Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チコ鯛のカルパッチョ for クリスマス

2008年12月11日 | イタリアンを創る
         
今年も去年と同じクリスマスのCMソングが流れ始めました。結構はまってます。
「クリスーマスーが今年もやーあってくるー」というCMソングです。
なんだか分からないんですが、去年からこの歌にはまってしっまって・・・
なんか好きなんです・・・

ということで、クリスマスメニューの練習。久々のカルパッチョです。

レシピ
天然の小ぶりのチコ鯛・・・これが500円から700円くらいでお買い得。
3枚に下ろしてスライスしますが、冬だから? 身がとてもよくしまってます。
これなら昆布締めにしなくても十分いい食感。

さばいたときに出てきたのは白子でした・・・まあいいか・・・煮付けよう。
半身を使って、半身は別のお料理に使います。
     
  

ニンニクスライス1かけ分を大さじ1.5のオリーブオイルで炒める(トロ火)。
ニンニクの香りがしてきたら火を止め。スパチュラでオリーブオイルごとボウルへ。

付け合せの野菜はパプリカとレディース大根。

  

          ボウルに移したアーリオ・オーリオの粗熱がとれたら
          スライスしたチコ鯛を加え、塩4つまみ加えよく和える。
          塩加減はちょっと塩が強いかなくらいでいいです。
          冷蔵庫で寝かせると塩加減が丁度良くなります。

           

パプリカ、レディース大根の葉、レディース大根のスライスを添えて完成!
かみさんがパプリカを見て「あ~! ミッキーみたい!」
なんか・・・これをきっかけに東京DSに連れてってと言われそう・・・



 



お味はどうかな・・・
オリーブオイルをレディース大根にさーっとかけて、黒胡椒をふって・・・

いつものカルパッチョの味・・・やっぱりアペタイザーはこれです。これ。
やはりチコ鯛の身がしまってていい食感です。冬は魚が旨いというけれど・・・

ワインはスーパーで見つけたとってもチープなイタリア産のシャルドネ。
魚の旨みを引き出しますと書いてあったのでゲットしました。
そしたら・・・ほんとにそうでした・・・ちょっと嬉しかったりします・・・

  

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 


『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 超簡単! ホイコーロ丼 | トップ | 昆布じめ鯛しゃぶ&鯛つみれ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (miffy)
2008-12-11 12:11:12
おしゃれすぎて感動

鯛はおさしみと煮つけしか知らない
私にとったらびっくりなお料理
実はすごーく簡単 (miffyさんへ)
2008-12-11 12:44:25
アーリオ・オーリオと鯛のスライスを和えるだけです。
ゴマ和えのゴマがアーリオ・オーリオになって、ほうれん草が鯛になったようなもので、とっても簡単なんです。是非お試しください。特に冬の間は魚の身が引き締まっているのでカルパッチョのために昆布締めにして食感をよくする手間もいらないようですし。

素晴らしい~~ (kyonkyon)
2008-12-11 18:23:35
お料理がおいしそうなのはもちろんなんでおいといて…
写真が素晴らしいですぅ。
以前私のコメントの返事に写真の撮り方のこつを教えてくださったの覚えてますか?
今日新たに感動したのは、1枚目の写真の影の使い方。
私は料理の写真撮る時、影がうつらないように苦労してるというのに。

それと魚の撮り方。
頭の上から撮ってる!!
私なら真横から全体がうつるように撮ってしまいます。

ホント楽しいし、かわいいし、癒される写真ですね。
Unknown (BlueBlueberry)
2008-12-12 08:21:20
わー、とってもお洒落ですね。
本当に同じものを食べるにも視覚を刺激された方が
より一層おいしく感じますよね♪
それにしても、魚もさばけるなんて、本当に
料理の腕前はお手の物ですね!!!
ありがとうございます (kyonkyonさんへ)
2008-12-12 08:27:53
写真撮影は難しいですよね・・・
今は沢山写真を撮って掲載していますが、
被写体や状態によって撮影する角度などを色々考えなければならないので、もう少し写真を減らして1枚をじっくり撮りたいなと思うこともあり、検討中なんです・・・
魚の写真は難しいですよね・・・こちらを見ているようにならないように撮ろうとしていますが、あとで「あ、こっち見てる」なんてことが多々あったり・・・

魚を下ろすこと (BlueBlueberryさんへ)
2008-12-12 08:31:54
これはアジで練習しました。
最初は大変でしたが、何度も何度もやっているとだんだんとわかってきて、今では鯛も普通に下ろせるようになりました。
結局、慣れの世界だと思います。
ただ、女性の指の皮膚は(多分)男性より薄い(多分)ので、魚の棘が刺さりやすいかもしれません。
せっかくの綺麗な指に傷をつけてはいけませんから、魚屋さんで下ろしてもらって、スライスだけは自宅で、というパターンがいいかもしれません。その場合、アラは必ず持ち帰ってスープにしたり、アラ汁にしたり、有効利用することをお勧めします。
アメリカのスーパーではちょっと実現が難しいかもしれませんが、フィッシャーマンズワーフのようなところならやってくれるんでしょうか???

イタリアンを創る」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事