Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スカンピのパスタ トマトモッツアレラチーズソース

2006年09月30日 | パスタを創る

ブログNOBのおでかけだよりを立ち上げました。
暫くカリフォルニア旅行が続きます。是非ご覧下さい。
 
今日はストックしていた最後のスカンピと、
トマト、モッツアレラチーズを使ってパスタを創る。

レシピ
オリーブオイルで1/2かけ程度のニンニクの微塵切りをじっくり炒める。
背開きし、背わたと口部分の砂を取ったスカンピを炒め、白ワインをふる。
トマト缶1缶分入れてよーく煮込み、塩、胡椒、で味を調整する。
スカンピを一旦取り出したら、モッツアレラチーズのフレークをタップリ溶かす。
茹で上げたパスタとソースを良く和えたらお皿に盛り付ける。
取り出しておいたスカンピを添え、お好みでパルミジャーノをかけて完成。
 


いよいよ試食!
スカンピの濃厚な味がモッツアレラチーズの溶け込んだトマトソースをより濃厚にしてる。
パスタをフォークで絡めると、モッツアレラチーズの糸が次々に・・・凄く美味しい。



ほんとスカンピって、コクと甘みのゴージャスなダシが取れる海老です。
最後のストックを食べちゃったので、暫くスカンピは食べれないなあ・・・
代わりに渡り蟹を買ってこようかな・・・

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ
コメント (6)

チーズフォンデュで体も心もあたたかい

2006年09月29日 | 洋食を創る
 
NOBのおでかけだよりのブログを立ち上げました。是非ご覧下さい。

 
今日はル・クルーゼのフォンデュセットを使ってチーズフォンデュを創る。
優れもので、鍋をひっくりかえして台に被せるとコンパクトに収納できます。

かみさんはフランスパンの生地をキッチンエイドで捏ねて創ったらしい。
写真では分かりにくいかもしれないけど、フランスパンの味、歯ごたえ、香り、
全てが素晴らしい出来で驚いてしまいました。
そして、今日はアメリカで買ってきたRobert Mondaviのカベルネ。

  

レシピ

海老とホタテはプリプリ処理(片栗粉をまぶして下茹で)。
アスパラはタップリの塩で下茹で。
かみさん作のフランスパンは細かく切っておく。



鍋の内側にニンニクをすり込んで、ワイン1/2カップ程度をフォンデュ鍋に入れ、
沸騰寸前に火を弱くして、
グリュイエルチーズ、エメンタールチーズ、モッツアレラチーズを入れる。
配合比は、4(80g):3(60g):2(40g)でくらいだけどほんとお好み。
塩小さじ半分強、白胡椒を少々入れ、菜箸等で根気良くかき混ぜていく。
頃合を見計らって大さじ一杯分の片栗粉で作った水溶き片栗粉を投入。
だまにならないようよくかき混ぜたら、フォンデュ台に移しアルコールに点火。

   

ワインを開け、いよいよチーズフォンデュパーティーの始まり!
先ずはプリッツプリの海老にチーズを絡めて一口・・・あまりの美味しさに感動・・・
お次はかみさん作のフランスパン・・・言うこと無し!

 

最後は大贅沢をしてフランスパン、アスパラ、海老を一挙に・・・



なんか体も心もあったかくなったような気がします・・・

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ
コメント (14)

フジッリのカリカリにんにくペペロンチーノ

2006年09月28日 | パスタを創る

お知らせ:
今日からNOBのおでかけだよりという
旅行やおでかけのブログを立ち上げました。
「旅とお酒とご馳走と」から旅を分けたものです。
過去の分は少しずつアップしますが、
先ずは今回のカリフォルニア旅行から
アップします。是非ご覧下さい。

今日はフジッリを使ってちょっと変わったペペロンチーノを創ることに。

レシピ
オリーブオイルで、中ひとかけ分のニンニクスライスをじっくりと炒める。
キツネ色になる前くらいにキッチンペーパーなどに並べておく。
残りのオリーブオイルで鷹の爪を炒めたら、パスタの茹で汁を入れ、
塩、黒胡椒、パルミジャーノで味を調整したら、細かめのトマトの乱切りを入れ、
茹で上げたフジッリと和える。
ボウルにフジッリを盛り付けたら、パルミジャーノ、パセリをふり、
ニンニクチップとトマトスライスを添えて完成!



