人生散策日記

人生何事も勉強、カメラを持って今日も散策。

今年を回顧・思い出のシーン

2014-12-30 10:02:11 | 日記

早くも年の暮れを迎え、また、新たな希望の年を迎えようとしています。
今年は持病に苦しみながらも、何とか仕事に、趣味に大過なく過ごす事ができ、支えて下さった多く
の方々に対し心から感謝致しております。有難うございました。
今回の投稿は、過ぎ行く今年の中から、思い出のシーンをいくつか採り上げてみました。


  

  

  

  

  

         ①   長野・「月山温泉郷」の花桃          2014.5.2
         ②   京都・建仁寺塔頭「両足院」の半夏生    2014.7.1
         ③   福井・南越前町「花はす公園」のハス    2014.7.12
         ④   横浜・「みなとみらいよこはま21」の夜景  2014.11.14
         ⑤   京都・「真如堂」の紅葉             2014.11.21
                                      < 以上 上からの順 >          

コメント (1)

「美濃新四国八十八ヶ所」霊場を結願

2014-12-28 13:42:11 | 日記

今年に入って始めた「美濃新四国八十八ヶ所」霊場巡りを、今回の第9回参拝にて、お蔭さまで結願
に至りました。
美濃新四国霊場は、岐阜市とその周辺の美濃地区一帯に広がる霊場地で、空海ゆかりの寺院で構
成されています。江戸時代後期(1800代)に開かれた巡礼地で、太平洋戦争の影響などで戦後荒
廃しましたが、昭和50年(1975)に復興したようです。
他の霊場巡りの札所にて紹介され、軽い気持ちで始めたものですが、札所の中には魅力的な名刹、
新たな発見、また、ご住職・お庫裡さんとの貴重な出会いなど、素晴らしい体験を得ることができ、大
きな収穫となりました。


  

    

             < 美濃新四国霊場 第32番札所 「 開白寺 」 >

 

  

    

                   < 同上 第35番札所 「 一乗寺 」 >

 

  

   

                 < 同上 第36番札所 「 慈恩寺 」 >

  「慈恩寺」では、ご親切にもご住職から、寺の歴史と仏像についてご説明をしていただき、また
  しばしの時間お説教を頂戴致し、感謝、感激でありました。 

コメント (1)

大阪の名刹・「四天王寺」と「一心寺」を参拝

2014-12-26 20:15:14 | 日記

先日の大阪散策の旅・その3(最終回)として、名刹「四天王寺」と「一心寺」について採り上げます。


  

    

    

           < 大阪市天王寺区四天王寺  「 荒陵山 四天王寺 」 >

「四天王寺(してんのうじ)」は、大阪市天王寺区四天王寺にある和宗総本山の寺院で、山号は荒陵
山、本尊は救世観世音菩薩。創建は推古天皇元年(593)で、開基は聖徳太子。
この日は丁度縁日の日に当たり、大変な賑わいを見せ、落ち着いて参拝・観賞が出来ませんでした。
なお今回は、新西国三十三観音霊場と西国四十九薬師霊場の札所としての参拝でした。 

 

  

    

    

             < 大阪市天王寺区逢阪  「 坂松山 一心寺 」 >

「一心寺(いっしんじ)」は、大阪市天王寺区逢阪にある浄土宗の寺院で、山号は坂松山、本尊は阿弥
陀如来。創建は文治元年(1185)で、開基は法然(開山)。
かって大坂の陣で徳川家康の陣が置かれていた寺。平成9年(1997)に造られた鉄とコンクリートの斬
新な山門が目を引きます。なお、四天王寺の参拝者がこの寺に流れ、ここも賑わっていました。

コメント (1)

師走の大阪・街中散策のその2

2014-12-25 15:17:42 | 日記

先日のバスハイキングツアーによる、大阪街中散策のその2として、恵美須・通天閣、黒門市場、道頓
堀、心斎橋商店街などのもようについて採り上げます。
なお、目的の一つでもあった「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」については、待ち時間70分と
のことで、限られた時間ゆえ、この日の入場は断念を余儀なくされました。
従ってその分、古刹・名刹参拝に時間をかけることができ、それはそれなりの収穫となりました。


