Naturalレシピ NOBの厨房

パスタ中心のイタリアン、素材から創る手づくりレシピいろいろ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

用宗の生しらす丼と静岡産直GWスペシャル弁当

2013年04月30日 | お弁当を創る
   
GW前半は静岡旅行。
旅行最終日の4月30日、
「さわやか」のげんこつハンバーグ
食べてゆっくり焼津を出発したいのを我慢して、
焼津でそそくさと早い昼食を済ませ出発。
渋滞に全くあわずに超早の帰宅。

フジメンで食べて
すっかり気に入ってしまった餃子のお土産を早速焼いてまずは乾杯。

        

そして、焼津で仕入れた極上のカツオ、用宗漁港でゲットした生しらす、
釜揚げしらす+大根おろし、で二次会。

森本酒造の「誉富士 寒仕込 火入れ よりいいぞぉ」を合わせる。

      何から何までたった一人でこなす驚きの酒蔵。
      食事をしながら飲むとその良さが分かる希少酒。
      それにしても用宗の生しらすの美味しいこと・・・
      まず、臭みゼロ。しかも大きい。
      そして、大好きなカツオ。ねっとりとした食感と旨味。

      

今朝は早起き。
GW中の今日からご出勤のかみさんのためにお弁当をつくる。

さて、残ったカツオを調理。
ショウガのスライスを1枚アクセントに加えて
砂糖、酒、味醂、醤油で甘辛く煮付ける。
そして、釜揚げしらすをたっぷり加えた卵焼き。
ご飯の上には私のお手製の昆布とホタテの佃煮。

ホタテを買うときは、ホールで買い、
貝柱は刺身に、貝紐やキモは昆布と一緒に佃煮にすることが多い。

お弁当の色合いと、栄養バランスも考え、
トマトとキュウリを添える。



      これから働きに行くかみさんには生しらすと釜揚げしらすを
      たっぷり盛りつけたしらす丼を。
      私は卵焼きの残り、釜揚げしらす大根で。

      






ペンキ塗りとサンドイッチの休日

2010年05月06日 | お弁当を創る
   
予定を一切入れていないGW・・・こんなこと久々でした・・・
毎日、かみさんと、「今日はどうする?」、「明日はどうする?」
「今日は何を食べる?」から始まって、一日の予定を決めてそれから行動・・・
今までGWは必ず半分以上は予定を入れていましたが、今回はとにかくこんな感じ。
その気楽さがとにかく心地いいんです・・・そしたら・・・
「ねぇ・・・お庭のイスとテーブル、塗ったほうがいいんじゃない?」とかみさん。

「あ~あ、お仕事発生かぁ・・・」←心の中の呟き。
「そうだね! そろそろ塗らなきゃまずいなあって思ってたんだ」←心と裏腹な発言。

庭に出ると(「出ると」というほどの庭じゃないんだけど・・・心はそんな感じ)
一番大きな花みずきの花が満開・・・なんて奇麗なんだろう・・・しばし見とれる。

 

そして、イスとテーブルのペンキ塗り。久々なので勝手が分からず・・・
たれないように刷毛に適量の塗料を含ませて同一方向に丁寧に塗っていきます。
慣れてきたらだんだんいい感じになってきました・・・イスが面倒・・・
一度塗ったつもりで全体を四方八方から眺めると、あちこちに塗り忘れが・・・

  

      終わって空を見上げると花みずきの花の色と空の色の
      素晴らしいコントラスト。
      充実感が・・・いいなぁ・・・
      ということでこのあとは車を洗いました。

      

車を洗ったら丁度お昼どき・・・何かもって出かけたくなってきました。
「サンドイッチつくって公園で食べようか!」
ということで、サンドイッチづくり。東海軒のサンドイッチを再現したかったのですが、
あいにく、冷蔵庫にハムは無し・・・ということで海老を使ってクラブ風に・・・

まずは茹卵をフォークで崩してマヨネーズと黒コショウで和える。
8枚切りのパンにはからしマーガリンをぬり、レタス、卵、トマトを・・・
続いて千切りキャベツのコールスローを創る。
サンドイッチ用なので、最初にキャベツの千切りを軽く塩モミして水分をとっておく。