フォークでニンニクチップをフジッリに混ぜながら食べると・・・
ニンニクの香ばしさと鷹の爪の辛さがミックスされて最高です!
コクを出すなら、ベーコンを一切れニンニクスライスと一緒に炒めると良いです。



フジッリの歯ごたえや、普通のパスタのようにのびる心配が無いので、
ワインを飲みたいときにはほんとお勧め。ご飯兼つまみになるので・・・





  今日のワインもまたまた
  良く分からずに買って来た
  チープなボルドーワイン。

  カリフォルニアワイン
  ばかり飲んでいると、
  フランスワインが
  新鮮に感じます。







にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ
コメント (10)

キッチン用品いろいろ(サンフランシスコ土産)

2006年09月27日 | 調理道具や食器
 
帰ってきて一番食べたかったのがインスタントラーメンでした。
帰国当日は全くパワーが無く、翌日の朝昼一緒の食事がこれ。

 サッポロ一番味噌ラーメン
 を食べるときは、
 付いていたスープ半分と
 味噌で創ったスープで
 キャベツと長ネギを煮込みます。
 肉がなかったのでニンジンと
 ニラともやしを油で炒めました。
 メンマと長ネギのスライスを
 たっぷりのせ、ニンニクチップを
 作ってパラパラして食べました。
 麺は食べるときに丁度良い
 固さになるよう茹でました。
 麺を茹でたお湯は使いません。
 滅茶苦茶美味しかった・・・

今日は、サンフランシスコでキッチン用品を色々買ってきたのでご紹介します。



Gilroy Premium Outlets の中にはル・クルーゼなどキッチンやテーブルウエアのお店が
沢山あります。
ル・クルーゼのフライパン、チーズ、オイルどちらでもOKのフォンデュセット、
ココットはどれも日本の市価よりずっと安くてお得。
スパチュラなどのシリコングッズ、アイスクリームグッズも激安でした。

 

ユニオンスクウェア至近のSun La Tableで買った赤い皿と、Gilroy Premium Outlets
で買ったナイフ、フォーク、スプーンのセットはサテン仕上げが気に入りました。

 

そして、かみさんと私が前から欲しかったキッチンエイドのスタンドミキサー。
このタイプは混ぜている途中で本体が上にあがるタイプで使いやすいとのこと。
サンフランシスコ市内のどこに行っても300ドル弱で売っていて、白は更に安いんです。
家電ものを施錠したスーツケースに入れて預けると開錠を要求されることがあります。
特にこの手のごつい家電は要注意です。

 

別売りのアタッチメントも買いました。
挽肉用(左)、ソーセージ用(中)、パスタ用(右)

  

Zinc Detailsで買ったSOHO SPICESのスパイスラックと、ALESSIのボトルキャップ。
スパイスシェーカーの裏面は磁石になっていて、スタンドにくっつく仕組み。

 

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ
コメント (26)

イカのかくれんぼパスタ

2006年09月26日 | パスタを創る
 
やっと帰ってきました。家に着いたのが夜8時過ぎ。
くたくたに疲れてましたが、とにかく醤油!の味のことばかり。
近所でお寿司を買って家で食べましたが、その美味しいこと!
食べた後にそのままベッドへ突入しました。ほんと眠かった・・・

不在の間も見ていただいた皆様、コメントを下さった皆様、ありがとうございました。

今日は、旅行に行く前に創った「イカのかくれんぼパスタ」をご紹介します。

かなりいいヤリイカを沢山ゲット。刺身でたっぷりといただいてその後は勿論パスタ!
鮮度の高いイカを使うので、イカに火が通るか通らないかのところで食べたい、
そして、イカをたっぷりと食べたい、ということに注意して創りました。

オリーブオイルで、潰して微塵切りにしたニンニクをじっくりと炒める。
次に、イカの肝、短冊状に切ったイカの胴部分、ゲソを軽く炒める。
塩、胡椒、韓国唐辛子で味を調整し、湯剥きして刻んだトマトをささっと炒める。
最後にお醤油を隠し味程度に・・・
ここでソース全てボウルに移してから茹で上げたパスタと和える。
お皿にイカをタップリ並べ、その上にイカを隠すようにパスタを盛り付ける。
 


イカのダシ、かすかな醤油の香り、ニンニクと唐辛子、これらが食欲を増進させます。
パスタの歯ごたえはオッケー! イカは丁度良い火の通り具合でとても美味しい。



パスタを全部食べると、パスタで隠しておいたイカが顔を出します。
このイカを1本ずつ食べながらワインを飲めば2度美味しいんです。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ
コメント (14)

