Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ご当地カップ麺(桜海老天ぷらしょうゆラーメン:静岡)

2010年05月04日 | お土産
     
          今日は静岡でゲットした(箱根界隈のお土産屋でも売ってます)
          エースコックのご当地ラーメン「桜海老天ぷらしょうゆラーメン」
          をご紹介します。カップラーメンは滅多に食べませんが、
          カップラーメンにはカップラーメンの美味しさってありますよね。
          私は時々無性にプレーンのカップヌードルが食べたくなったり、
          ぺヤングソース焼きそばが食べたくなったりします。

          さて、静岡旅行のお土産のこのカップラーメン、桜海老入りです。
          お値段300円、ちょっと高目だなあ・・・と思いつつ、
          桜海老天ぷらとラーメンの組み合わせを試してみたくなり、ゲット。

          開けてみると、ネギや卵のかやくの他、桜海老入りかき揚げが・・・

          

カップの基準線まで熱湯を注ぎ、蓋をして更にお皿を重し代わりに置いて待ちます。
出来上がりはこんな感じ。液体スープを加えてよく混ぜ、いただきます・・・
麺の食感はなかなか、ちゃんと桜海老の風味がします!
桜海老天ぷらとラーメンスープなので、ミスマッチかな、しつこいかなと思いきや、
意外や意外・・・旨いのです・・・しかも、ノンフライ麺だからしつこく感じません。
カップラーメン1個に300円というのはコストパフォーマンス的にはどうかなと
思いましたが、この旨さ、桜海老がちゃんと入っている天ぷら、ご当地ということで、
静岡方面にいったときはお土産に買ってこようと思いました。



ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「東海軒のお弁当」です。
「NOBのおでかけだより」

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 


下田グルメ(下田の駅弁&スイーツ)

2010年04月13日 | お土産
    
9年もの間、下田に年1~2回の割合で通っていてなんで今まで試さなかったんだろう?
そう思ってしまうくらい、初めて試した下田のお弁当やスイーツは美味しかった・・・

用宗のシラス丼にありつけなかったということで、下田でお昼にすることに。
もちろん、それまで注目していなかった駅弁です。
伊豆急物産の金目鯛の押寿司(840円)と、伊勢海老弁当(1400円)です。



金目鯛の押寿司、なかなか。ただ、金目鯛は押し寿司より、煮つけかなと・・・



これには驚きました。伊勢海老半身に金目鯛の西京漬が入ってこのお値段は凄い。
しかも、お弁当としての完成度が非常に高いと思いました。
おかずの仕上がりもいいし、金目鯛のおぼろ、ご飯はサザエのダシで炊いたひじきご飯。
おしんこも並じゃない。天城産の山葵の茎をあまっ辛く煮付けたもの。
このお弁当、次回も是非食べたいと思いました。ほんといい仕事にいいセンス。



そして下田あんぱんと牛乳あんぱん・・・美味しくてあっという間に食べてしまいました。
お土産にも丁度いいんです。



さて、評判を聞いて試しに買ってみた日新堂菓子店のマドレーヌとレモンケーキ。
三島由紀夫のお気に入りだったそうです。淹れたての珈琲と一緒に試してみました。
マドレーヌはぱさぱさ感はあるものの、素朴でとてもいい味。
そしてレモンケーキ・・・あまりの美味しさにかみさんと奪い合いました・・・
次回のお土産はこれにしよう・・・レモンケーキは抜群に美味しかった・・・

 

ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「下田の夜(ごろさや:下田の海の幸など)」です。
「NOBのおでかけだより」

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 



驚きの雲丹のり

2008年06月21日 | お土産
   
お義姉さんから和歌山旅行のお土産が送られてきました。
和歌山ラーメン、清見オレンジジュース、そして雲丹のり
なんと特許を取得しているということで番号(6-90719)まで
印刷されてました。ネットで調べてみたら・・・ちゃんと特許権成立!

出願記事 特許 平04-240512 (平4.9.9) 出願種別(通常)
公開記事 平06-090719 (平6.4.5)
公告記事 平07-010221 (平7.2.8)
発明の名称 容器入り水産加工食品
出願人 株式会社亜味撰
発明・考案・創作者 中西 隆、下地 昇

開けてみました・・・旨そう・・・
         
 

ココットでご飯を炊きました。
炊飯器の内釜にお米2合を入れてといだら2合分の水を加えて暫く浸しておく。
あとはココットに移して最初は強火、沸騰したら弱火で5分、火を止めて15分。

 

炊き上がり!

