Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はり重の牛肉 de キッチン焼肉

2014年03月16日 | エスニック
         
大阪に行ったときに道頓堀で見かけて試して以来、
すっかり気に入ってしまったはり重の網焼き用の牛肉。
義姉さんが送ってくれました。

        

はり重のこの「網焼き」用の牛肉、値段と満足感のバランスが私的にナンバーワン。
どうすれば火を加えたときに柔らかい状態になるような下処理ができるのだろう?
そう思うぐらい、他の牛肉と柔らかさが違う。部位は特に超高級な部位ではないはず。
筋切りか? 切り分け方か? 熟成の仕方か? しかも凄い厚切り。これがたまらない。 
未だに分からないけれど、とにかく気に入ってる。
伝統のあるお店はこういったところが素晴らしいと常々思う。



早速、キッチンで立ち飲み焼肉。
グルリ焼きはちょっと問題。
焼肉にはあまり向いていない。
短時間で焼けないのだ。
+Do(プラスドゥ)をお持ちの方にはお勧めできない。
次回はやはりグリルロンドを使うか
庭でバーベキューしかない。



この記事をはてなブックマークに追加

本格的で美味しいカレーのセット発見(ケララカレー)

2011年06月26日 | エスニック

夏といえばカレーですね。私はグリコの2段熟カレーが結構好きで良く食べますが、
この手のルウは牛脂などカロリーアップの原因になるものがいろいろ入っているので、
ついつい美味しいからといって食べ過ぎるとたちまち体重アップの原因になります。
加えて、スパイシーさに物足りなさを感じます。
かといってインド料理の店で食べるほどの本格的なカレーまでは求めません。

そんな小さな悩みをかかえていてふとスーパーで見つけて試し、以来、
すっかりはまっているのがヱスビーのケララカレーです。
牛脂は入っていませんし、化学添加物も入っていない健康的でしかも
スパイシーなカレーです。すっかり我が家の定番になっています。

4~5人前で350円前後、パッケージの中身は炒め用のクミンシード、
煮込み用のブイヨン、唐辛子、ローリエ、シナモンスティック、
カレー粉、仕上げ用の香りスパイス、辛味づけスパイスです。
作り方はとても簡単。レシピも箱に記載されていてパーフェクト。
でもスパイシーで本格的、でも本格的すぎない丁度いい感じのカレーになります。
今回は、マンゴーチャツネの代わりにキウィをすって入れてみました。



材料はこんな感じ。にんにくと生姜はすって使います。
また、にんじん、たまねぎはみじん切りにします。
にんじんは前回すりおろして使いましたがそれもOK。
最初はとりモモ肉を適当な大きさに切り、皮を下にして弱火でじっくり炒めます。
キツネ色になったらクミンシードを加えて仕上げの炒めを。
いったん鶏肉を取り出したら、そこにたまねぎとにんじんを加えて、良く炒めます。
続いてにんにく、生姜を加えて全体を良くなじませ、ざくざく切ったトマト、
すりおろしたキウィを加え全体を良くなじませ、ここに鶏肉を戻します。
あとはお湯と煮込み用のスパイス、ブイヨンを加えてよく煮込み、
途中でいったん火を止めてカレー粉を少しずつ溶かして仕上げの煮込み。
最後に香りスパイス、辛味スパイスを加えて完成!

  

こんな感じです。



        かみさんは大絶賛! 私も夢中で食べてしまいました。
        日曜日の今日はスーパーに行きますが、かみさんの
        リクエストで今日もまたケララカレーを買うことに・・・

        



この記事をはてなブックマークに追加

小芋の素揚げと食べるラー油

2010年06月23日 | エスニック
     
かみさんが桃屋の食べるラー油をいただいてきました。入手困難だそうですね・・・
貴重なお品をありがたいです・・・感謝を・・・

さて、ご飯にかけて食べると美味しくてとまらなくなる食べるラー油・・・
早速、ご飯にかけて食べてみました・・・美味しいのです。
ただ、私にはちょっとオイリーに感じて・・・もっと違う食べ方はないかなと。

で、かみさんが、「小さなジャガイモを皮つきで素揚げしたものにつけたら美味しいかも」
というアイデアを提案・・・やってみますか・・・
早速、素揚げして、食べるラー油をつけていただいてみたところ・・・
「美味しい~!」とかみさんも私も思わず声をあげてしまいました・・・
この後すぐに私は冷蔵庫からビールを出してしまいました・・・

 

ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「翠葉亭の至福(葉山館:かみのやま温泉:山形)」です。
「NOBのおでかけだより」

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 




この記事をはてなブックマークに追加

生ラム肉のスタミナ焼き ビールが良く合うのです・・・

2010年06月22日 | エスニック
   
生ラム肉、まだまだあります・・・今回はスタミナ料理にしてみました。
ニラと玉ねぎともやしと生ラムの組み合わせです。
フライパンに油をひき、1年間寝かせていたニンニク醤油漬けスライスを炒めます。
香りがしてきたら一旦取り出し、両面に小麦粉をつけパンパンはたいたラム肉を炒めます。
ラム肉の両面に焼き色がついたら一旦取り出します。
フライパンに残った余分な脂は捨てます。キッチンペーパーでフライパンの中を拭きます。
フライパンに胡麻油をひき、玉ねぎを炒め、透き通ってきたらもやしを炒め、
ここにラム肉、醤油漬けニンニクスライスそして最後にニラを加えます。
豆板醤、お砂糖、醤油、お酒を加え強火でさーっと炒めながら味をなじませて完成。

