carshop Nissho

キャンペーンや新着情報など!スタッフのワカがご紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不要車・廃車、無料お引取りキャンペーン!

2014年08月04日 | キャンペーン情報
不要車・廃車・使用済み車の無料お引取りキャンペーン実施中

使ってないお車や、廃車にしたいお車はありませんか?
『廃車するのに手数料や廃車料が高いのでは?
と、お困りの方必見です

ただいま不要車・廃車・使用済み車の無料引取りキャンペーン!を実施しております

しかも、平塚市・伊勢原市・秦野市・大磯町に限り(お車の保管場所)
自走可能車輌は無料でお伺いいたします
(自走が不可能な場合は電話にてご確認下さい。)

この機会をお見逃しなく

詳しくはコチラから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JXCD2012 シリーズ

2012年12月31日 | 新着情報
JXCD2012 シリーズポイント集計表    N1クラス




1 ミドリカワ ヒデユキNISラッシュオートDXL23 日章自動車ジオランダー17 20 17 20 20 60

2 コバヤシ トモアキDXLジオランダー23 ラッシュオートジオランダー20 15 20 17 15 57
3 ハギオ ヒデヤSCK Mouseジムニージオランダー熊野古道探検隊15 15 12 42
4 キタバタケ ケンゴカードック山辺ジムニージムニー専隊はしるんじゃ~。ジオランダー12 12 12 10 36
5 マツバラ ケンジジムニーJADE-R ジェイドレーシング17 17 34
6 エムラ カツヒコジムニージムニー専隊 はしるんじゃ~ ゼロワン9 8 17
7 サイトウ イサオジムニーチームハンガー15 15
8 タカヤマ シゲミジムニー10 10
9 マツモト トモシゲジムニーJADE Racing 9 9
10 アサイ マサアキジムニー4×4 遊名人8 8


※Japan XC DirtTrial 公式サイトより抜粋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JXCD2011年シリーズ第5戦

2011年08月04日 | 新着情報
JXCD2011年シリーズ第5戦は今季3度目の開催となるオートパーク今庄(福井県)で開催された。
前日から断続的に降り続く雨は日曜日も続き、コンディションはウエットを通り越し完全マッド状態の中
開催されたが、このコースは雨でもトラクションは比較的かかりやすく、コーナリングとブレーキングという
マシンとそれを操るドライバーにとってはデリケートな戦いとなった。

N1クラスは「日章自動車ジオランダー」緑川選手(NISディクセルRAジムニー)がセカンドアタックで
唯一の54秒台を叩き出し今季2勝目に輝き、今大会を欠場したポイントリーダー萩尾選手に並ぶポイントを
手にすることに成功した。2位には「ラッシュオートジオランダー」小林選手(DXLジムニー)が入り
3位にはベテラン「ジムニー専隊はしるんじゃ~。ジオランダー」の北畠選手(カードック山辺ジムニー)が
4位には「JADE-R」松原選手(ジムニー)とハイレベルな戦いを演じ戦国N1クラスに拍車をかける大激戦の展開となった。


※Japan XC DirtTrial 公式サイトより抜粋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JXCD第4戦 テクニックステージ タカタ

2011年08月04日 | 新着情報
JXCD第4戦 テクニックステージ タカタ


JXCD2011年シリーズ第4戦がテクニックステージタカタ(広島県)で開催された。
昨年に引き続き2度目の開催となったテクニックステージタカタは全日本ダートラ戦が開催されている
国内屈指の規模を誇るダートサーキットである。

N1クラスは激しいシリーズチャンピオン争いを繰り広げる中、昨年のチャンピオン「日章自動車ジオランダー」
緑川選手(NISディクセルRAジムニー)がセカンドアタックで唯一の1分17秒で走り今季初優勝を飾った。
2位と3位は僅差の戦いとなったが「ラッシュオートジオランダー」小林選手(DXLジムニー)が僅かに
「ジオランダー熊野古道探検隊」萩尾選手(S.C.K Mouse ジムニー)のタイムを上回り2位のポジションを確保。
シリーズリーダー萩尾選手は3位という結果に終わり最終戦までシリーズランキング争いは続く事となった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JXCD2011年シリーズ第2戦「オートパーク今庄」

