Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やっぱり好きなこのラーメンと餃子(萬福:東銀座)

2006年08月26日 | 外ごはん(麺類・餃子)
 
一昔前に良くテレビで紹介されていたラーメン屋と言えば荻窪の「春木屋」、
東銀座の「萬福」、千駄ヶ谷の「ホープ軒」。
特に東銀座の「萬福」は相当昔に紹介されていた超老舗。
代替わりしてから、特に最近はあまり噂が流れてこないしテレビにも出ない。
ネットで調べるとあまりいい評価がされていない。ちょっと不満。

それでも私は四谷三丁目のまるいちと共に大好きなラーメン屋。
味は昔ながらの東京ラーメンといった感じでトレードマークの
三角玉子焼きも、豚肉の美味しさを堪能できる叉焼も健在。

今は昔ほど混雑していないけど、ここの味が好きな人はまだまだ沢山いるようだ。
ほぼ毎日来ているんだな、といった感じのお客さんが結構いる。
先ずはビールと餃子。ここの餃子の中身はミンチ、春雨、レタスで胡椒がきいてる。
とにかくビールがどんどんすすんでしまう餃子で、他ではなかなか食べれない味。
皮はもちもちとしてて大ぶりで、かぶりつくとジューシーなおつゆが出てくる。
そして、何故かここの瓶ビールは美味い。丁度良い温度なのかな???



そして、いつも必ず頼んでしまうチャーシューワンタン麺。
私、ここのスープも大好きで、必ず全部飲んでしまう。
麺の茹で具合、スープの塩加減、温度、具の出来はいつも一定で安定している。

ラーメン二郎を食べた日記
くにさんは、こういったラーメンをどう考えているんだろうと気になる。
この人はラーメン二郎を中心にレポートしている超マニアックな人だ。
機会があったら是非ここもレポートしてほしいものですが・・・
そうそう、私も「くにさん」をとりこにしているラーメン二郎に行かねば・・・



先代のときのような大混雑は無いものの、銀座という場所でしっかりと
常連をつかみ、ある域までたどりついた味を安定的に提供している。
今のご主人の姿勢やセンスが好きでついつい行ってしまうお店です。




コメント (10)

海苔ラーメン、旨いっ!(「八龍」下田:中華)静岡探訪記17

2006年05月17日 | 外ごはん(麺類・餃子)
 
下田公園でかなり歩いたのでお腹が空いてきた。丁度お昼だし・・・
ラーメンとか軽めのものがいいな、と思いながら下田の街をうろつく。
暫く歩くと「金目餃子」の看板が目に付いた。「金目餃子!?」
店構えはちょっと怪しげだし、金目に便乗しているのがちょっとな・・・
とはいえ、その金目餃子というものを食べてみようと店内へ・・・

 店は結構混雑してた。
 外国人観光客グループも・・・
 ここはガイドブックにでも
 載ってるのかも、期待半分。
 お運びのおばちゃんは
 とても元気で感じが良い。
 ちょっと見直す。
 メニューを見ると
 「えっ!? 黒船ラーメン!?」
 ということで、黒船ラーメン、
 金目餃子、生ビールを注文。

ラーメン4杯は無理だな・・・生ビールなら4杯くらい楽勝。
たった4杯で夜も眠れず(江戸幕府)→たった4杯じゃ夜も眠れず(私の場合)

 先に運ばれてきた金目餃子を食べる。
 たれを付けて食べてみる。
 確かに魚の身らしきものが・・・
 淡白な味わいだ。
 ビールのおつまみにはいいね。
 そして黒船ラーメン。
 たっぷりの地海苔、叉焼3枚。
 スープを飲む。海苔の香りがいい!
 次にラーメンを・・・美味しい。
 あっさり醤油味で超私好み。
 最後の一滴まで飲み干しました!
 ご馳走さま!