   

海老は茹でて縦半分にスライスしておきます。
あとはからしマーガリンをパンにぬり、レタス、海老、コールスロー、追加マヨネーズ。

  

半分に切ったサンドイッチをアルミホイルでしっかりと包みます。
サンドイッチにかぶりつくと口の周りや手を拭く必要があるのでおしぼりは必須。

 

      以前から目をつけておいた公園までドライブ・・・
      そして・・・パクッと一口・・・
      海老と千切りキャベツのコールスローの組み合わせが抜群!

      超素朴な休日だけど・・・なんて充実感・・・いい感じ・・・

      

      ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
      「本物のSLにびっくり!(寸又峡:静岡県)」です。
      「NOBのおでかけだより」

      blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ 



ステーキサンド with てきとーザワークラフト風

2009年09月03日 | お弁当を創る
      
かみさんがお友達とピクニックに行くとのこと。
じゃ、サンドイッチでもつくってあげようか・・・ということで、
ステーキサンドをつくることにしました。
牛肉なのでたっぷり野菜がいいかな、ということで、
てきとーザワークラフトたっぷりにすることに・・・

てきとーザワークラフトは超簡単。キャベツの千切りをつくって、ボウルに入れ、
お酢、砂糖、塩を加えよく混ぜ、手でちょっと圧力をかけ、ラップして冷蔵庫。
翌朝にはしんなりしてます。

さて、ステーキはよけいな脂を切り、これをフライパンで溶かします。
塩、胡椒を両面にふってからフライパンで最初強火、焦げ目がついたら弱火。

 

焼けたステーキの上にモッツアレラチーズをのせておきます。これでトロリ。
パンに粒マスタード、マヨネーズを塗ります。味付けだけでなく、
てきとーザワークラフトの水分をパンにしみこませないためでもあるんです。
てきとーザワークラフトはよーく手で水分を絞ってからパンにひろげます。
その上にパプリカのスライスをのせて・・・

  

        粗熱のとれたステーキをのせて・・・        

        

        かみさんは「パンの耳はそのままで」というリクエスト。
        ハイハイ。サンドイッチが完成したところで私は出勤。
        楽しんでおいで・・・

        

         ブログランキング・にほんブログ村へ

から揚げ博士

2008年11月23日 | お弁当を創る
       
今日も良いお天気ですね!
昨日はあまりにお天気が良いのでブログを投稿した後・・・
「お弁当持って出かけよう!」
と盛り上がってしまい、速攻でお米をといで炊飯器のスイッチを入れました。
10時からの用意なのでとにかく急いで用意しなければなりません。

冷凍庫に豚ロースが2枚入っているからこれでカツを揚げてトンカツ弁当にしよう・・・
そう思って豚ロースの解凍を始めたら、かみさんが・・・「から揚げがいいな~」

用意しはじめた出鼻をくじかれた感はありましたが、鶏もも肉はあるし・・・
ということでから揚げに変更。ということで私は初めてのから揚げづくり。
かみさんは私がから揚げに変更したことを確認してから掃除へ・・・

かみさんがから揚げをつくっていたときの記憶から、とにかくタレにつけて、
小麦粉か片栗粉にまぶして揚げればいいのだろう、ということでまずタレに・・・

レシピ
鶏肉を食べ易いサイズに切り、ボウルに移す。
お醤油大さじ1.5、日本酒小さじ1、砂糖小さじ1/2、塩一つまみ、
クローブ小さじ1、卸しニンニク小1かけ分を加えてよく手で混ぜ合わせておく。
あとは揚げるまで放置。ご飯が炊けてから揚げるプランです。

スパイスプロジェクトでいただいたクローブは肉の臭みが消えるということ。
早速、試してみました。

  

ご飯が炊けるまでまだ時間がありますから玉子焼きづくりです。
玉子3個をボウルに入れ、菜箸で八の字をかくようによく溶く。
ここにお砂糖小さじ2、味醂小さじ1、お醤油小さじ1、塩一つまみを加えてよく混ぜる。
何も入ってないのも寂しいので下田で買った岩海苔をたっぷり入れてみました。
後は焼き上げるだけ。

端っこってお弁当には入れないで・・・もちろん味見ですよね~!
      
