灰色の世界

うつ23年目の私の日常だらだら日記です。
うつの時って世界が灰色に見えたりするんですよ。

灰色

2007年01月31日 22時07分08秒 | Weblog
昨日は講習がなかったが、病院に出かけなければ。
本当は家事&休息日にしたかった。 

先生に今の生活ぶりを話す。
図書館通ったり、映画にパソコン教室。
ベッドから起き上がって、沢山外出できるようになりました、と。
そうしたら、「そんなにやって大丈夫?またバテちゃうんじゃないの?」
とのお言葉。
やっぱりそう思われます?
実は私もそれが心配です。
結局は、少しよくなり動くとバテてしまい、の繰り返しなんでしょうかねえ。

でも先生が、「せっかくいい会社にいるのだから、戻りたいよね。今はその時期
か判断はできないけど」
とおっしゃる。

先生も、「就労は無理だよ、もらうもの貰って、のんびり暮らしたら」、
とおっしゃったり、
「仕事辞めるのもったいないよね」、
みたいなこと、おっしゃったり。

判断が難しいのよね。きっと。

「でも、休職もあと1年ですから。1年しか、1年を切ってしまった、位の焦り
を感じてます。早く復職プログラムを試してみて、働けるかどうか、はっきり
させたいです。そうでないと今後どうしていいかわからず、よけい焦ります。」
と言ったら、

「段階を踏まなければ判断できないでしょう。一段階、一段階上がってよくなって
いくのだから。今、一段階上がった所でしょう。」
と言われました。

これは別の先生にもよく言われました。
パッとよくならないのが、すごくもどかしい。


そう、私は白黒つけたがる性格ですね。
○か×か、常にはっきりして欲しい。
でも、この性格が私を苦しめているのだと思う。

白とも黒ともつけられない時がある。
無理にはっきりさせなくていい。
白でも黒でもない、灰色が存在して何が悪い?

灰色ねえ。灰色が認められないのよね。
灰色だなんて、せめてピンクにしましょうよ。
なんて、元の思考に戻ってしまう。
だから、灰色の世界の中の私、なんてとても嫌ですよ。
何度も言うように、灰色に見える世界を他の色に変えようと、あがいている。
そんなエネルギーもないのに。 

だから、灰色を認めることは、私の課題であって、実は結構重要な色だ。

灰色を認めれば、きっと考え方が楽になる。
わかっているができない。
から、わかっていないのだろうな。

現職復職が○とも×とも見通しがつかない私。
学校も、卒業をめざすのか撤退するのか、揺れ動いている私。
本当にスカッとしない毎日で、でも、そういう時期もあって、
大切で、自分は存在すべき人間、と胸を張って思えるようになら
なくちゃ。


コメント

パワーポイント講習初日と天職探し

2007年01月30日 23時12分02秒 | Weblog
昨日は疲れました。

いよいよパワーポイント講習を迎え、寝坊せず、ちゃんと起きられました。
仕度もまあまあテキパキできたかな。
だったので、天気予報を何度も確認してしまった。
自転車で行っても降られないだろうか。
すごく考えた結果、自転車で行きました。
途中道を間違いましたが、30分で行けました。

あの訓練所までの所要時間がはっきりわかったのはうれしい。
その上、交通費もういたのはうれしい。

朝早く家を出て、9時から活動するのって、気分がいいものですね。
後ろめたくなくて。
仕事をしていれば、あたりまえの事だけど。
先月の講習の時、「よく朝早くに出かけてたから、仕事なんでしょ?」
と近所のマダムに言われました。
傍から見るとそう映るのか。

パワーポイントの方は、初級ということもあってか、思ったより難しくなかった
です。
今まで習得したワードやエクセルの操作の応用がきくし。
おりこうなソフトで、簡単な操作で見栄えのいい資料をポンと作れるのですね。
またプレゼンをするような機会があるかわかりませんが。
知っていて損はないでしょう。

でも、集中力の維持は大変でした。
時々ボーっとなって頭に入らなくて、少し遅れをとってしまったりで。
でも、思ったより疲れなかったです。

なので、講習が終わったら、駅前のビルまで出て、天職発見フェアに行きました。
とりあえず、資料を集めてこようと思い。
いつものようにブースを遠目に、置いてある資料を読んだりもらったり、掲示して
ある求人票をチェックする。
ブースに行ってお話しはできないわ、って感じです。いつも。

