西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

麻雀放浪記2020  監督/白石和彌

2019年04月11日 21時29分43秒 | 西京極シネマ
【出演】
 斎藤 工
 もも
 竹中 直人
 ベッキー
  
【ストーリー】
1945年から2020年にやってきたギャンブラーの“坊や哲”は、自分が知っている戦後とは違った日本を目の当たりにする。高齢化と少子化による人口減少、共謀罪による言論統制などさまざまな問題を抱える時代に、坊や哲が麻雀で戦いを挑む。

【西京極の評価】
ネットの評判があんまり酷いので、その真偽を確かめる為に、身銭を切って劇場へ。なるほど酷い(苦笑)白石和彌は作品によって力の入れ具合が違う監督。今作は明らかに手抜き作。阿佐田哲也の原作小説は戦後の青春ドラマとして当時の空気が匂い立つ名作だが、今回新たに加えられた要素の描き方が薄っぺらく悉く上滑りしている。2020年直前に戦争があったって設定だけど、相手はドコよ?明言してないのはドコに忖度したの?これではピエール瀧逮捕も苦し紛れの客寄せに利用したと思われても仕方ない。久々のメジャー仕事で汚れ役を懸命に演じているベッキーが不憫で、不憫で…

【総合評価】 ☆★★★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ★★★★★
 演出/演技 ☆★★★★
 映像    ☆☆★★★
 音楽/音響 ☆★★★★

追記:
あと、なんぼエンタメやゆーても、そんなに役満連発するかっ!?麻雀ナメんな!!

人気ブログランキングへ
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« バイス  監督/アダム・マッ... | トップ | 4/14 第9節 ツエーゲン金... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

西京極シネマ」カテゴリの最新記事