Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レンコ鯛の押し寿司&握り鮨(栄進丸の鮮魚)

2010年07月15日 | 和食を創る
    
        Woody Outlet かぬまのオープンのときにかみさんが
        ゲットした押し寿司器を使うときがやってきました。
        栄進丸のレンコ鯛の押し寿司です。
        以前よく通ったお寿司屋さんでよくいただいた酢じめ小鯛の握り。
        手間のかかる小さな鯛を小出刃で1尾ずつ丁寧に処理している様子が、
        思い浮かびます。まさに職人の丁寧な仕事でした・・・

        

下したレンコ鯛に塩をふり、冷蔵庫で1時間程度寝かせます。
これを一旦お酢でよく洗ってから、お酢に30~40分程度漬けておきます。
若いレンコ鯛なので皮は十分柔らかく、短時間漬ければ十分。

 

200円で押し寿司器をゲットしたかみさんに感謝しつつ、押し寿司を・・・
押し寿司器はしっかりと濡らしておきます。
レンコ鯛は皮を下にして隙間ができないように並べていきます。
予めそこに酢飯をしっかりと詰め、蓋を締め、適度な力で何度か押します。
一度押したら回転させて左右を入れ替えてまた押すといった感じです。

  

ご飯が崩れないように注意深く押し寿司器を外します・・・うまくいった・・・
そして一番肝心な寿司切りです・・・これが難しい・・・
1回包丁を入れたら包丁を洗って、また切ってといった感じです。

 

        できました・・・レンコ鯛のこの皮の美しさ・・・

        

残りのレンコ鯛は握りにしました・・・

押し寿司も握りも、あまりに美味しくて・・・お昼にいただいたのですが、
日本酒を飲みながら夜いただければよかったと、何度も後悔しつつ・・・



blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 


『今日の献立』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 生姜の酢漬け | トップ | いなり寿司(寿司飯が余った... »
最近の画像もっと見る

和食を創る」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事