Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フルーツトマトのピザ +Doで実験!

2008年10月31日 | イタリアンを創る
        
明日から三連休・・・今月は三連休が2回もあって嬉しいですね・・・
あとはお天気だけ・・・なんとかもってほしいものです。
  
「久々のトマトソース」「生トマトソースで創る大きな煮込みハンバーグ」を創りました。

残りは何に使おうかなあ・・・ということで、+Doのグリルでピザを焼くことに・・・

ピザ生地づくりはかみさんのお仕事・・・

トマトソースはフライパンで加熱して砂糖、塩で味調整。
     
  

私はフルーツトマトを沢山スライスして・・・
トマトソースをぬって、モッツアレラフレークをたっぷり、フルーツトマトものせて・・・

   

最初の1枚はアルミホイルにのせた状態で焼くことに・・・
はじめてなので焼け具合を見ながら焼きました・・・完成!

  

        お味は・・・
        外側はカリッと、中はふんわり・・・
        フルーツトマトと生トマトソースの旨み・・・
        たっぷりのモッツアレラフレークは極上の糸をひきます・・・

        

ホイルにのせて焼くとくっついてしまうので、2枚目はじかにグリルに・・・

  

いい焼き上がり・・・



食べ易いサイズにカットして・・・

 

        お味はどうかな・・・
        さきほどのピザよりも外側のカリッとした感じがいいです。
        これ何枚でもいけそうなほど美味しいです・・・
        
        ピザを焼くことも考えると、魚を焼いた後のグリルを
        しっかりと洗わないといけないな・・・と思いました。

        

        ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ

 
コメント (8)

エビのトマトクリームパスタ & 茹でキャベツ

2008年10月30日 | パスタを創る
     
今日は寒い・・・ですね・・・こたつとか、ストーブとか、恋しくなります。

さて、今日はまたまたキャベツを使ってエビのトマトクリームパスタです。

レシピ
最初はキャベツとエビと生クリームだけでパスタを創ろうと思っていました。
そこでふと思い出だしたのが、最近、ブログを通じて交流させていただいている
づけ丼太郎500さんのパスタのレポート。
私の「秋サケのクリームパスタ on 茹でキャベツ」にトマトを加えたアレンジでした。
づけ丼太郎500さんは、乳化がうまくいかなかったとのこと。
トマトなのか、生クリームの分量なのか・・・どうしたんでしょうか・・・

トマトとクリームを合わせたパスタソースは、「エビとベーコンのトマトクリームパスタ」
「ワタリガニのパスタ トマトクリーム」で創っていましたが、
トマトを加えたときの乳化状態はどうだったかな・・・と記憶がいまいち・・・

そこで、もう一度確認のためにトマトを使ってみることにしました。
トマト中1個をブレンダーにかける。裏ごしして皮と種を取る。
       
  

スライスニンニク1かけ分を発酵バター3g、オリーブオイル小さじ1で炒める(トロ火)。
殻を剥き背わたを取り縦半分にスライスしたエビ4尾を炒める(弱火)。
写真のように、フライパンにキツネ色の焦げをつくります。
じっくり丁寧に炒めることが重要です。黒くなったらパーです。

    

ここに白ワインを50ccほど加えておこげをふやかし、木ベラで剥がす。
おこげはだんだん溶け、白ワインを薄いブラウンに染めていきます。



ここに生トマトピューレを加え、弱火で加熱する。



とろみがついたところで生クリームを100cc加える。
最初は中火でふつふつしてきたらすぐに弱火にする。



こんな色になります。火が強すぎたり、加熱時間が長すぎると分離するので注意。
砂糖小さじ1、塩小さじ1/3、白胡椒少々を加えて味を調整する。



茹であげたパスタを加えて中火でさっと全体を和える。



つやつやの仕上がり・・・美味しそうな香りが・・・



茹でキャベツを敷いたお皿にパスタを盛りつけて完成!



