Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

市場体験と関イサキのお造り 父の日Version

2015年06月21日 | 食材を求めて
  
地元の寿司屋の大将から市場体験のお誘い。
プロと一緒に市場に行ける貴重な体験。是非。
しかし朝早くてきつかった・・・

大将の後についていくと本当に勉強になる。
この道40年の大将は市場では相当知られた顔。
次々に元気な挨拶の声。私も挨拶を返す。
大将の一人娘の婿と間違えられたようで
何度か「息子さん?」と聞かれた。
若く見えるってことだよな? と内心ほくそえむ。

栄進丸超極上イサキを食べて以来、
魚屋に行くとかならずイサキに目が行ってしまう。
大将のお気に入りのお店の魚を見ていた時に
「関イサキ」という札・・・初めて見た!
関サバ、関アジは知っていたが、関イサキとは・・・

「買うかい?」と大将に言われ、即決。
週末、用事で家を出れない親父さんに姿造りをつくることにした。
父の日だし。

帰ってから眠い目をこすり、うろこを落としてから3枚に下ろす。



腹子がでかい!!!
得した気分。



骨を抜いてから皮を上にし、キッチンペーパーを被せてから
熱湯を全体にかける。
身が反り返ったところで氷水に浸す。
身が冷えたら取り出し、キッチンペーパーでよく水を拭き取る。

腹子は甘辛く煮つける。



皮側からななめに包丁を入れ、スライスしていく。
父の日スペシャルなので市場でゲットしたウニも箱ごと盛る。

親父さんの喜ぶ顔が浮かぶ。
美味しいものを前にしたときの人の顔ほどいいものはない。
親父さんがどんな顔をするか楽しみだ。







地元の寿司屋と栄進丸のコラボレーション 

2015年03月29日 | 食材を求めて
  
地元の寿司屋のマスターの引退が近いのでは、と噂。
まずい。引退前に栄進丸の魚を料理してもらいたい。
ということで、栄進丸に鮮魚を注文。
寿司屋に直送していただきました。
親孝行も兼ねて寿司屋へ。

到着したらマスターがちょっとお疲れ?
確かになあ・・・とっくに引退してもいい歳だからな・・・

個室に通され、栄進丸の魚たちが次々と運ばれてくる。

まずは真鯛の姿造り。
みんな大喜び。



そしてチューカー(馬づらはぎ)。
キモをつけていただく。
かみさんの親父さんがかかえて食べるくらいお気に入り。



スズキと鯛のしゃぶしゃぶ。
これが激ウマ!



私はスズキの焼き物にはまった。

かみさんはホウボウの塩焼をかかえて食べてた。
親父さんにそっくり・・・



そして真鯛の酒蒸し。甘味と繊細な身がたまらん・・・
やっぱりプロは違う・・・出汁を飲んでしまった・・・



魚づくしの宴にみんな大満足。
栄進丸の船長さん、Kさん、寿司屋のマスター、ありがとう!

マスターの料理を味わったら久々に自分で料理をしたくなってしまった・・・
次回は栄進丸の鮮魚を自分で料理をすることに決定。
早速注文しなきゃ・・・




松葉蟹と砂丘ながいも(鳥取産直グルメ)

2014年12月11日 | 食材を求めて

いつもお世話になっている栄進丸
Kさんに砂丘ながいもと松葉蟹を手配していただきました。

砂丘ながいもは、Kさんに紹介されて
初めて知った逸品です。



山かけもいただき、いそべもいただき・・・
でも、一番は皮ごと素揚げ。
あとはKさんから教わったお吸い物風に挑戦しよう。
外側はカリカリ、中はトロリ。極上。



そして、この時期はやはり蟹・蟹・蟹・蟹・蟹・・・



とにかくでかい。



我が家で一番大きなお皿におさまらなかった・・・
味はもう・・・かみさんと無言で食べ続けました・・・




宮城と伊豆のグルメ(仙台長茄子・ヒラメ刺し・活アジ・活アワビ)

2014年10月02日 | 食材を求めて

      仙台の市場から直送してもらった
      ヒラメとマグロ。
      あわせるお酒はダンディなKさんからいただいた
      くどき上手純米大吟醸。

      

長茄子のお漬物に挑戦。



仙台のある酒屋で見つけた田酒のSnow Flower。
長茄子漬け、カツオをいただく。
ミョウバンを少な目にしたせいか
色がいまいち。次回はもっと綺麗につくりたい。



      下田の帰りにゲットした活アジと大ぶりのあわび。

      

      ダンディなKさんからいただいた
      スーパーくどき上手をあわせた。
      どちらも旨すぎて眼をつぶってしまう・・・

      

アジに目が無いオヤジのために姿造りをつくった。




鳥取の旬の味(Kさんの真心)

2013年12月09日 | 食材を求めて

もう1か月近く忙しくて目が回る毎日・・・
なんとかめどがついたかな・・・と思ったそのときに
鳥取のKさんから旬の味の贈りものメールが・・・

届いた箱を開けると・・・卵をたっぷりかかえたせいこがに!
しかも、かみさんの大好物のちくわ入り!!!