ドライトマトとゴルゴンゾーラチーズのフジッリ

2006年09月25日 | パスタを創る
 
お知らせ: 9月25日まで出かけます。
記事はできるだけ毎日アップしますが、
PCを持っていかないので、コメントへのお返事は
帰ってきてからまとめて入れさせていただきます。
よろしくお願い致します
 
今日はゴルゴンゾーラチーズドライトマトを使って新しい味を追求してみる。
ドライトマト2枚をぬるま湯に浸しておく。
かなり細かい微塵切りの玉葱小半分、ニンニク微塵切り、ベーコン2枚を、
じっくりと炒め、白ワインを少々ふったら微塵切りにしたドライトマトを加える。
植物性生クリームを100cc前後(動物性はもっと美味しいけどカロリーがすごい)、
予め潰しておいたゴルゴンゾーラチーズ50g前後を入れてよく溶かす。
ソースが焦げないように木ベラでよくかき混ぜ、塩、黒胡椒で味を調整する。
茹で上がったフジッリを入れてソースとよく和えたら完成!
 


フジッリ(しかし言いづらい名前・・・)とゴルゴンゾーラ、どうかな・・・
「・・・・・・・」かみさんも私も無言・・・あまりに美味しすぎる!
ドライトマトをゴルゴンゾーラと合わせるのは冒険だったし、
玉葱の微塵切りをソテーしたものがゴルゴンゾーラの味を抑えるのでは?
と不安に思ったけど、そんなことはありませんでした。
ゴルゴンゾーラの味はしっかりと出ていて、しかも、味に深みがあります。



それから、フジッリのいい点は歯ごたえもいいですが、なんといっても
溝の部分にたっぷりとソースが入り込むことです。考えた人は偉大ですねぇ・・・



  今日のワインは
  ボルドーの
  リーズナブルな
  ワイン

  今日のソースは
  ゴルゴンゾーラ
  を使った濃厚
  なソースなので
  ちょっと浅い
  感じがするけど
 
  たまにはフランス
  のワインと思って
  買ったけど
  この価格帯の
  フランスワインは
  沢山あるので
  選ぶのが難しいです



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ
コメント (10)

美味しすぎる八宝菜

2006年09月24日 | 中華を創る
 
お知らせ: 9月25日まで出かけます。
記事はできるだけ毎日アップしますが、
PCを持っていかないので、コメントへのお返事は
帰ってきてからまとめて入れさせていただきます。
よろしくお願い致します
 
今日は美味しすぎる八宝菜を創る。
外で八宝菜を食べるとだいたい醤油か塩ベースでダシはガラスープが多い。
私の八宝菜はニンニクを使ってより味にコクを出してご飯を食べすぎてしまう味。

モンゴウイカと海老は片栗粉をまぶして予め湯通ししておく。
多めの油に十分に熱を加えたら卸しニンニクと刻み葱を炒め、
予め水溶き片栗粉をまぶしておいた豚肉を入れて良く炒める。
軽く油通ししておいたチンゲン菜の茎部分と人参のスライスを入れて炒める。
尚、チンゲン菜の葉は後で使う。
スライスした蒲鉾、海老、イカを入れて軽く炒めたら、香り付けの醤油をちょっとたらし、
塩、黒胡椒、味醂、砂糖、お酒で味を調整したら水溶き片栗粉でトロみをつけ、
ごま油をちょっとだけたらして完成!



もう香りからしてたまらないです。ニンニクの香りとかすかな醤油の香ばしさ、
それにごま油・・・卸したニンニクがタレの中でもろもろしてて、凄いコク。
一口食べている間に次の一口がほしくなる。そんな味です。
海老はプリプリ、イカはフワフワ。蒲鉾もとても美味しい。
八宝菜を口に入れ、炊きたてのご飯を続いて口に入れる・・・ともりもり食欲!
あっという間にご飯1杯と八宝菜を完食してしまいました。



 今日のビールは
 青島ビールプレミアム。 
 グリーンの青島ビール
 はよく見かけますが、
 これは初めて。
 ついつい買ってしまいました。

 味はグリーンの青島ビール
 よりも麦汁をより感じる
 というか濃く感じます。

 このビール、グリーンの
 青島ビールよりも美味しい。
 でも、ビールよりも
 今は炊きたてのご飯で
 この八宝菜をもりもり
 食べたいのでした。





にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ

コメント (12)

イカ墨パスタ パルミジャーノ風味

2006年09月23日 | パスタを創る
 
お知らせ: 9月25日まで出かけます。
記事はできるだけ毎日アップしますが、
PCを持っていかないので、コメントへのお返事は
帰ってきてからまとめて入れさせていただきます。
よろしくお願い致します
 
今日はイカ墨パスタ パルミジャーノを創る。

オリーブオイルで、潰して微塵切りにしたニンニク、鷹の爪、玉葱の微塵切りを炒め、
イカの肝、ゲソ、胴の輪切りを炒めたら、白ワインをふって、パスタの茹で汁を入れる。
イカ墨を大さじすりきり一杯分弱をソースに溶かし、塩、白胡椒で味を調える。
茹で上げたパスタとソースを絡めて皿に盛り付け、パルミジャーノを削って完成!



