超人少年伝説

源氏物語千年 紫式部が突然現れ 紫式部氏思想を書くことになった

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サルトルとハイデガー

2009-11-27 06:35:24 | Weblog
サルトルは、思想を否定し、それを肯定した思想家である。
従ってサルトルは、スターリンを崇拝した。

ハイデガーは、知性を否定し、それを肯定した哲学者である。
従って、ハイデガーはヒトラーに心酔した。

*。
スターリンは思想家ではない。
ヒトラーは哲学ではない。

何でこんなものに引っかかったか。
サルトルは思想家ではなかったからだ。
ハイデガーは哲学者でなかったからだ。

そんなものに多くの人が引っかかった。
そこには知性も思想もなかっらからだ。

   *。
知性や思想のまがい物、
それが人の幸福感や躍動感を演出した。

本物には心が踊らないが、偽物には心が躍る。
それは心が躍るように作られているからだ。

本物には、心を躍らせるものはない。

*。
馬子にも衣装、
人は馬子でなく、衣装に心が躍るのだ。

これが馬子の否定の肯定だ。

これが豊かさであろう。

    *。
このごまかしやデタラメを超えることが必要になった。

嘘の中に、真実を掴む。
現代はこのように編成された。

*。
偽物でもいい場合、よくない場合がある。

これがメタ知性だ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 日本は Bクラスである | トップ | 村上春樹の矛盾 小説は妄想... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事