早く参加企業のチェックを終えて、帰ろう、と思っていたら、
なんと、ウチの近くにある会社を発見。
これなら通勤が楽だ。

詳しい資料や会社案内が欲しい!
でも、見つからない。
置いてない?
ならば、
意を決してブースに接近。
担当者は多分私よりお姉さんだったのでホッとした。

「貴社の資料が欲しいのですが・・・」
と言ったところ、「どうぞ座って下さい」
と言われて、ついでにいろいろ質問してみた。
意外に緊張しないで次々と言葉が出てきたので、自分でびっくりした。
「こんな年のいっている人でも採用してもらえますか?」
なんて自虐する余裕も。

結局、今はそこの会社は女性事務員を募集していないそうだが、
田舎で何もないと思っていたウチの近くでも、働く場があるものだなあと思った。
それが今日の収穫。
まず自分のプレゼンをしなくちゃ、と思った。
でも、転職は今の段階ではなんともいえない。

スーパーに寄って帰ったら、もう頭を使いつくしてしまったようで、
食事のメニューが決めなれない。
辛くて、なんで3回も食事しなければいけないかと思う。
で、どっと疲れたのであります。


コメント   トラックバック (1)

平和な日曜日と悩み事と心配事

2007年01月28日 23時20分47秒 | Weblog
今日は夜中に目が覚めてしまい、あまり眠れなかった。
睡眠薬を飲まずに寝たのだが、最近は加減が微妙だ。
今日は飲んでみるか。

あまり疲れがとれない感じで体がしんどい。
朝寝すると体内時計が狂ってしまいそうで、頑張って起きてみた。

起きてみるといつものように動けるもので・・・

また午前中に家のことを済ませ、図書館へ行った。
いろいろ調べものがあるもので。
しかし、図書館通い続いているなあ。
ちょっと頑張りすぎているかなあ。
でも、元来図書館って好きなんです。

最近食事がちゃんとしたものでなかったので、今日は野菜たっぷり、
栄養バランスのいいものを作ってみた。
それだけでも、充実した一日だったような気がした。


それにしても、日曜日っていいですね。
昼間近所の人に会っても堂々としていられる。

平日は何となく人の目が気になる。
はっきり、「何で仕事しないの?」って聞かれたことあるし。
病気のことは話したくないので言ってないけれど、毎日やましい事をしている訳で
ない。
まして、あなたに食べさせてもらっている訳でもないし、大きなお世話なのだ。

でも、何か後ろめたいのよね。

調子がいい時は、気にならないというか、気にしてられない感じでいられる気がする。
まだ何かナーバスになっている所があるのかな。

まあ、人から遊んでいるように見えたとしても、基本的に好きに過ごしていい時
のハズ。己を信じて己の思うように行動しましょう。

今週はパソコン講習、週3日あって、通院もしなければならないし、ちょっと
ハードです。
今回のパワーポイントはやったことがないので、ついていけるか心配。
ちゃんと講習開始の9時に行けるか心配。
体力や集中力がもつか心配。

先月のエクセル講習の前に沢山不安になったのと同じような状態になってしまった。
でも、先月は何だかんだで、無事規定時間をクリアできたのだから。
やってみれば何とかなる、という自信もちょっぴり。

また、9時に目的地に行き、夕方までそこで過ごす訓練の第二弾と考えて。

会場の訓練所まで自転車で行こうと思っていたのに、明日の朝の予報はね。
バスにすると渋滞するかもしれないから、早く家を出た方がいいわね。
何だか緊張してきて寝付けない感じだけど、明日のために早く寝なくちゃ。
コメント (2)

幸せのちから

2007年01月27日 22時48分07秒 | Weblog
試写会で見に行きました。
その競争率が約25倍だったと聞きました。
ウイル・スミスとか、だいぶ前から宣伝してましたし。
すでに知名度や人気があるのでしょう。
お客さんも、年代、性別、バラバラでしたね。
どん底から這い上がるサクセスストーリーということで、「再チャレンジ」と
しても注目を浴びてたみたいですが。

