金四郎 たのんまっせぇ~

夫と、老柴犬金四郎と南房総に移住して11年.
身も心もスッカリ房総人♪今は亡き愛犬との思い出とつづる日々の出来事

まっ、こんなところなんでしょう(金四郎通院日)

2014-06-23 21:35:06 | 日記
昨日の雨模様から一変、今日は洗濯日和。
デッキで干してたら、いつも美味しい物下さる地元のお隣さんから、きのう娘さん家族が箱根に行って来たからと、こちらにまでお土産、鈴廣の揚げかまぼこを頂きました。

ラッキーと思ってら、今度は週末にゴルフをお誘いした方が、家で採れた杏で作ったとジャムを。

金四郎の病院で、少し緊張感もあったり、ちょっぴり気分的に憂鬱になったりしてたので、気持ちほぐれて 良かったです♪
まぁ、頂くもの、「夏をも小袖」と言う言葉あると、義母に教わったことありますが、本当に、頂き物って、嬉しいこと多いですね

10時予約で金四郎、病院に行って来ました。

今日は、5分ほどで、呼ばれました、こんなことここ数回、初めてです

呼ばれた時、家じゃないと思っちゃいましたぁ

この1週間、昨日の朝で終わるまでの分量で、自己血清の目薬を差したけど、残念ながら、先週伺った時より良くなったという実感がないと、気持ち、はっきりと申し上げました。

院長先生も、先週の時点で察してはいらしたのでしょう、うんうんとうなずいて、とりあえず診察。
今日は、診察台の上に乗せて、体重も計ったら、14.5キロ!、また少し減ってる

「今、Fall in love なんです。匂いだけの、だから、食欲もいつもより少なくて・・」と話しましたら、

「あぁそうですか・・むふふふ・・」とだけの返事。

そして、いつもの診察、点眼麻酔に、着色剤を入れて・・検視鏡で・・・

先週とあまり変わらない感じに見えましたが、先生の所見は

「傷はあるんですけど、かなり小さくなっています。また、角膜上皮で、角膜その物まで行っていませんので、プランとしては、このまま、血清の薬も少し休んで、いつもの薬で様子を見ながら内科的に治療を継続する、プラン2は、どうしようもなければ前回のように手術とか、コンタクトとか・・・でもねぇ・・」

私は、即座に昨年の手術の時のような思いは、この年になってきてさせたくないし、私自身も望んでいませんとはっきりと申し上げました。

先生も そういう返事になるとこを察知してると言うか、期待してるようでした。

「人間だって、年を取ってから、病を持たれた方は、あえて辛い治療より、その病気と仲良くしながら、緩やかな療法を取っていくということありますでしょうし・・」と私

「まぁ、そうですね、そういうことも言えますね、・・・・」と先生。

「ゆっくりと坂を下りて行こうね・・金四郎・・・」と、撫でながらつぶやきました。

先生も、ちょっと乾いた感じの笑いを浮かべました。

なにせ、整形外科の専門医で、手術バリバリの方らしいので、内科的の話になると、トーンが落ちます。
それに加えて今日は、少しお疲れの様子が見られました。

でも、説明は丁寧で、とりあえず、これからは二フランと、ヒアレイン、それに抗生剤のオフロキシン軟膏をつけて行くことに・・・

帰宅して 昨日のゴルフの疲れもあってかソファーでゴロン太してた、ダンナ殿に とりあえず簡単に説明したら、うんうんとうなずいて 
「もう それでいいよ、いいよ、無理しないでさ・・」と。

ダンナ殿は、昨年の手術の時も、そこまでしなくてもというように眉をひそめましたが、その時は私も夢中で、とにかく、性格的に早く決着つけたい方なので、踏み切ったのですから。

今回は学習しました。
そして、ブログの皆様のご意見も、胸に止めて色々と考えて出した結論です。

ブログに書くことで、訪れて下さる皆様が、金四郎の年齢や今までのことなども考えて下さったコメントは、本当にありがたかったです。
この場で感謝の気持ちをお伝えさせていただきます。


病院は疲れちゃうんだよね


玄関のたたきの冷えたところで、こうして寝ていました。

まだ、恋の病は癒えていませんで、外に出たがるので、庭に出すと、今までは一目散にそちら方面に逃走を図りましたが、この頃は、まぁちょっとは、おとなしくなったような・・


それでも 庭のはっしこへ行って、クンクンクン

あわよくば、このまま外へ・・・と 言うことの無いように見張っていましたよ^^



お尻フェチの私には、こんな小さな格好でも可愛いです♪


庭の茂みの中には、こんな白いツユクサが沢山咲いています


初めて見つけた時は、埼玉の庭一杯に咲いていて大好きだった、チゴユリかと思って、喜んだのですけどね・・・^^;

残念でしたぁ・・トラディスカンチャの一種なんでしょうか・・

先日の「しおさいコンサート」のビデオが出来上がって、グループの家に廻ってきましたので、その映像から、ちょっとカメラに収めた物をご披露します。

地元の女性コーラス「コールカメリア」


こちらではアルトを歌っています。多分見えません♪

隣の市の混声合唱団「鴨川混声合唱団」

こちらでは、ソプラノを担当しています♪

そして、最後の合同合唱

オーケストラを前にして、歌う、この気持ち良さは何とも言えませんね♪

今晩のおかずは、最近いつもお邪魔させていただいてるブログ「小さな幸せが嬉しいなぁ~」のみいやんさんの所から、気になってた一品、豚肉とシイタケの煮物を作りました。
他はポテトサラダしか作りませんでしたので、これに玉ねぎと、生で冷凍しておいたソラマメを皮ごと入れて一緒に、甘辛く煮ました。

せっかくなので、豚肉は千葉県は美味しい生産地なので地元産のを使いました。
とっても美味しく出来て、グーでした

みいやんさん ありがとうございます

私にブログを始めることを進めて下さった、ブロ友のノエママさんは、今 ご両親様それぞれの介護でご実家に行かれています。

お母様の退院が遅れて、もう少し期間が長くなるかもしれないと・・・疲れはピークだと思います。

娘として、今、出来ることを一生懸命していらっしゃる、親は命に代えてでも子供を守ろうとしますが、親は子供にそれを望みません。
だからこそ、出来る今を なさっているのだと・・・。

夜は昼間の疲れと、スマホ携帯からのブログを読むのはかなり大変なので、皆さんのブログにまでたどり着けない、ごめんなさいと メールに有りました。

みなさん御承知で、応援してくださってると思うと伝えました。

ノエママさん、どうぞご自身の身体をいたわりながら、心行くまで、ご両親様のお世話をなさってくださいませね。

私自身、3月にご紹介した94歳7か月の母が東京でひとりで暮らしています。
近くに兄たちはいるけれど、たまに電話するぐらいで、なかなか母の所に行かない悪い娘です。
元気でいてくれるから・・・これにどれだけ甘えていることでしょう・・。

金四郎もね、お目目とお耳が悪いけど、それでもその年なりに元気でいてくれるから、おかあちゃまは、君にも甘えてる・・・

赤ちゃんの時から、目はこんな風にウルウルしてたっけね。
それがちょっぴり年取っただけなんだよね♪


金四郎~~元気でいてねぇ・・頼んまっせぇ~~♪♪


全ての命に輝くときが与えられるますように・・・



コメント (13)