人生散策日記

人生何事も勉強、カメラを持って今日も散策。

涼を求めて、北濃の「阿弥陀ヶ滝」へ

2014-08-30 10:37:57 | 日記

少し天候の回復が伝えられたこの日、去りゆく夏の涼を求めて、一年振りに岐阜県北濃地区へ家族
で行楽に出掛けました。
目的の一つ「阿弥陀ヶ滝」は、岐阜県郡上市にある直下約60mの滝で、伝記によれば、養老6年(
723)白山開祖泰澄大師が白山中宮(現在の長滝白山神宮)の建立時に発見し、大師はこの滝を長
滝と名付ける(後に阿弥陀ヶ滝)。以来この滝は、白山信仰の霊場として賑わって来ました。
何時もながら、この時期のこの地は、①滝の麓の店で、美味しい「流しそうめんとイワナ」が食せるこ
と、また、②路上販売でこれまた絶妙な味の「石徹白(いとしろ)のトウモロコシ」を得られることが、今
や楽しみとなり、夏になるとこの地に導かれるのでした。


  

            

    

    

    

       < 岐阜県郡上市 「阿弥陀ヶ滝」と「流しそうめん」 / 2014.8.29 >

 

コメント (2)

明智光秀を偲び、可児市の「天龍寺」へ

2014-08-29 17:14:35 | 日記

先日、明智光秀に関する小説を読み、故人の遺徳を偲び、岐阜県可児市にある明智一族の菩提寺・
「天龍寺」を訪れました。
好きとか、嫌いとかの概念を外れ、歴史上これだけ興味を引く人物は少なく、もし当人が歴史上存在
しなかったら、また、もし本能寺の変がなかったらと想像するに、歴史の観点が大きく変化したに違い
ないことを、大変興味深く感じます。
今回は、この明智光秀の一族の菩提寺「天龍寺」について採り上げます。


  

  

    

    

               < 岐阜県可児市 「天龍寺」 / 2014.8.26 >

  ①  山門
  ②  明智一族の墓所 (光秀が幼少の頃、斎藤道三によって一族は滅びる、光秀は逃亡)
  ③  本堂と観音像
  ④  天龍寺近くの「明智城址」
  ⑤  本堂にある光秀の位牌(日本一の大きさと言われる、六尺一寸三分、184cm)
  ⑥  位牌の横にある、光秀像と明智家の家紋(桔梗)
                                      < 以上、上及び左からの順 >

コメント

美濃新四国霊場の「宗休寺」と「龍雲寺」

2014-08-28 15:18:17 | 日記

先日(8/25)の美濃新四国八十八ヶ所霊場めぐり・第2回の2回目として、第21番札所「宗休寺(関
善光寺)」と、第57番札所「龍雲寺」の2ヶ寺について採り上げます。


  

    

      < 美濃新四国霊場第21番札所 「宗休寺(関善光寺)」 / 2014.8.25 >

「宗休寺(そうきゅうじ)」は、岐阜県関市西日吉町にある天台宗の寺院で、通称は「関善光寺」と言い、
本尊は阿弥陀如来。創建は宝暦3年(1753)。寛政10年(1798)、等順によって信州善光寺の出開
帳が行われたことが縁となり、善光寺を模した本堂、戒壇が文政元年(1818)建立されました。
写真は、①本堂、②大仏殿(旧本堂)の阿弥陀如来像、③弘法堂。

 

  

    

         < 美濃新四国霊場第57番札所 「龍雲寺」 / 2014.8.25 >

「龍雲寺(りゅううんじ)」は、岐阜市芥見大船にある曹洞宗の寺院。元は高野山真言宗の末寺。天正
年間に、岐阜城陥落の際の戦火で一時荒れ果てていたものが、関市の龍泰寺から長霊和尚が来て
曹洞宗となり復興する。「ぎふ七福神」の一ヶ寺。
お庫裡さんからのお接待の、とても冷えたお茶(缶)がたまらなく美味しかったのが印象。感謝。
写真は、①鐘楼門、②本堂、③「ぎふ七福神」の像。

