Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エビ入りマーボー豆腐

2008年08月31日 | 中華を創る
   
ときどき無性に食べたくなるものって色々ありますよね・・・
カレー、ラーメン、餃子、焼肉・・・2番手くらいですがマーボー豆腐。
で、マーボー豆腐創ろうと思ったんですが、ちょっと工夫したいなと・・・

そのとき、「サザンのライブとお買い物と飲み」でご紹介した、
伊勢佐木町の「ふく龍」のエビ焼きそばの揚げたエビを思い出しました。
ということで、揚げたエビとマーボー豆腐を組み合わせてみることに・・・

レシピ
豚バラ150g、エビ4尾、お豆腐1丁、長ネギ、ニンニク2かけを使います。

豚バラは出刃包丁で叩いてミンチに。エビは殻を剥いて2cm幅程度にスライス。
長ネギは青いところを微塵切りに。ニンニクも微塵切り。

エビは水溶き片栗粉と和えておく。
    
  

エビを揚げる。伊勢佐木町のふく龍ほどこんがりは揚げませんでした。
フライパンに油をひき、ニンニクと長ネギを炒める。

  

ここにミンチを加えて炒める。
火が通ってきたらエビを加える。
豆板醤小さじ2(これは相当辛いです)を加えて炒める(弱火)。 

  

カップ2の水を加え、強火で加熱する。
フツフツとしてきたら、砂糖小さじ1、塩小さじ1/2、醤油大さじ1、
オイスターソース小さじ1を加えて味を調整する。ちょっとだけしょっぱめでOK。
お豆腐を加えて2分くらい煮込む(中火)。
木ベラでお豆腐を押すように混ぜながら水溶き片栗粉を少しずつ加える。
小さじ1のゴマ油を加えて全体を混ぜる。

  

完成!



        お味はどうかな・・・
        辛い~!!! 
        「辛いね」とかみさんに聞くと「丁度いいよ」とかみさん。
        確かにこのくらいのほうがパンチはあるけど、私には辛い・・・
        でも、エビの旨みや豚バラの旨みが出ていてあとを引く美味しさ・・・
        エビの衣にスープがしみててたまらないです・・・

        あっという間に完食してしまいました・・・ビールほしい・・・

        

        ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (10)

すなぎもポテト

2008年08月30日 | 和食を創る
   
「花見とハンバーグ(「モンブラン」吾妻橋:洋食)」の記事中でご紹介した23丁目カフェ。
以前は年配のお客さんが多い小規模のビアホールでした。
向島に住んでいた頃は週末になるとかみさんと二人で大ジョッキを飲んでました。
なんでそんなに通ったかと言うと、創りたてのビールの魅力と、
行く都度もらえるビールチケットが嬉しかったからなんです。
そんなビアホールもとうとう23丁目カフェという名前のオープンカフェに変身。
今ではお客さんの層も大分変わりました。

かみさんと待ち合わせて23丁目カフェで飲んだのですが、砂肝のおつまみ発見。
砂肝の炒めとサイコロ状のフライドポテトを合わせたものでした。
かなり美味しかったので自宅でも再現してみました。
トップの写真、右側が合鴨の皮ですが、左側は砂肝なんです。

「砂肝のゴーヤチャンプル」で使わなかった砂肝を冷凍しておいたんです。

かみさんのリクエストでポテトは大きめにすることにしました。

レシピ
ポテトはくし切りで8等分。

ネギは普段は捨ててしまう青いところをあえて使う。
野菜が高い折、こういった部分もしっかり食べたいと思ってます。
炒めるとグリーンが濃くでますし、食感、味、特に問題はありません。

砂肝は3~4mmくらいにスライスする。この厚さはお好みですね・・・

   

2かけ分のニンニクスライスを炒める。ニンニクの香りがしてきたら砂肝を加える。
砂肝に火が通ってきたらネギを加える。
砂糖小さじ1/3、塩小さじ1/2を加え、火を止める直前に粗挽き黒胡椒たっぷり。
火を止めてから胡麻油を小さじ1加え、更にポテトを加えて全体を和える。

  