実際見て、思ったよりシリアスでした。
もっと軽く笑わせてくれるシーンがあると思いましたけど。
お金がなくて、生活していくのに必死。
奥さんも去ってしまい、どんどん困窮して、住むところもなくなってしまい、
寝場所を求めてプライド捨てて教会に並び、駅で夜を明かすハメとなり、
古代恐竜時代ごっこをして子供を寝かしつけるシーンは、かわいそうで
うるうるきました。
毎日が過酷な戦いで。
これが「再チャレンジ」なんて、私だったら耐えられず、くじけてしまいそう。
子供がいるから、かな。
自分一人だったら、なかなかこんなに頑張れないでしょうね。

「格差社会」と闘う父子の愛、父の奮闘記
私だったらそんなサブタイトルつけたりして

一流証券会社の正社員に採用された所でほぼ物語は終わり、
その後の億万長者の姿は見られなかったですが、
本当の幸せってお母さんが戻ってくることじゃないのかしら、
とふと思ったりして・・・

でも、愛する者のためにこんなに頑張れるんだということ。
現実は厳しいけれど努力すれば報われるのだということ。
敬意を表します。

真面目な作品で好感がもてます。

でも、あんな苦労はできればしたくない。(苦笑)
まあ、やる時は私だって、私なりに頑張ります。
コメント

図書館通い

2007年01月27日 22時03分47秒 | Weblog
昨日も今日も図書館に通えました。
午前中、家の中のことをやって、午後出かける。暗くなる位までという感じです。

昨日は来週のパソコン講習の受講料を払ったり、テキストを買ったりしていたら
図書館につくのが遅くなってしまいました。 
ネット検索をして、新聞を読む位しかできませんでした。
でも家に帰って疲れてなかった。
疲れないように慣らしていかないとですものね。

今日は昨日より早く着きました。
ネット検索と新聞読んでもまだ時間も余裕もあります。
そこで、自分の書きかけの卒論がなんとかならないものか、読み返してみました。
? 私こういうこと書いていたんだ。
つまらないし、よく理解できない。 
集中力急降下。
何度も休んで、関連の本を探したりする。
何とか書いた分は読みました。
疲れた。
下手な論文を読んだから? 
まだ集中力がうまく持続できないなあ。

ちょっと凹んだが気を取り直して、参考文献を探してみる。
ここの図書館に置いてないものが多いので、書架をチェックしてみる。
日本古典文学、少ないなあ。

気がつくと隣の棚。
ついメンタル関係の本ばかり目にとまり、あさっている。
いつものように。
何冊も読んだのに。
何冊読んでもうまくいかないの。
キリがない。

そうこうしているうちに、夕方になりました。
少しずつを積み重ねていけば、いつか成果はあるでしょう。

隣のビルにはレストランが色々入っている。
ちょっと物色して帰りました。
お昼はここで済ませて、一日過ごすこともできるなあ、と。

コメント

自分再生計画

2007年01月26日 20時11分28秒 | Weblog
ブログのタイトル変えてみました。
未だにいろいろ模索状態です。
言葉の表現って難しい。

**********************************************************************

少しづつ読み進めていったら、  「うつからの社会復帰ガイド」が
読み終わりました。
ぶ厚い本ではありませんが、本を一冊クリアできるのは嬉しい。

で、やはりここの団体が行っているBTW(バック・トゥ・ワーク・キャリア・
サポート・プログラム)は魅力的だと思いました。
テレビで見て知ってましたけど。
八~九割の人が現職に復帰成功しているという。
だから私もここに近づき、別のプログラムを受けてみたのですが。

これをやらなくてどうする。
私も八~九割の中の一人になりたいよ。
百パーセントじゃないからね、
残りの一~二割に入ってしまうかもしれない。
でもやってみて、やってみなければわからないし。
これでダメだと思えば諦めもつくでしょう。

やらないで時を見送っていても。
ただタイムオーバーになるだけでしょう。
やってみよう。
書類審査があるみたいだけど。
別のプログラムに参加経験がある、という条件は満たしているはず。
次に募集があったら申し込もう。
まだ間に合うよ。
書類を揃えて、医師にも話しておかなければ。

で、これは確か週に1度のプログラムで、これだけこなせればOKではない。
残りの日もトレーニングするのが鉄則らしい。
東京にはいいディケアをやっている病院が幾つかあるが、遠いのがネック。
東京の職場に戻るなら、頑張って都内に通ってみるのも方法だけど。
これがちょっと自信ないの。

