人生散策日記

人生何事も勉強、カメラを持って今日も散策。

岡崎城まつりを巡るウオーキング

2015-10-31 19:32:50 | 日記

週末のウオーキングは、私鉄主催・「家康公四百年祭岡崎城まつり」のコースでした。
名鉄東岡崎駅をスタートし、「善立寺」、「宝福寺」、「伊賀八幡宮」、「川上酢店(マルキ酢)」、「岡崎公園
(イベント会場)」、「菅生神社」などを経て東岡崎駅に戻る約8.5kmでした。
岡崎城まつりの会場では、メインの一つとして「菊まつり」が開催されていましたが、何と言ってもまつり
を盛り上げたのは全国から集まったユルキャラで、その数20~30体(?)。暇に任せ写真を撮りまくりま
したが、これで孫には大いに喜ばれそうで、大成果です。


 

 

   

 

   

     < 愛知県岡崎市 「岡崎城まつり」を巡るウオーキング / 2015.10.31 >

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

松坂屋美術館での「歌川国芳展」を観賞

2015-10-30 13:53:09 | 日記

先週末の土曜日から開かれている、名古屋松坂屋美術館での「歌川国芳展」を観て来ました。
浮世絵師の中で最も興味深い絵師の展示会が、近くの名古屋で開催されることとなり、気をもんで待ち
に待っていました。北斎、広重などに代表される数多くの浮世絵師の中でも、独創的でかつ型破りの表
現はとても興味深いものがありますが、時の幕府の理不尽な弾圧の中、毅然と立ち向かったその姿勢
には大いに共鳴するものを覚えます。今回の展示会は200点の数に及び、周知の人気作から、初めて
目にする優れものまで、全く目を離せない秀作ぞろいの展示会でした。
展示会は11月23日(月・祝)まで、松坂屋本店南館・美術館にて開催されています。


 

 

 * ↑ 「東都三ツ股の図」 (東京スカイツリーを予見する絵として話題になった作品)

           

           * ↑ 「坂田怪童丸」

   

 * ↑ 「みかけハこハゐがとんだいい人だ」    * ↑ 「大星由良之助良雄」

 

          < 名古屋・松坂屋美術館での「歌川国芳展」 / 2015.10.26 >

            * 館内撮影不可のため、絵は資料より

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

伊勢型紙作品展「四季暦花鳥風月」を観賞

2015-10-28 16:43:14 | 日記

岐阜県各務原市で開催中の「伊勢型紙作品展・四季暦花鳥風月」を観て来ました。
岐阜県を中心に東海地区でご活躍中のI氏が主宰する作品展ですが、今回は「花びら会」、「友の会」、「
愛好会」、「遊の会」、「結の会」の五サークルが初めての合同作品展として開催しているものです。
I氏は伊勢型紙業界の権威者として、また同指導者としてご活躍中ですが、そのご貢献とお人なりに対し
心より敬意を表したいと思います。
なお作品展は昨27日(火)より11月1日(日)まで、各務原市中央図書館3Fにて開催中です。


 

 

 

 

 

   

  

            < 各務原市 「伊勢型紙作品展」 / 2015.10.28 >

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「花フェスタ記念公園」秋のバラを楽しむ

2015-10-27 16:04:21 | 日記

先日、美濃加茂市へ所用で出掛け、折角のため年間パスポートを活用し、「花フェスタ記念公園」に立ち
寄りしました。
この時期秋のバラが、春よりも少し小振りながら、色鮮やかにそして香りは馨しく咲き誇り、美しい輝きを
見せてくれました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

           < 岐阜県可児市 「花フェスタ記念公園」 / 2015.10.23 >

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「岐阜県農業フェスティバル」お茶部門に参加

2015-10-26 15:53:33 | 日記

週末の10/24(土)~25(日)の二日間、岐阜県農業フェスティバルが行われました。
今年もこのイベントに、岐阜県茶業組合と日本茶インストラクター協会岐阜県支部の共同で、①「受賞
茶を味わう」、②「オンザロックでブレンド茶を楽しむ」の二つのテーマで事業参加しました。
二日間とも多くの来場者があり、大変な好評を得て、大成功のうちに終了することが出来ましたが、来
場者の中には馴染みの方が数名激励においでいただき、大変心強く、心より感謝申し上げます。
なお、11月には岐阜県揖斐川町でお茶のイベントが開催される予定です。


 

 

 

 

   

 

 * ↑ 11月14日(土)~15日(日)のお茶のイベント (岐阜県揖斐川町にて)

            < 岐阜県農業フェスティバル / 201510.24~25 >

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伽藍の整備が進む、奈良の名刹「薬師寺」

2015-10-25 19:12:21 | 日記

先日の奈良地区「西国薬師四十九霊場」巡りその3(最終回)として、「薬師寺」を採り上げます。
「薬師寺(やくしじ)」は、奈良市西ノ京町にある法相宗大本山の寺院で、本尊は薬師三尊。天武天皇9年
(680)、天武天皇の発願により飛鳥の藤原京の地に造営が開始され、平城京遷都後の8世紀の初め
に現在地の西ノ京に移転したもの。西国薬師四十九霊場第1番札所。南都七大寺第6番。
近年、伽藍の整備が着々と進み、華やかであった古の伽藍雰囲気が蘇って来ました。奈良時代に遡る
唯一の建物・東塔は2018年の修理完了を目指し着々と進捗しているもようです。。
この日の本尊・薬師三尊は、何時ものように誠に厳かに小生を迎えていただきました。