  

  

    

    

              < 大阪街中散策ウオーキング / 2014.12.21 >

          ①   「あべのハルカス」の遠景
          ②   道頓堀「戎橋」からの情景
          ③   「黒門市場」
          ④   「心斎橋商店街」南口の情景
          ⑤   恵美須「通天閣」
          ⑥   大丸百貨店のユルキャラ「ももパンダ」くん
                               < 以上 上及び左からの順 >

コメント (3)

大阪・「法善寺」界隈の魅力

2014-12-23 10:47:29 | 日記

先週末の日曜日(12/21)、私鉄主催のバスハイキングツアーに参加し、師走の大阪中心地を散策し
て来ました。
コースとしては、四天王寺をスタート地点として、「あべのハルカス」、「新世界・通天閣」、「恵美須・堺
筋」、「黒門市場」、「道頓堀」、「心斎橋筋商店街」などを経て、長堀バス駐車場までの約6kmでした。
コースは基本として、あくまでも好みのコースを散策するわけで、この機会に大阪の古刹・名刹を中心
にとの思いから名所・旧跡を含め大いに楽しんでまいりました。
今回は、大阪散策のウオーク・その1として、「法善寺」界隈について採り上げます。


  

    

    

            

            

            < 大阪市中央区難波 「法善寺」界隈 / 2014.12.21 >

「法善寺(ほうぜんじ)」は、大阪市中央区難波にある浄土宗の寺院で、山号は天龍山、本尊は阿弥
陀如来。創建は寛永13年(1637)で、開基は琴雲とされます。
本尊や金毘羅堂よりも、水掛不動(西向不動尊)が有名で、各種の事象や伝説があります。
また、寺の北側にある「法善寺横丁」は、もと境内であったことから、この名として有名となりました。
なお東西両端にある門に掲げられた「法善寺横丁」の文字は、西は藤山寛美、東は3代目桂春団治
によるもの(長さ80m、幅3mの2本の路地が東西に延びる横丁)。

          ①   「法善寺」の「水掛不動」     ②~⑤   「法善寺」境内の風景
          ⑥   「法善寺横丁・西門」        ⑦      「法善寺横丁・東門」
                               < 以上 上及び左からの順 >

コメント (1)

京都の名刹・「大報恩寺」と「仁和寺」へ

2014-12-22 14:43:51 | 日記

師走の京都・古刹名刹を訪ねる旅のその3として、「大報恩寺」と「仁和寺」について記録します。
「大報恩寺」については新西国三十三観音霊場として、また「仁和寺」については近畿三十三不動尊霊
場の各札所として参拝したものです。


  

  

    

           < 京都市上京区  瑞応山 大報恩寺 / 2014.12.19 >

「大報恩寺(だいほうおんじ)」は、京都市上京区にある真言宗智山派の寺院で、山号は瑞応山、本尊
は釈迦如来。通称は千本釈迦堂。承久3年(1221)の創建で、開基は義空。
本堂が国宝のほか、仏像の多くが重要文化財(寺宝館で拝観できます)。
写真②は、応仁の乱での鉄砲と刀の傷が残る本堂の柱。

 

  

            

    

            < 京都市右京区  大内山 仁和寺 / 2014.12.19 >

「仁和寺(にんなじ)」は、京都市右京区にある真言宗御室派総本山の寺院で、山号は大内山、本尊
は阿弥陀如来。仁和4年(888)の創建で、開基は宇多天皇。
皇室とゆかりの深い門跡寺院で、「御室御所」と称されます。また桜の名所としても知られています。
写真④が、近畿不動尊霊場としての水掛不動尊。

コメント (2)

京都・「北野天満宮」界隈を散策

2014-12-21 21:32:51 | 日記

年の瀬の「京都古刹名刹参拝」の旅・その2として、北野天満宮界隈の散策について採り上げます。
北野天満宮へは毎年のように梅の季節訪れるのですが、今回は近くの古刹名刹を訪ね、折角のこと
ゆえ立ち寄り参拝したものです。静かな境内はすでに新年の装いも進み、いよいよ新しい時代を迎え
ようとする雰囲気が伝わってまいりました。


