくってみようと思います。



ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (8)

スープ de ペペロンチーノ (キャベツの芯入り) 

2008年11月21日 | パスタを創る
      
        寒い、とかちょっと元気でないなとか 
        そんなときは・・・熱々の
        スープ de ペペロンチーノです。

        過去に創ったものに更なるアレンジを加えてみました。
  
        

大鍋に湯を沸かして塩を加えた後、パスタの茹で開始。



レシピ
潰して微塵切りにしたニンニク1かけ、鷹の爪を大さじ1のオリーブオイル炒める(トロ火)。
ニンニクの香りがしてきたら、スライスしたキャベツの芯を加え、火が通るまで炒める。
ニンニクスライス1かけ分を加える。

  

ここにパスタの茹で汁を400cc加え、よく煮込む。
次に味付け。
最初に砂糖小さじ1/2、続いて塩小さじ1/3、コンソメ1個を加える。
隠し味にお醤油をほんの少しさす。



スープパスタのときはお皿を温めなきゃ・・・
ということで、急遽、グリルの網をパスタを茹でている鍋にのせ、皿を置く。

お皿が十分温まったら冷めないように電子レンジの中にでも入れておく。

パスタの茹であげはアルデンテの手前。まだ芯がちょっと強めに残っているくらい。
これをフライパンに加える。

  

中火でパスタがいい茹で加減になるまで中火で煮込む。
これでパスタがスープを吸っていい感じに仕上がります。



        パスタを盛り、チャイブを散らし、鷹の爪を飾って完成!

        

        いい香りです・・・思わず湯気の香りを・・・

        

お味はどうかな・・・
思わず笑いが出てしまいます・・・新しい味の発見が嬉しいんです・・・
今まで何度も創ってきたペペロンチーノですが・・・
キャベツの芯を入れて、お砂糖を入れてみて、コンソメを入れてみると・・・
こんなにも違った美味しさになるもんなのですね・・・あっという間に完食・・・



ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (12)