        お味はどうかな・・・
        抜群・・・とにかく美味しいです・・・
        最近創ったパスタで一番かもしれません・・・
        エビの旨みやバターをキツネ色に焦がした香ばしさ、
        トマトの風味と生クリームのコク・・・ばっちり調和してます。
        エビはたったの4尾ですが、これで十分です。

        

        ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (4)

ハロウィン! カボチャのアイスクリーム(その2)

2008年10月29日 | スイーツを創る
   
今日も素晴らしい秋晴れですね・・・しばらく続いてくれるといいですね・・・
     
さて、「ハロウィン! カボチャのアイスクリーム(その2)」の続きです。

アイスクリームの入れ物は飾り用のカボチャにしました。
飾りかぼちゃの種類に驚きました。
選んだのはオーソドックスなものと、パックマンのようなカボチャ。



        キノコ師匠のオ 寒さんからいただいたナシの原種を飾りに。

        

飾りカボチャの外皮は結構固いので慎重に包丁を扱いました。
一旦開いてしまえば中身はタネばかりなのでくり貫くのは簡単。
カボチャのアイスクリームを中に詰めて冷凍庫へ。

 

        こちらはかみさんのカボチャアイス。

        

        「いただきまーす!」

        

        かみさんは、「美味しい!」を連発・・・

        

        こちらは私のパックマン・・・

        
        
        スプーンでぐりぐりやります・・・

                

        お味はどうかな・・・
        抜群・・・クリーミーなカボチャの風味がたまらんです。
        私の後輩は「固いままをガリガリ食べるのが美味しい」と
        いいますが、私は捏ねてトロッとしたものが好きです。
        なので、ゆっくりとアイスクリームを溶かしつつ、
        スプーンで捏ねながら食べました。

        皆さんは、ガリガリ派? それともねっとり派?

        

        ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (20)

ハロウィン! カボチャのアイスクリーム(その1)

2008年10月28日 | スイーツを創る
     
今日もいいお天気です・・・私は体調がいまいち。
午前中は内科、午後は整形外科と、通院に忙しく(泣)・・・
みなさんも、風邪と怪我にご注意ください。年末も近いですし・・・

さて、今日はハロウィンを意識したスィーツです。
ちょっと前まではハロウィンコーナーとかグッズ売り場って無かったような気がします。
いつの間にか、スーパーでもデパートでもホームセンターでもハロウィンコーナー。
花屋さんでもハロウィンコーナー・・・
私もいつの間にかハロウィンを意識するようになっていました・・・

レシピ
カボチャ1/4をラップで包んでレンジの根菜モードでチン。
オートだと加熱しすぎてしまうので、ときどき見て早めにオフします。
カボチャの黄色いところだけを容器に移し、牛乳200ccを加える。
ブレンダーにかけてトロトロにする。牛乳が足りなくなったら追加。
ちょっと濃い目のクリーム状くらいが目安です。    

  

卵黄2個、砂糖50gを泡たて器で白くなるまで混ぜる。
60度に温めた牛乳を加えてよく混ぜる。
ここにカボチャクリームを加えてよく混ぜる。
7分だてした生クリーム200ccを加え、スパチュラなどで混ぜる。
今回、中沢の45%をはじめて使いました・・・ちょっと嬉しかったり・・・

  

いつものアイスクリーマーに入れて冷凍庫へ。
できあがりはこんな感じ。

  

        できあがったアイスをフードプロセッサにかけます。

        

こんな感じでトロトロの仕上がりに・・・

ちょっと味見・・・
うまっ・・・すごく・・・

 

ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (8)

生トマトソースで創る大きな煮込みハンバーグ 

2008年10月27日 | 洋食を創る
     
「久々のトマトソース」で創ったトマトソースを使って・・・
大きな煮込みハンバーグを創ります。

レシピ
豚コマ400gと牛コマ320、合計約720g使います。1人前は約180gです。
豚コマ、牛コマをあわせて出刃包丁で叩いて粗めのミンチにする。

玉ねぎ大は微塵切りにして強火で飴色になるまで炒める。

   

水に浸したパン粉、粗めの牛豚ミンチ、玉ねぎ微塵切りの炒めたものをボウルに移す。
塩小さじ1/2、細挽黒胡椒5ふり、10ナツメグ10ふりし、手でしっかりと混ぜる。
4つに分けてハンバーグーの形にし、手でパチパチ往復させながら空気を抜く。
玉ねぎやパン粉が加わったからハンバーグがますます大きく感じます・・・
フライパンにサラダ油を小さじ2くらいひいて弱火で加熱し、両面を焼く。