 にほんブログ村 グルメブログへ
コメント (2)

親孝行は海老天麩羅の蕎麦(「虎ノ門 砂場」愛宕:蕎麦)

2006年05月04日 | 外ごはん(麺類・餃子)
 
ちょっと前のこと。
親類の家に母と訪ねた後、食事をすることに。

母は甲殻類が大好きで特に海老と蟹に目が無い。
お蕎麦なので海老天麩羅だろうな・・・
海老天麩羅蕎麦の美味しいところといえば、
立会川の吉田屋、新宿西口の渡邊、
虎ノ門砂場あたりか・・・今は渋谷駅。
色々考えて虎ノ門砂場に決定。
吉田屋は遠いからNG、店構えは渡邊より砂場に軍配。

母は当然のように海老天麩羅蕎麦、私は白魚天麩羅蕎麦を注文。
母は相当久しぶりの外食で嬉しそうだ。親不孝の自分を感じる。
待っている間、ついつい母の顔を見てしまう。歳とったな・・・
深い皺に母の長い人生と苦労を感じる。
父が他界してから3年。母は独りで寂しかっただろうな・・・
蕎麦が来た。

母:「美味しそうねぇ~」
私:「海老が大きいね」
母:「こんなに大きい海老食べられるかしら!?」
私:「・・・(食べれるくせに)大丈夫だよ!」

母はとても嬉しそうに海老天麩羅の蕎麦をすすり始める。
私はセイロ蕎麦を汁につけ、「ちゅるちゅるちゅる~」と、勢い良くすする。
歯ごたえと蕎麦の美味しさに思わず「ふぅ~」とため息をつく。
二人はその後、食べ終わるまで無言のまま。

 

母:「美味しかったわぁ~!」
私:「また来ようね」
母:「ほんと、こんな美味しいお蕎麦ならまた来たいわぁ~!」
私:「連れてくるよ! 今度、栗のケーキ持って行くからね」

母は栗も好物だ。
小布施の小布施堂桜井甘精堂
に連れて行くと約束して未だに連れて行っていない。
心の中で謝りつつ「必ず連れて行くよ」と心の中で反復する。
母は歳をとった。親はいつまでもいない。できるときに孝行をしなければ。

スープが甘露な思い出のラーメン(「さぶちゃん」神保町:ラーメン)

2006年05月03日 | 外ごはん(麺類・餃子)
 
昔好きで通ったラーメン屋を懐かしんで訪れ、
味が変わってしまってがっかりしたことはないだろうか?
或いは、無くなってしまってがっくりしたことはないだろうか?

私はそんなラーメン屋が沢山有る。
噂を聞いて食べに行ったら閉店してて
私の中で幻のラーメン屋になったところもある。
両国にあった「新雅」というお店。
もしどなたか食べた方がおられたら味の感想を
是非コメントでいただきたい。

 そんな「昔通ったラーメン屋」
 の一つが「さぶちゃん」だ。 
 恐る恐る白山通りを飯田橋方向に歩く。
 
 天麩羅の「いもや(その内紹介したい)」
 を通り過ぎてすぐ左に入ると、
 右側に「あった! 良かった~!」
 時間が早いのでまだお客は
 5人くらいしか並んでなかった。
 さぶちゃんは元気そうだ。
 いい香りが・・・涎が・・・

10分ほど待って(これってラッキー)席に座る。半ちゃんラーメン(650円)を注文。わくわく。
暫く待つと先ずラーメンが、次に半ちゃんが出てきた。うわぁ~ほんと懐かしいこの感じ。
先ずはスープを・・・・・・・・歳をとったせいか塩気をけっこう感じるけど、
「甘露、甘露」と言いたくなる甘みを伴った旨みがある。

 美味しい! 麺は細めん。
 チャーシューはカジキマグロかと
 思うほど良く煮込んであって
 さっぱりしたお味。
 麺がのびないうちに全部食べる。

 醤油の香ばしさがたまらない炒飯。
 私には強めの塩気だなと
 思いながらも、美味しいので
 スープをついつい飲んでしまう。
 ここはメンマも柔らかく味もいい。
 
          大満足でお店を出ると長蛇の列。
          さっき通った二郎というラーメン屋も長蛇の列だったけど、
          客層がかなり違うことに気がついた。

             

さぶちゃんのお客さんは年配が多く、二郎のお客さんは若い人が多かった。
こってり系の二郎のラーメンは若い人にお任せするとして・・・
大満足、お腹一杯状態でさぶちゃんを後にする。
コメント (4)

ワンタンを堪能する(「麺家」新橋:ラーメン)

2006年04月07日 | 外ごはん(麺類・餃子)
 
今日はワンタンを堪能すべく御成門駅で下車。
新橋方向に向かって暫く歩くと麺家があります。
ここのワンタン、凄いんです! 味、値段、ボリュームの3拍子!
ここに来たらワンタンでビール。仕上げはワンタン麺!
海老ワンタンと野菜ワンタン。

 

お醤油に豆板醤を溶かし、はふはふ言って食べます。
海老ワンタンはプリプリ! 野菜ワンタンもニラの味が良くでてて激旨です!

