Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生ケーキのハニークリームソース(初夏のイタリアンディナー5/5)

2006年06月30日 | スイーツを創る
 
初夏のイタリアンディナーのフィナーレのドルチェはフレキシブルスイーツ。
happy momさんから出されていた宿題でもありました。
宿題は、甘いもの嫌いの人でも食べれるスイーツ、これは悩みどころ。
なぜなら、ケーキを食べるのは私達。私達は皆甘党。
創る手間は殆ど変わらずに甘党も辛党も食べれるスイーツを創るのは意外に簡単でした。

(1) 熱湯に浸して干ブドウを柔らかくしておく。
(2) お湯から出した干ブドウにラム酒を注ぐ。
(3) グラニュー糖を一切入れないで動物性生クリームでホイップを作る。
(4) このとき、トロトロくらいで1/3の生クリームを別の器に取り分ける。
(5) 残った生クリームが固くなるまでハンドミキサーを回す。
(6) 粉々に砕いたマリービスケットを生クリーム2/3に対して6枚程度混ぜ、
(7) ラム酒に漬けておいた干ブドウを混ぜる。このときラム酒を良く切る。
 干ブドウの量はお好みで・・・
(8) 良く混ぜたらひとまずラップをかけて冷蔵庫へ。
(9) この間にビターチョコを湯せんでトロトロにしておく。
(10) 冷えたタネを大きめのスプーンで円を描くようにくり貫きお皿に盛る。
(11) その上にトロトロのビターチョコをかけ、ラップせずに冷蔵庫で冷やし、
 チョコが固まったら、ブルーベリー、ミント、粉砂糖で飾りつけして完成。
甘いの苦手な人には粉砂糖も使ってはいけませんが・・・



これで、、甘いもの嫌いの方でも食べれるスイーツ完成!

ところが、甘党には困ってしまう。ビターチョコ、甘くないホイップ、おお~、
舌がだんだん苦くなってくる・・・
そこで! ハニークリームソースの登場!



 先ほど別の器に取り分けた
 トロトロの生クリームに
 蜂蜜を大匙2~3杯入れ、
 
 ハンドミキサーでトロトロより
 ちょっと固くする。
 
 器に入れたら蜂蜜で
 デコレーションして完成!



このスペシャルクリームソースをかけて食べると甘党の人もびっくり!
蜂蜜と生クリームとチョコレートの甘ーいスイーツに変身するのです!
チョコ、生クリーム、蜂蜜と生クリームの甘ーい味が口の中で甘くて美味しいスイーツに!
美味しくて皆で夢中で食べました。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

「楽しく美しく痩せよう! ダイエット弁当」を創る(初夏のイタリアンディナー4/5 番外編)

2006年06月29日 | お弁当を創る
 
初夏のイタリアンディナー4/5は、番外編のダイエット弁当。
お友達はお泊りだったので、翌朝ちょっと早起きして二人のお昼用に創りました。

ダイエット弁当のコンセプトは「楽しく美しく痩せよう!」
見た目で楽しんで、美しく痩せよう! というお弁当。
お友達もかみさんもダイエット中なのです。
楽しくおしゃべりしながら、おかずを眼で楽しんで食べてほしいな。

ダイエットメニューと言うと次の2つの条件が浮かびます。
その1 量が少ない
その2 カロリーが低い

皆さん、ダイエットするならどっち選びますか?
その1だと、美味しいものは食べれますが量は少ない。
その2だと、その1ほど美味しいものは食べれないけど量は食べれる。

色々考えてその1を選びました。その代わり見た目と種類で楽しめる弁当を。
そういうわけで、「楽しく美しく痩せよう! ダイエット弁当」なのです。

 



これが、私の考えるダイエット弁当の大きさです。
ちなみに私もかみさんもタバコを吸いません。



お握りも小さいでしょ? 「ミニぎり」と呼んで下さい。
しかし、ウズラの玉子を茹でて剥く作業と、スコッチエッグを創るのは面倒でした・・・

 