 

ご飯を盛り、雲丹のりをのせ、青ネギを散らします・・・



        お味はどうかな・・・
        げ、激旨!!!!! です!!!
        雲丹のねっとりこってりしたいいお味に
        海苔のつくだにがバッチリ合います。
        これは美味しいです。お義姉さん達に感謝・・・

        

        ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
        「またまた金すしへ」です。
        「NOBのおでかけだより」

        ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (14)

京都・大阪土産と鯛雑炊

2007年12月09日 | お土産
          
京都・大阪のお土産のご紹介を。
まずは、道の駅「京都新光悦村」でゲットした品々。

丹波黒豆甘納豆(写真左)は300g入り。
2袋買いましたが既に1袋はあっとうい間。後をひいてしまって困りました。
黒いりごま(写真右)は250g入り。
かみさん曰く、「商品説明のところに国産って書いてあったよ」
私、最近、食品にはとても神経質になってます。
       
 

鍋物用のタレは自分で創ることを決めたばっかりなのに、
ついつい手がでてしまった黒豆ぽん酢(写真左)です。
丹波黒豆で醸造されたお醤油で創られたポン酢というのについ・・・

そして即、手が出てしまった黒大豆醤油 天然醸造(写真中央)です。
丹波黒大豆、小麦、赤穂塩だけでつくられた安心で極上のお醤油です。

これは道の駅「京都新光悦村」に行く途中で寄った道の駅「くりの郷」
で見つけてしまった辛口 スパイシーソース(写真右)です。
ソースフェチの私としては試さずにはいられません。しかも中濃ソース・・・



そして、南丹市園部産の新米のもち米(写真左)・・・これで正月のお餅はばっちり・・・
レジでお会計をしたら、炒った発芽黒大豆(写真右)と、缶の黒大豆茶をいただきました。
サービス満点の道の駅「京都新光悦村」でした。

 





  かやぶきの里
  の「かやの里」という
  特産品店で買った
  美山のお米「きぬひかり」です。
  新米はいいですね・・・
  
  早く試してみたいです。
  生産者の方の写真入り。
  安心です。



清水寺の参拝路の途中にある七味屋本舗の七味唐辛子です。
山椒の香りがとてもいい七味で、唐辛子を使っているのに赤く無いんです。

 

名前は忘れましたが、清水寺の参拝路の登りきる手前にあった八つ橋屋。
何箇所かが集まってて試食販売してて、なんとお茶のサービスも・・・
写真は抹茶ですが、既に食べてしまった塩八つ橋というのが激旨でした・・・

かみさんは生八つ橋も好きですが、焼いてあるのにも目がありません・・・



千日前道具屋筋商店街一文字厨房で見つけた魚の骨抜き。



        <鯛雑炊>
        お酒を飲みすぎた朝はこれです・・・
        金曜日、土曜日と飲みすぎました・・・やっぱり雑炊です・・・
        「真鯛の昆布締め」のときに創った鯛のアラスープを使います。
        スープは余ると毎回ジップロックで冷凍保存してます。

        レシピ
        土鍋で鯛アラスープを煮立たせ、レンジでチンしたご飯を加える。
        味付けは塩のみ。臭みが出てたら日本酒を加えます。
        しばらく煮込むととろみが出てくるので、火を止め、
        溶き卵を流し込んでへらでゆっくりと全体を大きく混ぜる。
        そこに青葱を刻んでふりかけ、蓋を閉めて5分。

        

完成!
お味はどうかな・・・
お味はもう・・・かみさんも私も夢中になって食べました・・・




コメント (18)

ナパのワインが届いた(サンフランシスコ土産)

2006年10月05日 | お土産
 
カリフォルニア土産と言えばナパバレーのワイン。
お友達に教えてもらったワインショップがK&L
ここから直接自宅に送ったワインが届いたので、ハンドキャリー分も含めてアップ。
尚、現地では消費税がとられず、配送時に輸送会社から関税と共に徴収されます。

下の写真はRobert MondaviOAKVILLSTAGS LEAP
どちらもブドウはカベルネソーヴィニオンで深い味わい。

 
      
写真左がFROG'S LEAPのカベルネ、メルロー、ジンファンデル。
写真右がBERINGERのカベルネ。

 

    こちらはOPUS ONE
    ナパの重たいワインの代表格かなと思います。

    

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ

コメント (10)

うなぎを美味しく食べる!

