人生散策日記

人生何事も勉強、カメラを持って今日も散策。

しだれ桜の名所・一宮市「長誓寺」へ

2017-03-31 14:44:06 | 日記

今年の春は気候の変調とも言うべきかしだれ桜の開花が極めて不調で、十分な画像をお見せできなく、申し訳なくもありまた残念なことです。
それでも勇気を持って、しだれ桜の情報を投稿します。
今回は、愛知県一宮市浅井町にある「長誓寺(ちょうせいじ)」です。
この寺は浄土真宗大谷派の寺院で、しだれ桜とカイズカイブキが見事なことで有名です。
しだれ桜は、幹回り2.5m、樹高10m、樹齢200年余、またカイズカイブキは、幹回り2m、樹高20m、樹齢約300年と、ともに見事なものがあります。
特にしだれ桜はその枝ぶりが素晴らしく、地面に垂れ下がる様は目を見張るものがあり、訪れる者の注目の的となっています(3/28時点で3~4分咲き)。


 

 

 

 

 

 

 

 

               < 愛知県一宮市浅井町 「長誓寺」 / 2017.3.28 >

コメント (2)

名刹・江南市「曼荼羅寺」のしだれ桜を

2017-03-30 18:56:32 | 日記

しだれ桜を求めての今回の参拝は、江南市の「曼荼羅寺」です。
「曼荼羅寺(まんだらじ)」は、愛知県江南市にある浄土宗西山派の寺院で、山号は日輪山、本尊は阿弥陀三尊。後醍醐天皇の命により元徳元年(1329)に天真乗運を開山として創建されました。
ここの寺院は塔頭を含め数多くの名木があり、それぞれが趣があることから境内巡りが楽しめます。
訪れた日は流石にしだれ桜のピークにはほど遠く、まだ3~5分咲きの状態で、満開の時期が待たれます。
なお「藤の寺」として余りにも有名ですが、4月末~5月上旬の藤と牡丹の素晴らしい時期が待たれます。


 

 

 

 

 

 

 

                < 愛知県江南市 「曼荼羅寺」 / 2017.3.28 >

            * 写真の説明
              ①~③「曼荼羅寺」、④塔頭「光明院」、⑤塔頭「寛立院」、
              ⑥塔頭「常照院」、⑦曼荼羅寺隣地にある「上宮寺」。

コメント (2)

しだれ桜が美しい犬山市の「円明寺」へ

2017-03-29 14:47:20 | 日記

今年は例年より一週間近くも開花が遅いしだれ桜も、ようやくほころび始め、満開を待ちきれなくて近くの犬山市にあるしだれ桜の名所「円明寺」へ行って来ました。
「円明寺(えんみょうじ)」、愛知県犬山市東古券にある真宗大谷派の寺院。
ここのしだれ桜は幹回り221cm、樹高8.7m、樹齢300年(推定)と、やや小振りながら枝ぶりが良く、尾張地区でも有数のしだれ桜の名所として人気があります。
特にこの地区にあっては開花が一番早く、しだれ桜鑑賞のスタート地点とも言えます。
この日はまだ6~7分咲きと、まだピークには程遠いものがありますが、それでも訪れるものを大いに楽しませてくれました。


 

 

 

 

 

 

               < 愛知県犬山市東古券 「円明寺」 / 2017.3.27 >

コメント (4)

今池から星ヶ丘までの名所巡りのウオーキング

2017-03-28 15:59:57 | 日記

先週末の土曜日(3/25)の、名古屋地下鉄主催のウオーキングを採り上げます。
名古屋地下鉄今池駅をスタートし、「水の歴史資料館」、「覚王山日泰寺」、「揚輝荘」、「桃厳寺(名古屋大仏)」、「東山動植物園」などを経て地下鉄星ヶ丘駅までの約8.5kmでした。
地下鉄ウオーキングには今年初めての参加ですが、どのコースも久し振りの街並みを眺めての散策で、大変懐かしいものがあります。
今回のコースは開園80周年を迎えた東山動植物園がメインで、春休みもあり多くの入場者がイベントを楽しんでおり、市民憩いの場としての強い存在価値を示していました。
小生にとっては、初参拝の「桃厳寺」が特に印象的なコースとなりました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

         < 名古屋市東区 今池から星ヶ丘までのウオーキング / 2017.3.25 >

         * 写真の説明
           ①~⑤「桃厳寺」にて、 ⑥~⑨「東山植物園」にて。

コメント

尾張の花の寺・大口町の「徳林寺」へ

2017-03-27 19:33:51 | 日記

愛知県尾張地区にあって花の寺として知られる、大口町の「徳林寺」を採り上げます。
「徳林寺(とくりんじ)」は、愛知県丹羽郡大口町余野にある臨済宗妙心寺派の寺院で、山号は大龍山、本尊は聖観世音菩薩。鎌倉時代の永仁2年(1294)、尾張の武士・小池与八郎定宗が亡母追善にて創建したもの。
彼岸桜やしだれ桜は例年3月23~24日頃には満開を迎えるものですが、今年は殊の外遅く、遂に待ちきれなくて勇んで出かけて見ました。
結果は彼岸花が3~4分咲きと、かすかな期待も裏切られましたが、それでも春の訪れを感じさせる美しい光景を覗かせていました。
一方では、木蓮の花が艶やかな色合いで境内を染めており、大いに心が洗われました。
まもなく、中門脇の染井吉野が美しい光景を見せてくれるはずです。


