Fioe-gras Runner's Club(脂肪肝爆走友の会)&クールミントギャグ日誌

フォアグラ・ランナーズ・クラブ(代表すいか)のランニング活動日誌&クールミントギャグ兼こけこのたべあるき日誌。

洋裁教室

2016年08月06日 08時30分47秒 | 洋裁教室
月も変わるし…と先月末に大慌てで宿題の生地にきりじつけ。しつけをかけて…切って、2枚のしつけのかかった生地ができた。それが…前と後ろのぶん。裏地は…型紙は同じでいいはずだけど…型紙のどっちかを裏にしておいたはず…。どっちだったっけ。
教室で聞くか…。先生は…ミシンがけのお話しをしていたから…当然裏地までやってくると思っているかもしれないけど…。
とりあえず行けるうちに…ミシン糸とボビンとボビンケース。それからスカート用のホック。ファスナーも買ってきたけど…生地と同じのがなく…しかたがなく白に。
たまたま声をかけた店員さん、しゃがんで作業をしてたんだけど…顔をあげたらこのあいだの子だった。思わず、このあいだはさみを買った時の…というと覚えていますと言ってくれて…。はさみが使いやすくて気に入っているとお礼を言えてよかった。
ここのミシンのコーナー店員さんが常駐で…このあいだはあきらめて帰ったんだけど…ちょっと見てみようかな…と。4~5万くらいのだと…ネットで買うと…と思いつつみていたら…あんのじょう近寄ってきて…、聞くだけ聞いてもいいか。ミシンもさわってみたかったし…。初心者で…そうとうさわってないと牽制しておいたし…。
でも…いいのはすごい。職業用じゃないのに革も縫えるし、2枚重ねのジーンズも縫い目を大きくしてゆっくり動くモードにすれば…と。すべてボタン。自動で針に糸も通してくれるし、縫い終わったらカットもしてくれる。ロックミシンみたいに布地を切りながら…は無理だけど、布をカットしてからボタンを押すとかってにかがってくれるとか。普通のミシンだと難しい伸縮のいいニット素材もきれいに縫えた。ジーンズとニットは私もちょっと縫わせてもらったが…ボタンを押すだけで簡単に縫える。すごい。でも…お値段もすごい。
今キャンペーンで2割引きというけれど…それで10万2400円。JUKIの同じレベルのと比べると少し安いとはいうけれど…。でも作業台もついているし…。ふっとコントローラーもついてますよ…と笑顔で言われても…。
家に帰ってネットでいくらかな?と思ったら、店頭販売しかしてないタイプだって。でも常に店員さんがいて、いろいろと教えることも可能だし、BROTHERの保障とお店の保障と両方ついているって言ってたな…。
奮発して3~5万と思っていたんだけど…。教室にあるのは職業用みたいだし…。

お店の人に乗せられてはいけません。