Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キムチ・キムチ・キムチ(キムチ鍋・豚キムチ・豆腐チゲ・キムチ炒飯)

2007年03月31日 | エスニック
 
義姉さんからキムチ10Kgが送られてきた。
なんじゃぁ~! この量はあぁぁぁぁぁぁ! た、たべきれないよぉ~!
よーし! とことんキムチ料理をやるぞぉ~!!

 

      <キムチ鍋>
      レシピ
      キムチ1/4を食べ易いサイズに切り鍋に入れる。
      日本酒カップ1/2、水カップ2、醤油小さじ1、塩は味見をしながら調整。
      辛さはキムチの量、水の量で調整する。
      豚肉、しめじ、椎茸、ニラ、キャベツ、お豆腐を入れ、煮立てたらできあがり!

       

      美味しそぉ~! 辛そう~!

      

そしてキムチ鍋をつつく・・・か、辛い! 熱々! 
でも、旨味があって美味しい~!

キムチ鍋と言えばビール! 1杯目をくいっと・・・たまらなーい!

 

      仕上げはキムチ雑炊! これまた辛くて熱々で美味しい! 汗が・・・

      

 
  豚キムチ
  レシピ

  豚肉をお好みの量だけ炒め、
  火が通りかけてきたところで、
  芯を取って3~4cm角に切った
  キャベツを加えて炒め、
  食べ易い大きさに刻んだ
  キムチを加える。

  キムチの量で辛さを調整。
  味見をしながら塩を少しずつ加える。
  隠し味の醤油を小さじ1程度加える。
  


  


      



  豚キムチをご飯にのせて食べます。

  すっごい!

  美味しい~!

  ほんとに
  滅茶苦茶旨い!

  ご飯食べ過ぎちゃう!






      <豆腐チゲ>
      レシピ
      キムチ鍋と何が違うのかと言うと、キムチと水の割合。
      キムチ鍋のときよりも、より辛く、より水を少なくすればいいんです。
      あ、これって、私の自己流のチゲなので、本格的なものとは違います。
      とにかく簡単なのがとりえです。

       

      

      辛い~!!! 辛い~!!! でも旨い~! でも辛い~!

      

キムチだけを食べてみました・・・ほんと、凄く旨味があって美味しい!
辛いといいながらも旨味がすごいのでついついスープを飲んでしまいます。
咳き込まないようにするためにそっと注意深くスープを飲みます・・・旨い・・・

  

      <キムチ炒飯>
      レシピ
      中華鍋に多めに油をひき、豚肉と長ネギのスライスをサッと炒め、
      卵1個を割りいれてすばやくかき混ぜ、ご飯を加え、ぱらぱらになるまで炒める。
      食べ易い大きさに刻んだキムチを好きなだけ加えて更に炒め、味見しながら
      塩を少しずつ加え、隠し味の醤油を小さじ1加え、さっと炒めて完成!

      

      先ず一口・・・美味しい! た、たまらないです!
      殆ど連続してここ数日間食べ続けたせいか、かみさんの肌がピカピカ。
      キムチって美容にいいのかな??? 私も体調が良くなってきたような気が・・・
      そうそう、義姉さんに教わったのですが、キムチは小分けされると
      どんどん値段が上がっていくそうです。
      次回自分で買うときは10Kgに決定!

      
コメント (8)

NOBのまかない(肉豆腐丼と自家製イカの塩辛)

2007年03月30日 | 和食を創る
 
久しぶりに丼ぶりものを食べたいなぁ~と思ったとき、
NOBの小料理いろいろで創ったあら煮の汁と豚肉が冷凍してあることを思い出しました。
超ラッキーなことにかみさんが買っておいたお豆腐が冷蔵庫に・・・
ということで、肉豆腐丼を創ることに・・・

レシピ
レシピは超簡単。タッパーで凍ってるあら煮の煮汁をレンジでチンしたら鍋に移す。
サラダ油でさっと炒めた豚肉、食べやすいサイズに切ったお豆腐を入れて煮込むだけ。
丼にご飯を盛り、今日はちょっと贅沢に、手摘みの海苔をたっぷりのせます。
そして、豚肉とお豆腐をのせて完成! ちょっと甘くなるけど玉葱を入れてもグー。



お味はどうかな・・・
なんといっても、甘鯛と鯛のカブトを煮込んだあら煮の汁と豚肉を煮込んでますから、
激が3つも4つもつくくらい超美味しいのは当然チンのアルゼンチンです。
とにかくこの旨みは半端ではありません。是非お試しください。
 