 

 

 

 

 

 

 

 

              < 愛知県丹羽郡大口町 「徳林寺」 / 2017.3.27 >

コメント (2)

セントレアを巡るウオーキングに

2017-03-25 14:53:23 | 日記

今回は、3/20(月・祝)の中部国際空港で行われた、セントレアを巡るウオーキングを採り上げます。
「旅客ターミナルビル1F」をスタートし、「貨物地区」、「空港島東側海岸」、「スカイデッキ」などを経て「旅客ターミナルビル内特設会場」をゴールとする約7kmのコースでした。
心地よい潮風を受けてのウオーキングと、飛行機発着の迫力とを体験する貴重な機会となりました。
ゴール後は、人気の店・〇〇食堂の「エビフライ定食」を食しての帰還となったのは申すまでもないことでした。


 

 

 

 

 

 

 

          < 愛知県常滑市 セントレアでのウオーキング / 2017.3.20 >

コメント

金運のパワースポット・京都「御金神社」へ

2017-03-23 15:27:52 | 日記

京の冬の旅第4回目の折、今や京都で金運のパワースポットとして人気の、「御金神社」へ立ち寄ってみました。
今更とも思うのですが、通りすがりでもありまた見識を広める意味もあり、興味本位で訪れました。
「御金神社(みかねじんじゃ)」は、京都市中京区にある「金山毘古神(金山彦命、かなやまひこのみこと)」を主祭神とする神社です。
元々は「金神」に関わる、金属、建築、方位、厄除け等の神として祀られた神社のようですが、今や京都でも有数のパワースポットとして、観光客を中心に人気を集めているようです。
はてさて、どんなご利益があるのか大いに期待したいものです。


 

 

 

 

 

               < 京都市中京区 「御金神社」 / 2017.3.9 >

コメント (4)

古京都湖の名残の庭園・「神泉苑」へ

2017-03-22 13:44:50 | 日記

少し前のことで恐縮ですが、京の冬の旅第4回目の折に立ち寄った「神泉苑」を採り上げます。
「神泉苑(しんせんえん)」は、京都市中京区にある東寺真言宗の寺院で、本尊は聖観音菩薩・不動明王・弘法大師。天長元年(824)の創建で、開基は空海。
西暦13年(794)の平安遷都とほぼ同時期に、当時の大内裏の南に接する地に造営された禁苑であり、もともとここにあった古京都湖(古山城湖)の名残の池沢を庭園に整備したものと考えられます。
法成就池や法成橋はその面影を今に伝え、誠に厳かできらびやかな雰囲気を醸し出していました。


 

 

 

 

 

 

                 < 京都市中京区 「神泉苑」 / 2017.3.9 >

コメント

「旅まつり名古屋2017」へのウオーキング

2017-03-20 14:58:03 | 日記

三連休の初日の3/18(土)は、私鉄主催のウオーキングに参加し、名古屋市大曾根から「旅まつり名古屋2017」開催の久屋大通会場まで歩いて来ました。
JR大曾根駅をスタートし、「徳川園」、「文化のみち」、「名古屋市市政資料館」、「名古屋テレビ塔」、「久屋大通公園」を経て、「旅まつり名古屋2017」会場までの約6kmと、少し短いコースでした。
会場は内外の観光情報が提供される貴重なイベントで、大変大勢の見物客で賑わっていましたが、例年のこと沢山の各都市のゆるキャラが勢揃いし、イベントの雰囲気を大いに盛り上げていました。
いまや欠かせない「旅まつり」でした。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

     < 愛知県名古屋市 「旅まつり名古屋2017」へのウオーキング / 2017.3.18 >

コメント (2)

サークル活動で、京都の研修旅行を楽しむ

2017-03-18 14:33:04 | 日記

サークル活動の一環で京都への野外研修会に行き、先達の役目を果たして来ました。
「智積院」、「養源院」、「方広寺」、「妙法院門跡」などの名刹巡り、「京都国立博物館」での鑑賞と昼食、パワースポットの「金毘羅宮」参拝、甘味処での一服、そして締めは京都旅行で外せない①茶舗、②和菓子屋、③漬物屋でのショッピングを楽しみ、喜びと幸せ感とともに帰路に着きました。
実はこのサークルでの活動も所期の目的を果たし、今回が最後の行事となり、形を変えての再開を念じつつ会の解散となりました。
会員の皆さんの今後ますますのご多幸を切にお祈り申し上げます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

           < 京都市 サークル活動での「京都研修旅行」 / 2017.3.16 >

 * 写真の説明
   ①~②「智積院」、③「養源院」、④「法住寺」、⑤「京都国立博物館」、⑥「豊国神社」、
   ⑦「妙法院門跡」、⑧「祇園祭ギャラリー」、⑨「祇園辻利」。

コメント (4)