メニューのご紹介

・プチトマトとモッツアレラチーズとベーコンとニンニク串
・ウズラ玉子のスコッチエッグ
・豚肉のほうれん草巻き
・玉子焼き
・ポークヴィッツのタコさん

出来上がったダイエット弁当を見たときのかみさんの反応
「ええーーー!? 絶対たりなーーーーい!!」

でもいいんです。本当の大きさの1/4ですからカロリーも1/4
種類が多いですから楽しめるし、一つ一つ箸でつまみ、
眼で見、口に運び、「小さすぎて物足りないなあ」と思っている内に、
お腹が膨らんでくるはずなのです。だから、ゆっくり楽しんで食べてもらいたい。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

ブラウンえのき茸のパスタ(初夏のイタリアンディナー3/5)

2006年06月28日 | パスタを創る
 
3皿目はブラウンえのき茸のパスタ。
オリーブオイル、鮫肌で卸したたっぷりの山葵、醤油を和えたソースと、
軽く下茹でしたブラウンえのき茸、刻み三つ葉を和え、茹で上がったパスタを絡める。



お友達も私もかみさんも食べて絶句!美味しすぎるのです。本当に美味しい。
ワサビは醤油とオリーブオイルを和えることによって、刺激が緩和されている。
醤油の旨み、山葵の爽やかな味、オリーブオイルの味が見事に調和した。
加えて、ブラウンえのき茸の歯ごたえと、パスタの歯ごたえの両方が楽しめる。

 今日のお酒は日本酒。
 吾妻橋で見つけた超マニアックな
 酒屋「ニシザワ」のお勧め。
 「ニシザワ」は純米酒と焼酎の専門店。
 珍しい日本酒がずらっと並ぶ。
 利酒師の主人に試飲させていただき、
 相談しながら選んだ。

 「綿屋 純米吟醸」はイタリアンに
 合うというご主人を信じる。
 イタリアンに合う日本酒が
 あるということを初めて知った。

 その酒を呑む。
 まるで白ワインのよう。
 すっきりと爽やかな味。
 酸味、甘み、酒の旨み
 全てが上品に調和。
 確かにイタリアンに合う。
 これはかなりの発見。
 
 

全てのお酒にはお酒の情報、コメントの書かれたタグがついている。
生酒は冷蔵ケースで丁寧に保存され、日本酒へのなみなみならぬこだわりを感じる。

 

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ 
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

ブイヤベース風タマネギ丸ごとスープ(初夏のイタリアンディナー2/5)

2006年06月27日 | 洋食を創る
 
初夏のイタリアンディナーの2皿目は、ブイヤベース風のタマネギ丸ごとスープ。
オリーブオイルで潰したニンニクをじっくり炒めたら、かなり小ぶりのキンキを5尾、
大ぶりの海老を6尾を炒め、最後に湯剥きしたトマトの乱切り大3個分を炒める。
トマトが溶けたところで海老を取り出してキンキとトマトスープを一緒に裏ごしする。

裏ごししたスープに予め鶏がらスープで茹でておいた玉葱、水に浸しておいたサフラン、
素揚げした小ぶりのズッキーニ、海老を入れ、改めて火にかける。
塩、白胡椒で味を調整し、コトコトと煮込んだら出来上がり!



 キンキと海老の出汁が
 トマトスープと
 素晴らしく調和。
 丸ごと玉葱は、中が超熱々。
 だからスープが冷めない。
 皆、無言でスープを飲む。

 コクがあって、あとをひく。
 サフランは、香りの良さも
 あるけど、魚介の臭みを消す。
 その役割に改めて気づく。
 
 玉葱を食べる。まだ熱々。

 みんなしてフーフーしてる。
 
 お友達は絶賛してくれた。
 私自身も最高の出来だと思った。
 お友達は次のパスタに
 かなり期待しているようだ・・・

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ 
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

タコのアンティパスト三種(初夏のイタリアンディナー1/5)

