超人少年伝説

源氏物語千年 紫式部が突然現れ 紫式部氏思想を書くことになった

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人類の本質 人間の本質

2009-12-15 05:18:05 | Weblog
人は現象を生きてきた。
そして実体を生き始めた。
実体は人には実存でも、現実には妄想であった。

これを突き抜けて人間の本質が垣間見え始めた。

*。
三段階理論でいえば、
ユ-クリッド-ニュートン系→相対性理論→量子力学に相当する。
言葉系→イメージ系→コード系でもある。

人種などという言葉を作ったから、差別が発生する。
これが言葉系の特徴だ。

矛盾と無矛盾が並存し、言葉自体に無矛盾は存在しない。

     *。
矛盾は現実に言葉を作用させると現れる。

現実は無矛盾だが、
言葉を作用させると、矛盾が現れる。

だから言葉を使わなければ、矛盾のない世界を生きる。
それは力の世界だ。

権力が無力を食い殺す世界だ。

*。
それは困るとした人が人間だ。

ここから苦しみが始まった。

*。
弱者を殺さないヨーロッパだが、人種差別は残っている。
白人は殺さないが、有色人種は殺す。

有色人種は、弱者ではなかった。
有色人種は、白人の異物であり、排除しなければならない。
国家原理主義だ。

相対性理論は白人に成立したが、有色人種には成立しない。

*。
人類はまだスフィンクスだ。
人間の顔した獣だ。

それを純粋培養した日本だ。

    *。
いよいよ人間の本質に迫るところだ。

そこに日本の全体がある。
それがクール・ジャパンだ。

日本の固有関数=固有空間は、人種差別のない世界だ。
これを超高精度で実現する。
これが日本思想の本質だ。

*。
この世界は言葉を超えたいなければならない。
即ち、コード世界だ。

日本は言葉を作らなかった。
それはコードを保存するためだ。
日本人はコード=量子力学を生きていた。

これが神のプログラムだ。

*。
ここに人間の本質を現す。

言葉を持たなかったことこそ、人類を観測できる。
コードが人類観測装置だ。

    *。
そこでは人の表裏を同時に観測しなけれはならない。

お上日本は、一方だけ見る狂気の世界だ。
それを食って、両面世界を観測する。

*。
お上が世界に出て世界を破壊した。

これで死の本能を一掃する。
この殺人革命に、生の文明が成立する。

革命は殺人に始まる。
日本は人類の死の本能を殺した。

それは生の文明を作っていえることだ。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 日本文学は 偽善と欺瞞である | トップ | 正負エントロピーの負帰還 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事