2011年08月04日 | 新着情報
JXCD2011年シリーズ第2戦「オートパーク今庄」


JXCD2011年シリーズ第2戦がオートパーク今庄で開催された。
前日の土曜日には雨が振ったためコースコンディションはウエット。しかし日曜日はなんとか雨も我慢してくれたため
時間が経つにつれコンディションは回復して、インターバルに散水をするほどだった。
コースレイアウトは第1戦時とほぼ同じにしたがウエットコンディションだったため、ゴール付近だけ安全性を
考慮して変更した。

N1クラスでは第1戦で優勝に輝いた「ジオランダー熊野古道探検隊」萩尾選手(S.C.K Mouseジムニー)が今回も
素晴らしい走りを見せ2連勝!2位には前回3位の「ラッシュオートジオランダーDXL」小林選手(ジムニー)が
昨年のシリーズチャンピオン「日章自動車ジオランダー」緑川選手(NISディクセルRAジムニー)をかわしてランクアップ。
N1クラスは順位こそ付いてしまうが、出走した全てが僅差でハイレベルな戦いを演じているので昨年のように
最終戦までもつれるような見応えあるシリーズランキング争いを期待してしまう。


※Japan XC DirtTrial 公式サイトより抜粋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JXCD2011年シリーズ第1戦「オートパーク今庄」

2011年04月17日 | 新着情報
JXCD2011年シリーズ第1戦「オートパーク今庄」



N1クラスは改造範囲が限定された軽自動車のノーマルクラス。昨年は最終戦までシリーズチャンピオン
争いがもつれ、白熱した戦いを演じたクラス。そのチャンピオン争いを演じた二人がエントリーした。

優勝は惜しくもチャンピオン争いで敗れた「ジオランダー熊野古道探検隊」萩尾選手(S.C.K Mouseジムニー)が
唯一、54秒台で走り今期1勝目をあげたが、2位にはピッタリとシリーズチャンピオン「日章自動車ジオランダー」
緑川選手(NISディクセルRAジムニー)がつけ、今年もハイレベルなランキング争いを予感させる結果となったが
3位以下も混戦で、ちょっとしたミス一つで順位が簡単に入れ替わる僅差の戦いとなった。

※Japan XC DirtTrial 公式サイトより抜粋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JXCD2010第5戦 オートパーク今庄

2010年11月21日 | 新着情報
■日時:11月21日(日)

■会場:オートパーク今庄(福井県)
    福井県南条郡南越前町今庄
    TEL:0778-45-1500 FAX:0778-45-0700
    http://imajyo.com/


JXCD2010年シリーズ第5戦が11月21日にオートパーク今庄で開催された。
今年のJXCDは全5戦の内3戦をこのオートパーク今庄で開催したが、開催の度に施設の拡張が行われ、この大会を開催
するにはもってこいの会場である。
最終戦となる今大会は60エントリーを越えるマシーンが集結したが、何と言ってもN1クラス、P1クラスのシリーズ
チャンピオン争いが熾烈を極め、この最終戦次第で逆転もあり得る僅か1ポイント差という戦いを演じている。



まずN1クラスには12台がエントリー。レギュレーションにより7台が賞典外となったがシリーズランキングの
上位3名の走りに注目が集まった。まずファーストアタックでは「日章自動車ジオランダー」緑川選手
(NISディクセルジムニー)が56秒238でトップに。さらにランキング3位に付ける
「ジムニー専隊はしるんじゃ~。ジオランダー」北畠選手(カードック山辺ジムニー)が56秒668と素晴らしい走りを
見せたが、ランキングトップ「ジオランダー熊野古道探検隊」萩尾選手(Digitalfield Mouse ジムニー)は57秒台と
少し後れをとってしまった。



セカンドアタックでは緑川選手が1秒以上縮め55秒137を叩き出すと北畠選手、そして「チームアズ」松原選手
(ジムニー)が56秒台を揃えてきた。一方、萩尾選手もフルアタックを仕掛け、実に2秒縮め55秒773という
素晴らしいタイムでフィニッシュするも残念ながら僅かな差で緑川選手に届かなかった。これでシリーズランキングは逆転!
最終戦までもつれ込んだシリーズチャンピオン争いは緑川選手が貫禄の3年連続のシリーズチャンピオンに輝き
その座を死守した。



<iframe title="YouTube video player" width="320" height="240" src="http://www.youtube.com/embed/aSFsizUCWgA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

※Japan XC DirtTrial 公式サイトより抜粋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JXCD2010年シリーズ第4戦 テクニックステージタカタ

2010年09月22日 | 新着情報
■日時:9月19日(日)

■会場:テクニックステージタカタ 
広島県安芸高田市高宮町原田3969
Tel :0826-57-1717   
http://www.ts-takata.com/