この時期しか漁が許されていないという希少な海の幸。



早速、カニを持って行きつけの寿司屋へ。
まずは刺盛をつまみながらカニを待ち・・・
お酒はしぼりたての花陽浴おりがらみ(八反錦)。
これ、極上です。



出てきました! すごい!
外子、内子、ミソ、極上!!!
初めて食べる旨さに・・・幸せ感たっぷり。
Kさん、いつもありがとうございます。




コームハニー(蜂の巣そのままハニー)

2013年10月16日 | 食材を求めて
    
お友達夫婦からいただいたニュージーランド産のコームハニー。

    

    早速、トーストにのせていただきました・・・

    

その後、アルカナイズの朝食で学び、
フロマージュじゃないけれど、
相当フロマージュに近いヨーグルトを
見つけて試してみました。

旨し・・・美容にもいいそうです・・・
アルカナイズの帰りに近くのJA直売所で見つけた
イチジクのジャムをパンにのせて
食べました・・・これまたおいし。






極上ベーグル Nao☆Bagels (ナオ ベーグルス:加茂郡西伊豆町字久須)

2013年02月24日 | 食材を求めて
   
かみさんが行きたがっていたnao☆Bagelsへ。

松崎から車でしばらく走り、家が立ち並ぶ細い道へ。
しばらく行くと都内でも見たことが無いほど
華やかでセンスの良い店舗が目の前に・・・
センスもニューヨークスタイルなんだな・・・

既に先客もおり、店に入ろうとしたときには
別のお客が車で到着。人気店なんだな・・・

店主はドライな感じで接客スタイルもニューヨークのよう。
でも話しだすとフレンドリーでとても優しい人。
OLをやめてニューヨークのベーグル店に飛び込み修行を
したという、素晴らしい人。
こういう決断ができ、行動力を持てることにずっと憧れている
私にとって素晴らしいの一言。

サーモンのベーグルサンドとストロベリークリームチーズを。
どちらもプレーンのベーグル。そして珈琲に紅茶。
半分に切られているサーモンのベーグルサンドを
かみさんと二人で食べ、ストロベリークリームチーズは
帰りの車内で食べることに。

それにしても旨い。
ベーグルはずいぶん食べて来たけどこの食感と
この味を日本で食べるのは初めて。本物。



帰りの車の中でストロベリークリームチーズ入りのベーグルを
食べ、その美味しさに感動。
イチゴがたっぷりの手作りクリームチーズは他で食べれないだろうな・・・

そのとき、携帯が無いことに気づき、かみさんに電話してもらう。
やはり携帯は店に。丁度良かった、ということで、
ベーグル10個とストロベリークリームチーズをお取り寄せ。
忘れた携帯も一緒。電源を切りますか?と親切な店主。

届いたベーグルに大満足。
忘れた携帯は丁寧に包まれていました。
早速ベーグルを2つ食べることに。
残りのベーグルは1つずつラップで包み、更にビニール袋で包んで冷凍庫で保存。



早速、ベーグルをラップで包んでレンジで軽く温め、
半分にスライスし、トースターで軽く焼いて、
ストロベリークリームチーズをたっぷり塗って・・・パクリ。
感動するほど美味しい・・・かみさんも大喜び。

そして、国産のスモークサーモンと、ちょっといいクリームチーズ、
スライス玉ねぎをサンドしたベーグルを・・・極上!!!

この記事を今書いていますが、10個買ったベーグルは、
既に冷凍庫にはあと1個だけ・・・




極上松葉かに 旨すぎ・・・

2012年03月13日 | 食材を求めて
    
鳥取のMさんから嬉しすぎる贈り物が・・・
なんと極上松葉かに・・・実はちゃんとした松葉と呼ばれるかには初めて。
普段食べるかにはスーパーに売っているずわいか寺泊で食べる安いずわい。
一番好きなかには? と聞かれれば、答えはタラバ。
味や身の滑らかさでは毛蟹が一番好きですが毛蟹は食べるのがやっかい。
ということで、ちょっと大味ですが、がつんと食べれるタラバが好きなのです。
ところが・・・Mさんの松葉を食べた瞬間に・・・タラバが2番に・・・

さて、Mさんの贈り物の箱を開けると・・・で、でかい・・・
え!? しかも生きてる・・・ぶくぶくやってるんです・・・ 

  

特に札のついたかにの大きさと美味しさを示すカニビルの卵がびっしり・・・
これは極上中の極上の印だそうです。
Mさんのお勧めにしたがって塩茹でにしました。中火で20分くらい。

  

茹で上がった松葉を冷水で2分ほど浸してからいただきます・・・
茹で上げた後に冷水に浸すとより美味しくなるそうです。
お酒は鍋島のニュームーンを控えにして、メインは兵庫の酒、醴泉純米大吟醸を。
一口飲んでから松葉をいただきます・・・濃い! 味が濃い! 旨すぎる!!!