 

コメント (1)

味覚の秋を求めて、美濃加茂市山之上の「杉田農園」へ

2014-08-27 08:41:50 | 日記

味覚の秋、特に新鮮な梨が美味しい季節を迎え、何時もお世話になっている、岐阜県美濃加茂市山
之上の「杉田農園」さんへ行って来ました。
梨は8月の「幸水」、9月は「豊水」と「二十世紀」、10月が「新高」と、それぞれ特徴ある味と食べごた
えがしますが、この時期の「幸水」は、しっかりとした甘さに加え実に瑞々しい食べ味があり、やはり
梨は今が食べ時。
毎年、この時期から10月いっぱいまで時々お世話になりますが、ご興味のある方で、美濃加茂方面
お出かけの節は、どうぞ立ち寄ってみて下さい。
今回は、この「杉田農園」の梨について採り上げます。


  

  

  

    

           < 岐阜県美濃加茂市山之上「杉田農園」 / 2014.8.26 >

      * ご参考 / 「杉田農園」
                 岐阜県美濃加茂市山之上町2660-50
                 TEL 0574-25-3769
                 (山之上果実農協 斜向かい)
           

コメント (3)

「美濃新四国八十八」霊場めぐり・第2回

2014-08-25 19:53:10 | 日記

この夏は天候不順で、古寺巡礼・デジカメ撮影・ウオーキング・行楽などを趣味とする者にとって、自
然と外出の機会は極めて限られたものになりました。その上、ここ1~2ヶ月は持病の「頸椎・脊髄の
ヘルニア」の症状が極めて不調で、デスクワークと読書が主体の毎日は、このブログの新規投稿に
も影響し、まさに夏季休暇同然の状態でした。
予定がフリーのこの日、気分転換を兼ね、自宅から比較的近い美濃地区の「美濃新四国八十八」霊
場めぐりの第2回目に行って来ました。今回は、6ヶ寺参拝のうち、2ヶ寺について採り上げます。


  

    

          < 美濃新四国八十八霊場・第19番札所 / 如意山 願成寺 >

「願成寺(がんせいじ)」は、岐阜市大洞にある真言宗智山派の寺院で、山号は如意山、本尊は十一
面観世音菩薩。創建は天武天皇元年(672)と伝えられ、開基は村国男依。
伝説の中将姫の誓願桜が有名。

 

  

    

          < 美濃新四国八十八霊場・第20番札所 / 今宮山 神光寺 >

「神光寺(じんこうじ)」は、岐阜県関市にある高野山真言宗の寺院で、山号は今宮山、本尊は十一
面観世音菩薩。寺の歴史については公表の資料なく、残念ながら未掌握。


  

コメント (2)

大垣市の「ひまわり畑」を観る

2014-08-21 15:34:52 | 日記

今年の各地の「ひまわり」は、台風と長雨の影響で多くが倒れ、見頃の時期を迎えても良い便りが届
きません。これまでチャンスを窺っていましたが、この日逸る気持ちに任せて、岐阜県大垣市平町の
「ひまわり畑」へ行って来ました。
大垣市のひまわり畑は一年ごとに場所を変え、今年は一昨年の平町に戻り、新幹線との対比がとて
も素晴らしい場所で、カメラ愛好家のたまり場ともなっています。ただ心配していた通り台風がもろに
影響し、実に無念の思いが致しました。
ちなみに、ひまわり畑の規模は4.4ha、本数約25万本、品種はハイブレッドサンフラワーです。


  

  

  

    

    

            <岐阜県大垣市平町 「ひまわり畑」 / 2014.8.20 >

  

コメント (3)

犬山市羽黒の「興禅寺」と「羽黒城址」へ

2014-08-20 15:35:51 | 日記

仕事で愛知県犬山市へ出掛けた折、何時ものように会場近くの「興禅寺」へ、朝の時間調整を兼ね
参拝のため立ち寄りしました。年間を通し、季節ごとに綺麗な花を見せてくれるこの寺も、さすがにこ
の時期は花に恵まれず、わずかばかりの寂しさを感じました。
今回は、時間に余裕もあったことから、隣接の「羽黒城址」を久し振りに見学し、「興禅寺」、「羽黒城」
及び「梶原氏」の関係について再確認してみました。


