Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガイガーカウンターで放射線測定

2011年07月30日 | 調理道具や食器
   
3月以来、原発や放射線について情報が飛び交っています。
多分大丈夫だろうなあ・・・と思いつつ、計測もしないで大丈夫というのもな、
ということで、SFのお友達に頼んで送ってもらいました。
かなり待ってInspector Alertが到着。
α線、γ線、β線、X線が計測できる優れものです。

 

          計測の際は放射性物質が付着しないように
          ラップで保護します。

          

        早速、玄関の吹き溜まりになりそうなところで計測。
        0.032マイクロシーベルトの付近のようです。
        毎時なので、年換算すると・・・
        0.032×24×365=283マイクロシーベルト
        ミリで考えればたったの0.28ミリシーベルト
        ということで問題無し。
        写真はありませんが、その日買ってきた千葉産の
        生のメバチマグロを計測しましたが、
        0.017マイクロシーベルトでした。全く問題無し。
        
 

NOBのおでかけだよりをアップデートしました。

第5弾は
キーウエストへGO!(米国旅行2011)です。

お気に入りの器(陶芸家 横山知加子さんの作品)

2009年12月30日 | 調理道具や食器
     
          今年も笠間のギャラリー舞台を覗いてきました。
          ここはお気に入りの陶芸家 横山知加子さん
          の作品がおかれています。

          

「笠間と奥久慈の旅」のときに初めてゲットしたのが、写真の2客の器。

しいたけチャウダーのパスタ
魚のアラのブイヤベース風パスタ
牡蠣のクリームパスタで早速試しました。



そして今年はこの器がすっかり気に入ってゲット。



横山さんらしい可愛らしくて夢のある素敵な絵柄。



器の底までこんな可愛らしい遊び心が・・・
さて、この器に合わせてどんなお料理を創ろうか・・・

 

ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「上伊佐ゴルフ倶楽部(旧メイフラワーゴルフクラブ)」です。
「NOBのおでかけだより」

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 


キッチン用品ゲット(ストックバスターズ、キタロー:三条燕)

2009年11月26日 | 調理道具や食器
     
三条燕のキタローストックバスターズでゲットしたキッチン用品をご紹介します。

写真下左上が21cmの深めのフライパン、右が20cmのフライパン。
どちらも多少の難あり(料理には影響無)とはいえ298円の驚き価格・・・
左下の純銅の排内がなんと525円! 耐熱ガラスのフライパンの蓋が210円!
カトラリーが驚き・・・スプーンやフォークが5本で105円など!
栗の皮むきは地場産センターでゲットしたもの。
     


        純銅のたわし入れはなんと400円!
        そして、蒸し器は399円!
        なんといっても驚きのキッチン用品・・・それは・・・
        焼き串スタンド!!!こんなものがあったんです・・・
        あまりの驚きに速攻で飛びついてしまいました・・・
        我が家の七輪に取り付ければ魚が焼けます・・・

        

そしてキタローで見つけてしまった純銅の山菜鍋・・・なんと2980円!
純銅の大きなこのお鍋がこの超お値打ち価格・・・めっちゃくちゃ嬉しい!
これに似合う囲炉裏を創りたくなってしまいます・・・何を煮ようか・・・

 

ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「三条燕で格安キッチン三昧」です。
「NOBのおでかけだより」

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 

包丁ゲット (「藤次郎」藤寅工業:三条燕)

2009年11月24日 | 調理道具や食器
   
「とうとう包丁買っちゃった!」のときに買って以来、すっかりお気に入りの
藤寅工業の藤次郎の包丁を現地でゲット!
ストックバスターズでたまたま見つけました。
サイトに地図はあるものの、実際に行ってみるとなかなか見つけるのが大変。
やっと見つけて店内に入ったら・・・驚愕の安さ・・・掘り出し物多数。
  