かみさん、久々に超無言です・・・真剣な顔をしてひたすら松葉をかじってます。
話しかけたら・・・「食べることに集中させて」とのリクエスト・・・



Mさん、間違いなくタラバは2番になりました・・・
こんなに美味しいものを送っていただいて・・・本当に感謝です・・・







紅ほっぺのイチゴジャム(神田農園「いちご屋」)

2012年02月19日 | 食材を求めて

久々に朝食でパンをいただきました。
神田農園いちご屋の紅ほっぺのジャムを早く食べたかったからです。
パンは神戸屋のもの。最近お気に入りの麦の風味にこだわったパンです。
軽くトーストして、バターを薄めにぬり、イチゴジャムをたっぷりのせます。

          
    
          「サクッ」と音がして香ばしい香りにつづいて
          バターの風味・・・そして・・・
          手作り感たっぷりの濃厚なイチゴの味と香りが・・・

          ちょっと濃厚なミルクを飲みながらが、抜群!

          

神田農園は富士山を望む韮山の一角にあります。





地面に直接植えて育てた場合に比べて遥かにイチゴ狩がし易くて楽でした。
紅ほっぺは大きくてとっても美味しくてついつい食べ過ぎてしまいます。



          大きな紅ほっぺを口いっぱいにほおばって・・・
          食いしん坊なかみさんは幸せいっぱいでした。

          

帰り道に海老名サービスエリアで買った木の葉寿司、かに寿司、かまぼこ、
そしてかみさん作の卵塩麹漬を肴に一杯。
お酒は盾の川のおりがらみ、美味しくてついつい飲みすぎてしまいます。
それにしても紅ほっぺは旨かった・・・




感動の天然真鯛を贈る(栄進丸の天然真鯛)

2011年02月13日 | 食材を求めて
    
        とっておきの日の鮮魚はここ、
        と決めているのが栄進丸です。
        船長とその仲間が苦労して鳥取の海で漁った魚の直送。
        真鯛のシーズンになったので早速注文しました。
        最近の悪天候にもかかわらず、
        船長さんのメッセージ入りの荷物が届きました。
        メッセージを読んで感動。心から感謝を。

        注文したのは4尾入りで合計約2KGの特大。
        箱を開けてその美しさにしばし見とれます・・・
        冷凍していない漁れたての魚だけが持つ美しい眼。

        

        

大阪の姪の中学受験が無事に終わったお祝いに真鯛を送りたかったのです。
四天王寺や清風南海のスーパーなんとかなど・・・全部無事に合格。
受験したところの偏差値は絶句するような数値ばかり・・・
中学校で○○クラスなど色々分けられていること自体にびっくり・・・
スーパーなんとかクラスってのはいったいなんなんだろう・・・驚きです。
塾も毎日、勉強も深夜までやっていたそうです。
私が小学生のときは遊ぶことで頭が一杯でした・・・
頑張った小学生の姪に是非栄進丸の真鯛を食べさせたいと思いました。
すぐに食べれるよう、鯛フルコースセット、みたいな感じで送ります。

早速、3枚に下します。

 

<湯引き>
背側の身を2枚、皮を上にして布巾を被せて皮が反るくらいに熱湯をかけます。
それを即座に氷水に浸し、冷やしてから水気をしっかりとります。
こんな感じに仕上がります。極上の真鯛は皮ごと食べる湯引きが一番。
刺し身包丁で皮側から切ります。

  

<つみれ>
中骨の身や腹側のアラからスプーンで削り取った身を包丁で叩き、
塩少々、砂糖少々、片栗粉、お酒少々を加えてよく練ります。
これはスプーンで適量をすくい、骨でだしを取ったスープ加えていただきます。

<皮焼き>
塩を軽くふってグリルでカリッと焼いていただきます。

<かぶと煮>
頭を出刃で半分に割っただけのものですが、煮つけると抜群。
味付けはお酒、醤油、砂糖、味醂で。
クッキングペーパーで落し蓋をして炊きあげます。

  

<カルパッチョ>
腹側の身は皮を取ってスライスし、アーリオ・オーリオと和えます。
味付けは岩塩のみ。

<骨>
さきほどのつみれを使ったつみれ汁のスープのだしにします。
かみさんが御世話になっている先生から教えていただいた処理をしています。
弱火でじっくり焼いたものです。この方が美味しくだしがとれるそうです。

  

それぞれを丁寧に包み、梱包しました。
クール便で翌日午前中到着です。

 

        私昨夜湯引きでいただきました。

        

        この極上の色、つや・・・たまりません・・・