   

焦げ目がついたら火を止める。中心まで火が通らなくてもオッケー。
これで煮込んでも肉汁をしっかりと閉じ込めておけます。

トマトソースをたっぷり鍋に移して加熱し、ふつふつしてきたらお砂糖、塩で味を調整。
ハンバーグを丁寧に入れたら蓋を閉めて弱火で火が通るまで煮込む。
串を刺して透明な汁が出てきたら火が通っているので、火を止める。
蓋を閉めたまましばらくおいておく。あとは食べる直前に温める。

  

塩茹でしたインゲンを添えて完成!



湯気が立ち上って・・・おもわずゴクリ・・・



お味はどうかな・・・
フォークでおさえて思い切って中心にナイフを入れます・・・
素晴らしい肉汁が・・・じゅわ~っと
いい食感です・・・ミンチにするときに粗めにしたので歯ごたえがいいんです・・・
煮込みハンバーグの美味しさと歯ごたえの良さがたまりません・・・
生トマトのソースとの相性も抜群です・・・

180gのハンバーグはあっという間に私とかみさんのお腹におさまりました・・・



<今日の美味しさ備忘録>
1.肉を粗めにすることで歯ごたえを出す。
2.煮込む前にしっかりと焼色をつける。

ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (10)

秋ナスのうまうま炒め

2008年10月26日 | 中華を創る
         
秋ナスは嫁に食わすな
といいますが・・・よくもまあこんなことを・・・と思っていた私・・・

かみさんが出かけている間に創ってしまいました・・・
秋ナスのうまうま炒め
これが美味しくてエンドレスになっちゃうんです・・・
昨日に引き続き、「うまうま」がマイブームになってるかもしれません。

レシピ
ナスのヘタを取り、縦半分に切り、7~8mm厚でスライス。
塩水に浸しておく。

豚コマは食べ易いサイズに切り、生姜は微塵切り。
       
  

ナス・・・独りで食べるには多すぎるかな・・・と思いつつ・・・
ならばご飯を食べなきゃいいんだと思いました。で、ご飯は炊かないことに・・・



フライパンにたっぷりのサラダ油を熱し、よく水を切ったナスを入れる。
火はもちろん強火。ナス全体に油がいきわたるようによく混ぜ炒める。
ナスがしんなりとする前にボウルなどに移す。
ナスを取り出した後のフライパンに水溶き片栗粉と和えた豚肉を入れる。
くっつかないように菜箸などで混ぜるように炒める。
豚肉が白くなったら、余計な油を全部容器などにうつす。
ここに生姜を加えてさっと炒めたらナスを加える。
続いて砂糖小さじ1.5、塩小さじ1/2、オイスターソース小さじ1を加える。
全体をさーっと和えたら水溶き片栗粉を加える。
トロミが出たら胡麻油を小さじ1加え、全体をさっと混ぜて火を止める。

  

完成!



        胡麻油や生姜のいい香りが・・・

        

お味はどうかな・・・
うまうまです!
ほんとあとをひく美味しさです・・・うまーい!!!
豚肉もふわふわの柔らかさ・・・ナスが抜群の美味しさ・・・
ナスの一番好きな食べ方かもしれません・・・
ご飯を炊かなかったこともあって、全部食べてしまいました・・・
この記事と写真を見たかみさんがふくれるのは目に見えてます・・・まずいな・・・



ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (12)

うまうまキャベツのオイル炒め

2008年10月25日 | 和食を創る
     
キャベツがたっぷりあるということで、今日は超シンプルだけど
超美味しいうまうまキャベツのオイル炒めをご紹介します。
これ、本当にはまります。ビールにも合うし、サワーにも合うし・・・

レシピ
キャベツの芯のところに切り込みを入れて葉を1枚ずつ丁寧に剥がす。
芯を包丁で丁寧に切る。キャベツはたっぷり使います。

  