        包丁も激安でしたが藤次郎の包丁は流石に激安対象外。
        それでも結構お値打ち価格でゲットできました。
        ずーっとほしかった柳刃包丁と大きめの出刃。
        材質は安来鋼白紙。不純物を取り除いたものです。
        安来鋼青紙は摩耗に強く、切れ味を長続きさせるため、
        他の金属を加えたもので、いいんですが、値段はかなり高め。
        ということで白紙で十分と言い聞かせました。

         

そして、近くにある藤寅工業をパチリ。いいものをつくってる堅実な会社。
こんな会社で働きたいなあ・・・と思いつつ、三条燕を後にしました。

 

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 

フードコーディネーターの試験&マヤヤのお料理ブログ

2008年11月30日 | 調理道具や食器
      
昨日は久々のライブでほんとに楽しい夜を過ごしました。
やっぱり仲間同士でワイワイ好きな音楽を演るって最高です。

さて、金曜日にダブルで嬉しいことがありました。

<嬉しかったこと:その1>        

味の素㈱さんのマヤヤのお料理ブログで私のブログをご紹介いただきました。

とても丁寧にご紹介をいただいて嬉しくなってしまいました。
マヤヤさん、味の素さん、ありがとう!

<嬉しかったこと:その2>

金曜日、マヤヤのお料理ブログさんで紹介されて嬉しいなあと思いながら帰ってくると・・・

フードコーディネーター協会資格認定試験の結果が届いていました。

      


なんでこの認定試験を受けたのか・・・
お料理をするだけでなくて、食や文化についてちゃんと勉強したいなと思ったんです。
で、勉強してほんとによかったと思います。
内容は、デザイン・アート、経済・経営、科学、文化で、
食に関する教養が身につきます。

<試験の準備や難易度>
いきなり2級は受けることはできません。まず3級からです。
3級は教本の内容をしっかり覚えれば確実に合格します。

試験の準備は簡単。
協会が出版しているフードコーディネーター教本をしっかりと読むだけ。
協会ではインターネット模試や講習会も開催するのでそれに出ればよりオッケー。

但し、今年は教科書外の内容も試験に出題されました。
損益計算書の各区分の意味をしっかり理解していれば簡単です。
考えてみれば会社勤めしていて損益計算書くらいは知っておくべきかなと・・・

講習会に出ていると試験に関するプラスアルファの情報も入手できます。

2級の認定試験は1次試験、2次試験とあり、
レストランプロデュース、食の商品開発、食のイベント・メディアの
3カテゴリから1つ選択し、それによって試験内容が異なるとのこと。

今のところ、どうしようかな・・・レベルなんです。
3つの中から自分がやってみたいなあと思えるものが果たしてあるのか・・・
3級よりも試験勉強に時間をかけなければならないので、
3つの中に本当に興味の持てるものがあるのか、よく考えようと思ってます。

ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「久々のライブ」です。
「NOBのおでかけだより」

ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (10)

新しいガスコンロがやってきた

2008年10月12日 | 調理道具や食器
              
          今日は抜群のお天気ですね。
          おでかけしたくなります・・・

          さて、我が家もとうとうガスコンロを交換しました。
     
          かみさんが気に入ってるガスコンロ。
          白のホーローに黒いゴトクでちょっとお洒落。
          私も結構気に入っていました・・・が・・・
          ガスコンロを使う頻度が高いのか、ついに故障。

          古いタイプなので、修理をするよりも
          買った方がいいとのことで交換を決めました。
            
          グルメブログから料理ブログに転向約2年半、
          散々お世話になってきたガスコンロ。
          感謝と共に、ちょっと寂しさもあります・・・ 

          

新しいガスコンロです。

私達が選んだのは、+do(プラス・ドゥ)

ル・クルーゼを日本に広めたモロッコ生まれのフランス人、
Patrice Julien(パトリス・ジュリアン)のプロデュースしたガスコンロ。

お掃除の楽なテーブル型にするか迷いましたが、次の点で決定しました。
(1) デザインがかっこいい
(2) 火力が家庭用としては最強
(3) 付属のダッチオーブンで料理ができる。
(4) ゴトクが鋳物。
(5) 全て安全センサー※(将来の自主規制に既に対応)