<自家製イカの塩辛>
レモンイエローのペスカトーレでさばいたイカの残りで創っておいたんです。



レシピ
イカのキモ、ゲソ、ミミ部分を使います。イカのミミは細めにスライスしておく。
イカのキモをボウルに入れて塩を2から3つまみふってラップをして冷蔵庫で一晩。
翌日、キモを潰し、塩小さじ半分(分量は好み)、日本酒小さじ1、イカのミミ
を食わせ、良く混ぜたらラップをかけて再び冷蔵庫で2~3時間寝かせて完成!
もちろん、一晩寝かせてから食べるともっと美味しい・・・はず・・・



食べるときはゆずを添えて・・・柚子胡椒を加えてもいいかもしれませんね。
こ、これは日本酒がないといけません・・・


コメント (10)

ヒイカのリゾット2種 ぺペロンイカ&イカイタ飯ジャーノ&イカメシーノ

2007年03月29日 | イタリアンを創る
 
ムール貝のリゾットでムール貝を煮たときの煮汁がまだ残ってる。
ということで、ひいかのリゾット2種創ります。
 
 


  <ぺペロンイカリゾット>

  レシピ

  ヒイカの足部分のみを、
  オリーブオイル、鷹の爪、
  潰した1かけ分の
  ニンニク微塵切りで炒め、
  ムール貝の煮汁で創った
  リゾットに入れて完成!












お味はどうかな・・・
ムール貝の風味たっぷりのリゾットとピリッとしたヒイカを一緒に食べる・・・
・・・美味しい! たまらないです。



<イカイタ飯ジャーノ&イカメシーノ>
レシピ
ひいかの胴の皮を取り、ムール貝の煮汁で創ったリゾットを詰め(これが大変)、
楊枝で閉じ、オーブンシートの上に並べ、パルミジャーノをふる。



180度で余熱したオーブンで5分程度グリルして完成!



お味はどうかな・・・
ムール貝の煮汁で創ったリゾットがたっぷり詰まったヒイカの歯ごたえと旨味・・・
そしてこれらをパルミジャーノの風味が力強く包んでいます・・・こりゃあ、ワイン!
急いでリーズナブルな赤ワインを出して飲む・・・そしてイタリアンイカ飯・・・
極上です・・・笑いが出てしまうほどおいしい・・・



しかし、イタリアンイカ飯・・・今ひとつ「これだ!」と思えるような
ネーミングができない・・・やっぱり「イタリアンイカ飯」、しかないかな・・・

ネーミングのおれい
イカイタ飯ジャーノ・・・・・めおとかふぇのりぃーちゃんのネーミング
イカメシーノ・・・・・家事総論のサバオさんのネーミング
ありがとうございました!

ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「春の鎌倉だより(その2)」です。
NOBのおでかけだより


コメント (11)

ドライトマトとそらまめのパスタ ねじりパンチェッタ添え

2007年03月28日 | パスタを創る
 
      今日はドライトマトとそらまめのパスタ ねじりパンチェッタ添え
      を創ります。そらまめは、さやで売られているものをゲット。

      レシピ
      ソラマメはさやのままで塩茹で。茹で上げてから皮を剥いておく。
      4~5枚のドライトマトは300ccくらいのぬるま湯で20分以上
      つけ、千切りにしておく。
      フライパンに大さじ1のオリーブオイルをひき、手で捻った
      パンチェッタをかりかりになるまでじっくりと炒める。焦げないよう注意。
      パンチェッタを取り出したら潰した1かけのニンニクを弱火で炒める。
      色がつく前にニンニクを取り出し、ドライトマトとつけ汁を全て入れる。
      中火で暫く煮込んだら、ニンニクを再び戻す。
      パスタの茹で汁をお玉半分加え、塩、砂糖、白胡椒、細引き黒胡椒で味を調整する。

      

      茹で上げたパスタをフライパンに移し、オリーブオイルをふりかけ、
      強火でソースとよく和える。
      お皿に盛り付け、そらまめ、パンチェッタを飾って完成!

      

      お味はどうかな・・・
      ドライトマトの甘酸っぱい味とニンニク、それにパンチェッタの旨味が加わって
      たまらない美味しさに仕上がっています・・・
      ねじりパンチェッタはカリッとしてとても香ばしくてたまりません。

      

      そらまめがいい色に茹で上がってて・・・独特の風味がまたいいです・・・

      

今日はとってもリーズナブルなスパークリングワインを試してみました。
フルーティーで結構甘め・・・私にはちょっと甘いかな・・・

 

ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「春の鎌倉だより(その1)」です。
NOBのおでかけだより




コメント (4)