埼玉にいい復職プログラムをやっている所ないかな。
伊奈は通いましたわ。
鬱さん専用がいいの。
4月からできるとか、ないかな。
調べてみるか。
障害者職業センターという所でもやっているのかな。
そう書いてあったけど、どこにあるのか。
調べよう。

障壁の人間関係は崩れたのだから。
今度こそちゃんと、職場復帰。

急にやる気が出てきた。
逆に立ち止まっていると焦ってくるわ。
これって、危ないサインかしら?
まあ、ゆっくりやります。
コメント

当選!!

2007年01月26日 12時52分19秒 | Weblog
先月ネット懸賞に少しはまりました。
なのに何もない~(☆o☆)と待ち続けていたら、来ました!
私、こういうの好きなんです。
ミツカンさんだけに酢がきつい(@_@)と感じるのは最初の一口だけ。
すごく美味しいです。ごくごく飲めますよ。(^O^)/
薄めて妙に甘くしている飲料より、全然イイ。

これ30本頂きました。
一日一本で1ヶ月間ヘルシー生活。
ミツカンさん、この場を借りてありがとうございました!

コメント (2)

明るい日差しが…

2007年01月25日 23時15分37秒 | Weblog
ずっと食欲なかったので、流石に痩せました。
体重もそうですがウエストも減ってくれたので、
手持ちのパンツがだいぶ入るようになりました。(^O^)
これをキープできれば買い足さずに冬を越せるなぁ。頑張ろう~。
久しぶりに外に出ました。
若干おっくうで午後になってしまいましたが。
日差しが明るい。
風が強いけどそんなに寒くない。
まだ先の事でしょうけど、春に向かっているのを感じました。
仕事の事を考えると頭が痛いですが、この時期
春の気配を感じるのは嬉しいもので。

に乗ってお出かけしました。

反復性単複性とも言われた事のある(意味わかるような、わからないような)
私の鬱はサッと消えて、またサッとやってきたりするのであります。
コメント

長いトンネル

2007年01月24日 17時46分02秒 | Weblog
お久しぶりです。
色々なことが。
鬱にやられました。
とにかくだるくて、何かをするエネルギーが出なくて、ずっと寝てました。
眠りはせずにだたボーっと天井や壁を見ていたり、うとうとと夢ばかりみている
時もありました。
これが大抵仕事がらみの夢だったりするので嫌なものです。
今朝などは、今日のランチはどこにするのか、場所がなかったり、迷っていたら
昼休みが終わってしまう・・・という夢を延々とみていました。
お昼休みの夢が多いのはなぜなんだろう。
出てくる人も昔の同僚や友達だったりするから何かリアルです。

パソコンに向かうのはもちろん、ケータイメールに返事を出すにも大変で、ほとん
ど電源切ってましたね。

それどころか、お風呂に入るとか、食事をとるのも辛かったです。
食事をとらなければ、トイレに行かなくても済む訳だし、なんて調子で。
とにかく、ベットから出るのが辛かった。

見かねて父が2回ほど来てくれました。
買い物をしてくれて、食事を作ってくれたり、病院へ薬を取りに行ってくれました。
でも、いつも昼ごろ来て、夕方には用事があると行って帰っていきます。
洗濯もたまっているし、掃除も気になるのに、がさごそと野菜炒めを作り、
台所も散らかしていきます。
これ、昼寝付ですから、その時間を差し引くと実働は・・・?

寒い中ありがたいのですけどね。十分に。
でも、えさを運んだだけでしょ。
こういう時に、力強い女手が欲しいものです。
はああ~。

今日は何となく誰かにいて欲しくて、話相手が欲しかったです。
一緒に住んでくれる人が欲しかったら、自分で探すしかないですかね。
こういう時、ふとグループホームに入りたくなる。
これで、父に世話してもらえなくなったらどうなってしまうのだろう。
今後が不安になる。

昨日、職場の上司から電話があったのです。
今の状況を聞かれて、素直に「悪い」とお答えしました。
悪いと言えば、よくならないじゃない→再起不能→クビにされたらどうしようと思
うし、
良い感じですと言えば、職場にいる時は悪いと言って、家では元気にしているじゃ
ないの→仮病?と言われたこともあり、毎回ドキドキ。
でも、今更どうにもならない。
正直に報告するしかない。

