人生散策日記

人生何事も勉強、カメラを持って今日も散策。

城崎温泉の名刹・豊岡市「温泉寺」へ

2017-08-20 15:07:22 | 日記

京都府丹後地区及び兵庫県但馬・播州地区の古寺・名刹巡りの旅に行って来ました。
今回はその1として、兵庫県城崎温泉の守護寺である「温泉寺」を採り上げます。
「温泉寺(おんせんじ)」は、兵庫県豊岡市城崎町にある高野山真言宗の寺院で、山号は末代山、本尊は十一面観世音菩薩。天平10年(738)の創建で、開基は道智上人とされます。西国薬師四十九霊場第29番札所。
城崎温泉は、地蔵菩薩の化身と言われる道智上人が諸国巡錫の折りこの地に至り、一千日間の祈願修行の後温泉を開いたもの。その後この地に温泉寺を開創したとのこと。
かって若き現役時代の姫路勤務の頃この地を数回訪れたことがありますが、現在でも約100軒余りの旅館・ホテルが立ち並ぶ温泉街は今も営々とその繁栄が続いている様子で、誠に頼もしく感じました。
なお、「黒四ダム」を完成させた城崎出身の関西電力初代社長である太田垣士郎氏は、城崎発展のため温泉寺のある大師山にロープウェイを造り城崎観光事業に大きく貢献し、現在は翁をしのび銅像と資料館が建てられています。


 

 

 

 

 

 

 

              < 兵庫県豊岡市城崎町 「温泉寺」 / 2017.8.18 >

コメント
この記事をはてなブックマークに追加