JXCD2010年シリーズ第4戦が9月19日にテクニックステージタカタ(広島県)で開催された。
このテクニックステージタカタは全日本ダートトライアルが開催されている歴史あるオフロードサーキットで
広大なスペースとアップダウンを含めたテクニカルなコースとしてあまりに有名なコースである。
このテクニックステージタカタで初の開催となったJXCD第4戦、晴天にも恵まれドライコンディションの中開催された。



まずN1クラスでは第2戦を制した「ジオランダー熊野古道探検」萩尾選手(Digitalfield Mouse DXL ジムニ)が
2本とも1分8秒台のタイムを叩き出す安定した走りを見せ「日章自動車ジオランダー」緑川選手(NISディクセルジムニー)を
抑え今季2勝目を飾った。そして3位には「ウエストウィンジオランダー」川添選手(パジェロミニ)が食い込み
このクラスにおけるパジェロミニのポテンシャルの高さを証明したが、これでシリーズチャンピオン争いも
白熱してきた。最終戦に俄然、注目が集まる。




※Japan XC DirtTrial 公式サイトより抜粋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JXCD2010年シリーズ第3戦 オートパーク今庄

2010年07月22日 | 新着情報
■日時:7月18日(日)

■会場:オートパーク今庄(福井県)
    福井県南条郡南越前町今庄
    TEL:0778-45-1500 FAX:0778-45-0700
    http://imajyo.com/



JAPANクロスカントリーダートトライアルシリーズ(JXCD)2010年シリーズ第3戦がオートパーク今庄で
開催された。連休という事もあり、多数の遠征組も参加。外気同様に白熱した戦いが繰り広げられた。



まず午前中に行われたNクラスには31台がエントリー。N1クラスはレギュレーションにより賞典外となった
2台を含め11台がエントリーしたが、上位5~6台が1秒前後にひしめく大混戦となった。
優勝は昨年のシリーズ2位「Moty'sジオランダーGARAGEZERO」杉中選手(ディクセルじむおJB23)が昨年の
シリーズチャンピオン「日章自動車ジオランダー」緑川選手(NISディクセルジムニー)を僅か0.25秒上回り
今期初優勝。またベテラン「ジムニー専隊走るんじゃ~。&ジオランダー」北畠選手(カードック山辺ジムニー)が
「チームアズ」松原選手(ジムニー)と0.07秒差という接戦を制して3位に食い込むなど実力伯仲の戦いが繰り広げられた。



※Japan XC DirtTrial 公式サイトより抜粋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JXCD2010シリーズ第1戦 オートパーク今庄

2010年04月22日 | 新着情報
■日時:4月18日(日)

■会場:オートパーク今庄(福井県)
    福井県南条郡南越前町今庄
    TEL:0778-45-1500 FAX:0778-45-0700
    http://imajyo.com/

■主催:JXCD運営事務局 (株)オフィスミッション内
    〒701-0203 岡山市南区古新田30-3
    http://www.officemission.jp/dirt/
    TEL086-282-8847 FAX086-282-8846


JAPANクロスカントリーダートトライアルシリーズ(JXCD)の2010年開幕戦が
4月18日、初開催となるオートパーク今庄(福井県)で開催された。
このオートパーク今庄はダートトライアルの全日本戦に参戦するオーナーが手がけた新しいコースで
コースは勿論、パドック、スタンドに至るまでオフロードサーキットとしての設備が充実した素晴らしいコースである。



JXCDは4WD、SUV車を対象としたダートトライアルコンペティションで、年5戦の開催が予定されている。
カテゴリーは大きく2つに分けられ、ノーマル車を対象としたNクラスと改造車のPクラスに分けられる。
さらに改造範囲や排気量でNクラスが3つのクラスに、そしてPクラスが2つのクラスに分かれて開催されている。



まずN1クラスは排気量660cc以下の軽自動車のノーマル車クラスで、2年連続シリーズチャンピオンの
「日章自動車ジオランダー」緑川選手(NISディクセルジムニー)が2本とも安定した走りを見せ、
僅差で「ジムニー専隊はしるんじゃ~」北畠選手(カードック山辺ジムニー)を退け優勝。
3位には昨年のシリーズランキング3位の「ジオランダー熊野古道探検隊」萩尾選手( DIXCEL 23 ジムニー SCK)が食い込み
幸先良いスタートを切った。



※Japan XC DirtTrial 公式サイトより抜粋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加