  

        切ってみたらとても綺麗でした・・・さて端っこの味見を・・・
        そこにかみさん登場・・・「食べていいんでしょ?」
        一瞬ためらいましたが、「いいよ」と私・・・
        玉子焼きの匂いにつられて来たようです。

        食べ終わると「ワンワン!」と軽く吼えてまた掃除へ・・・
        美味しかったようです・・・

         

炊飯器が「ピーッ、ピーッ!」と鳴りました。炊き上がったようです。
早速、漬けこんでおいた鶏肉に片栗粉をまぶして揚げます。

あと3つ揚げればおしまいというくらいになってからから揚げ博士が登場
から揚げ博士:「粉をまぶしてるの!?」「粉は何?」
NOB:「えっ!? 片栗粉だけだよ」
から揚げ博士:「片栗粉だけじゃだめだよ」
NOB:「なんで???」
から揚げ博士:「私の研究結果!」
NOB:「なんなんだこいつは・・・(心の中)」
から揚げ博士:「小麦粉出して混ぜて」
NOB:「はいはい・・・」(声に出した)

ちなみにから揚げ博士は粉も調味料と一緒にまぜるそうです。

 

から揚げ博士:「ほーら、こんなに綺麗に揚がったでしょ?」
NOB:「・・・・・・・」



から揚げ博士:「私の方が断然美味しそうでしょ~」
NOB:「・・・・・・・・・・」

そして、から揚げ博士は大きなから揚げを1つ頬張ると再び掃除へ・・・

なんか気に入らない・・・



          から揚げ博士のリクエストで味付け海苔、
          胡麻、醤油を和えたものをご飯にのせます。

          

予定より30分遅れて出発。意外にスムーズに目的地に到着。

お味はどうかな・・・
風がちょっと冷たいなと思いつつ、お弁当を開いて・・・



        最初に玉子焼きを・・・なんか嬉しい味です・・・
        岩海苔もいいもんです。

        

そしてから揚げを・・・もちろん、私の片栗粉バージョン・・・美味しい。
初めてつくったから揚げにちょっと感動・・・
クローブの効果も出ていて食べたときに爽やかさを感じます。

そこにから揚げ博士登場!
から揚げ博士:「もっとお醤油を入れたほうがよかったね」

ほんとから揚げ博士はから揚げにだけは小姑のようです・・・
とにかくから揚げとイカのさばき方にはうるさいんです・・・

次回はから揚げ博士を超える唐揚げをつくってやる!



ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「晩秋の青空とお弁当」です。
「NOBのおでかけだより」

ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (17)

ひさびさのお弁当 ファイナル

2008年09月25日 | お弁当を創る
    
遅い夏季休暇最終日の朝、約束通りかみさんにお弁当を創ってあげました。
もちろん、開けるまでのお楽しみ。
月曜日はかみさんがついブログを見てしまったので、食べる前に分かってしまいました。
今回はアップを1日遅らせました。これで開けるまで分かりません。
かなり満足してくれたようで、お弁当を開けて直ぐにメールがきました。

火曜日の夜にやっておいたことは:
(1)電気炊飯器のタイマーで、朝、おこわが炊きあがるようにしておくこと。
(2)ジャガイモを1個茹でておくこと。
(3)ウズラの卵を茹でて殻を剥いておくこと。
この3つです。

<舞茸おこわ>
新米1合、餅米1合を混ぜて使います。
よく洗ってから内釜に入れ、お砂糖ひとつまみ、お醤油大さじ3、塩ひとつまみ、
お酒、味醂少々を加えてから水を加えます。2合の目盛りよりも5~6mm下。
炊き上がりは舞茸の色も出て、つやつやのいい色です。