至福のレモン色 イエローカラーのペスカトーレ

2007年03月27日 | パスタを創る
 
前からやってみたいなあ、と思っていたイエローカラーのペスカトーレ
黄色のプチトマトがたっぷり入ってお試し価格、ということで2パック購入。
いよいよ夢のイエローカラーのペスカトーレを創ります。

レシピ
イカは丁寧にさばき、胴、足、キモ、トンビ、卵に分ける。
胴から皮を取ったら輪切りにしてペスカトーレ用に、ミミ部分は塩から用に。
あと使う食材は、イエロープチトマトの他、ホタテ、エビ。

 

<湯剥き>
面倒だけど熱湯にさっとつけて冷水に(写真左)。すると皮がパカッと裂ける。
これを丁寧に剥いていく。皮が裂けてない場合は包丁でちょっと切り込みを入れて剥く。
皮を剥くと濃い黄色がレモンイエローになります(写真右)。

 

大さじ1杯のオリーブオイルで潰した1かけ分のニンニクと鷹の爪を炒め、
色がつく前に、玉葱中1/2の細かいみじん切りを加えて一緒に炒める。
玉葱が透き通ってきたらイカ、ホタテ、背わたを取ったエビを加え、
焦げないよう木べらですばやくかき混ぜながら強火で炒め、
カップ1/4の白ワインを加えて煮立たせたらイエロープチトマトを加えて
木べらで潰していく。トマトは最初から包丁で刻んでおけばよかった・・・アホですね・・

 

トマトが溶けてトロトロになったらお玉1杯から1.5杯のパスタの茹で汁を加え、
塩、細引き黒胡椒、白胡椒、砂糖で味を調整する。
茹で上げたパスタを加えたらオリーブオイルをふりかけ、強火でソースと良く和えて完成!

       

      お味はどうかな・・・
      美味しい! 3種の海の幸のエキスがタップリ!

      

      イエロープチトマトはどちらかというと酸味のあるフルーツといった感じ。
      そのジューシーな味が海の幸とニンニクとうまくマッチして
      赤いトマトを使ったペスカトーレとは別の味に仕上がっています。
      ずーっとやってみたかったイエローカラーのペスカトーレ
      思い切ってやってみてよかったです。新しい美味しさを発見しました。

      

      ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
      久しぶりにライブでサックスをプレイして来ました。
      「ライブ・イン・Kamakura」です。
      NOBのおでかけだより

      
コメント (4)

湘南しらすと春キャベツのパスタ 釜あげしらす丼のおまけ付

2007年03月26日 | パスタを創る
 
勘浜水産直売所でゲットした湘南しらす春キャベツでパスタを創ります。
 


レシピ
小さじ1のオリーブオイルで潰したニンニクを軽く炒め、色がつく前に取り出す。
白ワインをカップ1/4入れて煮立たせたらしらすをたっぷり加える。
ここにパスタの茹で汁をお玉2杯分加え、塩、細引き黒胡椒で味を調整する。
煮立ってから3~5分間しらすを煮込み、しらすを一旦ざるなどにあける。
煮汁を再びフライパンに戻したら、キャベツの千切りを加え、さっと熱を加え取り出す。

キャベツを取り出した後のフライパンに茹で上げたパスタを加え、
オリーブオイルをパスタにふりかけたら強火でパスタと煮汁を良く和える。
お皿にパスタを盛りつけたら、キャベツをのせ、その上にしらすをのせ、
煮汁を加え、セリの新芽を飾って完成!



お味はどうかな・・・
パスタ、キャベツ、シラスをビビンバみたいに混ぜて食べます。
キャベツの甘み、しらすの香り、さっぱりとした味ながら旨味が凝縮されています。
朝から食べれるパスタです。美味しくてあっさり感もあるのであっという間に完食事!



釜あげしらす丼
しらすをご飯にのせ、水でさらした長ネギのスライス、わさびをのせて食べます。
もちろん、たたみいわしを飾ります。
美味しく食べるポイントは、水でさらした長ネギスライスを使うことです。
お醤油をかけていただきます。



お味はどうかな・・・

醤油とネギとわさびとしらす・・・激旨です。ご飯を何杯でもおかわりできそうです。

ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「旬の湘南しらすに酔う(しらすや:江ノ電腰越駅)」です。
NOBのおでかけだより




コメント (6)

