Kオジサンの新・山歩きの記


山歩き&ウオーキングのサイト

山が好き 花が好き 自然が好き!!

忘 年 登 山   明王山 (384.5m)  

2017-12-21 23:27:05 | かがみの山歩会

山歩会で各務原市、関市、坂祝町の接点となる山、明王山に行って来ました。今回も各務原アルプスの山ですが、前回の弐水会の時よりも歩く距離が短くなっています。
今年、最後の山で、締めくくりとなる山です。手近な明王山に登り、その後は総会。そして忘年会となりました。



多賀坂林道の記念碑駐車場に有った各務原アルプスの案内地図です。
各務野自然遺産の森から金比羅山、明王山へ歩き、迫間八方不動から石段を下り、自然遺産の森に戻りました。




各務野自然遺産の森をスタートです。





健脚のみちへの登山道を登ります。




急な登り坂を登ります。




健脚のみち、を歩いてきました。
金比羅山が近付いてきて、急登になってきました。





金比羅山の山頂に到着です。




明王山のアンテナが望めます。





明王山のアンテナに向かって歩きます。





明王山の山頂に到着です。






明王山の山頂から。
御嶽山の方角の眺望です。
残念ながら雲がかかっています。




明王山の山頂から。
南の方角で名古屋方面です。
全体的にモヤがかかっています。
横へ流れている川は木曽川で、橋はライン大橋です。
拡大すると犬山城が見えます。
明王山、犬山城、小牧城、そして名古屋駅のビル群が一直線となります。




急いで下山する必要が無いので、しばらく山頂に留まっていました。
これから下山します。




迫間八方不動へきました。
ここからは迫間不動へ長い階段を下ります。





迫間不動への長い階段です。
下るので好いですが、この階段を登るとなると息が切れることだと思います。





迫間不動の奥の院へ来ました。
ここが迫間不動だと思い込んでいました。
迫間不動でも、ここは奥の院でした。





護摩堂と表示して有ります。
迫間不動でも、こちらがメインなのでしょう。
迫間不動と言うと岩屋のところと思い込んでいました。





コンクリートの坂を下ります。
この坂道。
整備されて、まだ、新しいように感じます。





各務野自然遺産の森に戻って来ました。
戻る時、みなさん。迫間不動の門前の食品販売所で買物して来ました。
私はミカンを買ってきました。



下山して会場を移します。
明王山に行ってきてから、総会。そして忘年会でした。
総会では今年の会計報告、そして来年に登る山の計画表が渡されました。
その後に忘年会です。
でも、みんな車で来ているのでアルコールはダメです。


食事処 梵

「食事処 梵」という店です。
日之出不動の南側の店。
ここの前を通ることは有っても、初めての入店です。
今日はこの店。私たちだけで貸切でした。




総会が始まります。

まず、総会です。
こう言う時、男性は男性。女性は女性と固まりがちです。
テーブルに紙片が置かれ、番号が付して有りました。
私は20番で20の席に座りました。
こう言う気配りが有り難いと思いました。

会計報告、30年に登る山のリストが公表されました。
そして、忘年会に移りました。


忘年会のお料理

左上が最初に用意してあったお料理です。
そして、次に出て来たのがエビフライ。
この後、ご飯に茶碗蒸し。味噌汁が出ました。
続いて、デザートです。ぜーリーなのだろうか、杏仁豆腐みたいなのが出ました。
最後はデミコーヒーがセルフで呑めるように用意してして有りました。
これで、2,000円です。
お値打ちでした。


感想
今回は、今年最後の山行でした。
簡単に山行を終え、総会と忘年会を行う段取りでした。この会場は女性の提案で決まりました。大抵、女性は喫茶店や食事の場所などを良く知って居ます。そしてこの場所となりました。
この会の進めていく様子を見ていて、会長を支えていくと言うか、手助けするスタンスが見えました。会がまとまり、好い事だと思いました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青春18キップで・・・・・富士山が... | トップ | 登り初めの山  古 城 山 (4... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

かがみの山歩会」カテゴリの最新記事