2006年06月26日 | イタリアンを創る
 
久々のイタリアンディナー、お友達を招待した。
アンティパストは三種のタコ。 

 初夏の味その1
 オリーブオイル、からみ大根、
 唐辛子、醤油で

 初夏の味その2
 オリーブオイル、ニンニク、塩、胡椒、
 バルサミコ酢で

 初夏の味その3
 オリーブオイル、山葵、醤油で


辛味大根を使った初夏の味その1は、大根特有の刺激が爽やか。
バルサミコ酢を使った初夏の味その2は、ニンニクと酢がいいコクを出す。
山葵を使った初夏の味その3は、文句なしに美味しく、あとをひいてしまう。





プチトマトはパプリカと一緒に軽くソテーしているので味も見た目もよくなる。





こちらはお代わり用の予備。買ったばかりのガラス皿に盛り付けてみた。

食事に誘ったお友達は、「美味しい!」を連発しながら、
自分のお皿は勿論、お代わり用のお皿も綺麗にたいらげてくれた。
私の料理を気に入ってもらえたようだ。素直に嬉しい。



 

お友達は、次のお皿への期待に眼が輝いている。
プレッシャーに負けないよう、次のお皿も全力投球で。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

マグロと山葵のパスタ

2006年06月25日 | パスタを創る
 
寿司用の切り身を取ったり、マグロ丼用の切り身を取ると、
どうしても半端なマグロの塊が残る。もったいないなあ・・・
ブツ切りにしてとろろと混ぜるのも面白くないし・・・
ということで、マグロのパスタを創ることに。それも山葵使って!?

オリーブオイルと白醤油、白胡椒、鮫肌でじっくり卸した山葵でパスタソース完成。
茹で上がったパスタとよく混ぜ、お皿に盛り付ける。パスタのトップにはマグロと大葉。



さて、お味は? パスタをフォークに巻きつけ口へ・・・
不思議と山葵の刺激は無く、山葵のあの味だけが都合良く残っている。
パスタとの相性もとてもよく、何皿でも食べれそう。実に旨い!
筋についたマグロは脂がのっていて美味しいのでスプーンで削いで添える。
これをパスタソースにつけて食べたところ、これまた旨い!



完食! ご馳走様! これで焼津で買ったミナミマグロは全部完食!
お店では2週間以内に食べてくださいといわれたけど、結構もった。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

最高の山葵とマグロ丼

2006年06月25日 | 和食を創る
 
お寿司で切り身を取った残りのミナミマグロでマグロ丼を創ることに。
土曜の朝から贅沢だけど、静岡産の極上山葵を鮫肌で卸す。
それにしてもいい山葵。これだけで食べれる。



マグロの切り身は、白醤油と普通の醤油を6:4くらいで配合し、
味醂、酒とあわせた汁に10分~20分くらいつけておく。これも好み。
刻んだ大葉と山葵をのせて完成!



この色、艶・・・山葵をのせ、ご飯とマグロを一挙に口に。
おぉ・・・わ・さ・びが、良くきくぅ~が、旨い、旨すぎる!
朝から幸せを感じるなあ・・・ブラジル戦見逃したけど

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

マグロ寿司を握る(ブラジル戦見逃し記念)

2006年06月24日 | 和食を創る
 
金曜日の朝の私とかみさんの会話。
私:   「Yahooニュースのとこにさ、日本対ブラジル1-4ってなんだろ?」
かみさん:「ほんとうだ! 変だね? だって今日の夜中でしょ?」
私:   「そうだよね・・・」 「カチッ!(マウスクリックの音)」
かみさん:「ええーーーー!?
私:   「おめーは、
いいかげんなこと俺にいったなぁぁぁぁぁぁぁあ!

かみさん&私:「ぎゃあああああああああ!!!!!!