ムール貝のリゾット

2007年03月25日 | イタリアンを創る
 
今日はダイエット野菜煮込み サフラン風味の煮汁を使って
ムール貝のリゾットを創ります。
愛知産のムール貝は大きめでとても美味しそうです。

レシピ
ムール貝についている海草のようなものは綺麗に取る。
煮汁にムール貝を入れ、煮立ったら弱火で暫く煮込んで一旦火を止める。

鍋に大さじ1のオリーブオイルをひき、木べらでかき混ぜながら弱火で
カップ1/2のお米を炒める。
お米が透き通ってきたらマメキンキのあらスープをたっぷり注ぎ強火で煮込む。
沸騰したら中火にして焦げないよう木べらでかき混ぜ続ける。
煮詰まってきたところで塩少々、白胡椒少々で味を調整する。
ここで味見とお米の状態をチェックし、適宜味調整をする。
マメキンキのあらスープを再度たっぷり注ぎ強火で煮込む。
煮詰まったところでお米を食べて状態を確かめる。まだならまたスープを注ぐ。
もしもスープがなくなったらお湯またはお水を足してもOK。

出来上がったらリゾットを盛り、ムール貝を飾って完成!

 

      お味はどうかな・・・
      やっぱり貝のコクは凄いです。とっても美味しい~!

      

      ムール貝を食べてみます・・・お、美味しい~!
      煮る時間や火加減に注意したせいか、柔らかくてジューシーです。

      

      今までムール貝といえば、パエーリャに入ってるちょっとかちかち
      になったものばかりだったので(多分、たまたま)、あまり
      ムール貝に美味しさを感じませんでしたが、美味しさが分かりました。
      たまーに、近所のスーパーでムール貝がリーズナブルなお値段で
      売られているので、ムール貝のワイン蒸しでもやってみようと思います。

       

      
コメント (10)

ダイエット野菜煮込み サフラン風味

2007年03月24日 | 洋食を創る
 
      ダイエットと冷凍庫整理を兼ねて
      ダイエット野菜煮込みを創ります。

      マメキンキのソテー ダークブラウンソース
      で出たマメキンキのあらを使います。これで冷凍庫整理も。
 
      

      まさにダイエット! 計算すると1人分たった147Kcal!
      玉葱中半分・・・・・(約100g:37Kcal)
      アスパラガス・・・・(可食部分6本:30Kcal)
      キャベツ・・・・・・(250g約1/4:約60Kcal)
      ニンジン・・・・・・(150g:約60Kcal)
      じゃがいも・・・・・(約100g:73Kcal)
      白胡椒・・・・・・・(約1g:4Kcal)
      塩・・・・・・・・・(約3g:0Kcal)
      オリーブオイル・・・(小さじ1:約30Kcal)
      キンキの頭のダシ・・(分からないけどダシだけなので割愛)

      合計294Kcal÷2=147Kcal(1人分)
      成人1日の平均摂取カロリーは、男性約2,500kcal、女性約2,000kcalだから、
      もしも3食これを食べたら約450Kcalだから約1/4!?
      それはいけませんね。体が消費するカロリーは1900Kcalくらい
      なので3食これを食べるのは駄目ですね。夜だけとかがいいですよね。      

      ※miwa-miさんの「簡単! 栄養andカロリー計算を参照しています。

      今回はサフランをタップリ使います。
      なんでもサフランは、冷え性、生理不順、生理痛、イライラ、更年期障害、
      記憶障害の予防・改善効果があるらしいですね。
      ネットで調べてみると、どこも同じようなことが書いてあります。
      妊婦さんはダメと書いてあるサイトがかなりあったのが気になりました。

 

      レシピ
      鍋に小さじ1のオリーブオイルを入れ、潰した1かけのニンニクをじっくり炒める。
      ニンニクは取り出し、ここにキンキでダシをとったスープをタップリ注ぎ、
      レンジで加熱しておいたジャガイモ、ニンジン、玉葱、キャベツを入れて煮込む。
      レンジを使うのは時間短縮のためです。
      途中でサフランを加え、塩、白胡椒で味を調整して完成!

      

      お味はどうかな・・・
      マメキンキのおかげで肉無しのシンプルな野菜煮込みが
      旨味のあるものになってます。
      サフラン好きの私たちは美味しい~を連発しながら食べました。
      ニンジンはかみさん行き・・・にしようとしたら「ニンジン食べなさい」。

      

      スープもすっかり飲み干しました・・・が、既にお腹が空いてきました・・・
      147Kcalの野菜煮込みだけだと夜中に目が覚めてしまうかも・・・

      

      

コメント (10)

イベリコブタのカプレーゼ仕立て バルサミコソース

2007年03月23日 | イタリアンを創る
 
今日はイベリコブタをゲットしたのでワクワクしながらお料理を・・・
ということで、イベリコブタのカプレーゼ仕立てを創ります。

このイベリコ豚は、スペインのイベリコ(Iberico)地方産で、
なんと、どんぐりなどを食べて育った黒豚だそうです。
初めてこの名前を聞いたときは「イベリコ ブタ」はなくて、
「イベリ コブタ(イベリ産の仔豚・・・そんなのない)」だと思いました。
 
