日本水工コンサルタント 社員ブログ

自然との調和に配慮し、農村と都市の新たな風景を創造する

水土里の路 見沼代用水路ウォーク

2014年11月01日 | 地域貢献

平成26年10月26日(日)爽やかな風と空気の中、美しい田園21共催見沼ウォーク実行委員会主催による「見沼代用水路ウォーク」に参加した。

ウォークコースは、JRさいたま新都心駅を出発し大原競技場、浦和博物館、緑のトラスト1号地・原形保全区間を経てゴール地点見沼自然公園へと、約10km(徒歩2時間半)の距離を地域貢献活動として水路沿いの清掃活動をした。

 

都市に広がる田園風景を見ながら、見沼代用水路西縁から東縁へ向かう途中にはホタル蛹化場などの施設が、見られ自然豊かな身近な地域を再発見した。

また、緑のトラスト保全1号地は、見沼代用水路東縁に面する斜面林でこのあたりの用水路は、両岸及び底は用水路が作られた江戸時代のまま保存されていることなど、知ることができた。ゴミや飛散物など、あまり落ちていなかったのを考えると、多くの人々によってこの原風景を守る活動が盛んにおこなわれているのだと感じた。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする