Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お頭はまずは焼きで(栄進丸の鮮魚)

2010年05月16日 | 和食を創る
    
栄進丸の鮮魚シリーズ、まだまだ続きます。

栄進丸の鮮魚の刺盛で沢山アラが出ました。
イサキとスズキのお頭は半分に割って塩焼きにしました。



半分に割ったスズキとイサキのお頭にお塩をぱーっとふってからグリルで焼くだけ。
あとは半分残しておいた強力をちびりちびりと飲りながら、お頭の身をつつきます・・・

 

料理ブログを始めてよかったと思うことの1つが、魚を下せるようになったことです。
それまではデパートやスーパーの鮮魚売場で刺盛パックを買っていましたが、
プラのトレーのコスト、魚を下ろすコスト、包装コスト、利益がのっているので割高。
例えば真鯛は養殖もので1尾1000円から1500円くらいで買えますが、
場所によっては半身の更に1/2分のサクで800円以上するところがあります。
つまり、この場合、1尾分の刺身のサクが3200円ということになります。

しかも、お頭も含め、アラはありません。
更に、金すしさんで教わって以来、鯛の湯引きにはまってますが、
パックものは皮がとられているので湯引きはできません。
魚が下せるようになれば魚の全てを食べることができます。
しかも・・・運が良ければ腹子も食べれるわけで・・・

最初は真アジを慣れない手つきで何度も何度も下して練習していましたが、
気づいたら大抵の魚は普通に下せるようになっていました。
これで釣りに興味があったら言うことないんですが・・・栄進丸の鮮魚を食べて以来、
新鮮な魚とはこういうものだ、ということを知ってしまったので、
釣りができれば(興味が持てれば)言うことがないのですが・・・

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 


『今日の献立』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 3種のカルパッチョ キャビ... | トップ | 花鯛とスズキの中落ちクリー... »
最近の画像もっと見る

和食を創る」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事