葉を大きめに切る。
ニンニク1かけをスライスする。
大さじ3杯のサラダ油でニンニクを炒める。
サラダ油を多めにして強火で短時間で仕上げるのがポイントです。

  

ニンニクの香りがし始めたら直ぐにキャベツを全部入れ、強火にする。
焦げないよう、むらなく火が通るよう、菜箸でキャベツの位置を入れ替えながら炒める。
全体に油が行きわたったところで小さじ1杯の砂糖を加えて全体を混ぜる。
醤油を素早く3~4周分加え、全体をさーっと和え、火を止める。

  

盛り付けは出来るだけ高く高くして・・・完成!



        お味はどうかな・・・
        抜群!!!
        火が通っているのにシャキシャキしているキャベツの食感・・・
        これがまずたまらないです・・・
        そしてオイルとニンニクとお醤油の旨み・・・

        かみさんも相当気に入ったみたいです。
        「もっと食べたいよ~!」と吼えました。

                

        ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (14)

秋サケのクリームパスタ on 茹でキャベツ

2008年10月24日 | パスタを創る
        
やっと週末がやってきました・・・ホッとします。
風邪ひいたみたいでちょっと喉がいがらっぽいなあと思ってたら、
雨が降ってきたせいかいがらっぽさが緩和されたような気が・・・

さて、大量にゲットしたキャベツを使ってまたまたパスタです・・・

「生トマトたっぷりミートソース on 茹でキャベツ」を独りで楽しみましたが・・・
         
かみさんの 居ぬ間に創る パスタかな
なんて調子にのっておりましたら・・・

パスタを創ることになってしまいました・・・(汗)。
しかも、ゴージャスな秋サケのクリームパスタです・・・

レシピ
キャベツは1枚ずつ丁寧に剥き、芯を包丁で切り取り、食べ易いサイズに切る。
これを塩茹でしておく。

秋サケは背側の部分と腹側の中間くらいで切る。
骨抜きで骨を丁寧に抜いて、フライパンでソテー。
皮を下にして弱火でじっくり焼き上げる。

    

腹側の切り身は火が通ったら直ぐに取り出し、皮だけを更にカリカリに焼く。
背側の切り身は中心に火が通るまで焼き続ける。

<秋サケのクリームソース>
腹側の切り身から身だけを丁寧に取り、容器に移す。
ここに牛乳をサケの身が隠れるくらい加え、ブレンダーにかけてトロトロにする。
背側の切り身が焼きあがったら皮と共にフライパンから取り出し容器に移す。
空になったフライパンに発酵バター3gとオリーブオイル小さじ1を加える。
ここにブレンダーにかけたソース、生クリームを加え、弱火で加熱する。
ふつふつとしてきたら火を止め、砂糖、塩、白胡椒で味を調整する。
スパチュラなどでなんどもかき混ぜることでなじませ、トロミをつける。

茹であげたパスタを加えてフライパンの予熱だけでよく和える。
ソースがゆるすぎたら、弱火で加熱しながら和える。

   

キャベツをたっぷり敷いた上にパスタを盛り、サケのソテー、
カリカリに焼いたサケの皮を添えて完成!



        

お味はどうかな・・・
ソースがとっても濃厚ですが、茹でたキャベツと一緒に食べると
さっぱり感がアップしてもりもり食べれます。美味しい~!
サケ好きのかみさんは黙々と食べています・・・
こういうとき手を出すと噛まれるんですよね・・・(笑)。

 

ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (16)

生トマトたっぷりミートソース on 茹でキャベツ

2008年10月23日 | パスタを創る
  
かみさんがキノコ狩に出かけて居ないときに創ったパスタのご紹介です。     
突然湧いてきました・・・一句を・・・
かみさんが 居ぬ間に創る パスタかな

「久々のトマトソース」で創ったトマトソースを使います。
軽井沢の野菜直売所でゲットしたキャベツを使います。
「NOBのおでかけだより」でご紹介していますが、8個で300円!