その後、がっくりと力が抜け、私もかみさんも無言。私も無言で会社に行きました。
コロさんが何故、22日のブログでブラジル料理を創ったのかそのとき理解したわけです。

そこで、半分、やけくそになりつつ、固めにご飯を炊き、酢、砂糖、塩で寿司酢を創り、
うちわで扇ぎながらご飯をかき混ぜて寿司飯を創り、
寿司用に切ったミナミマグロを握りました。そして二人で残念会しました



残念会であっても、極上の山葵と食べるミナミマグロの寿司は・・・
滅茶苦茶旨い! まいう~!

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

隠れ家的ビストロ(「福笑」 恵比寿)

2006年06月23日 | 外でお酒
 
昨夜は食通でもあり、ワインコレクターでもあるO氏が
恵比寿の隠れ家に案内してくれた。
鎌倉の行きつけのフレンチの常連さんから教わったお店らしい。

恵比寿は普段殆ど行かないエリアなので行くときは殆ど彼任せになる。
繁華街から離れた路地のマンションのような建物にその店はあった。
「なんじゃ、こりゃあ?」


 普通のマンションと同じに、
 お店が入っている階数の
 501を押して「呼」を押す。

 「はい! 福笑です」
 ここで予約した旨伝える。
 「予約した○○です」
 「お待ちしておりました」
 そして自動ドアが開く。
 半ば呆れながらエレベーターへ。

店内は照明がかなり落とされてていい雰囲気。
男同士で来るのがもったいないくらいだ。酒宴の始まり。

最初の一皿は、お店のお勧めの巨大なアスパラ。びっくりするほど美味しい。
刺盛はアオリイカ、スズキ、鯛、サザエ、マグロ、しめ鯖など、素材が素晴らしい。

 

ここでビールから焼酎へ。なんと十四代の鬼兜がある! 勿論、お願いする。
40度の米焼酎の古酒。かなり旨い。天然の岩牡蠣に良く合う。

  

レバ刺しは甘くて美味しい。そして、天然の鰻。半端じゃない美味しさ。

 

これまた美味しい奄美大島の黒糖焼酎「彌生」を飲みながら、
珍しい山葵の醤油漬けとらっきょうの醤油漬けをポリポリ、パリパリ。

  

しかし、このお店、素材の凄さ、雰囲気からしても「和食」にカテゴライズしたいくらい。
大満足で撤収!
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

絶品うな重で別れの宴

2006年06月22日 | 外ごはん(和食)
 
仲良しが退職することになった。残念だけど彼の未来はきっと今より輝くだろう!
彼の大好きな鰻で送ることにした。鰻食べて頑張れってことで・・・

ということで、昨夜はJR両国駅近くの鰻の名店「両国」で極上うな重を食す。
彼もどうやら食通。両国を知らなかったものの南千住の尾花でよく食べるらしい。
でも、その尾花に鰻を卸してる商店の直営店が北千住にあるの知ってるかな?
と、勝ち誇って見てもむなしかったりする。
明日が最後の出勤だもんな

先ずはビールで乾杯をし、きも焼き、つくねを食べる。これがたまらなく旨い!

 

2本目のビールの後は、勿論、冷酒。
くいっと、いつも飲みっぷりの良い彼は大の日本酒好きだ。
ここで、注文してた特、中が登場。特は私より若い彼のお重。
私のは中とはいえ、これを全部食べるとかなりのカロリー摂取。覚悟。

 山椒をさささっとふりかけ、
 箸で鰻を切り、ご飯と共に食べる・・・
 ずぎゅーーーーん!
 感動の美味しさ!
 備長炭で丁寧に焼かれた鰻は
 外がかりっとしてて、中はフワフワ
 脂がよくのって口の中でとろけていく。
 鰻ってなんでなんで
 こんなに美味しいの?
 誰か助けてくれぇ~!
 う・ま・す・ぎ・だ

      大満足の二人はそのまま両国駅前のSOUL BARへ。

       

両国駅前の景色を見ながら過去の話に花が咲く。
色々な思い出話をしていたらあっという間に撤収時刻に・・・
けっこう寂しいな・・・
早くかみさん貰えよ!



にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加