西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

ししりばの家  澤村伊智/著  角川書店

2021年09月17日 22時03分45秒 | 西京極の本棚
【紹介文】
おかしいのはこの家か、わたしか  夫の転勤に伴う東京生活に馴染めずにいた果歩は、幼馴染の平岩と再会する。家に招かれ、彼の妻や祖母と交流し癒される果歩だが、平岩邸はどこか変だった。さああという謎の音、部屋中に散る砂。しかし平岩は、異常はないと断ずる。一方、平岩邸を監視する1人の男。彼は昔この家に関わったせいで、脳を砂が侵食する感覚に悩まされていた。そんなある日、比嘉琴子という女が彼の元を訪れ…?

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ドラマ性 ☆☆☆★★
  独創性 ☆☆☆☆★
 読み易さ ☆☆☆☆☆

【西京極の読後感想】
比嘉姉妹のお姉ちゃん琴子の子供時代に端を発する『ぼぎわんが、来る』の前日譚。いわゆる「お化け屋敷モノ」ですが、今回も結婚生活の不安やストレスと怪異が結びつく展開です。ストーリーは、主人公となる笹倉果歩という女性と琴子の幼馴染み五十嵐哲也の2つの視点を交互に切り替え、時系列を微妙にずらしつつテンポよく進む。怖さという点では『ぼぎわん~』に劣るも、怪異のアイデアや伏線回収の見事さは健在

人気ブログランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« スペース・プレイヤーズ(日... | トップ | これぞ横綱相撲? »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

西京極の本棚」カテゴリの最新記事