レシピ
豚肉70g程度を出刃包丁でミンチにする。
フライパンに小さじ1のオリーブオイルをひき、トマトソースを温める。

  

ここに豚肉のミンチを加え、トマトソースとよく和える(弱火)。
砂糖、塩で味を調整したら火を止め、蓋をしておく。
トマトケチャップを少し加える。これで味に懐かしさが出ます。

  

キャベツは芯を取り、食べ易いサイズに切り、塩茹でする。
お皿に綺麗に並べる。

  

パスタが茹であがったら軽くオリーブオイルをふり、強火でトマトソースと和える。



        パスタを盛り付けて完成!

        

        



お味はどうかな・・・
パスタの山を崩してキャベツと一緒にいただきます・・・



抜群!!!
キャベツの歯ごたえ、パスタのぷつぷつ感、そして懐かしさのあるトマトソースの味・・・
もうあとは夢中で食べてしまいました・・・かみさんがこの記事見てふくれるかも・・



ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「キャベツのお値段にびっくり(久保農園:軽井沢)」です。
「NOBのおでかけだより」

ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (8)

チキンのダッチオーブン焼き キノコクリームソース

2008年10月22日 | 洋食を創る
    
キノコ狩で採ってきた沢山のキノコを使ったお料理、今回がフィナーレです。
かみさんはオ 寒さんに連れられて3回目のキノコ狩。私は留守番でした。
今回も色々採ってきてくれました。

いよいよピピットコンロ+doの目玉の一つであるダッチオーブンを試すことにしました。
かみさんはシチューのときにパンを焼いて試しています。
パンを食べて思ったのが、焼き上がり、食感、香りが違うということでした。

トップの写真は、左から紫シメジ、シモフリシメジ(オ 寒さんのお宝)、クリタケです。
今回はチキンにクリタケのクリームソースを合わせてみようと思います。
他のキノコはホイル焼きにしてつけあわせにすることに・・・

実は写真に載っていないのですが、オ 寒さんの息子さんのU君がゲットした
極上のブナシメジも料理しました。つけあわせに登場します。

レシピ
<クリタケのクリームソース>
私が発見したクリタケをかみさんがまた採って来ました。また生えてたんだ・・・
ニンニクひとかけを潰して発酵バター5g、オリーブオイル小さじ1で炒める(トロ火)。
ここにクリタケを加えてさっと炒め、白ワインを30ccほどふって蓋を閉め蒸し焼きに。
青いレモン1枚を8等分に切って加え、生クリームを加える(弱火)。
レモンを皮ごと入れることで苦味と酸味を加えて大人の味に仕上げます。

生クリームがフツフツしてきたら火を止め、砂糖、塩、白胡椒で味を調える。
木ベラで全体を混ぜながら鍋の予熱で仕上げる。

  

なんと、キノコ狩の帰りによった野菜直売所でズッキーニが売られていたとのこと。
いつものシマシマにしてから輪切りに。そしてソテー。

ダッチオーブンに底敷をおき、その上にアルミホイルを敷き、
チキンのもも肉を2本、交互に重ねて入れる。グリルで20分。

   

チキンを焼いている間にキノコのホイル焼きを・・・
紫シメジ、ブナシメジ、シモフリシメジ、ベーコン細切り、発酵バター、塩少々。

 

グリルのモードで約20分焼きの後、火を止めてから15分放置。
なかなか綺麗に焼けてます。

 

かみさんのプレートにはズッキーニも並べて完成!
かみさんのリクエストで白ワインを開けました・・・私はグラス1杯のみ。
ワインはお友達夫婦から教えていただいたAlbert Boxler Riesling 2006

 

こちらは私のプレートです。

 

中央に存在感のある大きなキノコがいますが、これがU君のブナシメジ・・・感謝。



        お味はどうかな・・・
        骨から肉がとても綺麗にとれます・・・ダッチオーブンだから?
        皮もパリッとほんとパリパリに焼けてます・・・すごいや。
        キノコクリームソースをかけていただきます・・・
        美味しい!!! ワインとの相性もばっちり!
        酸味と苦味が加わった大人の味です・・・

        キノコも・・・ぷりぷりです・・・
        
        

        ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
        「いろいろなキノコ達(キノコ狩:その8)」です。
        「NOBのおでかけだより」

        ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (14)