人事異動があったようで、私に強烈な嫌がらせをした上司が動いたようだ。
他にも意地悪をする人たちはいたが、あっさりどんどん移っていった。
あの上司だけがしぶとく残っていらっしゃった。
これで、苦手な人間関係は一掃された。
新しい人間関係の中で、円滑にとは言わないけれど、つかず離れずでもいい、
どうにかうまくやっていく方法はないかと思う。
後は、体力の問題かしら、と思ってみたが、
これまでも、白紙の人間関係から、苦手を作っちゃうんだよね。
どうしたものか。

まあ、ここまで落ちてしまったのだから、一辺に職場復帰まで考えるのは早い。
来週、パワーポイントの講習があるけど、これにフルに参加できたら少し
自信つくかな。
また講習前に具合悪くなってヒヤヒヤした。
まだ完全に大丈夫とは言い切れないし。



コメント (2)

自分を褒めてみる

2007年01月18日 22時10分29秒 | Weblog
今日もだるくて、図書館行きは断念した。
だるくて、だるくて、辛い。 
こんなにだるいとどこか悪いんじゃないかと思う。
肝臓とか。
でも、この間の検査で「 血液に関しては健康」だった訳で。
病状なのか、薬の副作用なのか。

横になろうかどうか一日中迷っていた。
結局一日起きていられた。
ちょっと横に・・・は絶対起きられないと思い。
まあ、当たり前のことだけど、ちょっと褒めてみるか。

散歩に行くのがおっくう。
コンビニにコピーを取りに行くのがおっくう。
役所に問い合わせのをするのがおっくう。

動き出すのに時間がかかったが、全部できた訳で、とりあえず良しとしよう。
何でもない事だけど。
できなかった事ばかり悔やまないで、できた事を認めて褒めよう。
誰も褒めてくれなくても、自分で褒めよう。
そうやって自信をつけていくしかないでしょう。

この病気によって破壊された自信やプライドは簡単には取り戻せそうにないけど。

つまらない、くだらない話のようですが、これが今の私の生きている世界です。
うつってこんな感じですね。
もどかしくて、イライラして、辛いけど、こういう時は我慢して
一つ一つ、できた事を増やしていかないと。
と、自分を慰めながら、覇気のない今日この頃、毎日が辛い。


コメント

1.17

2007年01月17日 20時08分45秒 | Weblog
今日も普通に起きて、動けました。
悩みは解決しないものの、体の方は調子を取り戻してきたようで。

最近、朝、テレビでニュースや天気予報をチェックしたあと、消さないでそのまま
ダラダラと見続けてしまうことが多い。
「朝ズバッ!」とか「めざまし」&「とくダネ」とか「はなまる」とか。
朝忙しい主婦や勤め人の皆様にはひんしゅくをかいそうですけど。

今日も何となくテレビを消せずにいると、「はなまるカフェ」のゲストが東方神起だ!
わーい、かわいい、カッコイイ・・・
とごきげんな朝になって、
よし、散歩へ行ってこよう!
とエンジンがかかった所に、
で調子狂いましたが、黙々と家の掃除をやりました。
まだ大掃除でやり残した所が沢山あります。

午後、散歩に行きました。
昨日の保健婦さんのアドバイスの通り、速く歩いてみました。
競歩というか、小走りに近い状態で。
いつもより5分位速かったです。
すごく熱くなって、久しぶりにいい運動をしたと思いました。
で、3時に帰ってきて、体操をして、おやつを食べる。
最高です。

今日は買い物に行く予定ではありませんが、お米がなくなってきたので買いに行き
ました。
体が痛いので不安はありましたが、大丈夫でした。
でも、ずっと「スーパーの彼」に会ってないのです。
よって、あの話の続きを書けない訳で・・・

そして私の一日は無難に過ぎていったのですが、

今日は阪神大震災の日ですね。
あの日、あの頃はバリバリ働いてました。
仕事を終えて家でテレビをつけると、神戸の街が赤々と燃えている映像を
どうしようもなく何日も見ていた記憶があります。