※ 全てのバーナーに「調理油過熱防止装置」「立ち消え安全装置」
「コンロ・グリル消し忘れ消火機能」が搭載。





点火と火力調節はトップでできるようになっています。



タイマー付で温度調節など、各種コントロールもできます。



そしてダッチオーブン・・・これで色々出来ます。
かみさんは早速パンを焼くことを計画しています。

私は、大火力ということで、野菜炒めやチャーハンを創ってみたいです・・・

 

ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (18)

ダイニングの椅子を創る(椅子づくりのコンセプト)

2008年10月04日 | 調理道具や食器
   
今日はとてもいいお天気ですね・・・
今日は久々にお友達のスタジオでバンドの練習です。楽しみ・・・

さて、トップの写真ですが・・・アウトレットで100円で買った、
椅子の背もたれです。
    
「飛騨家具(飛騨の家具館)と飛騨牛焼肉(寿里:高山市)」
でご紹介した飛騨の家具館で買ったものです。

何故、椅子の背もたれを買ったかといいますと・・・
自分で創りたくなってしまったんです・・・
ちなみに背もたれ以外の椅子の部位は売ってませんでした。

本当は飛騨の家具館でかみさんの椅子を買う予定でした。

我が家のダイニングテーブルは、森のことばというシリーズです。

来客時のディナーなどで椅子が足りなくなることが多々。
そこで、前からもう1脚、お誕生席の位置に置く椅子を買おうと思っていました。
それを買うのをやめて創ることにしたので、
森のことばのダイニングセットとマッチする椅子を考えなければなりません。
   


森のことばシリーズの中でも特にこのシリーズの椅子とテーブルがお気に入りです。
無垢のナラ材が使われていて、とても肌触りというか感触がいいんです。
テーブルで気にいっているところはとても綺麗な形の脚です。



        椅子の形も気に入っていますし、座り心地がとてもいいんです。

        

        よくできてるなあと思うのが、背もたれもそうですが、
        座りごこちを考えたこの微妙な傾斜・・・
        
        

ということで・・・100円で買ったこの無垢の背もたれ・・・
私では絶対に不可能なこのすごい湾曲のつけられた背もたれが手に入ったので、
あとは何とかなるのではないかと思っています。

 

自分で創るからにはコンセプトというか方針が必要だなと思い、色々考えた結果、
次のようなコンセプトを持って椅子創りにとりかかることにしました。

椅子創りのコンセプト by NOB
1. できるだけ独創的な椅子を考えろ。
2. 座る人の気持ちになって椅子の設計をしろ
3. 丁寧にじっくりと時間をかけて椅子創りを楽しめ
4. 椅子創りのためだけの高額な工具は買うな
5. 最後まで諦めるな


と、まあ、コンセプトだけは考えましたが、私は日曜大工や工作が実は苦手。
小学校のときに工作をしましたが、ほんと完成度が低いと言うかセンスが無いというか・・・
大人になって色々なことを知ったり経験した分だけそれなりにはなると思うのですが・・・

私のブログに来ていただいている皆様に笑っておつきあいいただければと思います。
椅子創りの記事アップは週末にしようと考えています。
もちろん、進展があったときのみですが・・・

ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「上高地散策」です。
「NOBのおでかけだより」

ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (8)

CANIONの食器と調理道具いろいろ(合羽橋道具街)