  

  

  

    

    

         < 京都市上京区 「北野天満宮」界隈の散策 / 2014.12.19 >

         ①~④   「北野天満宮」の風景
         ⑤      天満宮本地仏を祀る「東向観音寺」
         ⑥      北野天満宮御用達の「長五郎餅」
         ⑦      北野天満宮門前に構える「あわ餅澤屋」
                                < 以上 上及び左からの順 > 

コメント (2)

京都・「上七軒花街」を散策

2014-12-20 10:36:13 | 日記

年も押し迫ったこの日、またまた京都へ古寺・名刹巡拝のため行って来ました(11/19)。
洛陽三十三観音霊場、新西国三十三観音霊場、近畿三十六不動尊霊場などの続きを巡拝している
もので、その過程で名所旧跡を併せて見学、観賞するものです。
今回は、途中立ち寄った北野天満宮に隣接する「上七軒花街」について採り上げます。
「上七軒花街」は、京都市上京区真盛町から社家長屋町に位置する花街で、室町時代に北野天満宮
の再建の際に残った機材を使って7軒の茶店を建てたのが始まり。これが「上七軒」の由来となりまし
た。以来、北野大茶会や西陣の結びつきなどで、花街としての繁栄を極めました。


  

  

  

    

    

             < 京都市上京区 「上七軒花街」 / 2014.12.19 >

   ①、②、⑤  上七軒花街の風景
   ③       上京区役所による区のユルキャラ「上牛(かみぎゅう)くん」の撮影会
             (上京区の「かみ」と、北野天満宮の守り神「牛」から名付けたもの)
   ④       「上七軒芸妓組合」の事務所
   ⑥       和菓子屋の「やきもち天神屋」 (この日はこの店で一服)
   ⑦       和菓子屋の「老松北野店」
                          < 以上 上及び左からの順 >

コメント (2)

絶景なる「薩埵峠」を歩く

2014-12-16 20:51:24 | 日記

先週末の土曜日(12/13)、静岡市清水区由比町にある、絶景なる「薩埵峠」を歩いて来ました。
かってサラリーマン現役時代に、静岡に3年間暮らしたことがあり、富士山の魅力にとりつかれ、以来
最近では毎年のように、冬場にはこの地を訪れるのを楽しみとするとこらです。
峠からの富士山と駿河湾の景色は、東海道五十三次の中でも随一の絶景地であり、とても魅力的な
所です。かって日本橋からの東海道五十三次ウオーキングを踏破した折、この峠に立って眺めた初
冠雪の富士山の姿はいまでも瞼に焼き付いていますが、この日の富士もそれに劣らぬ素晴らしい姿
を我々の前に姿を見せてくれました。
今回は、この東海道薩埵峠のウオーキングのもようを採り上げます。


  

           

  

  

    

     < 静岡市清水区由比町 東海道薩埵峠を行くウオーキング / 2014.12.13 >

コメント (8)

師走の京都・「とある風景」

2014-12-15 12:17:29 | 日記

先日(12/10)の師走の京都を散策する旅のその4(最終回)として、訪れたいくつかの名所や情景
を採り上げてみました。
何時も滞在時間との関係で大変慌ただしい旅となり、じっくりと京都の歴史や文化を楽しむことが出
来ない繰り返しですが、何時かはゆっくりとした時間をとり、味わいの有る京都の風情を思う存分楽
しみたいものであります。


  

  

  

  

    

           < 師走の京都散策の旅 「とある風景」 / 2014.12.10 >

       ①   西国観音霊場「行願寺(革堂)」の大提灯(どこも風情があります)
       ②   四条通り祇園の「南座」の看板(この角度がいいんです)
       ③   神宮通りの「わらびもち屋」のユーモアな室内(抹茶セットで休憩)
       ④   丸太町橋付近で出会った舞妓さん(お稽古?)
       ⑤   平安神宮の大鳥居(神宮のスケールの大きさを感じさせる)
       ⑥   悲運の関白「豊臣秀次」の菩提寺(境内に秀次の墓がある)
                               < 以上 上及び左からの順 >

コメント (2)