<玉子焼>
そして、かみさんの大好きな玉子焼。
卵1個、お砂糖小さじ1、塩一つまみ、お醤油小さじ1、味醂少々で創ります。
   
 

<スコッチエッグ:ジャガイモバージョン>
茹でたポテトをよーく捏ねて粘りを出してからウズラの卵を包む。
水溶き小麦粉をつけてからパン粉をまぶして油で揚げる。

<スコッチエッグ:ミンチバージョン>
豚コマ肉を出刃包丁で叩き、塩ひとつまみ、片栗粉小さじ1を加える。
これを包丁の腹で叩くように捏ねて粘りを出してからウズラの卵を包む。
水溶き小麦粉をつけてからパン粉をまぶして油で揚げる。 

   

<速攻エビチリ>
かみさんの大好物のエビチリを速攻で創ります。
エビ2尾は殻を剥いてから背わたをとり、水溶き片栗粉に浸しておく。
長ネギ5cm、ニンニク少々を微塵切りにし、油をひいた鍋で炒める。

   

お酒大さじ2、水50ccを加え、沸騰させる。
ここにエビ、豆板醤小さじ1、トマトケチャップ大さじ2、
砂糖、塩をそれぞれ一つまみ加える。
エビに火が通ったら、水溶き片栗粉を加え、とろみがついたら完成。

 

スヌーピーの小さなお弁当箱に詰めて完成! 



手前から、速攻エビチリ、玉子焼き、スコッチエッグミンチバージョン、
スコッチエッグポテトバージョンです。

 



舞茸おこわのつやの良さ・・・ちょっと細工しました。
松茸のスライス(私が発見してゲットした松茸です)を添えていますが、
底には舞茸をびっしりと敷いたんです。
「舞茸があんまりはいってないなあ・・・」
と思わせておいて最後に「あっ!?」となるのを狙いました。



ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「飛騨家具(飛騨の家具館)と飛騨牛の焼肉(寿里:高山市)」です。
「NOBのおでかけだより」

ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント (18)

久々のお弁当づくり

2008年09月22日 | お弁当を創る
     
昨日、旅先から帰ってきました。
夏期休暇に入ってから日帰り1回、泊まりで1回、旅行をしました。

さて、私は水曜日までお休みですが、かみさんは今日と水曜日はお出かけ。
遊びではないので「お弁当創ってあげようか?」と言ってみたら大喜び。
お弁当を創るのはひさびさです。前にダイエット弁当を創って
かみさんとお友達をからかったことを思い出しました。

それにしても今朝起きるのは辛かった・・・です・・・

さて、旅行から帰ったばかりなので冷蔵庫も冷凍庫にも食材は僅か・・・
とりあえず前日の夜に豚肉、ちこ鯛の腹子と白子を解凍しておきました。
ちこ鯛の腹子と白子は、「ちこ鯛のカルパッチョ 再び・・・」で、
ちこ鯛をさばいて出てきたものを冷凍しておいたものです。

<メニュー>
辛肉味噌
豚コマは出刃包丁で叩いてミンチに。長ネギは微塵切り。
フライパンで豚コマと長ネギを炒め、豆板醤、お砂糖、お醤油、味噌を加え、
強めの水溶き片栗粉でまとめるだけ。お弁当用なので片栗粉を多めにします。

玉子焼
卵1個にお砂糖、お塩、お酒、お醤油を加えてよく混ぜ、焼くだけ。

魚卵の煮付
ちこ鯛の白子と腹子を汁(お醤油、お水、お砂糖、味醂、お酒)で煮るだけ。
  
   

海苔を短冊状に切ってご飯を包んだものを並べてみました。
玉子焼が入りきらなかったのでご飯側にも追加。
野菜が全くなかったのでキウィを追加。シンプルだけど・・・



お弁当の完成!
あとは朝食と珈琲を淹れる準備・・・



朝早く起きてお弁当創って、朝食の支度をして、珈琲淹れて・・・
世の奥さん達の大変さが見にしみました・・・ 

ブログ「NOBのおでかけだより」を更新しました。
「信州キノコ調査とマツタケ発見!?」です。
「NOBのおでかけだより」

ファイブ ブログランキング  ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント (14)