2008年07月20日 | 調理道具や食器
 
      
かみさんと合羽橋道具街でお買い物したレポートです。

去年もこのくらいの時期に行って、
「優れもの調理器具をゲット(合羽橋道具街)」)でレポートしました。
流石に暑くて日暮里の布の街までいくのは次回に・・・

かみさんは合羽橋に来ると必ずDr.Goodsにも寄ります。
キッチン小物や鍋類が充実していて好きだそうです。

「馬嶋屋菓子道具店」はリーズナブルなお値段がお気に入り。

私もかみさんも必ず入ってしまうのが「キッチンワールド TDI(東京輸入センター)」
品数豊富で輸入物の雑貨や調理道具、食器がいろいろ並んでいます。

こうやって色々なお店で色々なものを見ながら、店員さんと話をしながら
お買い物をしているとあっという間に時間が過ぎていきます。

下記写真の派手なスポンジはかなりのお気に入りです。
なさけない話、あまりの暑さでどこで買ったか忘れてしまいました。
馬嶋や新井商店の並びのどこかには違いないんですが・・・

まず、お値段が安い。それに、材質がアルミ系なのでしょうか・・・?
汚れ落としのスティール製の金たわしとは全く違って傷がつかないんです。
にもかかわらず汚れや焦げ付きがよく落ちるんです。で、見た目は派手。

興味を持たれた方もいらっしゃると思うので次回の合羽橋レポートまで調べておきます。
    
 

写真下はいつも食器を買ってるアウトレットが嬉しいCANION
で買った食器と小物いろいろです。

何を入れようかと迷ってしまう蓋付小鉢(この名称でよいのかどうか・・・)。

 

それから製菓・パン用の道具屋「新井商店」で色々買いました。
ここの店員さん達とコミュニケーションをとりながらお買い物をするのが楽しいんです。

かみさんはシフォンケーキ用の道具やWENGERのパン用スライサーをゲット。
私は前からほしかったリナーをとうとうゲット。



何故リナーが欲しかったかと言いますと・・・
今使っているチーズグレーターが大きすぎるからか、
お皿の周りにも削ったチーズが落ちます。
しかも、ときどき自分の指も削ってしまったり・・・結構痛い・・・

食べる寸前に手軽にさっと削れてお皿の外におちないリナーがほしい・・・
ということでほしいと思ってから1年も経ってやっと買えました・・・

使い方は簡単。チーズをセットしてハンドルをくるくる回すだけです。

ところで、このリナー・・・2300円くらいで買ったのですが、
その後、かみさんが後楽園の駅ビルの中で・・・
なんと1000円もしないで売られてたのを発見!
「箱がないから」という理由が書かれていたそうです・・・

こういうのって結構ショックで・・・暫く落ち込みました・・・ちっちゃい・・・
1300円はカッパで楽勝で飲める金額だったりします・・・



ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (6)

クイジナート(Cuisinart)のミニフードプロセッサ(MINI PREP PROCESSOR)

2008年07月13日 | 調理道具や食器
      

2006年のクリスマスシーズンのときにCRATE&BARRELで買ってきた
CuisinartのMINI PREP PROCESSORをとうとう使いました・・・
約1年半も買ったまま放置してました。

CRATE&BARRELで見かけて小さくてかわいくて、しかも30ドル弱!?
ということで、これはかみさんのお土産にいいなあと思って規格を見ると・・・
120V 60Hz 250W・・・日本でも使える! ということで即決。

ところが帰ってきてから問題が・・・プラグの形状が合わないんです・・・
下記の写真にあるように、2本のうち、一方が末広がりになっていたんです。
プラグ変換器を秋葉あたりで探せばいいのですが、変換器がそれなりのお値段なので、
それを買うくらいなら最初から日本で買ったほうがいいと思いました。
とはいえ、日本で買うと8000円前後くらい・・・
どうしようかなあ・・・と思っているうちに1年半くらい経ってしまいました・・・

最近、かみさんが、「手動の珈琲ミル・・・結構大変なんだよ・・・」
と言っていたことを思い出して、珈琲ミルがわりにしちゃえ!と思いました。

やる気さえ出せは後は早いです。道具箱をひっくり返してヤスリを・・・
紙やすりしかない!!!