 

 

 

 

   

  * 「西塔」(写真⑥) 昭和61年(1986)の再建
  * 「東塔」(修理工事中) 天平2年(730)建立(国宝)

             < 奈良市西ノ京町 「薬師寺」 / 2015.10.16 >

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

古刹にして名刹・奈良の「元興寺」と「新薬師寺」

2015-10-24 18:31:09 | 日記

奈良の「西国薬師四十九霊場」巡りのその2として、「元興寺」と「新薬師寺」について採り上げます。


 

   

               < 奈良市中院町 「元興寺」 / 2015.10.16 >

「元興寺(がんこうじ)」は、奈良市中院町にある真言律宗の寺院で、南都七大寺の一つに数えられます。
本尊は智光曼荼羅。推古天皇元年(593)創建で、開基は蘇我馬子。西国薬師四十九霊場第5番札所。
日本最古の本格的仏教寺院である法興寺がその前身で、平城京遷都に伴い飛鳥から新都へ移転し、
元興寺となりました。まさに歴史と文化を感ずる古刹中の古刹。


 

   

                奈良市高畑町 「新薬師寺」 / 2015.10.16 >

「新薬師寺(しんやくしじ)」は、奈良市高畑町にある華厳宗の寺院で、山号は日輪山、本尊は薬師如来。
8世紀中期の創建で、開基は光明天皇。西国薬師四十九霊場第6番札所。
この寺も南都七大寺に数えられる名刹ですが、やっぱりここの薬師如来坐像と十二神将像(いずれも国
宝)には目を見張るものがあり、また圧倒さるものがあります。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

秋の青空のもと「羽島」の街を歩く

2015-10-23 08:12:24 | 日記

先週末のことですが、私鉄主催のウオーキングに参加し、岐阜県羽島市を散策して来ました。
名鉄新羽島駅をスタートし、「神宮神社」、「市之枝田園フラワーフェスタ」、「中観音堂・羽島円空資料館
」、「行基塚跡」などを経て、新羽島駅に戻る約11.5kmでした。
今年の「市之枝コスモス畑」は、台風や長雨の影響で種まきの後の種が流れ、開花状況は例年に比べ
ると寂しいものがありましたが、それでもその美しい光景にウオーカーは心を大いに慰められました。


 

 

 

 

 

         < 岐阜県羽島市 「羽島市でのウオーキング」 / 2015.10.17 >

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奈良・「般若寺」のコスモスを訪れる

2015-10-21 14:10:18 | 日記

奈良市内の「西国薬師四十九霊場」巡りで、「コスモス寺」の名の「般若寺」を参拝しました。
「般若寺(はんにゃじ)」は、奈良市般若寺町にある真言律宗の寺院で、山号は法性山、本尊は文殊菩
薩。欽明天皇元年(629)の創建と古く、開基は慧灌と伝わります。西国薬師四十九霊場第3番札所。
関西花の寺二十五霊場第17番札所。
寛文7年(1667)上棟の雰囲気ある本堂、入母屋造りの国宝の楼門、高さ12.6mで日本の代表的な
石塔など、これ程までにコスモスとマッチする情景は他にないでしょう。この時期、本当にコスモスが似
合う魅力的な寺院と言えましょう。


 

 

 

 

 

 

 

 

           < 奈良市般若寺町 「般若寺」のコスモス / 2015.10.16 >

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「各務原茶友会」の野外研修会で京都へ

2015-10-20 21:12:01 | 日記

「各務原茶友会」の恒例の野外研修会で、今度は京都へ行って来ました。
メインは京都でも有名なる茶舗「一保堂茶舗」でのミニ講座と実技体験でしたが、他に生け花家元池坊
会館の「いけばな資料館」、さらには「京都文化博物館」、岐阜県と馴染みのある「誓願寺」など、多くの
名所、施設を訪ね、貴重な学習機会を得ることが出来ました。
会員の皆さんのご協力に対し心より感謝申し上げますとともに、皆さんの今後の益々のご多幸を切にお
祈り致します。


 

 

 : ↑(2件) 「一保堂茶舗」 (ミニ講座と実技体験を得る)

 

 : ↑ 池坊会館の「いけばな資料館」 (丁寧なる説明を受ける)

 

 * ↑ 「京都文化博物館」 (3っのテーマが展示中)

 

 * 「永楽屋細辻伊兵衛商店」 (京てぬぐいの文化を知る)

 

 * ↑ 「誓願寺」 (落語の元祖・安楽庵策伝上人は岐阜県出身者)

 

 * ↑ 四条河原町での「とある風景」 (舞妓さんが一日警察署長)

            < 各務原茶友会の野外研修会・京都 / 2015.10.20 >

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加