手作りカツサンド&マカロニサラダ(早春ちょい寒ピクニック)

2007年03月19日 | お弁当を創る
 
日曜はとても天気が良いのでピクニックに行くことに。
それじゃあカツサンド&マカロニサラダを創ろうかな? と言うと、
「餅つき機はパンも焼けるから作ったら?」とかみさん。
考えてみれば我が家のマシン、パンも焼けるのにお餅創りでしか使ってない。
しかも、材料を入れてスイッチを押すだけ。「よーしやるぞぉ~!」
しかし! ホームベーカリーで創ってもこんな出来

 

気を取り直してマカロニサラダを創る。
材料は、マカロニ、プチトマト2種、アスパラ、ニンジン、ゆで卵。
味付けは、塩、砂糖少々、マヨネーズ、細挽き黒胡椒。

 

      イエロープチトマトは湯剥きしました。入れ物は出張で食べた駅弁の容器。

      

ロースブロックを1cm厚くらいにスライスしてカツを創る。春キャベツの千切りはたっぷりと。

 

      中濃ソース、日ノ出ソース、どろからソースを混ぜたソースに、トンカツをつける。
      パンにマーガリンを薄くぬり、パン、キャベツ、トンカツ、キャベツ、パンの順に重ねる。

      

      カツサンド弁当のできあがり! 

      

      珈琲をアラジンポットにたっぷり入れてピクニックにGO!

      

風が冷たくて強くて公園には殆ど人気無し・・・さ、寒い・・・バスケットを開けお弁当を・・・

 

      KEIの珈琲の極上ブラジルを注ぐ・・・あったかーい・・・ホッとします。

      

      カツサンドの美味しさ、マカロニサラダの美味しさ、
      そして美味しい珈琲・・・寒いけど気持ちのよい日曜でした。

      

      


コメント (14)

「楽しく美しく痩せよう! ダイエット弁当」を創る(初夏のイタリアンディナー4/5 番外編)

2006年06月29日 | お弁当を創る
 
初夏のイタリアンディナー4/5は、番外編のダイエット弁当。
お友達はお泊りだったので、翌朝ちょっと早起きして二人のお昼用に創りました。

ダイエット弁当のコンセプトは「楽しく美しく痩せよう!」
見た目で楽しんで、美しく痩せよう! というお弁当。
お友達もかみさんもダイエット中なのです。
楽しくおしゃべりしながら、おかずを眼で楽しんで食べてほしいな。

ダイエットメニューと言うと次の2つの条件が浮かびます。
その1 量が少ない
その2 カロリーが低い

皆さん、ダイエットするならどっち選びますか?
その1だと、美味しいものは食べれますが量は少ない。
その2だと、その1ほど美味しいものは食べれないけど量は食べれる。

色々考えてその1を選びました。その代わり見た目と種類で楽しめる弁当を。
そういうわけで、「楽しく美しく痩せよう! ダイエット弁当」なのです。

 



これが、私の考えるダイエット弁当の大きさです。
ちなみに私もかみさんもタバコを吸いません。



お握りも小さいでしょ? 「ミニぎり」と呼んで下さい。
しかし、ウズラの玉子を茹でて剥く作業と、スコッチエッグを創るのは面倒でした・・・

 

メニューのご紹介

・プチトマトとモッツアレラチーズとベーコンとニンニク串
・ウズラ玉子のスコッチエッグ
・豚肉のほうれん草巻き
・玉子焼き
・ポークヴィッツのタコさん

出来上がったダイエット弁当を見たときのかみさんの反応
「ええーーー!? 絶対たりなーーーーい!!」

でもいいんです。本当の大きさの1/4ですからカロリーも1/4
種類が多いですから楽しめるし、一つ一つ箸でつまみ、
眼で見、口に運び、「小さすぎて物足りないなあ」と思っている内に、
お腹が膨らんでくるはずなのです。だから、ゆっくり楽しんで食べてもらいたい。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログへ
コメント (22)