  

    

              < 愛知県犬山市羽黒 「興禅寺」 / 2014.8.19 >

「興禅寺(こうぜんじ)」は、愛知県犬山市羽黒にある臨済宗妙心寺派の寺院。
源頼朝の家臣で鎌倉幕府の侍所の別当として権勢を誇った梶原景時が、1174年に菩提寺として
建てた寺と伝えられます。

 

  

    

            < 愛知県犬山市羽黒 「羽黒城址」 / 2014.8.19 >

「羽黒城」は、建仁元年(1201)、梶原景親(梶原景時の孫)によって築城したとされる城。景親17代
の末孫梶原茂助景義は、織田信長に仕え羽黒村三千石の領主となったが、天正10年(1582)本能
寺の変で信長に殉じ、梶原家は絶えまえた。


  

コメント

孫の相手をして「日本昭和村」へ

2014-08-18 16:27:41 | 日記

ようやく天候が回復したこの日、待ちかねたように屋外に出ることとし、孫の相手をして岐阜県美濃
加茂市の「日本昭和村」へ行って来ました。
孫の相手をするほか、村内の「ひまわり」に期待したのですが、残念ながらここでも台風と長雨の影
響で、ひまわり畑は無残な姿となっており、期待を裏切られる始末。仕方なく孫の相手をすることに
専念し、里山ふれあい牧場(乗馬ほか)、体験施設まわり、里山バス乗車などで、普段出来ない孫と
のスキンシップを大いに図りました。また帰路には昭和銭湯「里山の湯」で汗を流し、気持ち良い孫
孝行を果たしました。


  

  

  

    

    

             < 岐阜県美濃加茂市「日本昭和村」 / 2014.8.18 >

        ①    白川町が運営する茶の施設と茶畑
        ②    随所に美しく咲いている「リコリス(夏スイセン)」
        ⑥    ひまわり畑で、所々に寂しく咲く「ひまわり」
        ⑦    猛暑の中、口を潤してくれた「イチゴのかき氷」

コメント (1)

孫の相手をして「河川環境楽園」へ

2014-08-14 20:02:47 | 日記

昨日は親元のお盆のおまいりを済ませ、今日は天候不良のなか、孫の相手をして岐阜県各務原市
の「河川環境楽園」へ行って来ました。
駐車するのも困難なほどの混雑の中、しかも雨に悩まされながらの見物、体験で、同行者としては
極めて辛く難儀な行楽となりました。
ブログも、ここのところは実質夏季休暇中みたいなものであり、材料不足でもありますことから、お恥
ずかしながらこの程度の記事でもあえて採り上げることにしました。


  

  

  

    

    

            < 岐阜県各務原市の「河川環境楽園」 / 2014.8.14 >

     ①   「ミソハギの花」が見頃を迎えていましたが、園内の川を周遊する木船が雨の為
         一時休止中で、写真が少し単調になってしまいました。
     ②~③、⑥~⑦  元気に遊ぶチビッコたち。
     ④   「ひまわり」は、台風と雨の影響で寂しそうな風情。

コメント (2)

幻の「日本ライン納涼花火大会」

2014-08-12 21:22:10 | 日記

楽しみにしていました「日本ライン納涼花火大会」が、今日も雨の影響で中止となり(8/10は台風の
影響、延期された今日は雨による増水の為)誠に残念なこととなりました。そこで昨年の映像を参考
までに取り出してみました。
実は、花火の撮影はなかなか難しいものがありまして、カメラ技能のレベルアップと、上達度の確認
にもなることから、昨日より準備万端備えていたもので、誠に無念の思いがあります。


  

  

  

  

    

    

               < 昨年の「日本ライン納涼花火大会」のもよう >

  

 

コメント (2)