何年か前に、メモリアルウォークというのに参加したことがあります。
夜行バスで神戸へ行って、大きな被害を受けたという所を歩きましたが、
思ったより復興が進んでいて、きれいな町並みでした。

母の付き添いだったのですが、私はあまり調子のいい状態ではなかったので
5キロだったかな、きつかったです。
本当は私の復興の方が先だったかもしれません。
でも、また、今度はゆっくり訪ねてみたいです。

と、完全に平和ボケしている私でした。
でも、いろいろな意味で忘れられない日です。
コメント

それでも冬のソナタ

2007年01月17日 19時23分34秒 | Weblog
「冬のソナタ」が先週から民放で放送されてますね。
まさかまた放送されるとは思わなかったです。

既にテレビ、ビデオでじっくり見たのですが、気になり少し見ました。
途中CMが入るのが不思議な感じがします。
また見直すかわかりませんが、ビデオに録りためてます。
韓流ドラマにはまるきっかけとなった思い出深い作品ですから。
でも、さっそくというか、1話分録り損ないました。
いつだったかな。

NHK(地上波)では春から夏にかけての放送だったので、この時期に見る冬ソナ
はいいですね。

冬ソナといえばポラリス。
私のポラリスはどこかしら? 
コメント

キチンと歯を磨こう

2007年01月16日 22時49分03秒 | Weblog
今日は普通に起きられました。
7時台から行動を開始すると、午前中も長いものですね。
薬が効いたのか。
変わってすぐに効果が出るとは思えないけど。
この手の薬はそういうタイプ。
ちゃんと早めに寝たのですね。
そうそう、ちゃんと遅くても12時前に寝なくちゃね。

でも一つ問題が。
体重が増えている。
ずっと変わってなかったのに、どうして今日に限って。
今日は健康相談の日で、体重や体脂肪までチェックされるのに。
どーしよう。
朝食は普通にとったが、散歩に行って、買い物に行って、に居て
ダラダラ余計なものを食べないようにした。
本来は午前中に出歩くのって清々しい!と思うのだけど、
あの体重のことを考えると鬱になるよ。 
お昼はもやしサラダのみ。

で、相談に行ったのですが、確かに1キロ近くのリバウンド。
でも体脂肪は減っていた。
栄養指導も受けたが、良いとのこと。
おやつとか食べすぎって注意されるかと思いましたが、
上手にとれば大丈夫とのこと。
おやつは3時まで、8時以降は食べない主義だという保健婦さんがいましたが、
いいかもしれませんね。

あと、図書館リハビリも勧められました。
もっと外に出て、人(人ごみ)になれると。

で、一番問題だったのが歯科チェック。
ここにプラーク、ここに歯肉炎、ここから出血・・・
とボロボロでした。
そして何と、
「前歯気になるね。虫歯になりそうだよ」
なんてご指摘が・・・
何ですと! 

いつもちゃんと磨き方を教わっているのに、正しい磨き方ができない。
相変わらず学習能力ゼロ。
「初めて会った時は口の中がとてもキレイだった。あの時は時間をかけて磨いて
いたよね?」
はい、確かにそうでした。寝る前は20~30分位。
今は長くても10分いきません。
「歯磨きは3分だなんて、それじゃあ磨ききれないわ」
だそうです。
「せめてフロスで悪い所の歯間の汚れだけでも落とせないかな」
頑張りますわ。
だって虫歯、歯医者通い、嫌だ! 
コメント

それでもボクはやっていない

2007年01月16日 22時18分00秒 | Weblog
もうすぐ公開ですね。
これも試写会で見ました。

痴漢冤罪のまじめな社会派の映画だと思いました。

テンポがあまり速くなかったせいか、作品自体も2時間を越える長めのものでしたが、
とても長く感じました。
長い戦いだったような。

でも途中であきたりしません。
主人公がどうなってしまうのか、ドキドキハラハラで。
拘留されてから裁判まで丁寧に映像化されていて、
こういうものなのかあ、と色々勉強にもなりましたし、驚きの連続でもありました。

上映後、監督のトークショーがあったのですが、裁判のシーンでは臨場感を出す
ために色々工夫されたそうです。
確かに、この事件の関係者として、ずっと傍聴をしているような気分でした。
被告人などの声が弱々しくて聞き取れなかった、というのは私も裁判を傍聴していて
ありましたし。
ドラマの裁判のシーンってやたら声を張り上げることが多いように思います。