ポテトだけを先に並べ、後から砂肝とネギを散らす感じで盛り付ける。



お味はどうかな・・・
これはビール! 砂肝の食感が丁度いいです。胡椒とニンニクの風味・・・
ポテトが入っているのでお腹も満足・・・
それにしても砂肝って切り方と調理の仕方で色々な食べ方ができるもんですね・・・
値段はとっても安いし、多分、コレステロールも少ないでしょう・・・
なかなかいい食材だなあとつくづく思いました・・・



ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (9)

合鴨皮と長ネギの炒め&生グレープフルーツサワー

2008年08月29日 | 和食を創る
     
冷凍庫がそろそろ一杯になってきたということで、チェック・・・
とにかくいろいろ入ってます・・・で、野菜室をチェックしたらグレープフルーツ。
「これいつの?」と聞くと、「結構経ってるから使って」とかみさん。
デザート以外で食べるならもちろん生グレープフルーツサワー・・・大好きなんです・・・

さて、お酒のおつまみなら・・・冷凍庫に入っている何を使おう・・・
「合鴨 de 炭火串焼きパーティー」で残った合鴨の皮を発見。
トップの写真の右の白っぽいのが合鴨の皮です。
左側の赤いのと奥のジャガイモは別のお料理のための材料です。

レシピ
とにかく早く生グレープフルーツサワーが飲みたい・・・ということで、
速攻でお料理しました。

フライパンにサラダオイルをほんの少しひき、細かくスライスした合鴨の皮を加える。
火加減は中火で木べらでかき混ぜながら合鴨の脂が出るまで炒める。
合鴨の皮がキツネ色になり始めたら脂はたっぷり出ています。
ここに長ネギをたっぷり加える。火は弱火に切り替える。
あとは長ネギに焦げ目がちょっとつくくらいまで炒める。
          
  

          砂糖小さじ1/2、味醂大さじ2、醤油大さじ2を加える。
          お酒のおつまみなのでちょっと味を濃くしました。
          調味料の量は合鴨の脂の量によって変わります。

          ここまで炒めてくると、
          合鴨の皮がカリカリベーコンのようになります。旨そう・・・

          
  
生グレープフルーツサワー
私はルビーが好きで、ついついこちらをリクエストしてしまいます。
半分に切って、一生懸命絞って、パイレックスの計量器に注いで容器代わりに。
氷をアイスピックで割って、炭酸を入れて、焼酎を入れて、ルビーを入れて・・・

 

NOBの居酒屋スタート!

 

お味はどうかな・・・
旨・・・
この合鴨の脂の優しい甘み・・・お醤油の香ばしさ・・・
長ネギが合鴨の脂とお醤油を吸って抜群の味になっています・・・旨すぎ・・・
冷凍しておいた合鴨の皮がここまで美味しい居酒屋メニューになるとは・・・

1杯目の生グレープフルーツサワーがもう空に・・・



ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (4)

モッツアレラチーズとカボチャクリームのパスタ 

2008年08月28日 | パスタを創る
      
かみさんが、「お義母さんからカボチャを沢山もらっちゃったんだ・・・」
これはカボチャで何か創らないと・・・
去年は「ハロウィン!? かぼちゃ・カボチャ・南瓜・・・のタリアテッレ(フィットチーネ)」
でカボチャのパスタを創りました。
主な材料はカボチャと生クリームだったので予想通りの味。

今年はもう少し工夫したいし、味に奥行きを持たせたいなあと思いました。
そこで、モッツアレラチーズをたっぷり溶かしてみることにしました。

レシピ
モッツアレラチーズはアメリカのスーパーで大量買いして冷凍しているものです。
モッツアレラチーズの本物度は高いですし、なにしろ安いんです。

カボチャ1/8はラップで包んでレンジでチン(根菜モード)。
無塩バターを溶かしてニンニクスライス1枚を炒め(トロ火)、チンしたカボチャを加える。
木ベラで潰しながら溶かしたバターとなじませるように炒める。
あとは容器に移し、牛乳300ccを加えてブレンダーにかける。
牛乳の量ですが、カボチャの量にもよるので最初は200cc入れてブレンダー。
その状態を見て、トロトロではなく「もそもそ」なら更に追加で100cc入れるといいです。
100cc入れても「もそもそ」なら、もう50cc入れてブレンダーにかけるといいです。
  
   

ブレンダーにかけたカボチャソースをフライパンに戻して弱火で加熱する。
ふつふつとしてきたら動物性生クリームを50~100ccくらい加える。
砂糖1つまみ、塩小さじ1/3、白胡椒少々加えて味調整。塩加減は味見を。
そしてモッツアレラフレークを好きなだけ加える。
ここに茹であげたフジッリを加え、全体をしっかりと和える。

  

        完成!