 

ワンタン麺と辛いラーメンを注文。シェアして食べます。

ワンタン麺はいつ食べてもほんと満足します。
ワンタンはボリューム満点、スープも美味しいです。
麺の茹で方もパーフェクト! 辛いラーメンも美味しかったです。
とにかく夢中でワンタンを食べ、ラーメンをすすり、
スープをすすり、またワンタンを食べ、ラーメンをすすり・・・

またしても食べ過ぎてしまいました・・・反省。

旅の仕上げは餃子(「みんみん」宇都宮:餃子)

2006年04月04日 | 外ごはん(麺類・餃子)
 
旅の仕上げは宇都宮の餃子。
勿論、みんみん

大行列するパルコ近くの「みんみん」は諦め。
代わりに宇都宮駅ビルの「みんみん」に行く。

好みの問題かもしれないですが、駅中の「みんみん」は
油少なめのあっさりで、パルコ近くの「みんみん」は
油多めの「みんみん」らしい(私だけそう思ってるかな?)餃子。
多分、駅中の「みんみん」はステンレス製の餃子焼き機を使用し、
パルコ近くの「みんみん」は昔ながらの餃子用の鍋を使ってる?

餃子がやってきました。水餃子と焼き餃子。美味しそう・・・

 

餃子とくればビール。コップにビールを注ぐ。
泡がしゅわ~っと膨れあがるのを一気に流し込み、
続いて焼き餃子をラー油たっぷりのタレで食べます。
旨い!

次は水餃子。つるっと口に、はふはふ言いながら食べます。
これまた旨い!ビールが進んでしまいます。
大満足の旅でした・・・

お腹いっぱいの幸せ感(「大盛軒」東中野:ラーメン・定食)

2006年03月29日 | 外ごはん(麺類・餃子)
 
東中野駅南口を出て直ぐのところに「大盛軒」があります。
リーズナブルなお値段でお腹いっぱいになれます。
学生から家族連れまで幅広く愛されているお店なんです。

ここの名物はなんといっても「鉄板麺」。
鉄板の上にたっぷりのキャベツと豚ばら肉の炒め。
たれはちょっと酸味のきいた、すった玉葱と醤油ダレ。
これに半ラーメン、大盛りご飯、おしんこ、
生卵、ニンニクチップがついて800円!

注文して暫くすると、「ジュワァ~~!!!」
音を出しながら鉄板麺がやってきます。

 

鉄板焼きの真ん中を空けて生卵を入れ、野菜と肉で蓋をします。
半ラーメンがまた結構美味しくて病み付きになるんです。
鉄板焼きはほんとに美味しいんです。
爽やかな酸味のきいた美味しいたれと
ばら肉とキャベツがこれまた良く合います。
タバスコをかけるとピリッとしてまたこれが旨いんです。
量が多いのに気づくとぺロッと食べていました。超満腹。

このお腹いっぱいの幸せ感・・・大森軒・・・素晴らしき店!
コメント (6)

わが心の支那そば(「まるいち」新宿区荒木町)

2006年03月02日 | 外ごはん(麺類・餃子)
 
新宿区荒木町の支那そばの名店「まるいち」に通い続けて早15年以上。
今まで食べたどの支那そばよりも好きな私の心の支那そば。
オヤジの髪は私が通いだした頃の真っ黒の髪から真っ白に。
でも、オヤジの支那そばの味はずっと変わることがありません。



今まで「あのとき美味しかったな」とか、「よく並んだよな」
などとふと思い出して懐かしいお店を訪れてがっかりしたり、
通い続けている間にどんどん味とサービスが落ちて
足が遠のいていくこと多かったのですが、
「まるいち」はそんなことは一度もありません。