監督はいくつだったかな、とにかく沢山の裁判を傍聴され、取材も沢山された
そうです。
その成果は十分に発揮されていると思います。

あと、主演の加瀬さんは32歳と聞き驚きました。(正直どういう俳優さんか知り
ませんでした。)
6歳下のフリーター(多分)の青年役を違和感なく演じてました。
監督の一目ぼれで抜擢だそうですが、大当たりです。
女性の敵憎き痴漢も、彼が「やっていない」と言えば、やってないのでしょう、
と素直に思えてしまう、ナチュラルな説得力。

それに、裁判官役の小日向文世さんも意外に注目かも。
登場した時は、「勝った!」と思ったのに・・・
意外です。役者ってすごい。

でも、これは難しい問題ですね。
結局証拠がないから真実は闇の中。
悔しいけれど、判決理由も変な説得力あり。
怖いです。

こういう事件の裁判員はやりたくないです。
あと、満員電車は気をつけて乗ろう。
間違えのないように。
でも、帰りのは少し混んでました。
 
コメント   トラックバック (1)

昨日、今日と

2007年01月15日 18時57分22秒 | Weblog
朝目覚めると、またもひどい鬱とだるさで起きられない。
布団の中でごそごそしているとが。
母からだった。
がなければ起き上がれなかった。
目は覚めているはずだが頭の回転はまだのようだ。
うまく会話ができない。

朝食をとる気になれないが、服薬もくるってしまうので食べる。
いい天気なので、洗濯物や布団を干したり、服の手入れをしたりする。
昨日より調子いいかも、と思ったものの、なかなか気分がすっきりしない。
散歩にでも行けばいい気分転換になるのでは、と思ったが、おっくうで、おっくうで・・・
ついに行けなかった。 

何もする気になれず、できないまま、ただ時だけが流れていく。
買い物もおっくうで行きたくなかったが、昨日も行けなかったので行った。
たかがスーパーに行くだけなのに、栄養ドリンクを飲んで気合を入れていく。
帰ってくるととても疲れてしまった。

ガス屋とはなかなか連絡がつかなくて、灯油は明日になってしまった。

いつも夕方から夜にかけてよくなってくるのだが、この日はダメ。
寒くで辛い夜。
泣きたくなる。
ひどくイライラしてきたので薬を飲んでベットに入った。
「華麗なる一族」を見ながら眠ってしまったようだ。
山崎豊子作品は好きで、楽しみにしていたのになあ。
筋がよくわからなかったし。
ホント調子悪かったのだろう。
うつって辛いよとつくづく思う一日で。

そして、爆睡して朝目覚めたら、沢山寝たせいか気持ちいい。
寝不足だったのだろうか。
夜、やっとテレビを見る気になって、遅くまで録りためたビデオを見ている
日が続いていたから。
でも、また襲ってきた胸の痛みで、布団の中でジタバタ。
また起きられない。

そんな格闘をしていると、「ピンポーン!」
昨日頼んでいたガス屋さんである。
これがなかったら起き上がれなかった。
さてさて、ごみも捨てないと。

これからが勝負である。
今日は病院に行かなくては、なのである。
行かないと薬がない訳で。
自分で自分の駄々っ子をなだめるように、行った。

今日もひどく混んでいて待たされた。
こんな天気のいい日に病院で過ごすのはもったいないけれど、仕方ない。
先生に調子の悪いことを訴える。
ひどく残念そうな顔をされ、薬が変わった。
トリプタノール、この薬も反応なしって感じなのですけど。
まあ、今の体にはわからないし。

何か原因でも?と聞かれて、患者会で違和感を感じて色々悩んでしまったのが
きっかけかも?と答えた。
「そんな嫌な場所へ居続ける理由はないんじゃないの?」
と言われてしまった。
やっと吹っ切れた気がした。

そうだよ
でもね居場所がないんですよ。病院はただ薬を出す所でしょう。
それをだだ飲んでいるだけでは、社会復帰できない。
薬がうまく反応しない人はねえ。
情報交換の場もないし。
生活支援センターにアプローチしてみるか。
とにかく、今は不調から脱すること。



コメント