大阪 西成区のあいりん地区へ 移住計画

地方で生まれ20年ちょい、その後東京に20年暮らし、次は大阪あいりん地域に住もうと考えている無職のおっちゃんブログ

飛田新地  売春容疑で暴力団逮捕

2018-05-17 15:05:25 | にしなりの事
良くある話、余程何か問題があって警察に目をつかられたから逮捕まで行ったと考えられるね。


大阪市西成区の遊郭「飛田新地」で、女性従業員に売春相手を紹介したとして
大阪府警捜査4課は17日、売春防止法違反容疑で、指定暴力団山口組直系「極心連合会」幹部、
浅野俊雄容疑者(64)=同市平野区平野西=ら男女6人を逮捕したと発表した。
府警は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は、平成29年12月と今年3月、内縁の妻らと共謀し、内縁の妻が経営する
飛田新地内の店舗「銀河」で、女性授業員を男性客に引き合わせ、売春をさせていたとしている。
同店舗では1カ月で平均約400万円の利益があったといい、府警は利益の一部が長年にわたって
暴力団に流れていたとみている。





この記事をはてなブックマークに追加

飛田新地 新年早々火事だって

2018-02-17 08:51:30 | にしなり以外の事

2018年1月5日午後、大阪の「飛田新地」と呼ばれる歓楽街で
火事があり、飲食店など3店舗が焼けました。
けが人はいませんでした。
 火事があったのは大阪市西成区山王の通称「飛田新地」で、
午後1時ごろ飲食店兼住宅から出火しました。
火は約45分後に消し止められましたが、
木造2階建ての建物150平方メートルのほか、
北隣りの飲食店や酒店にも延焼しました。
警察によりますと、火元の店は5日は休業日で人はおらず、
隣の店の従業員2人も逃げてけがはありませんでした。

俺はここで遊んだ事ないけどね。


この記事をはてなブックマークに追加

乾パン 意外とうまかったー!

2017-12-08 04:32:13 | にしなり以外の事
乾パンはあえて購入した事がなかった、あいりんで何度も見かけた。
ドロボウ市場でもよく売っていたし。
ホームレスシェルターに泊まる時はタダで1個(5枚)を貰えるそうだ。
たまたま別の場所で食べる機会があり食べてみたら、うまかったー。

大昔食べた感じより、硬くない!パサパサ感なし、割り易い!味もそこそこ!
メーカーも研究してるわ。
保存が利く事を考えれば、登山、ダイエット、日常食なんかに使える!
水に漬けて柔らかくしてから加工する事も出来るそうだ。
メーカーは北陸製菓製で写真のやつ。

通販で沢山取り寄せしたわ。


この記事をはてなブックマークに追加

怖い結核、長期の潜伏期間があるそうだ 知らなかったー

2017-04-02 07:44:28 | にしなりの事

結核菌は、結核患者の咳やくしゃみなどによって空気中に飛び散り、
その結核菌を吸いこむことによって感染が広がっていきます。

結核が厄介なのは、初めて結核菌を吸い込んだ人の約1割は、
その後2年以内に結核を発症するものの、それ以外の人の体の中では
結核菌は冬眠状態に入り、体内にとどまるからです。
これらの人のうち、約1割程度は数年~数十年後に結核を発症します。

次に、都市化です。
若い世代の間では不特定多数の人が利用するネットカフェやパチンコ店などでの感染が多く、
40代以上では建設現場やサウナなどでの集団感染が目立ちます。
このような場合、自分が感染したことに気づかず、感染の広がりが大きくなる
ことも少なくありません。

厚生労働省の「結核新規登録患者数・罹患(りかん)率」や医療関係者が持つ資料によると、
2014(平成26)年、新規登録患者数は全国で1万9615人、国内での罹患率は15.4だった。
都道府県別では大阪府が1位、大阪市の新規登録患者数は988人、
罹患率は36.8と国内罹患率を大きく上回っている。
もっともこの大阪市の新規登録患者数と罹患率は、西成「あいりん地区」に限ると、
新規登録患者数は99人、罹患率は383.7と驚異的な数字を示す。


この記事をはてなブックマークに追加

新今宮駅前に、高級ホテルやて!

2017-03-13 06:20:27 | にしなりの事
確かに、新今宮駅前にかなり広い敷地はあった、なんで空いてるのか?と以前思ってたけど
この計画、うまくいくんかいな?
あいりんのまん前、ほぼ99%あいりんと言っても過言ではない場所。
現在、ダイソーが入ってるところに以前はユニクロがあったけど撤退したんだけどね。
まっ、星野リゾートさん、頑張ってやっ!、としか言いようがないわ。


大阪市がJR新今宮駅前にある市有地約1万4000平方メートルを、高級ホテル事業で知られる
「星野リゾート」に約18億円で売却したことを3月8日に発表。

大阪市のホームページで公開されている契約提案書によれば、建設予定のホテルは
「都市観光の拠点」として客室を約600室用意。
すべての客室で通常の都市型ホテルより間口を広く取り、ベッド以外のスペースでも
くつろげるレイアウトにするとしている。
2階にはたこ焼きやお好み焼きなどご当地食を堪能できるカフェテリアを、
3階には温浴施設・スパ、フィットネスを、最上階の20階には大阪の夜景を一望できる
バーとメインダイニングも設置する計画で、2022年開業を予定している。


この記事をはてなブックマークに追加