ラーメンやパスタを美味しく食べる条件は「大盛りを注文しない」。
分かっているのにもかかわらず、私、久しぶりに「まるいち」で
支那そばを食べれる喜びについつい「ワンタンメンの大盛り!」
と言ってしまいました。普通盛は麺がのびず腹8分でよいのに。。。
「お待たせしました!」と奥さんのきびきびした声が。



割り箸を勢い良く「パキッ」と割り、麺を勢い良くすすります。
腰のある中細ちぢれ麺に香りの良い醤油ベースのスープがからんでいます。
その麺を歯ごたえを楽しみながら噛むと、豊かな味が口いっぱいに広がる。
次に蓮華で刻みねぎとスープをすくい、ふうふう言いながら飲みます。
醤油の豊かな香りと深い味に思わず溜息が出てしまいます。ふぅ~! 旨い!
ワンタンも塩胡椒で味付けられていてとても美味しいです。
ほんと旨い。醤油がかなりきいている焼豚。
和テイストのスープは醤油の美味しさをとことん堪能させてくれます。

こんな支那そばは他では食べれないとつくづく思います。
ここの支那そばは今のトレンドとは全く異なるし個性的。
今のトレンドは豚骨スープ+魚の出汁とか、背脂ぎとぎとだったり。
私、流行でなくとも、人がどう言おうとここが好きで好きで。。。
できることならもう一度四谷界隈に住みたいものです・・・


ちゃんこ屋の絶品うどん(若貴:三田)

2006年02月17日 | 外ごはん(麺類・餃子)
 
三田のちゃんこ屋「若貴」のランチはとても美味しいです。
温かいおつゆ、温かいつけ、冷たいつけの3種類の
肉うどんがあり、それぞれ、普通盛りから特盛りまであり、
580円から食べれます。

私は中盛り740円を頼んだのですが、量が多くてびっくりしました。
器がとても大きいんです。
その大きい器にうどんと具がたっぷりと盛られています。



厚切りの豚ばら肉と揚げがたっぷり乗っています。
うどんはもちもちとして腰があり、とても美味しい。
そしてスープ。これが激旨! ほんと美味しい。
うどんをすすり、肉を食べ、スープをすすり、
揚げを食べ、またうどんをすすり、スープを飲む。
大満足のランチにすっかり気分が良くなってしまった。
こんな美味しいうどんが出せるのだからちゃんこ鍋も
旨いのだろう。是非、夜も来てみたいなあ・・・

コメント (2)

佐野の青竹手打ちラーメン(ラー:佐野)

2006年02月16日 | 外ごはん(麺類・餃子)
 
佐野厄除け大師で厄除けが終わると日が暮れかかっていました。
これはラーメンでも食べて帰らないとなあと思い、またラーメン。
同じラーメン屋では面白く無いから青竹手打ちラーメン
「ラー」に入ってみました。
場所は、佐野厄よけ大師を出て左に曲がり、最初の曲がり角を右に曲がって
直ぐ左にあります。
お店に入った瞬間にすごく良い香り。
これは期待できる! わくわくしながらテーブルに座り、ラーメンを注文。
丁度、お客さんがどっと入ったらしく、
直ぐには出てきそうもない。と、隣のテーブルにラーメンが到着。
すごく旨そう! 香りもいい! お腹が鳴り始める。

早くこないかな、早くこないかな、と気持ちばかり焦る。
次々に他のテーブルにラーメンが運ばれ、あちらこちらで
ちゅるちゅるといい音が鳴り出す。ああ~! 食べたい。早く!
腕組みをして目を瞑る。こない、こない。
また、別のテーブルにラーメンが運ばれている。良い香り・・・

もう待ちきれなくなってお腹がぐうぐう鳴り出したそのとき!
「お待ちどうさまでした~!」と私のラーメンが登場!
早速、割り箸をそそくさと割り、ラーメンをすする。
次いで、スープを飲む。おーいーしーいー! すごい!



お昼に食べたラーメンと全く別物。麺は腰が強く、
スープはあっさりですが、出汁がちょっと強めで
チャーシューは厚切りでトロトロ系。
私、固くて薄いチャーシューが好きだけど、トロトロ系は
1枚くらいだったら美味しく食べれる。
ここのラーメンはかなり美味しい。これもお勧め。
できればさっきのお店と梯子して食べることをお勧めしたいです。
佐野厄除け大師様に感謝。ありがとうございました!
コメント (2)