荒川区 有限会社ウィズ

荒川区「日暮里」にある不動産屋の日記です。ジャンル問わず気が向いたまま書いていきます!

耐震?免震?制震?

2006年03月16日 11時17分13秒 | 不動産

最近、大地震やマンション耐震強度偽造問題等で建物の構造に対して注目が集まっています。

耐震構造。免震構造。制震構造。

以前から良く聞く耐震構造とは、建物の矩体を筋交いや補強金物等を用いて建物自体を強化し、地震の揺れに対してひたすら耐える構造です。


そして最近になって聞く言葉ですが免震構造、制震構造。

免震構造とは、基礎と建物の間にゴム、ボールベアリングなどの震動絶緑装置を設置し、地震の揺れを吸収し、揺れを建物に伝えないようにすることで、建物の揺れを軽減します。状況や設置条件、装置の仕組みなどにもよりますが、地震のエネルギーを数分の1にまで、軽減するといわれています。

これに対し、制震構造は地震時に生ずる建物の変形を特殊なオイルダンパー等の装置で吸収することで家屋の揺れを軽減するものです。地震のエネルギーを吸収し、建物や人命の安全性を高めようとする仕組みであることは、免震構造と同様です。
単に、地震の揺れを軽減させるという点では、免震構造のほうが優れています。しかし、制震構造は、取り付ける住宅のプランや地盤に対する制約が少ないのが特徴です。例えば、地下室などがある住宅や、軟弱地盤や液状化しやすい地盤の土地には、免震構造にするのが難しいのです。

まとめると耐震とは、揺れに耐えるということになります。免震とは、揺れを建物に伝えないということ。そして、制震は、揺れを軽減すること。

これからの最新の住宅は「耐震住宅」のさらに上の効果が期待できる「制震住宅」や「免震住宅」が一般的になるのではないでしょうか。



最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ランドバンキングのご案内 (アセット)
2006-03-16 15:53:12
実は当社では、日本では珍しい“ランドバンキング”を取り扱っています。これは、カナダ・トロントの宅地を証券化した投資案件です。政府の開発許可がおりている物件が対象ですから安全です。期間は3~6年、トータルリターンは約200%程度を予定しています。良かったらご案内させていただけませんか? 下記のアドレスまでご連絡いただければ幸いです。



Assetmgm2006@yahoo.co.jp

コメントを投稿