 

        ビールに抜群に合います・・・飲みすぎてしまいます・・・

        これは気のせいかもしれませんが、かみさんも言うんです。
        「ラム肉食べた後って、体が熱くならない? 脂肪が燃えてるのかな?」
        気のせいだとは思うんですが、私も同じことを思ってました・・・
        私達はとても単純なのでその気になり易いのかもしれません・・・
        そんな簡単にあの脂肪達がいなくなるわけないよな・・・

        

        ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
        「私にとって全てがBESTのラーメン店発見!(山椒:山形)」です。
        「NOBのおでかけだより」

        blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 


この記事をはてなブックマークに追加

またまた! 炭火焼肉パーティー!

2009年10月11日 | エスニック
    
松坂牛の焼肉セット、やっぱり全部食べれませんでした。
私達はむしゃむしゃとご飯のように食べれるアメリカ牛が好きだったりするので、
たっぷり霜のふった日本の高級な牛肉はちょっと食べれば満足しちゃうんです。
ということで、2回目の焼肉パーティーに突入です。
今回は流石に我慢できなくてビールを用意。最近、お気に入りの普通のモルツです。
野菜室の茄子や椎茸も出動。

 

第1段・・・



自家製のタレ・・・大根卸しと一緒に食べるとこれまた旨い・・・

 

第2段・・・



脂の多い肉の焼き方にやっと慣れてきました・・・旨そう・・・

 

抜群の旨さ・・・脂が甘くておいしいんです・・・
右の写真はスーパーで買った牛カルビ・・・今まで食べた肉と比べると・・・
ええ、これってロースでしょ!?といった感じになってしまいます。

 

久々にオールド・パーの水割りを・・・私だけいい気分で飲んじゃって・・・

 

        小樽の北一硝子で買った思い出のランプ・・・
        灯火がいい感じ・・・また行きたいな・・・小樽・・・

                

        blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 



この記事をはてなブックマークに追加

一升びんの松坂牛 de 炭火焼肉パーティー! 

2009年10月10日 | エスニック
   
松坂牛の極上カルビを七輪で焼いて食べます・・・火がすごそう・・・
炭を熾してスタート。今回はあえてお酒抜きで・・・辛いかも・・・
かみさんはコーラ、私はキリンのFREEを。

 

肉をのせた途端・・・火が・・・



火が・・・あああああ・・・火が・・・



        火が勢いよく立ち上って肉を取るタイミングが・・・
        一部焼きすぎになってしまいましたが・・・
        脂が甘い!!! ジューシー!
        自家製の焼肉のタレ・・・かなり美味しくできてました!

         

        そしてホルモンを・・・
        臭みが少なくとっても美味しい・・・

        

        次の肉を・・・
        結局、半分食べてかみさんも私も満足・・・
        こんなに美味しい焼肉は久々でした・・・

        

        blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 



この記事をはてなブックマークに追加

手づくり! 焼肉のたれ

2009年10月09日 | エスニック
  
一升びんの松坂牛&ホルモンセットにはタレがついていました。
味見してみたら味噌ダレ。これはホルモンかな・・・
ということで、思い切って焼肉のたれをつくることにしました。
もちろん、焼肉屋さんのあの焼肉のタレです。
前々からスーパーで色々な焼肉のタレを試してきました。
その都度思ったのが
「焼肉屋のタレってなんであんなに美味しいんだろうなあ。創ってみたいなあ」
でした。そこで今回はとうとうチャレンジすることにしました。
ときどきつくる焼鳥のタレをアレンジすればあの味になりそうです。

詳細なレシピをCOOKPADに掲載しました。

にんにくスライス、ざくざく切った長ネギの青い部分、薄切りのリンゴ、
種をとった鷹の爪をお酒、味醂、砂糖で煮込んで、仕上げに醤油で味付け。
お醤油が入ってから煮込みすぎると煮詰まってしょっぱくなるので、
お醤油を加える前に十分に煮込みます。

  

ボウルの上に目の細かいざるを置き、
全ての材料をスパチュラで押していくと、材料にしみ込んだタレが落ちます。
そしてボウルには・・・あの焼肉のタレが完成!
あとは焼肉で試すだけ・・・早く試したいな・・・

 

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 

この記事をはてなブックマークに追加

辛味噌鍋

2008年11月24日 | エスニック
     
天気予報だと今日はあまりよくないはずでしたが、今のところ晴れてます。
あ、でも曇ってきました・・・やはり天気予報は当たるのか・・・
最終日も終日晴れてくれて、できれば明日も晴れて欲しいですね・・・