        

        お味はどうかな・・・
        かみさんが唸ってます・・・相当美味しいようです・・・
        食べてみるとカボチャの風味にモッツアレラチーズが・・・
        カボチャと生クリームだけよりもこの方が格段に美味しい・・・

        

        ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (10)

エビチャーハン 

2008年08月27日 | 中華を創る

「サザンのライブとお買い物と飲み」のときに「ふく龍」でチャーハンを食べてから
「もっともっと美味しいチャーハンをつくってみたい」と思っていました。

そこでエビチャーハンを創ることに・・・
今までにチャーハンは何度も創ってきていますが、今回は気持ちを新たに、
よりいっそう美味しいチャーハンづくりに挑戦しようと思います。

レシピ
エビは殻を剥いて背わたを取っておく。
長ネギは普段捨ててしまいがちなグリーンの部分を使う。微塵切りに。
この部分は炒めると色が鮮やかに出るのでチャーハンの色合いがよくなります。

中華鍋に多めに油を入れ、最初に溶き卵を、続いてエビを加えて炒める。
「ふく龍」のチャーハンは卵がキツネ色に近い状態でした。
これが香ばしさをより出しているのだろうということで参考にしました。
エビに火が通ったところで一旦器に移しておく。
第1のポイント: エビと卵をからめ炒める
   
  

再び中華なべにたっぷり油を入れ、煙が出てくるくらいまで加熱したら、
溶き卵を加えてさっと混ぜたらそこに長ネギ微塵切り、ライスを加える。
第2のポイント: 溶き卵を落としてから長ネギ微塵切り、ご飯を加える

後は中華なべと木ベラを一生懸命動かし、強火で炒める。
ライスに油がしみこんでパラパラしてきたら、塩、細挽き黒胡椒を加える。
第3のポイント: ご飯の表面に油をしっかりしみこませる

全体を混ぜたところでお醤油を鍋肌に沿って素早く2周分加える。
第4のポイント: 鍋肌でお醤油をこんがりさせてから混ぜる

即座に全体を混ぜたところに炒めたエビと卵を加えて全体をさっと混ぜる。

第5のポイント: 主な具材は最後に加える

   

胡麻油を小さじ1杯加えて更に全体を良く混ぜる。



        完成!

        

        お味はどうかな・・・
        スプーンですくって口に運ぶと・・・香ばしいいい香りが・・・
        口に入れると熱々なので「ハフハフ」と言いながら食べます。
        お醤油や卵の香ばしさ、エビの風味、胡麻油の風味・・・
        今まで創ったチャーハンで一番美味しくできました。
        
        

        ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (2)

うなオムライス

2008年08月26日 | 和食を創る
     
スパイスプロジェクトへの最後の応募は・・・うなぎオムライス・・・
ネーミングが気に入らなくて悩んでいたところ、vruocculuさんから
「うなオムライス」のネーミングをいただきました。
ごろもいいし、言いやすいのでこれに決定させていただきました。感謝。

さて、う巻きというのがありますが、これは鰻とダシ巻き卵のコンビ。
ならば、鰻とご飯と卵は合うはずだろう・・・と・・・考えました。

レシピ
冷ご飯を少な目の油で炒める。
鰻のタレ、山椒をたっぷり加えて更に炒める。
鰻はトースターで軽く焼いてから食べ易いサイズに切っておく。
   
  

火を止めてから鰻を加えて全体を優しく混ぜる。
オムライスは2種類創ります。
最初のオムライスは、溶き卵をフライパンで加熱しながら広げ、鰻ライスをのせ、
くるくるっと巻きながらお皿に移し、山椒をたっぷりふる。

  

        完成!