ほんとに久しぶりのイカ墨パスタ。吉祥寺の奥(東急の通りをまっすぐ)に
バンビーノという小さなイタリアンレストランがあるんだけど、そこで食べたのが最後。
バンビーノのイカ墨パスタはサラサラ系でとても美味しい。暫く行ってないなあ・・・
どなたか最近行かれた方おられましたら情報下さーい!

私のはどうかな? うん! オッケー! かなり美味しい。
イカ墨の味とピリリとした辛味にイカ肝のコクとパルミジャーノの風味が加わって最高!
パルミジャーノを削ったイカ墨パスタは見たことがないけど、美味しいのでお勧め!
ほんと久しぶりのイカ墨パスタに大満足! 安ワインも美味しくなって最高!



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ
コメント (6)

ドリア2種(ノーマルとダイエット)

2006年09月22日 | 洋食を創る
 
お知らせ: 9月25日まで出かけます。
記事はできるだけ毎日アップしますが、
PCを持っていかないので、コメントへのお返事は
帰ってきてからまとめて入れさせていただきます。
よろしくお願い致します
 
冷蔵庫の野菜室にはトマト。野菜かごの中には玉葱。ご飯の残り少々。
かみさんはダイエットしたいとのたまう。
こんなときはは・・・ドリア2種



ドリアその1
オリーブオイルで微塵切りの玉葱をキツネ色になるまでじっくりと炒め、
植物性生クリームを入れ、塩、胡椒で味を調整したらご飯を混ぜてちょっと煮込む。
器に移したらモッツアレラチーズをたっぷりと振りかける。

ドリアその2(ダイエットバージョン)
少な目のオリーブオイルで透明になるまでソテーした玉葱を器にびっしりと敷き、
その上に輪切りのトマトをこれまたびっしりと引き、モッツアレラチーズを振りかける。

ドリアその1、その2にチェリーモッツアレラチーズを、かみさんのには
スープセロリを2本のせ、230度で予熱したオーブンで10分程度焼いて出来上がり!



私のドリアはその1。玉葱と生クリームのコッテリ感がたまりません。
焼けて溶けてもまだ弾力のあるチェリーモッツアレラチーズの美味しいこと・・・



かみさんのドリアはその2。
ダイエットバージョンとはいえ、チーズが少なすぎてちょっと可愛そうです。
でも、「美味しい!」と一言。そのあとは、喜んで一生懸命食べてくれました。



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ
コメント (12)

至福のカルボナーラ

2006年09月21日 | パスタを創る
 
お知らせ: 9月25日まで出かけます。
記事はできるだけ毎日アップしますが、
PCを持っていかないので、コメントへのお返事は
帰ってきてからまとめて入れさせていただきます。
よろしくお願い致します
 
今日は久しぶりにカルボナーラを創る。パンチェッタを使った本格的なカルボ。

少量のニンニクを潰して微塵切りにし、オリーブオイルでパンチェッタと一緒に炒める。
パスタの茹で汁を少し入れ、パルミジャーノを削り入れる。
生クリームをお好みの量入れ、塩、黒胡椒で味を調整し、乾燥パセリをふる。
ソースがトロっとしたら火を止め、ソースをボウルに移し熱を冷ます。
卵の黄身を2個分入れ、手早くかき混ぜる。味を見ながら必要に応じて塩胡椒。
茹で上げたパスタとソースをよく和えたらお皿に持って完成。
パルミジャーノはお皿に盛ってからふりかけてもいい。お好みです。
 


早速食べてみる。パスタの茹で加減をちょっとだけ固めにしておいたのがよかった。
歯ごたえが感じいい。しかもソースがたまらない。パンチェッタのダシ、ニンニク、
クリーム、黒胡椒、卵のコク、パルミジャーノのコク・・・ほんと美味しいです。
ソースの粘度が高いのでクルクル巻くと綺麗なパスタの塔が出来ます。



ご馳走さま!

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ
コメント (13)