さて、「うまうま ナムル」で使ったそばもやし・・・最後の一束を使います。
丁度白菜もあるし・・・ということで、超簡単辛味噌鍋を創ることに・・・

レシピ
材料はなんでもいいんです。白菜と豚肉は欲しいです。
野菜室に椎茸があったのでこれも仲間入り。

冷凍庫を見たら豚肉は3枚肉しかなかったのでこれをスライスして・・・
白菜は芯の部分と葉の部分を分けて食べ易いサイズに切っておきます。

から揚げ博士がイカ刺しを創ったときに残しておいたゲソも仲間入りです。
   
 

水カップ6、豆板醤小さじ2、コチュジャン小さじ2、お砂糖小さじ2、
オイスターソース小さじ2を煮立てる。
尚、豆板醤がなければコチュジャンだけでいいですし、コチュジャンがなければ
豆板醤だけでもいいんです。分量は味見しながら調整していただければと・・・

煮立ったところに肉、イカ、白菜の芯、椎茸、そばもやしを加え、
白菜に火が通ったら、味噌を溶きながら100g前後加えます。
※味噌の塩分や好みによって分量は変わるのでとにかく味見がお勧め

面倒な場合、味噌も最初から入れてしまう手もあります。



最後に白菜の葉の部分やお豆腐を加えるだけ。



ビールを注いで・・・早く飲みたい~!

 

お味はどうかな・・・
熱々~! 辛っ!
熱々だとより辛く感じます・・・しかし・・・旨みがあるからあとをひいてしまい・・・
ビールがかぁ~っと喉を通りすぎるのがまた気持ちいいです・・・

気づくとから揚げ博士の唇がはれてるんです・・・なんか笑える・・・



ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

うまうま ナムル

2008年11月22日 | エスニック
        
3連休の初日、すごくいいお天気でなんか嬉しいですね・・・
私はどこも行きませんが、このお天気なので近場にドライブでもしたい気がします。

さて、青森ご出身の方から「そばもやし」というもやしをいただきました。
「これはナムルで食べるしかない!」と、早速、ナムルを創ってみました。
かみさんに何を入れればいいかだけ聞いて、後は自分でアレンジ。

レシピ
そばもやしは洗って傷んだものは除く。
長ネギ細目のを丸々1本微塵切りにする。
        
 

そばもやしをさっと茹でる。ほうれん草を茹でるくらいの気持ちでした。



もやしをザルにあけて水分を切る。
ボウルにもやし、長ネギ微塵切りを加える。
ここに、胡麻油、お醤油、お砂糖、塩を加えてよーく混ぜる。
もやしの分量によって調味料を使う量は変わりますが、
最初に胡麻油とお醤油を大さじ1ずつ、お砂糖小さじ1、塩ひとつまみ入れ、
混ぜながら好みの味になるまで胡麻油、お醤油を足していきました。

  

        ふわっと盛り付けて完成!

        

お味はどうかな・・・
シャキシャキ!
歯ごたえを表現するとまさにこんな感じです。
とっても美味しくって、用意したサワーを飲むよりも食べることに集中しちゃいました・・・

そばもやしは青森の方からいただかない限りは手に入れるのが難しいので、
スーパーで手に入る良さげなもやしなどを使ったレシピをつくってみようと思います。



ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

キッチンで焼肉

2008年07月27日 | エスニック
    
去年の夏からずーっと思っていたキッチンへのエアコン・・・やっと実現。
これで西日が強くても、魚をおろしている間に温まることがありません。
冬は熱いものを熱いままで出すことができます。

せっかくエアコンを取り付けたので、ひさびさにキッチン立ち飲みをやろうか・・・

お義姉さん達とバーベキューに行く準備で買ってある岩手の切炭を試してみたいし・・・
よーし焼肉!

そのとき、ダイニングテーブルのベンチをキッチンに運ぶことを思いつきました。
早速・・・これはいい感じかもしれません・・・

 

これが岩手の切炭です。
なぜこれを買ったかといいますと・・・
炭の中が空洞になっていて火のつきがよさそうだったからです。
バーベュー用の大ぶりの備長炭は火を熾すのが大変で、別の炭を探していました。
ほんと見事な炭だなあとしばし見入ってしまいました・・・
    
  

          炭を熾すときに使う鍋のようなものもゲットしました。

          

これなら私でも火熾しができます。



いつものようにキッチン立ち飲み(今回はベンチ付)の準備をします・・・

 

肉を焼く前にまずはビールで乾杯!

 

          焼き肉開始!

          

極上の色に焼けてきました!



換気扇をしっかり回しているので煙も大丈夫。これはいいです。
しいて言えば、七輪の高さがもう少し低いのがあれば・・・いずれ探そう・・・



捕鯨船で知った合同酒精の梅の香を久々にゲット。
下町の味がするサワーを楽しみます。

「焼津 海味工房ぬかや斎藤商店」のはらもくんを炙ったものをつまみに・・・
このはらもくん、カツオのおなかの部分を燻製にしたもので、とってもおいしいんです。

 

          焼き肉のお味は・・・

          今回、少しでもカロリーを控えめにするため、
          焼肉のタレは使いませんでした。
          大根おろし、卸したにんにく、醤油で創りました。
          さっぱりしててとっても美味しいです!

          

        ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加