2006年07月24日 | お土産
 
日曜日の今日は土用の丑の日。とくれば鰻・うなぎ・ウナギ・UNAGIです。
夏の土用の丑の日にうなぎを食べるという習慣は、平賀源内が考えたという説が有名。
うなぎを食べる習慣は、仕事、遊び、歌の達人である、太田南畝(蜀山人)
が広めたという説もある。どちらでもオッケー! 私にとっては嬉しい習慣。

 大好きなスーパー吉池に行きました。
 行った時間が遅めだったこともあって、
 店外の特設うなぎ売り場は、完売御礼寸前・・・
 ぎりぎりセーフでゲットしました。
 静岡産の良質のうなぎ(600円と800円)。
 今年のうなぎは2割近く高いのにな・・・
 お店の人に聞くと、吉池の社長さんが
 値段を上げないで頑張れ!と言ったらしい。
 吉池の社長さん偉い! 日本一!  
 かみさんは鰻が大好きなので超ご機嫌。
 うなぎを温める係は私。

トースターにアルミホイルを敷き、うなぎを串のまま並べ、日本酒を霧吹きで噴霧! 
焼き開始! お腹がぐうぐう状態・・・うなぎの表面の油を観察。
いい匂いが・・・唾が・・・途中でもう一回日本酒をうなぎに噴霧。
表面がこんがりしてきたらトースターを切る。

お気に入りのお茶碗に固めに炊いたご飯を盛り、タレをかけ、うなぎをのせ、串を外す。
さあ~! たべるぞお~!



お箸でうなぎを割り、タレのかかったご飯と一緒に口へ・・・幸せすぎる・・・
表面カリカリ、中フワフワ、タレの染み込んだ固めのご飯・・・無我夢中で食べてしまう。



あっという間に食べてしまいました! 
ほんとうに美味しかった! 最高!
ごちそうさま~!

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ
 
コメント (18)

今宵はホテルの部屋でマグロとお酒(静岡探訪記6)

2006年05月13日 | お土産
 
ミナミマグロとキハダマグロを塊で贅沢に買ったので、
今宵は焼津魚センターで買った
「まぐろ照焼 ゴールデンウィーク限定3色セット」(1000円!)と、
マグロいろいろ寿司、キリンのちょっと贅沢ビール3兄弟、
磯自慢酒造の「大井川の恵み」でホテル部屋酒盛り。
外に食べに行くよりずーっとコストパフォーマンスが高い。

  

シャワーを浴びたのでマグロに手をつける前にビール3本は空。
焼津のサッポロビールの工場で作られた生ビールを買いにダイニングへ・・・
自動で生ビールを入れてくれる自販機でゲット(500円)
そしていよいよゴールデンウィーク限定3色セットを食べる!



 左から頭の上の方(つの)
 腹の大トロ部分(はらも)
 かま・・・どれも激旨!




ここでマグロいろいろ寿司を出す。
これはもう日本酒でしょ! 大井川の恵みを開ける。

 

先ず、マグロ寿司を一口、そして大井川の恵み・・・
・・・・・うわぁぁぁぁぁ~! ぅ・・・う・ま・す・ぎ・・・
磯自慢の酒って場所が場所だけに刺身にばっちり!
少し酸味のあるすっきりとした味。まるで白ワインだ! 大正解!
今夜は最高~! 焼津万歳! 万歳! 万歳!

