荒川区 有限会社ウィズ

荒川区「日暮里」にある不動産屋の日記です。ジャンル問わず気が向いたまま書いていきます!

制震

2006年10月10日 16時05分47秒 | 不動産

以前、 「耐震」、 「制震」、 「免震」を日記に書きました が、耐震は頑丈に建物を作るイメージで分かりやすいのですが、イマイチ「制震」、「免震」ってどんな仕組みなの?とイメージしづらいのと、たまたま機関紙で特集があったので、今回は「制震構造」の画像をお載せてみます


どうでしょうか?

制震構造は?


今回、載せた画像の制震構造は、私も初めて見る構造です。

いままで私が見た事のある制震構造は、オイルダンパーやバネ式でした。

今回載せた制震構造は、某有名建設会社(。。。ゴジラ松井がCMに出ている。。。)のもので、「高減衰ゴム」が地震エネルギーを熱エネルギーに変換して、建物の揺れを抑える仕組みだそうです。


実験データを集計した結果、建築面積100平方メートル以下の2階建て住宅では、東西方向に1枚 と 南北方向に1枚 の計2枚の制震パネルで、充分な効果が得られるそうです。

そして、このたった2枚のパネルで建物の変形を最大50%低減してしまうそうです

また、大地震だけでなく、中小地震にも効果を発揮し、さらに、台風時の暴風による揺れまですぐれた効果を発揮するそうです


そして、気になるコストですが 。 。 。

1棟50万円ぐらいだそうです



う~ん

コストも安い、条件も緩い、確かな性能、etc

今後、制震構造が主流になっていきそうですね



詳しくは、ゴジラ松井のCMの○○○ホームのホームページ等で確認して下さい



【制震構造】
建物の内部に組み込まれたエネルギー減衰装置が、地震や風などの外部からの運動エネルギーを吸収し熱エネルギーに変換して、揺れを低減するものです。





最新の画像もっと見る

コメントを投稿