  レシピ
  イベリコブタは、
  小麦粉をまぶしてオリーブオイル
  をひいたフライパンでソテー。
  途中でスライスニンニクを
  ぱらぱらと周りに落とす。
  バルサミコソースは、
  イベリコブタを取り出した後に
  とろ火にして、バルサミコ酢大匙2、
  砂糖小さじ1弱、塩小さじ1/2、
  細引き黒胡椒少々、赤ワイン少々、
  ブランデー少々を煮詰めて創る。
  適宜味見して塩加減などを調整する。
  モッツアレラチーズ、バジル、
  イベリコブタを順番に重ねて
  トップにニンニクチップと
  バジルを、周りにプチトマト
  のスライスを飾り、バルサミコソース
  でアクセントをつけて完成。


      

      お味はどうかな・・・
      イベリコブタは肉質がとても柔らかくてジューシー、ソースと良く合います。
      しかも臭みが全くといっていいほどありません。とても美味しいです。
      イベリコブタの次はモッツアレラチーズとバジルを食べて・・・赤ワイン飲まなきゃ。

      

      今日のワインはRobert Mondaviのカベルネ。イベリコブタにはぴったり。

 

スペイン料理のお店でハモン・イベリコ(イベリコブタの生ハム)では食べたことあったけど、
ソテーは初めてでした。
こんなに美味しいなら、たまには牛肉の代わりに食べようと思います。
次にイベリコブタをゲットしたら小麦粉をまぶさない普通のソテーでご飯食べたいなあ・・・

 


コメント (10)

キャロットクリームのパスタ にんじん克服大作戦!

2007年03月22日 | パスタを創る
 
私は子供の頃からにんじんがどうも苦手。
よく子供がお母さんに「にんじん食べなさい!」と言われますが、
私もそんな子供と同じで未だにかみさんに「にんじん食べなさい」と言われてます。
ならばと、にんじんのパスタ創ってみようと思いました。
「にんじんのパスタ」じゃあまりに夢がないので、
キャロットクリームのパスタということで、創ります。

レシピ
スライスした1本分のニンジン、玉ねぎ小半分をコンソメを溶かしたスープで煮る。
茹で上がったニンジンと玉ねぎ、100cc分のコンソメスープをブレンダーで混ぜる。
植物性生クリームを50~60cc、塩少々、白胡椒少々を入れ、更に混ぜる。

潰したニンニク1かけ、5mm厚程度に切ったベーコン1枚を
大匙1杯のオリーブオイルでじっくりと炒め、オリーブオイルと共に器にあけておく。
そのままフライパンにブレンダーで混ぜたキャロットクリームソースを移し、
とろ火でゆっくりと加熱する。

 



  玉ねぎ小半分を3mm厚程度にスライスして
  フライドオニオンを創っておく。
  赤ねぎは2mm厚程度にスライスして
  水でさらしておく。
  写真の赤ねぎは外側が赤紫色で綺麗です。
  味は普通の長ネギと変わらないかな・・・

  茹で上げたパスタを入れたら、
  さきほど器にあけておいたオリーブオイルと
  ニンニクとベーコンをパスタの上にふりかけ、
  強火でソースと良く和える。

  パスタをお皿に盛りつけ、
  トップにフライドオニオン赤ねぎを飾り、
  パスタの周りにキャロットクリームを
  たっぷりたらして完成! 




      

      お味はどうかな・・・
      おそるおそる・・・ニンジンですから・・・食べてみると、「えっ!?」
      ニンジンのあの苦手な青臭さというか何というか、それがなく、
      優しい甘みと旨味、多分、ニンニク、ベーコン、コンソメだと思いますが、
      それがとても美味しさをアップさせています。これはお勧めです。
      フライドオニオンや赤ねぎと一緒に食べると更に美味しさがアップします。
      ほんと、こんなに美味しく仕上がるとは思いもしませんでした。
      ニンジンの嫌いな子供も喜んで食べるのではないかと思います。

      パスタの茹で加減とソースと和える際の処理と時間が丁度よかったのか、
      とてもいい出来でモチモチ、それでいてしっかりとした歯ごたえに仕上がってます。

      

      美味しくいただけましたが、にんじんのあの苦手な青臭さのような
      味がしなかったので、タイトルの「にんじん克服」はできたといえるのか?
      うーん、微妙だ・・・本質的な克服ではないような・・・まあいっか・・・

      ごちそうさまぁ~!

      

コメント (10)