かなり迷いましたが、金属のヤスリをわざわざ買うのも・・・もったいな・・・
それと、紙やすりとはいえ、塗装を剥がすためのかなり粗いものだったので、
紙やすりでひたすら削りました・・・かなり汗をかきました・・・

おそるおそるコンセントに刺すと・・・刺さった・・・
おそるおそるスイッチを押すと・・・ウィーンという音と共にブレードが回転!

 

このミニプレップは超シンプルです。ボタンは「LO」と「HI」しかありません。
「LO」は低速回転、「HI」は高速回転で押している間回り続けます。
早速、珈琲豆を挽いてみます・・・

 

最初はLOで5秒・・・まだまだでした・・・

 

LOは回転速度が遅いのでHIでやってみたところ・・・
いい感じに挽けてました!
とにかく勘でやらなければならないので慣れるまでは豆の粗さを確認しながらです。
とはいえ、手動のミルは私も何度もやりましたが、忙しい朝は辛いです。
なので、しばらくこのミニプレップを使ってみようと思います。

 

ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (8)

ワインセラー(Eurocave:ユーロカーブ)

2007年07月14日 | 調理道具や食器
 
今日はとっても嬉しい日。
2日前に我が家にやってきたワインセラーの電源投入をする日です。
ご存知の方も多いと思いますが、冷蔵庫と同じで搬送して設置した後、
すぐに電源を入れることができません。このセラーは設置後48時間後。

購入したワインセラーはEurocaveの97本貯蔵可能な中型機。

かみさんと結婚したときに、かみさんが私の小さな短期貯蔵用のセラーを見て、
「いつか大きな長期保存用のセラーを買おうね!」。
私の小さなセラー、正式には「ワインクーラー」と言うそうです。
セラーは、湿度コントロールができるものだということをそのとき知りました。

あれから3年・・・ようやく私たちの小さな夢がかないました。

セラーで悩んだのがとにかく沢山入ってコンパクトなことでした。
悩みに悩んでEurocaveにしたのは、機能もさることながら、
その洗練されたデザイン、そして本数が入るわりにコンパクトなことでした。

最後の最後まで悩んだのが、コンパクト59シリーズのV159T-PTHFに
するか、V259-PTHFにするかでした。
前者は97本収容で高さ122cm、後者は164本収容で高さ178cm。
値段の差は市価で概ね5万円前後。
尚、本当の長期保存セラーはガラス扉ではないのですが、
太陽光のあたらない場所に設置したり、布などで覆えば同じかなと思っています。
せっかくのワイン、見えるほうがいいです。

決め手は設置したときの部屋とのバランスと、
飲まないで長期保存するワインを何本持つことになるのかということでした。
と、まあ色々検討に検討を重ねた結果、122cmの高さを選びました。
ただ、お店の方が言われるに「この大きさを買う方は少ないです」とのこと。
5万円くらいの差なので、せっかくだからと178cmを買われるそうです。

        会社から帰ってくると、かみさんが嬉しそうに「早く見て見て!」
 
        

        質感とか、デザインとか、思ったとおりでしたし、
        サイズがリビングにぴったり。

         

 

        これが私の小さなワインクーラー。
        水を入れた容器を入れて多少なりとも湿度を与えていたので、
        なんとか保存できていたとは思います。
        メーカーはDometicのサイレントカーブシリーズです。
        これはコンプレッサーではなく、化学反応で冷やすタイプなので、
        当初いいなあと思って買ったんですが、
        何しろ外気温の影響を受け易くて温度管理が大変でした。

        

        セラーが到着してから48時間・・・長かったです。
        電源投入前に、ワインのラベルを中心にラップで包みます。
        庫内湿度が50%以上になるのでラベルが傷むそうです。

        

        

        

        苦労して海外から買ってきたワインも底をついてきました。
        そろそろ行きたいですが、今年はセラーを買ったので来年かな・・・

        電源投入! 動き出す音が・・・

        

私の小さなワインクーラーは、日本酒とシャンパンやスパークリングワイン
の貯蔵用になりました。静岡で買ってきた磯自慢は要冷蔵なので調度良かった・・・

 


コメント (32)