霧笛が俺を呼んでいる

つれづれなるままに、日ぐらしパソコンにむかいて、こころにうつりゆくよしなごとをかきつづれば、あやしうこそものぐるほしかれ

日経平均は260円高と3日ぶり大幅反発、8カ月ぶり高値水準、全33業種が上昇

2020-10-19 17:06:53 | Weblog
令和2年10月19日(月)  日の出  5:51 日の入 17:01
    
  16日NYダウ       28606.31      +112.11          反発
 
東京株式市場・前場= 大幅反発
前場終値  23672.60         +261.97
出来高         4億2995万株   売買代金    8373億円
高値/安値    23703.69(+293.06)        23543.69(+133.06)  幅  160.00
値上がり1814銘柄、値下がり300銘柄、変わらず 59銘柄
 
JASDAQ平均    3626.51        +13.22        3日ぶり反発
マザーズ指数     1311.05         -1.54         3日続落
 
為替19日            買        売              前日比
米ドル  12:33    105.38        105.43          -0.02
ユーロ  12:33    123.38        123.43          -0.10
 
東京株式市場・後場= 大幅反発
後場終値  23671.13         +260.50
出来高         8億6259万株   売買代金    1兆6853億円
高値/安値    23707.16(+296.53)        23543.69(+133.06)  幅  163.47
値上がり1811銘柄、値下がり314銘柄、変わらず 55銘柄
 
朝方は、堅調な米経済指標を背景に現地16日のNYダウが上昇した流れを受け、買いが先行した。時間外取引(日本時間19日)での米株価指数先物高も後押しし、後場前半には一時2万3707円16銭(前週末比296円53銭高)まで値を上げた。米民主党のペロシ下院議員が現地18日、追加経済対策について11月3日の米大統領選までの可決を望んでいるとした上で、それを実現するには48時間内に合意をまとめる必要があると伝わり、協議進展への期待も支えとなった。その後は一服商状ながら、大引けにかけて高値圏で推移した。
 
市場からは「米追加経済対策を巡るニュースは前向きな内容だが、その一方で(再び交渉決裂という)失望リスクもある。ただ、米経済指標は堅調であり、経済回復の方向性は変わっていない。決算次第だが、上方修正やリビジョンインデックス(アナリストによる業績予想に基づく指数)が高まれば、日経平均2万4000円が見えてくる」(国内投信)との声が聞こえた。
 
JASDAQ平均    3628.83        +15.54        3日ぶり反発
マザーズ指数     1318..68         +6.09        3日ぶり反発
 
為替19日            買        売              前日比
米ドル  16:36    105.42        105.45          +0.02
ユーロ  16:36    123.45        123.49          -0.03
 
 【今日の取引】
チェンジ(3962)09:04:18 買 100株 8,450円

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経平均は96円安と続落、... | トップ | 日経平均は104円安と反落... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事