        

こちらはトロトロのオムレツを鰻ライスにのせて・・・



トップをピッと切ると・・・



ふわとろオムレツが広がったところに山椒をたっぷり・・・



お味はどうかな・・・
か、かなり旨い・・・旨いんです・・・
ほんとにこれはたまらなく美味しいです。しかもつくるのは楽チン・・・
炊きたてのご飯があったら炒めないでタレと鰻を混ぜるだけでいいんです。
あとはオムレツをのせるか、広げた卵にくるむかだけです。
だまされたと思って一度お試しください。



ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「サザンのライブとお買い物と飲み」です。
「NOBのおでかけだより」

レシピブログの、パッとひとふり!和風スパイスでアイデア料理にトライ★ ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (10)

七味たっぷり豚バラのピザ

2008年08月25日 | イタリアンを創る
     
スパイスプロジェクトでいただいた3種の和の香辛料で唯一使っていないもの、
それは七味唐がらしでした。

何つくろうかな???と思っていたら、かみさんがピザを焼くといっていたので、
頼んでピザ生地を1枚分けてもらいました。
で、冷蔵庫や冷凍庫をチェックすると、ピザにのせるよう食材としては・・・
エビ・・・くらいしかない・・・あとは・・・暫く考えました・・・

で、突然閃いたのが、豚バラ肉のピザなんてどうだろうか? ということでした。

レシピ
ソースは甘さ控え目の照り焼きソースにすることにしました。
<照り焼きソース>
お醤油30cc、味醂10cc、お酒15cc、砂糖小さじ1を加熱する。
煮立ったら水あめ大さじ2、七味唐がらしをたっぷり加えて少し煮詰めるだけ。

かみさんの創ったピザ生地に照り焼きソースをたっぷり塗る。
そこにたっぷり七味唐がらしをふる。好きなだけです。
  
  

モッツアレラフレークをたっぷりのせる。
そこに七味唐がらしをたっぷりふる。
そして豚ばら肉を1枚ずつ広げてのせ、そこに七味唐がらしをたっぷりふる。

 

190度に予熱したオーブンで13分焼く。



        完成!

        

        お味はどうかな・・・
        滅茶めちゃ旨い!
        七味唐がらしはモッツアレラチーズや照り焼きソース、
        それに加熱によって
        風味を残しつつマイルドな辛さになっています。
        これらがミックスされた味はエンドレスの味です・・・
        ・・・ビール飲みたい・・・!

        

        レシピブログの、パッとひとふり!和風スパイスでアイデア料理にトライ★ ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (8)

スタッフド チキン丸焼き もち米ピラフ

2008年08月24日 | 洋食を創る
   
メインはお義姉さんの子供ちゃんたちにインパクトを与えたくて創ったお料理。
スタッフド チキン丸焼き もち米ピラフです。
今回はもち米の出来上がりを大幅に改善でき、今までで一番の出来になりました。

レシピ
チキンの中をよく洗って、余分な脂肪を取る。
フライパンでバターを溶かし、脂肪、ニンニクスライスを炒める(弱火)。
ニンニクが焦げないように注意です。
脂肪がこんがりとしてきたら、水に浸しておいたもち米1.5合を加える。

   

軽く全体をなじませるように混ぜたら、マッシュルームスライスを加える。
水カップ1を加え、塩、白胡椒で味を調整する。
木ベラで混ぜながら弱火で加熱し、水分を飛ばす。

あとはチキンにもち米を詰めて封をし、200度に予熱したオーブンで1時間20分。

  

50分くらい素焼きにしたら一旦取り出す。
ここで、バルサミコソースを刷毛で塗り、再びオーブンへ。
ソースは、バルサミコ酢、お醤油、ハチミツ、細挽き黒胡椒を加熱したものです。
出来上がるまで2回ほど出してはソースを塗ります。

 

完成!
テーブルに出したら子供ちゃんたちが「わぁ~! すごい~!」
よかった・・・この驚きがほしかったんです・・・

チキンを半分に切ります。このナイフ、凄く切れます・・・ 

  

半分に切れました・・・お米の出来が抜群!
白ワインは君嶋屋丸の内店でゲットしたMACON-CHANTRE 2004

 