 
コメント (1)

作りたての薩摩揚げをゲット(「丸忠蒲鉾店」立石:おでん種・蒲鉾)

2006年05月09日 | お土産
 
今、私の中で最もホット、心が和み、ノスタルジックな街。
それが葛飾区の立石。これぞ本物の下町。最も好きな街だ。
ここに来る度、住みたいと切に願ってしまう。
ここの街の人達も素晴らしいと思う。穏やかな人が多い。
地元の買い物客も、お店の人も、酒場で知り合った人達も皆そうだった。

駅を出てヨーカ堂のある右方向に歩くと仲見世の入り口。
ここのお店は年末に栗きんとんを買ったところ。
このお店の角を左に入ると商店街がある。
そのまま真っ直ぐ行くと、なんと立ち食い寿司屋さんが。
次回はここで食べたい。

 

ここが丸忠蒲鉾店。お店で薩摩揚げを作って揚げて売っている。
素晴らしい店。その隣はサクライという中華惣菜屋さん。
丸忠蒲鉾店ではその場で大葉巻きを3個買って食べる。
昆布と筍入り、生姜天、鶉天、イか天などを大量に買う。

 

サクライのお惣菜を見ているとその安さと美味しそうな感じにため息。
モツ炒め(100g180円)とか、五目春雨(100g60円!?)とか・・・
炊きたてのご飯を持ってここに来たいくらいだ。素晴らしすぎる!
海老チリソースが100g250円って、いったい・・・!?

 


 サクライで何故か売っていた大学芋を買う。
 なんと100g100円!?
 翌日、丸忠蒲鉾店の薩摩揚げの
 あまりの美味しさに再度驚く。
 特に筍と昆布の入った薩摩揚げは
 驚愕レベルの美味しさ凄さ。
 大学芋も冷たいミルクを飲みながら
 お腹パンパンになるまで食べました。
 
 立石に住みたい! 住みたい! 
 住みたい! 宝くじ当たれ!
コメント (2)

マグロ!桜海老!しらす!「焼津魚センター」静岡探訪記2

2006年05月06日 | お土産
 
焼津に行く目的はマグロ、桜海老、しらすをゲットすること。
本場のマグロの美味しさ、安さを確かめたかったこと。
勿論、ミナミマグロ(インドマグロ)が希望。
焼津の地元スーパー、魚市場、魚屋などなど色々回った。
結局、焼津インターに近いから観光客狙いだろうなと
期待していなかった焼津魚センターが一番良かった。

  

入り口のところにいきなり500円鉄火丼のお店!
これは期待できそうだ~!

 


 
 見るからに美味しそうな
 マグロ・マグロ・マグロ!
 
 大きなカマの照り焼きが
 4つも入って1000円!?
 生唾をごくりとやってしまう・・・
 どうしよう、今食べたい・・・
 中央にはマグロの兜焼きが・・・


そしていよいよマグロを買いに魚二水産へ・・・



 魚二水産の直売所に到着。
 おお~! 
 いきなりマグロのかしらがお出迎えだぁ~!
 わくわく・・・わくわく・・・

 うわぁ~! 凄いよ、凄い!
 こんなに大きなサクが並んだの初めて見た。
 トンボ、バチ、ミナミ、キハダ、本マグロ・・・


あれっ!? 焼津の別のところより安い・・・
ここでマグロを買うことに決定!

 

魚二のお兄さんと相談しながら、ミナミマグロとキハダマグロ
の塊を購入。こんな大きな塊で買ったことないので感動!
電ノコで食べやすい大きさに切ってもらった。凄い凄い!
よほどいい寿司屋じゃないとなかなか食べれない上物だ。
しかもお値段は市価より大幅に安い! いいなあ静岡の人は・・・

  

配送手続きをして解凍の仕方を教わってお店を後にする。
帰ってからが楽しみだ~! すぐにでも食べたいくらいだ~!
海老蟹大好きの母にも桜海老、しらす、生甘海老を直送! 喜んでくれるに違いない・・・ 

日光の水を汲む

2006年04月03日 | お土産
 
金谷ホテルベーカリーの前と、日光市の市役所の近くには、
湧き水が出ており、誰でも自由に汲むことができます。
市役所至近の湧き水では漏斗まで用意されています。

良い水はお茶やコーヒーを美味しくしてくれますよね・・・
私は予め20Lのポリタンクを用意していました。
漏斗を使って柄杓で汲んだ水をポリタンクに流し込みます。

水を汲み終わった後に一口・・・
柔らかくて癖の無い美味しい水です。
家に帰ったらお茶かコーヒーを淹れなくちゃ・・・