        子供ちゃん達の反応は・・・
        「美味しい~!!!」
        ちっちゃな姪も甥も大喜びでむしゃむしゃ食べてくれてます。
        子供の舌は味に敏感なのでこの反応はほんとに嬉しいです・・・
        
        お義姉さんも子供ちゃんたちもとても喜んでくれました。
        今年の年末はもっともっと喜ばせてあげたいな・・・
  
         

        ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (6)

ちこ鯛のカルパッチョ 再び・・・

2008年08月23日 | イタリアンを創る
   
「チコ鯛のカルパッチョ 宝石箱バージョン」で事前練習をして・・・これが本番です。

レシピ
事前練習のカルパッチョと同じです。

チコ鯛2尾を3枚に下ろす。
アーリオ・オーリオを創る(オリーブオイル大さじ2、ニンニクスライス1かけ)。
     
  

3枚に下ろしたチコ鯛の骨を抜き、昆布締めにしておく。
冷蔵庫で一晩おくと・・・写真右のように身が締まり、透明感ばっちり。

 

チコ鯛のスライス、アーリオ・オーリオをボウルに入れ、塩4~5つまみ加えて和える。
後は冷蔵庫で暫く寝かせておく。 

  

お義姉さん達が到着する1時間前くらいには宝石箱風の器に移し、冷蔵庫へ。
こうしておけば、器も鯛も冷たい状態ですぐにお出しできます。

  

オーバルの器で・・・



こちらはキューブ形

 

子供ちゃん達の反応は・・・
もくもくと、「美味しい・・・」、「美味しい・・・」と言いながら・・・
お義姉さんが、「前よりもずっと美味しい! どうして?」
昆布締めをしていること言ったところ、改めて「ほんと美味しい~!」

年末もカルパッチョ用意してお待ちしております・・・

昆布締めにしてからカルパッチョにするレシピはCOOKPADに詳細に掲載する予定です。



blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 


コメント (2)

エビの冷製クリームスープ ムース風

2008年08月22日 | 洋食を創る
    
2品目はCANIONでこの食器を見つけたときに
「エビの冷製クリームスープを創ろう!」と思いました。

レシピ
詳しいレシピはCOOKPADに掲載しようと思います。

有頭エビを用意します。とにかく頭が必要なんです。
頭を取り、深緑色のわたは除去します。
スープの色を美しくするために深緑色のワタは入れません。

無塩バターとオリーブオイルで潰したニンニク1かけ分を炒める(トロ火)。

ニンニクの香りがしてきたらエビの頭を加える。木ベラでしっかりと潰します。
火はトロ火のままがいいです。
    
   

フライパンにはエビのエキスがこびりついてきます。焦げないように注意です。
白ワインを少しふってから水を加え、トロ火で数分煮込む。
塩、白胡椒で味を調整する。

別のお鍋に無塩バターとオリーブオイルをひき、エビの身を炒める(トロ火)。

   

エビが炒まったらエビを取り出す。
エビを取り出した後にオリーブオイルを追加で加え、
茶漉しでふるいながら小麦粉を加えて炒める(トロ火)。
ここにエビの頭を煮込んだスープを濾し器で濾しながら少しずつ加える。
全て加えたら鍋のままブレンダーにかける。これでだまがなくなり滑らか。

   

これを更に濾し器で濾しながらボウルに移す。ここに生クリームを加える。
生クリームはパントリークリームと普通の生クリームの2種類を使います。
あとはラップをかけて冷蔵庫で冷やすだけ。

  

器にスープを注ぎます・・・と、緩めのムースのようになっていました。
嬉しい驚きでした・・・とってもいい感じです。
エビの切り身を中心に浮かべ、チャイブなどを飾って完成! 



すごーく美味しそうです・・・

 

お味はどうかな・・・
姪と甥、お義姉さん、かみさん・・・みんな最初にエビをスープにつけて・・・
そして「おいしい~!」
それから無言でスープを・・・ひたすら味わい続けて・・・あっという間・・・

私も安心してスープを味わって見ました・・・旨い・・・かなり驚きです・・・
普通にスーパーに売られている有頭エビだけで創ったエビクリームスープ・・・
こんなに美味しいものなのだろうか・・・と思うくらい美味しかったです・・・

 

ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (6)